とは学

「・・・とは」の哲学

税金とは

1.税金とは、
「国家のお金を増やし、国民や法人のお金を減らすための手段」です

2.税金とは、
「取り立てを拒否すると捕まるので、払っているもの」です。ただし、その税金が自分たちの安全と安心を保障する場合は、素直に払うものです

3.税金とは、
「国内の暴動と外国の侵略を防ぎ、カネを稼げる人材の教育に注ぎこまれるもの」です。使い途はすべて支配者のためです

4.税金とは、
「社会に公平に還元されるという信頼感がなければ、真面目に納めようという意識は生まれてこないもの」です

5.税金とは、
「所得の再分配を促し、社会の不満を和らげるもの」です。でも、「社会の成長を妨げるもの」です

6.税金とは、
「官僚が決めるものだから、官僚に有利にできているもの」です。賢い節税策は、官僚の税金の支払い方法を真似ることです

7.税金とは、
「国民に、高いと察知されないように、種類を増やし、手を変え品を変え、徴収しようとしてくるもの」です

8.税金とは、
「納めた額が、国を思う気持ちに比例するもの」です。国家を論じる人がいれば、先ずはその人の今までの納税額を聞いてみることです

剰余金とは

1.剰余金とは、
「社員が真面目に働いた会社に貯まるもの」です。使うあてのないカネが増えると、幹部が腐敗していくものです

2.剰余金とは、
「有効に使われにくいもの」です。そこに、悪い奴が群がってくるものです。組織の不満が増えるだけです

3.剰余金とは、
「その多くが機械化、省力化、合理化に使われてしまうもの」です。つまり、人減らしに使われるものです

4.剰余金とは、
「失くさせないと、経済が発展しないもの」です。そのためには、巨大建築物や大型公共工事が必要になるのです

住宅ローンとは

1.住宅ローンとは、
「『住宅株』を買うために、借金したようなもの」です。暴落の可能性のある株を借金して買うのは危険です

2.住宅ローンとは、
「銀行にすすめられて、不動産投資をしてしまったようなもの」です。高値つかみすれば、破綻するものです

3.住宅ローンとは、
「銀行という『地主さん』に、サラリーマンという『小作人』が、毎月上納しないといけないカネのこと」です

4.住宅ローンとは、
「現実を直視せずに新築の家を買ってしまった人の『「負の遺産』」です

借金とは

1.借金とは、
「収入以上にいい格好をしている人か、将来を甘く見ている人がするもの」です

2.借金とは、
「稼ぎ以上の暮らしをした結果のもの」です。貯金とは、「稼ぎ以下の暮らしをした結果のもの」です

3.借金とは、
「自由になることを放棄し、奴隷の仲間入りをしたことを意味するもの」です

4.借金とは、
「『鵜飼の鵜』の人生を歩まされるということ」です。『鵜飼』は、銀行、家主、ギャンブルの胴元です。『鵜』は、彼らの糸に上手に操られるものです

5.借金とは、
「返す覚悟があって初めて、生き金となって自身に返ってくるもの」です。借金は、人間を大きくするものです

市場とは

1.市場とは、
「売り手と買い手が、お互いに儲けてやろう、得してやろうと考えているところ」です

2.市場とは、
「参加する人たちの欲望に値をつけて、交換する場所」です

3.市場とは、
「発明家と起業家と投資家が手を結んだとき、新たにつくられるもの」です

4.市場とは、
「真似してくる奴が増えてきたとき、大きなっていくもの」です

資産とは

1.資産とは、
「『投資感覚』と『国際感覚』と『運用資金』がなければ、増えていかないもの」です

2.資産とは、
「若者と貧しい人は増やすよう、高齢者とお金持ちは減らさぬよう、運用していくもの」です

3.資産とは、
「『儲かる』しくみで増やしていくもの」です。所得とは、「『稼げる』仕事で増やしていくもの」です

4.資産とは、
「債券、株式、不動産などの組み合わせで運用するもの」です。個別の銘柄選び以上に、大事なことです

5.資産とは、
「騙されず、特定のものに集中せず、儲かったカネを浪費しなければ、遺していけるもの」です

6.資産とは、
「地味で、味気ない生活を楽しめる人が、増やしていけるもの」です

7.資産とは、
「初代が、貧しさから這い上がって苦労して築き、二代目が、なんとか維持し、三代目が、散財してしまうもの」です

8.資産とは、
「『財産』と『看板』と『技術ノウハウ』がセットになったもの」です。それらが揃っていれば、長い間食っていけるものです

9.資産とは、
「ゴミにならなかったモノのこと」です。今まで、買ってきた中で、資産計上できるモノはごくわずかです。将来のゴミを買わないことです