とは学

「・・・とは」の哲学

利益とは

1.利益とは、
「人が集まっているところに生まれるもの」です。人がたくさん集まっているところを見るのが、すべての商売の原点です

2.利益とは、
「集客部門と安定部門がもたらしてくれるもの」です。『集客なくして利益なし』『安定なくして未来なし』、適正利益を守ることが商売繁盛の秘訣です

3.利益とは、
「『何円で何個売れて、いくら儲かったか」』というもの」です。『利益率何%』というのとは違うものです

4.利益とは、
「売上を上げるより、経費を削減したほうが、簡単に上がるもの」です。ただし、その利益は長続きしないものです

5.利益とは、
「競争相手との差によって生じるもの」です。競争相手を上回れば黒字、下回れば赤字です

6.利益とは、
「自分の考えをしっかり持ち、他人をその考えに合わせることができれば、得られるもの」です

7.利益とは、
「人に優越感を与えたご褒美として、もらえるもの」です

安さとは

1.安さとは、
「最高のサービス」です。どうしても安くできないときに、他のサービスを考えればいいものです

2.安さとは、
「客との勝負に負けたこと」です。高さとは、「客との勝負に勝ったこと」です

3.安さとは、
「客に貸しをつくったということ」です。割安は、未来への投資活動です。『今を損して、未来の得とれ』が繁盛の秘訣です

4.安さとは、
「商売を長続きさせるもの」です。儲けが少ないと、ぼやくくらいがちょうどいいものです

[ 2017/10/30 08:00 ] や・ゆ・よ・とは | TB(0) | CM(0)

儲けとは

1.儲けとは、
「『カネあり・見栄張り・時間なし・知識なし』の人がくれるもの」です。『貧乏・不恰好・暇だらけ・研究熱心』な人は儲けさせてくれないものです

2.儲けとは、
「喜びを与えたお礼に、もらえるもの」です。儲け額は、喜ばし量に比例するものです

3.儲けとは、
「流れを読める人に与えられるもの」です。流れを読めない人は、ひたすら働いて、稼ぐしかないものです

4.儲けとは、
「大局観のある理性的な人が得るもの」です。大局観のない感情的な人は、煽られて、踊らされて、稼ぎを全部吸い取られるものです

5.儲けとは、
「販売予測力と売り切る力が生むもの」です。『頭』を使って、販売を予測し、予測のずれを『体』を張って、執念深く修正すると儲かるものです

6.儲けとは、
「アイデアと人を使って、お金を得ること」です。稼ぎとは、「自分が長時間働いて、お金を得ること」です

7.儲けとは、
「需要があるのに、競争が少ないものを探し当てたときに得られるもの」です。競争が増えれば、相手を叩くか、自分が逃げ出すしかないものです

8.儲けとは、
「ほぼ十年でなくなるもの」です。人のやる気も十年が節目です。競争が厳しくなる前に、『十年一作』で転作したほうがいいものです

9.儲けとは、
「人の目を曇らせるもの」です。損とは、「人の気を弱らせるもの」です

名家とは

1.名家とは、
「頭がよくて、厚かましかった『ご先祖様』がいた家」です

2.名家とは、
「時代に合わせて、商売を鞍替えし、したたかに生き残った家のこと」です

3.名家とは、
「家訓や伝統的な習わしが残っている家のこと」です。そういう家は、財産だけではなくて、教育や文化も大切にしているものです

4.名家とは、
「先祖の歴史や伝説を共有している家」です。この共有こそが、子孫たちをつなぎ止めているのです

ムダ遣いとは

1.ムダ遣いとは、
「それを買うのに、時給換算で、何時間働かないといけないのかを計算すれば、防げるもの」です

2.ムダ遣いとは、
「製造メーカーや販売会社にお金を寄付しているようなもの」です。貧しい人が寄付する必要などないのです

3.ムダ遣いとは、
「お金を知らず知らずのうちに、騙しとられているということ」です。ムダ遣いをなくすにには、騙す手口を学ぶのが一番です

4.ムダ遣いとは、
「汗水流さず稼いでいる人たちがすればいいもの」です。汗水流して働いている人たちは、してはいけないものです

本物とは

1.本物とは、
「目立たないので、わかりづらいもの」です。偽物とは、「目立とうとするので、すぐにわかるもの」です

2.本物とは、
「優劣の基準となるもの」です。本物を知らずして、優劣を語ってはいけないものです

3.本物とは、
「人が見ていようが、見ていまいが、変わらないもの」です。ドタバタしないものです

4.本物とは、
「下の人から上の人まで、幅広く人気があるもの」です。高級なのに、わかりやすさ、親しみやすさがあるものです