とは学

「・・・とは」の哲学

芸術作品とは

1.芸術作品とは、
「目の肥えた金持ちがいるから、売れるもの」です。本物の芸術家が育つには、目の肥えた金持ちが不可欠です

2.芸術作品とは、
「大金持ち相手に、その伝説、秘話、うんちくを語りながら、偉そうに売っていくもの」です。頭を下げて、買っていただくものではないのです

3.芸術作品とは、
「自己満足で作ったのに、買ってもらえるもの」です。そう考えると、芸術家は、最高の職業です

4.芸術作品とは、
「好きで作ったのに、他人も好きと言ってくれるもの」です。絵画、音楽、小説だけでなく、料理、工作、庭づくりまで、芸術作品です

芸術とは

1.芸術とは、
「危うさがないといけないもの」です。妖艶さとか、色っぽさも、そういったものの一つです

2.芸術とは、
「極めていくと、シンプルになり、余白の部分が増えてくるもの」です。それが、観賞する人の想像の余地を増やすのです

3.芸術とは、
「湧いてきたもの」です。作為を感じる作品はダメなものです

4.芸術とは、
「現実逃避の世界に誘ってくれるもの」です。ケの中にハレを与えてくれるものです

5.芸術とは、
「『速い・便利・安い』になった社会を癒すものでないといけないもの」です

6.芸術とは、
「相当な覚悟と財産がなければ、生活の手段にしてはいけないもの」です

苦労とは

1.苦労とは、
「人をいい顔にしていくもの」です。苦労していない人の顔は薄っぺらいものです

2.苦労とは、
「笑いながら、人に話すもの」です。でも、後にならないと、笑えないものです

3.苦労とは、
「みんなの心を打つもの」です。苦労人が嫌われることが少ないのは、そのためです

4.苦労とは、
「ほどほどにすると、成長の肥やしになるもの」です。しかし、し過ぎると、人を枯らしてしまうものです

5.苦労とは、
「し過ぎると、人の心を歪ませるもの」です。苦労が続くと、投げやりになってしまうものです

6.苦労とは、
「お金を得るため、自由になるため、幸せになるためにするもの」です。それ以外の苦労などしてはいけないのです

苦しみとは

1.苦しみとは、
「他人を意識して、自分以上のものになろうとするから、生まれるもの」です

2.苦しみとは、
「理想を下げたらなくなるもの」です。現実を教えてくれる人に出会うことです

3.苦しみとは、
「暗闇の中で、一人ぼっちでいるようなもの」です。灯りが見えた瞬間、その苦しみは消えるものです

4.苦しみとは、
「それを人生の修行だと考えれば、なくなっていくもの」です

教養とは

1.教養とは、
「ウソを見抜く術として役に立つもの」です。つまり、自分を守る術になるものです

2.教養とは、
「人に騙されないために、身につけていくもの」です。確かな生活を送るのに、教養の力は侮れないものです

3.教養とは、
「非常時、臨時、想定外時に役に立つもの」です。平素は、引き出しにしまっておくものです

4.教養とは、
「カネと時間と努力がなければ、身につかないもの」です。時間と努力を労働に費やしていたら、教養ある人間にはなれないものです

5.教養とは、
「歴史・文化・伝統を学ぶことで深まるもの」です。まずは、身近なもののバックボーンとアイデンティティに興味を持つことです

6.教養とは、
「その人の性格、生き方を現わすもの」です。雑談によって、その人の教養を探ってみることです

7.教養とは、
「慎み深くて、謙虚な人を生み出すもの」です。教養は、信用の源になるものです

8.教養とは、
「上流階級の共通言語であり、上流階級へのステップになるもの」です。上流階級を目指す人には、避けて通れないものです

希望とは

1.希望とは、
「人を前向きにさせる欲望」です。欲深い人ほど、希望を簡単に捨てないものです

2.希望とは、
「ガソリンのようなもの」です。人間は、希望を切らしたら進めない生き物です

3.希望とは、
「適度に叶ってこそ、生きる糧になるもの」です。なかなか叶わない希望は、早く捨て去ることです

4.希望とは、
「人を酔わせる酒のようなもの」です。もっと言えば、「人を麻痺させる麻薬のようなもの」です

5.希望とは、
「人間にとって、『幸福』や『安心』よりも大事なもの」です

6.希望とは、
「選択肢が豊富にあること」です。失望とは、「選択肢がなくなること」です

7.希望とは、
「宗教のようなもの」です。理想とは、「哲学のようなもの」です

8.希望とは、
「世間の醜さや人間の愚かさを知っていくうちに、失くしていくもの」です