とは学

「・・・とは」の哲学

労働者とは

1.労働者とは、
「自分の所有時間を会社に切り売っている人たち」です。安売りしてはいけないものです

2.労働者とは、
「資本家のために、一生働き続けないといけない人たち」です。つらい人たちです

3.労働者とは、
「経営者、株主、地主、銀行家、官僚に、生かさぬよう殺さぬようにされている人たち」です

4.労働者とは、
「働いて稼ぐ人」です。会社とは、「労働者を働かせて収益を得るもの」です。官僚とは、「労働者と会社から、その稼ぎと収益をもらう人」です

リピーターとは

1.リピーターとは、
「『ありがとう』と言ってくれる客のこと」です。もらったお金以上のものを提供できていると、客からの『ありがとう』は増えるものです

2.リピーターとは、
「質と値とサービスを総合評価してくれている客のこと」です

3.リピーターとは、
「『名物品の強さ』『競合品の安さ』『季節に合わせた人気の催し』で増えていくもの」です

4.リピーターとは、
「経営を安定させてくれて、さらに広告費も下げてくれる人」です

批評家とは

1.批評家とは、
「話題にする相手を通じて、自分を誇っている人」です。姑息な人です

2.批評家とは、
「意地悪な質問をして、困った顔を見て、内心ほくそ笑んでいる人」です。陰険な人です

3.批評家とは、
「自分の頭で考えたことしか、発表してはいけないもの」です。他人の受け売りをする批評家を信じないことです

4.批評家とは、
「自分も批評の餌食に晒されることを覚悟しないといけないもの」です。しっぺ返しをくらって当然です

5.批評家とは、
「自分が批判されたときに、感情的に反論する人はニセモノ」です。合理的に反論できる人はホンモノです

販売員とは

1.販売員とは、
「製造現場を見て、自分で使ってみるもの」です。製造者とは、「販売現場を見て、使っている人の感想を聞くもの」です

2.販売員とは、
「高価な品を売るとき、慎重に慎重を重ねないと、見せかけの『正直』を客に見抜かれるもの」です

3.販売員とは、
「売る気配を感じさせずに、売らないといけないもの」です。難しいものです

4.販売員とは、
「忙しいふりをするのがコツ」です。客は、じっとして暇そうな人には、声をかけないものです

怠け者とは

1.怠け者とは、
「欲がなくなってしまった人のこと」です。欲は抑えるものであって、なくすものではないのです

2.怠け者とは、
「目標を失ってしまった人のこと」です。、それゆえに、誘惑に負けてしまうものです

3.怠け者とは、
「何でも近くで間に合わせる人」です。働き者とは、「わざわざ遠くまで行っていいものを見つけてくる人」です

4.怠け者とは、
「働き者が稼いだ大金にたかって、暮らしている者」です。働き者と同数いるものです

5.怠け者とは、
「資本主義の餌食になるもの」です。世の中、『すぐに○○できる』『ラクに○○できる』『○○せずに○○できる』サービスが氾濫しているものです

知識人とは

1.知識人とは、
「大言壮語を吐き、結果が凶と出たら、知らんぷりして、立ち去る人」です

2.知識人とは、
「高みの見物をする人」です。正論をぶっても、社会の底辺の中に自ら飛び込んでいこうとはしないものです

3.知識人とは、
「考えてから行動するもの」です。だから、どうしても打算的になるものです

4.知識人とは、
「自由と多様性が好きな人」です。組織人とは、「管理と画一性を求められる人」です。だから、知識人と組織人は仲が悪いのです