とは学

「・・・とは」の哲学

広告とは

1.広告とは、
「バカな奴からカネを吸い上げるための手法」です

2.広告とは、
「商品を他者に依頼し、巧妙に自慢してもらう手法」です

3.広告とは、
「耳に訴えることが基本」です。目に訴えるよりも効果が大きいものです。さらに、何度も繰り返し、断言すると、効果はより大きくなるものです

4.広告とは、
「『自分はこう生きる』と決めた頑固な人には、効き目がないもの」です

5.広告とは、
「従業員を動かすのに都合がいいもの」です。『新しいものを入れろ』『残ったものを売り切れ』『売場をつくり換えろ』と、強制させるのです

攻撃とは

1.攻撃とは、
「敵の手薄なところへ仕掛けるもの」です。そうできなかった場合は、敵の予期せぬ時に一気に仕掛ければいいものです

2.攻撃とは、
「相手の弱点をつくもの」です。弱点だけに絞って攻撃すれば、カネも時間も要らないものです

3.攻撃とは、
「相手を怖じ気させて、主導権を握り、勢いの波に乗り、相手の力を発揮させないために、するもの」です

4.攻撃とは、
「チャンスが到来するまで、仕掛けてはいけないもの」です。それまでは、じっと待つべきです

講演とは

1.講演とは、
「聞いている人に映像が見えるように、話すもの」です。それには、自分も映像が見えていないといけないものです

2.講演とは、
「聞いてる人の頭の中に入り込んで話すもの」です。だから、聞く人の目を見て、微妙な『間』を取らないといけないものです

3.講演とは、
「体験と観察を積めば、面白く話せるようになるもの」です。巧みな話術よりも、数多くの体験と観察です

4.講演とは、
「実体験を章立てし、ツカミとオチを考え、少しの笑いを放り込めば、誰にでもできるもの」です

5.講演とは、
「前半に、話を引っ張り、後半に、話し切れない状態にするのがテクニック」です。話が早く終わりそうになって、あせるのを防ぐためです

交易とは

1.交易とは、
「経済活動の矛盾を調整するためのもの」です。交流とは、「人間活動の矛盾を調整するためのもの」です

2.交易とは、
「モノに『共通貨幣(通貨)』、情報に『共通言語・文字』、人に『共通規則(法律)』がなければ、成立しないもの」です

3.交易とは、
「商品価格差を交換すること」です。金融取引とは、「金利差を交換すること」です

4.交易とは、
「自給自足の不自由さを減らしてきたもの」です。それで、人は、職業も移動も時間も、自由になったのです

結果とは

1.結果とは、
「いいと思ってやったことならば、ダメであっても、しかたないとあきらめるもの」です

2.結果とは、
「欲求の強さ、意志の強さ、そして我慢強さによって、決まってくるもの」です

3.結果とは、
「数値化したほうがいいもの」です。結果を測ることは、目標を達成する力になるものです

4.結果とは、
「忙しい人に対しては、先に話すもの」です。「忙しくない人に対しては、物語のように、後まで引っ張って話すもの」です

計画とは

1.計画とは、
「理想であって、現実ではないもの」です。だから、現実が変わるごとに、計画は作り変えていくものです

2.計画とは、
「いつも作り直すもの」です。人は、計画を作り直すとき、反省するものです。よく反省する人が成長するのです

3.計画とは、
「修正を繰り返すもの」です。一度立てた計画を変更しないのは、計画を放り出したようなものです

4.計画とは、
「立てるときには鳥の眼、実行するときには虫の眼が必要なもの」です。マクロに予測し、ミクロに詰めていかなければ、達成は難しいものです