とは学

「・・・とは」の哲学

隠居とは

1.隠居とは、
「カネ、名声、権力から距離を置けるようになった人」です。言わば、「特権階級」です

2.隠居とは、
「組織の序列や世間の目から自由になった人」です。つまり、「不自由から解放された人」です

3.隠居とは、
「世間に迎合しないで、自分の思い通りに生きられるようになった人」です

4.隠居とは、
「仮面を被らなくても、素顔で生きられるようになった人」です

5.隠居とは、
「お金を貯めた老人への褒美となる地位のこと」です

6.隠居とは、
「搾取してきた人が、それまでの生き方を反省し、搾取せずに、生きていこうとすること」です

7.隠居とは、
「自分のためだけに時間が使えるようになった人」です

8.隠居とは、
「世を捨てた人」です。しかし、世間の人には、世に捨てられたように見えるものです

色気のある人とは

1.色気のある人とは、
「小ぎれいだけど、隙もちょっとだけある人」です。だから、気になってしかたのないものです

2.色気のある人とは、
「美しいだけではない人」です。「かわいらしさ、気立てのよさ、機転のきく賢さもある人」です

3.色気のある人とは、
「べったりではなく、しっとりしている人」です

4.色気のある人とは、
「哀しみや憂いもちょっとだけある人」です。「相談に乗ってもらいたい人」です

5.色気のある人とは、
「場に合わせた身だしなみを心がけながらも、自分のアピールポイントを少しだけ演出している人」です

いい人とは

1.いい人とは、
「税金をきちんと払っている人」です。悪い人とは、「税金を払っていない人」です。もっと悪い人とは、「人の払った税金を横取りする人」です

2.いい人とは、
「カネと欲の話をあえてしないが、避けようともしない人」です。悪い人とは、「きれい事、絵空事でカネと欲の話をごまかそうとする人」です

3.いい人とは、
「悪い人に嫌われる人」です。みんなに好かれる人ではないのです

4.いい人とは、
「一般的には、意見を求められても、自分の意見を言わずに、にっこり微笑んでいる人」です

5.いい人とは、
「派手で、大袈裟で、高慢ではないもの」です。悪い人とは、「素朴で、控え目で、気さくではないもの」です

頭の悪い人とは

1.頭の悪い人とは、
「『先例』と『ルール』と『主義』で決めつけてくる人」です。つまり、頭の固い人です

2.頭の悪い人とは、
「ものの見方、頭の使い方が一元的な人」です。頭のいい人は、多元的な人です

3.頭の悪い人とは、
「人にはそれぞれの価値観があるということを何度言ってもわかってくれない人」です

4.頭の悪い人とは、
「精神論をぶちたがるもの」です。こういう人は、時代の変化についていけなくなるので、リーダーに不向きです

5.頭の悪い人とは、
「記憶にないことは、自分に都合のいい情報で埋めてしまう人」です

6.頭の悪い人とは、
「木を見て森を見ない人」です。並びに、「森を見て木を見ない人」です

7.頭の悪い人とは、
「真理を探求するのが面倒くさい人」です。つまり、科学的思考のない人です

8.頭の悪い人とは、
「マニュアルに従ったほうがいいもの」です。頭のいい人とは、「直感に従ったほうがいいもの」です

若さとは

1.若さとは、
「『勢い』と『力』のこと」です。老いとは、「『冷静さ』と『知恵』のこと」です

2.若さとは、
「無茶、無謀ができるということ」です。思慮深さに欠けていても、なんとかなるものです

3.若さとは、
「気にしないで、信じた道を突っ走ることができるということ」です

4.若さとは、
「『何で?』『どうして?』と、きいてくること」です。好奇心が若さの象徴です

5.若さとは、
「生殖能力が衰えていないということ」です。つまり、エネルギッシュだということです

リスクとは

1.リスクとは、
「安心、安定、安全の中にあるもの」です

2.リスクとは、
「最悪のときに、休むこと、隠れること、止まることで避けられるもの」です

3.リスクとは、
「予測するだけではなく、前もって準備しておくもの」です

4.リスクとは、
「ゼロにするには、多額のカネが要るもの」です。しかし、「少なくするには、そんなにカネは要らないもの」です