とは学

「・・・とは」の哲学

鍛錬とは

1.鍛錬とは、
「自由になるための手段」です。束縛から解放されるために必要なものです

2.鍛錬とは、
「恐怖心をなくすために積むもの」です。鍛錬を積んでいる人は、もともと臆病な人が多いものです

3.鍛錬とは、
「野心のある人が、欲しいものを手に入れるために積むもの」です

4.鍛錬とは、
「他人と比較した途端に、怠けがちになるもの」です。目標とする自分と比較しないといけないものです

戦略とは

1.戦略とは、
「目標とゴールを設定していないと、立てられないもの」です

2.戦略とは、
「臆病者が練るもの」です。だから、臆病者が勝つものです

3.戦略とは、
「得意分野を最大限に活かそうとすることから生まれてくるもの」です

4.戦略とは、
「人事評価と人員配置から読みとれるもの」です。戦略とは、人の体系だからです

宣伝とは

1.宣伝とは、
「誰にでもわかる、いつでもわかる、意識しなくてもわかるように、訴えればいいもの」です

2.宣伝とは、
「短い言葉で何回も繰り返せばいいもの」です。長い言葉で一回だけ話しても、覚えてくれないもの」です

3.宣伝とは、
「秘密にして、少しだけほのめかすくらいでいいもの」です。そのほうが噂として広まっていくものです

4.宣伝とは、
「頭のいい人を対象にしても、ヒットしないもの」です。頭のよくない人に合わせるのが宣伝というものです

責任とは

1.責任とは、
「収入と一体のもの」です。お金にならないのに、責任だけとらされるのは、ハイリスクノーリターンです

2.責任とは、
「組織にがんじがらめに縛られている縄のようなもの」です

3.責任とは、
「『悪気はなかった』と言うことで、たいていは回避できるもの」です

4.責任とは、
「『私は』ではなく、『われわれは』という主語を使う人が、うやむやにするもの」です

成長企業とは

1.成長企業とは、
「目標と期限を気にする社長がいて、活気あふれる社員がバリバリ働いている会社」です

2.成長企業とは、
「社員の尻たたきをする社長がいるもの」です。無理難題の仕事を任せたり、新米を重要なポストに就けたりするものです

3.成長企業とは、
「伸びそうなものに乗っかった会社、伸びているものにあやかった会社」です

4.成長企業とは、
「広告をよく打つもの」です。広告は、社員がやらざるを得ない状況に追い込むものです

生産性とは

1.生産性とは、
「やめてしまう・なくしてしまう・捨ててしまうことで、高くなっていくもの」です

2.生産性とは、
「何人で仕事をすると、一番効率的なのかを考えることで、高くなるもの」です

3.生産性とは、
「高度な技術・優れた制度・整備されたインフラがないと、アップしないもの」です

4.生産性とは、
「金貸し(金融業)と土地貸し(不動産業)が高いのが世の常」です

5.生産性とは、
「先に、ホワイトカラーの職場効率を高め、それから、会社全体の効率を高めていくもの」です

6.生産性とは、
「アップすれば、賃金の上昇と労働時間の減少につながるもの」です。そうならないとしたら、誰かが搾取しているのです