とは学

「・・・とは」の哲学

目利きとは

1.目利きとは、
「オモテに隠れているオクの意味を見抜ける人」です。ほとんどの人は、ウワベだけに反応するものです

2.目利きとは、
「流行、知名度、権威、肩書きに惑わされない本物の眼を持っている人」です

3.目利きとは、
「人の書いたもの、人に聞いたことに惑わされずに、自分の目だけを頼りに、判断できる人のこと」です

4.目利きとは、
「大人の最大の愉しみ」です。これを職業にできた人は幸せ者です

前向きな人とは

1.前向きな人とは、
「悲しみを裏に隠している人」です。悲しみが前向きのエネルギーになるからです

2.前向きな人とは、
「できなかった原因を探すことが好きな人」です。つまり、「反省好きの人」です

3.前向きな人とは、
「最終ゴールまで、どうしたら早く辿り着けるのかを考えるのが好きな人」です

4.前向きな人とは、
「一度失敗しても、人のやらない方法で、もう一度挑戦しようとする人」です

5.前向きな人とは、
「話をよく聞くことで、新しいものを自分に取り入れようとする人」です。でも、騙されることも多々あるものです

6.前向きな人とは、
「希望があり、根拠のない自信を持ちながら、楽観しておられる人」です

7.前向きな人とは、
「誤解を生みやすいもの」です。そういう人は、誤解を乗り越えながら、さらに前向きになるものです

不満の多い人とは

1.不満の多い人とは、
「世の中を自己中心に見ながら、他人と比較ばかりする人」です。世の中から自分を見ると、不満はなくなっていくものです

2.不満の多い人とは、
「心の中に繁殖しているウイルスを外にまき散らす(文句を言う)人」です。マスクをさせて、口封じすることです

3.不満の多い人とは、
「仕事ができるか、できないかのどちらか」です。仕事をさせてみて、できたなら、組織に取り込み、できなかったら、辞めてもらうことです

4.不満の多い人とは、
「高みに上がりたかったのに、上がれなかった人」です。そして、それを誰かのせい、何かのせいにしている人です

5.不満の多い人とは、
「自分だけでなくて、周辺の人たちまで傷つけるもの」です。近寄らないことです

美人とは

1.美人とは、
「面の皮一枚だけで、何人もの人を騙せる特権を有している人」です。その特権をチラつかせながら生きられるので、美人は得です

2.美人とは、
「『美しくなりたい』といつも願っている人」です。自意識過剰の人に多いものです

3.美人とは、
「美しくない部分を手直しする術を磨いてきた人」です。つまり、努力家です

4.美人とは、
「自分という商品を、大事にメンテナンスして使っている人」です。つまり、自分が好きな人です

5.美人とは、
「歳をとってからは、心と顔と体のバランスがいい人の総称」です

人気者とは

1.人気者とは、
「『見て、見て』という、自信に満ちて、自己顕示欲が強い人がなれるもの」です。真面目に、努力するだけではなれないものです

2.人気者とは、
「人を喜ばすのが好きな人」です。喜ばし方は、『笑顔・笑い・称賛・感謝・お金・特技・情報』など、いろいろあるものです

3.人気者とは、
「笑顔を絶やさない人、失敗や欠点をすすんで話す人、自慢しない人、よく気がきく人」です

4.人気者とは、
「『華やか』か『癒し』かのどちらかの役を演じることができる人」です

育ちのいい人とは

1.育ちのいい人とは、
「お金の苦労を知らない人」です。そういう人は、どこか線が細いものです

2.育ちのいい人とは、
「いい家に生まれたのに、自分が幸せだと気づいていない人」です

3.育ちのいい人とは、
「社会に出ると、大きく挫折するもの」です。ぬくぬくとした環境で育つと、みんな坊っちゃんお嬢ちゃんになるものです

4.育ちのいい人とは、
「敵前逃亡することが多いもの」です。そういう人をリーダーにしてはいけないものです