とは学

「・・・とは」の哲学

『良寛・清貧に生きる言葉』向谷匡史

良寛 清貧に生きる言葉良寛 清貧に生きる言葉
(2009/04)
向谷 匡史

商品詳細を見る

以前は、良寛のことを、世を嫌がって逃避した「世捨て人」のように感じていました。

ところが、良寛に関する書物を読むと、精神的な自由を目指して、むしろ闘ってきた人であることがわかります。

その良寛が、どんな思想や人生観を有していたのか?資料はあまり残っていないのですが、その詩歌から読み解こうとするのが、この本です。

著者は向谷匡史氏です。以前、「武道に学ぶ必勝の実戦心理術」「困った上司とつき合うヤクザ式心理術」という本を、このブログでも採り上げました。

武道家としてのイメージが強い著者が、良寛について語っていることにも興味をおぼえました。共感できた箇所が20ほどあります。「本の一部」ですが、紹介したいと思います。



・良寛は金銭や名誉、安楽な生活を断ち切ったのではない。世俗の名利を求めようとする、その貪り求める心を棄てることで、何ものにもとらわれない絶対自由の境地を目指した

・人生を不条理とするのは間違いで、不条理なものを人生と言う。だから、どんな不条理な事態になっても、じたばたしてはいけない

・苦しくてけっこう、つらくてけっこう、苦があってこそ楽に気づく。楽に気づかずして、楽が手に入るわけがない

・ゴールを目指す生き方には、実はゴールがない。ゴールは決してたどり着くことのできない永遠の彼方にある

・「人生」というものは存在しない。在るのは「いま」という一瞬だけであり、一瞬を積み重ねた結果を「人生」と呼ぶにすぎない

・幸せになりたい、気持ちを楽に生きたいというのも欲であり執着。欲を捨てたい、執着を断ちたいと念ずるのもまた、欲であり執着。そのことを知って日々を生きれば、いまよりは楽に生きることができる

他所に求めず、この場で、この境遇で人生を楽しんだらいい

・世の中の人々と交際しないというわけではないが、ひとりで読書をしたり、歌を作ったりしているほうが、より自分には好ましいこと

・苦しみは結局、人と自分を比較するところに生じるもの。それが至難のわざであろうとも、「人は人、我は我なり」という絶対の境地を願い、求め続けるところに心の平穏がある

打算の人生とは、相手に応じて自分を変えることであり、そこに自分という主体はない。そんな生き方をしていたら、やがて自分を苦しめることになる

・良寛は、他人の金儲けを否定せず、非難もせず、それはそれとして認めながら、「でも、誠意が大事、努力が大事、信用が大事」と、普遍の真理、正道だけを説く

・人に投げられたら素直に転べばいい。そして転んだら、何事もなかったような顔をして、ひょっこり起き上がればいい。投げられまいとして踏ん張るから疲れる

・「赦す」とは認めること。相手の非を咎め、批判することで、自己の正当性を主張するのではなく、赦すことによって、相手を認め、自己との共存を図る

・慈悲の心とは「人が先、我は後」の生き方。人に道を譲るには自己を律する強い心が求められる

・出世を望むもよし、背を向けるもよし、自分がどういう生き方を選び取るか、その違いだけである

・虎になろうとして、猫にさえなれなくても、それでいい

・案ずることはない。舟の綱を切って、ただ水に漂えばいい。所詮人生は、過ぎてしまえば、あっという間

・仕事でくたくたになって帰宅し、家族の笑顔に迎えられ、湯船にのんびりとつかって、「あぁ、気持ちがいいな」とつぶやく、この心境が悟り

・名利を求める心を断ちきれずとも、断ち切りたいと真に願ったときから、人生は変わっていく



良寛は、清貧の道を選びましたが、「清貧に生きるもよし、豊かな暮らしを目指すもよし、精神的に満足できれば、それでよし」と言いたかったように思います。

昔、「いいじゃないの、幸せならば」という歌がありましたが、その心境に達することではないでしょうか。

幸せに関して言えば、人にとやかく言われる筋合いはないのだと思います。自分がどう感じるかだけなのかもしれません。
[ 2011/03/30 08:04 ] 向谷匡史・本 | TB(0) | CM(0)

『中国人観光客が飛んでくる!』上田真弓、池田浩一郎

中国人観光客が飛んでくる! (マイコミ新書)中国人観光客が飛んでくる! (マイコミ新書)
(2010/12/25)
上田 真弓、池田 浩一郎 他

商品詳細を見る

昨年、京都の西陣織会館で着物ショーを見ました。平日だったのですが、会場はごった返していました。700~800人近くの人がいたと思います。

見ると、欧米系の観光客が10%、日本の修学旅行生が5%、日本人観光客が5%くらいで、後の80%はすべて、中国人観光客でした。

着物ショーにおいても、派手な赤い着物を着たモデルが登場するとフラッシュの嵐です。ところが、おしとやかな薄い色合いの着物のモデルには全く反応しません。

ショーが終わった後の買物行動を観察していると、着物にはほとんど関心がなく、低単価の雑貨やお菓子売場の前には長蛇の列でした。今までと売れるものが、全く違ってきているように思いました。

中国人観光客のパワーに圧倒されたのですが、最近の中国人観光客はどんな人が多いのか気になっていたところ、この本を見つけました。

中国人観光客や他のアジア系観光客の特徴と、彼らが見たいところ、欲しがるものなどが、詳細に書かれており、勉強になりました。「本の一部」ですが、紹介したいと思います。



・中国人観光客の訪日理由は、「自然・景勝地」「ショッピング」「温泉・リラックス」の割合が高く、一方「伝統文化・歴史的施設」などは、やや割合が低い傾向

・中国人は、「日本の温泉はサルも一緒に入る」「日本の温泉は混浴だ」というイメージを持っている人が多いが、日本の温泉に関心が高い

・中国人が、日本で炊飯器を購入するのは、本国では増値税(消費税のようなもの)が17%かかるから。いくつも購入するのは、親戚や知人から頼まれているから

・中国人観光客には、麺類や回転ずしなどのチェーン店の人気が高い。日本料理は食べたいものの、高級な料理店では、びっくりするほどの金額かもしれないし、日本語がわからないし、どんな料理なのかも理解できないから

・土産を購入する場所としては、ドラッグストアや百円均一ショップが人気。女性はコスメ、薬は男女を問わず人気。薬の人気商品は、「目薬」「正露丸」「キャべジン」など

・男性特有の化粧品として、育毛剤が人気。日本で購入するのは、日本人と中国人は似ているし、日本製品は優れているので効くと思っているから

・ビザ発給要件の下限の年収6万元(約85万円)であっても、物価が安い中国では、生活費がかからずに過ごすことができ、お金が貯まり、資産が増えるので、可処分所得が高い

・中国人は、面子を大切にするので、多くの知人友人に購入をお願いされた商品を先に買う。その結果、飲食は節約する

・2010年、海外に出かける中国人旅行者数は、前年比11%増の5300万人に達する。行先は1位から香港、マカオ、日本、ベトナム、韓国、タイ、ロシア、米国、シンガポール、マレーシア。タイ、ベトナム、マレーシアが上位の理由は、ビザが緩いこと

・中国人観光客はリピーターになりにくい(日本へのリピーター率43%)。他のアジア諸国(香港80%、台湾76%、韓国66%、シンガポール63%、タイ62%)に比べて低い。日本を観光した次にヨーロッパへ行くことを計画しているのが今の状況

北京の人は保守的で面子を重視、上海の人はトレンドに敏感で個性的、広州の人は実用性を重視。広大な中国では、趣向性、商習慣の違いを認識することは重要

・中国人観光客や訪日外国人を増やすために、いろいろなことをしても、結局は為替次第。外国為替の変動は、行く末に大きく影響する

・中国人の場合、検索をするための入力が、単語ベースではなく、文章ベース。例えば、日本へ旅行する時に「日本 食事 美味しい店」などと単語で入力しないで、「日本で食事する時に美味しい店はどこにあるか」と入力して検索する人が多い

・観光庁は訪日外国人旅行者数の多い12の国(韓国、台湾、中国、香港、タイ、シンガポール、米国、カナダ、英国、ドイツ、フランス、オーストラリア)に、大きな伸びが期待できる3国(インド、ロシア、マレーシア)を追加し、プロモーションを展開している

・中国人はカジノが大好き。マカオへ多くの中国人が訪れる理由はカジノである。日本でも大阪の橋下知事がカジノを推進しているが、日本の議論では時期尚早で、当面実現は難しい



この本を読む限り、中国人の旅行者が今増えているのは、たまたまの一過性なのかもしれません。

これをリピーターにしていくためには、中国人の関心、性格、習慣、嗜好性、地域性などを研究して、中国人に喜ばれる策を練らないといけません。

この本は、中国人個人と商売されたいと考えられている方には、参考になるところが多いように思います。
[ 2011/03/29 08:04 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『我らクレイジー☆エンジニア主義』

我らクレイジー☆エンジニア主義 (中経の文庫)我らクレイジー☆エンジニア主義 (中経の文庫)
(2010/11/27)
リクナビNEXT Tech総研

商品詳細を見る

この本も前の会社の上司であったFさんの推薦です。本の冒頭に、「技術を伝えるメディアは多いが、技術を生みだした技術者自身を伝えるメディアは少ない」ということが書かれています。

経営者なら、成功した会社だけでなく、成功させた経営者自身に必ずスポットが当たります。考えてみたら、技術者の人間にスポットが当たることが極端に少なかったように思います。

この本には、技術者物語が数多くあり、興味深く読めた箇所が15ほどありました。「本の一部」ですが、紹介したいと思います。



・人生は短い。新しいことへの挑戦は最高の贅沢だ

・小さな成功に満足するな。小さな成功を守ろうとするな

・エンジニアというラベルを貼った段階で、もう壁ができている。ビジネスマンであり、クリエーターであり、デザイナーであり、ストラジテストであり、アーティストでないといけない

・世の中で不思議なことは主に二つ。ひとつは、物事の起源は何か。そして、もうひとつが、人間とは何か

・研究なんて狙ってできるものではない。それこそノイローゼになるくらいに考えて、アイデアはようやく出る

・苦しみ抜いてひとつの発見ができると、後は芋づる式につながる

・研究の方針は、流行にとらわれないこと。他の人がやらないこと、自分しかやっていないことでないと、研究の意味がない

・今では、壁にぶつかることは楽しみなくらい。今度はどうクリアしてやろうかとワクワクするほど図々しくなった

・あまりにも慌ただしい毎日から抜け出してみる。それもいい仕事をするための大事なヒント。ゆとりが独創を生む

・開拓分野の人は、つねに知識を捨てながら、新しい知識を得たり、創り出して生きていくことになる

・技術とは、人間がラクをするものをつくること。それに尽きる。人をラクにする目的のためにこそ、モノづくりは行われてきた

・人はついつい、ちょっと聞きかじっただけで、すべて知っているような気持ちになりがち。評論家になっちゃダメ。自分でやってみないと

・瞬間瞬間のすべてを問い続ける感覚を持ちながら、日々生活すると、実は自分がいかに何も考えずに生きてきたかがわかる

新しい理論を発想できたのは、とことんやり抜いたから。だから、理論が間違っているという大胆な結論に行き着いた

・目標をもって、不器用でも、そこに必死で向かっていく。だから成功できる。だから助けてくれる人がいる



市場を創る人の話は読みごたえがあります。この本に登場する15名のエンジニアの個性は強烈です。皆、自分の信念に基づいて動いています。

この本を読んで、本当のエンジニアとは、理系の英知に、芸術系のイマジネーションを兼備した人であることがよくわかりました。

技術者だけでなく、何かを創造する人になろうとすれば、イマジネーションと理性の両方を鍛えないといけないのかもしれません。
[ 2011/03/28 08:04 ] 出世の本 | TB(0) | CM(0)

『失敗しない田舎暮らし入門』山本一典

失敗しない田舎暮らし入門―土地や家の取得法から土いじりの楽しみ方まで失敗しない田舎暮らし入門―土地や家の取得法から土いじりの楽しみ方まで
(2006/04)
山本 一典

商品詳細を見る

山本一典氏の本を紹介するのは、「お金がなくても田舎暮らしを成功させる100カ条」に次ぎ2冊目です。

著者は、実際に田舎暮らしをしているだけあって、具体的記述、細部記述など、非常に参考になります。

今回も、詳しい記述、しつこい記述に、著者の田舎暮らしにかける情熱のようなものを感じました。共感できた箇所が15ほどありました。「本の一部」ですが、紹介したいと思います。



・「団塊の世代」の退職もあって、農村をめざす都会人は増えている。しかし、それは田舎暮らしの二大条件である生活場所と生活手段、言い換えれば、田舎物件と収入の確保ができた一部の都会人だけである

・節約、不便、非文明、親切、さらに加えれば自然や癒しといったイメージは、田舎を実像ではなく、都会の反動でしか見ていない一部のエリートの幻想に過ぎない

・田舎暮らしが失敗しやすいのは、「農地があればすぐに収穫できる」「農村は自然を守る場所」「リストラにあっても田舎に行けば何とかなる」「田舎で自給自足すればお金がなくても暮らせる」という認識不足、誤解、考えの傲慢さ、甘さ、幼稚な発想が原因

・都会人の中には、田舎ならどこでも安い土地が手に入ると思っている人、漠然と温暖な田舎に住みたいと考えている人、カネがかからないと誤解している人が多い。こういう人たちは、田舎暮らしの入口でつまずくことになる

・リゾート地は地方都市に近い農村部の外れにあるのが普通だが、地元の人にとっては別世界。あれこれ干渉されることはない。買物や外食、バスの便などの利便性にも恵まれており、快適な生活を送れる。しかし、これを田舎とは呼べない

・低価格で敷地の広い田舎物件は、海抜の高い山岳地帯のまわりの過疎地に集中しているから、寒冷地から出てくるものが圧倒的に多い

・ムラは、良くも悪くも平等社会。都会人は、立派な人、駄目な人という烙印を押したがるが、ムラにはそれがない。弱い者いじめをしない反面、目立ったことをする人がいれば足を引っ張る傾向がある

・周囲の移住者に実際に意見を聞くと、田舎への移住には「年間200万円×年金開始までの年数+住宅費+予備費500万円」が必要

・自給自足にはカネがかかるというのが実感。自給自足はあくまでモノ作りの喜びを追求するためのもの

・田舎で便利屋を始める移住者が増えてきた。高齢化が進んでいるため、買物を手伝ったり、建物の簡単な補修をしてくれる人を求めている。手先の器用さが求められるが、今後、もっとも有望な自営業の一つになる

・生活環境よりも仕事を優先する人は、地方都市近郊の農村に移り住むしかない。過疎地に比べれば、就業条件は恵まれている。地方都市には、工業団地が造られ、幹線道路沿いに郊外型店舗も増えてきた。電気工事やエンジニアなどの技術職は、地方でも需要が高い

・「人づきあいの苦手な人は別荘地帯を選ぶ」「利用目的を明確にする」「敷地は最低でも100坪以上」「最低1000万円以上の現金を用意する」「景色で物件を選ばない」ことが、物件選びを成功させるポイント

・過疎地域における水道普及率は88%、公共下水道普及率は8%。だから農村は遅れていると考えるのも早合点。実際には、飲み水で美味しい沢水か井戸を使っている農家が多いし、浄化槽利用を含めた水洗化率は過疎地域でも47%

・家庭菜園には、「耕耘機」「平鍬」「レーキ」「一輪車」「長靴」などの道具、山林や敷地には、「チェーンソー」「草刈り機」「ナタ」「マサカリ」「電気ドリル」などの道具が必要になる

鶏の産卵率は夏場で60%くらい。産卵率の低い冬でも2~3日に一個の卵を産んでくれる。夫婦二人なら雌鶏が三羽いれば十分。雄鶏の鳴き声がうるさいのなら、有精卵はあきらめ、雌鶏だけ飼えばいい



田舎暮らしに本当に憧れて、実際に行動に移す都会人が増えることが、日本の豊かさを示す一つの指標になるように思います。

この本を読めば、都会人の最高の贅沢は、田舎暮らしであることに気づくのではないでしょうか。
[ 2011/03/25 08:04 ] お金の本 | TB(0) | CM(0)

『群れのルール・群衆の叡智を賢く活用する方法』ピーター・ミラー

群れのルール 群衆の叡智を賢く活用する方法群れのルール 群衆の叡智を賢く活用する方法
(2010/07/16)
ピーター・ミラー

商品詳細を見る

この本は、動物の集団行動を学び、人間が群れることの損得、長所短所を解明していこうという内容です。

動物からのヒントは、将来の人間行動を大いに変えていくかもしれません。勉強になった箇所が20ほどありました。「本の一部」ですが、紹介したいと思います。



・自己組織化を支えるメカニズムは、「分権的な統制」「分散型の問題解決」「多数の相互作用」の三つ。この三つを足し合わせると、群れのメンバーが誰の指図を受けなくても、シンプルなルールに従って、意味のある集団行動をとることができる

・「知識の多様性を確保する」「友好的なアイデア競争を促す」「選択肢を狭めるための有効なメカニズムを用いる」。これがハチの群れの成功から学ぶべき教訓

・意思決定をしようとする集団にとっては、専門的な知識と同じくらい、多様な視点が重要な意味を持つ

・CIA(米中央情報局)のアナリストチームは、自分たちを取り巻く環境の変化に対応するには、迅速かつ効率的に力を合わせるためのオープンで柔軟な構造(情報を持ち寄るシロアリ塚)が必要だと気づいた

・ウィキペディア成功の一つの鍵は、「記事を最初から書き始めるより、すでに存在する少々難ありの記事を改良するほうがいい」という、誰もが簡単に参加できる「間接的協業」のしくみ

・ブロガーが互いのアイデアを引用することで、優れたアイデアはコミュニティ全体に広がる

・「適応的模倣」(協調・コミュニケーション・知的模倣がメカニズム)とは、集団に属する個体が互いをよく見ながら、集団がどこへ向かうのか、どんな情報を持っているのかといったサイン(合図)を読み取ることを指す

・飛行中に密着度を保つため、鳥たちが従っているルールは、「それぞれの個体が相互作用する相手は少数で、前後でなく、左右の隣人」。重要なのは距離ではなく、数で、平均的には6~7羽

・個々のムクドリは、常に同じ数の仲間を意識しておくことで、ハヤブサに襲われたときなどの急激な変化に対応でき、餌をついばめる時間も長くなる。進化の過程で、外部からの攻撃に最も耐性のある相互作用のルールが選ばれた

・水の中を泳ぐ魚の群れは美しく、非常に統制が取れているように見えるが、本音を言えば、敵が現れたら、前を泳ぐ仲間が食われればいいと思っている

・人間も動物と同様に、十中八九、群れに従うのが正しい行動であり、リスクを最小限に抑える戦略。群れにいるほうが、餌や結婚相手や渡りのルートを見つけるのも簡単。情報をつかんだ個体が去っても、群れにその情報が残る「内省の蓄積」がある

幸せな気分の人と社会的ネットワーク上で直接結びついている人は、そうでない人と比べて、自分も幸せと感じている確率が15%も高い。こうした影響は、ネットワークを通じ、家族や親戚(一段階)だけでなく、二段階、三段階離れた人にまで到達する

・鳥の群れは仲間と行動を共にするという戦略によって天敵を逃れている。同じ行動は、投資家が問題のある投資対象から逃れるのに役立つ

・バブルや経済危機は、集団的意思決定の失敗の典型例。独立性、多様性、独自の判断といった集団を賢くするすべての要素が消え失せてしまう。個人が完全に他人の判断に頼って行動するようになり、てっとり早い儲け話に盲従する

・誰もが群衆の叡智にただ乗りし始めると、叡智に磨きをかける者がいなくなる。それが極端なケースでは、巨大なバブルが生成され、国全体が激しい混乱に陥る

・集団が機能するには、「ローカル知識を重視」(情報多様性の維持)、「単純ルールの適用」(複雑計算をなくす)、「メンバー間の相互作用繰り返し」(意思決定の迅速化)、「定足数の設定」(意思決定の精度を高める)、「適当なでたらめさ」(型通りの解決策を防ぐ)が必要

・集団に所属しても、個性を封印する必要はない。自然界における優れた意思決定は、妥協ではなく競争から、合意ではなく意見の不一致から生まれる



どうすれば、集団や組織を長く繁栄できるか?その答えが、この本の中に出ていました。それを一言で言うと、「友好的競争」ということではないでしょうか。

「中央集権」「一極集中」「お上に逆らわない」「空気が読めない」といった日本人の「なびく精神風土」は、個人にとってはプラス要因であっても、集団や組織にとっては、衰退スピードを加速させるマイナス要因になるのかもしれません。
[ 2011/03/23 08:04 ] 仕事の本 | TB(0) | CM(0)

『お金とつきあう7つの法則』山崎元

お金とつきあう7つの原則お金とつきあう7つの原則
(2010/03/26)
山崎 元

商品詳細を見る

お金の思想が満載の本です。山崎元氏は、以前、「超簡単お金の運用術」「転職哲学」の本を紹介しました。どの書も、ユニークかつ本質に迫る視点が秀逸です。

この本を読み、勉強になった箇所が15ほどありました。「本の一部」ですが、紹介したいと思います。



・お金は「汚い」のではなく「危ない」もの

・お金を道具として目的のために使いこなすには、お金と心の関係をはっきりさせておく必要がある。その上で、お金を合理的に扱うことに徹する。いわば、「お金の思想」の骨子

・お金があると「自由の範囲が広がる」。そして、目的達成可能性が高まる。また、多くの不幸が避けられる

・お金について心配しなくてもよい状態をつくることが、一つの目標。安心してお金のことを忘れられる人生が理想的

・お金に関して最も恐ろしい副作用は、お金が容易に価値観に置き換わって、人を支配する場合があること

・お金がそこそこ以上にあり、その上で、これから稼ぐのが難しい状況にあると、「お金が減ること」「お金を他人に取られること」「お金の価値が減ること」が気になって仕方がない。こうした心境にある人が怪しい投資話に騙されやすい

・自分の「プライド」とお金の関係、自分の「倫理」とお金の関係、自分の「時間」とお金の関係について、あらかじめ考えておくのが「お金の思想」

・大方針は、お金(経済力)に関して、「威張らないこと」と「ひがまないこと」

・お金との関わり方には、株式で稼いでいる「株式階級」、主にボーナスで稼いでいる「ボーナス階級」、安定的な雇用を得て給料が収入の大半の「給料階級」、雇用の継続性がほとんど保証されない「非正社員階級」の4つの階級に分けると考えやすい

・誰にでも取って代わられる仕事なのか、それとも、ある程度の経験やノウハウを要する代わりが少ない仕事なのか、その違いが大きい。「代わりの少ない仕事」を選ぶと有利に稼げる。自分が有利な競争環境のつくり方が求められている

・自分はなるべくリスクをとらずに儲けることこそ金融ビジネスの本質。「客の非合理性に利潤が宿る」

・1年間に4%を超える物価上昇と15%以上の円安が同時に起こった場合には、日本の金融資産に対する警戒モードに入ると考えるべき

・お金を失うかもしれない可能性を心配する場合、真に怖いのは、金融商品やマーケットの変動よりも「人間」。どんな金融商品を選ぶかよりも、誰にアドバイスをもらうかが重要

・お金を守ることに注意がいっている人が引っ掛かりやすい、ダメな金融商品、金融サービスの3つは「プライベートバンク(PB)」「毎月分配型投信」「変額保険(個人年金保険含む)」

・相場を予測して運用計画を変更することは難しい。基本ポートフォリオ(資産配分)を決め、それをきめ細かく計画を修正しながら運用していくこと



お金の本質をすべて見とおした著者ならではの見解は、非常に参考になります。特に、50歳以上の方には、参考にするべきところが多いように思います。

お金から自由になるためには、お金について、とことん考えておかなければならないのかもしれません。
[ 2011/03/22 08:04 ] お金の本 | TB(0) | CM(0)