とは学

「・・・とは」の哲学

版権ビジネス2~人気のキャラクター分析~

境港市/水木しげるロードのねずみ男像/photo by福家金蔵
日本人は、古来より、仏像やお地蔵さんを拝むのを習慣としています。えびすさん・大黒さんの七福神信仰も相変わらず人気です。

店舗によくある信楽のタヌキ、招き猫、福助なども古くからの人気オブジェです。

さらに、行方不明だったカーネルサンダースが水底から引き上げられても、すごいニュースとなります。

また、ひこにゃんを初めとするゆるキャラ人気も年々盛り上がっています。ゆるキャラの着ぐるみは各種イベントに引っ張りだこです。タレントを呼ぶよりもゆるキャラの方が人が集まります。

このように、日本人は、歴史的に見ても、2次元の平面のキャラクターよりも、3次元の立体キャラクター人気が高いように思います。

キャラクターは立体的な像、着ぐるみ、ぬいぐるみ、人形、フィギュアにして、視覚的にカワイイかどうかが条件のように思います。

ところで、キャラクターデザイナーのレベルも上がってきているように思います。もうディズニー、サンリオ、スタジオジブリだけの専売特許ではない感じがします。

日本人に受ける術を知り、安くても仕事をする、腕のいいキャラクターデザイナーが世の中にあふれているのではないでしょうか。

とにかく、どこかとタイアップして、人形にしてもカワイイキャラクター、着ぐるみが似合うキャラクターをつくれば、版権ビジネスで、大きな商売ができるような時代になっているのかもしれません。

一昨日訪れた、水木しげる鬼太郎妖怪ロードには、ゲゲゲの鬼太郎に出てくる、どことなく憎めない人気の妖怪キャラクターがいっぱいいました。

日本の妖怪が憎めないのは、人間が持つ業の弱さ(不安、怖がり、いやしさ、欲深さ)に精霊信仰が加味されてできたものが多いからではないでしょうか。

例えば、こち亀の両津勘吉、ケロロ軍曹などの人気のキャラクターたちは、

(人間の悪の部分
・ブームにすぐ便乗する
食い意地が張る
・ムダづかいする
お金に執着する
長いものに巻かれろ

(人間の善の部分
・人が困っていたら放っておけない
・人並み外れたパワーを駆使して、自分を犠牲にして人助けする

どことなく「業の肯定」の落語によく出てくる主人公の性格に似ています。

人間の善と悪の両方を持つ庶民が、人並み外れた能力を授かっているという設定が憎めなくていいのだと思います。

ゲゲゲの鬼太郎登場の妖怪キャラクターも、ブロンズ像の前で写真を撮っている人たちの多さから判断すると、正義感あふれる鬼太郎よりも、怠け者の目玉おやじ、いつも悪だくみをするねずみ男の方が、圧倒的に人気がありました。

日本人は、正義感が強すぎるキャラクターを求めていないように思います。自分たちと同じで、どことなく人間くさく、親近感のあるキャラクターが好きなのではないでしょうか

また、この妖怪たちは、伝承として長年語り継がれてきたものですから、我々の心の奥底に深く染み付いています。したがって、神話が残ってきたように、今後、何世紀もこのキャラクターたちの人気は続いていくように思うのです。

日本のねずみ男」の方が、「アメリカのねずみくん」よりも、ずっと長生きするのではないでしょうか。


版権ビジネス3~鬼太郎キャラクター~へ つづく

[ 2009/03/31 08:51 ] お金の話 | TB(0) | CM(1)

版権ビジネス1~鬼太郎妖怪ロード~

水木しげる鬼太郎妖怪ロード/photo by福家金蔵
昨日、高速道路1000円を利用して、片道250㎞、約4時間強かけ、鳥取県境港市の水木しげる鬼太郎妖怪ロードに行ってきました。

前からまちおこしで話題になっていたので、行ってみたいと思っていました。しかし、非常に不便なところで、行くきっかけもなかったため、なかなか行けませんでした。そういう意味で、今回はいい機会でした。

また、先週、発表された公示地価で、日本各地の商業地が軒並み下げる中で、横ばいになった珍しい地点として、この鳥取県境港市がニュースに取り上げられていました。

「これは何かが起きている。自分の目で見てみないといけない」と感じました。このニュースも境港に行くための、いい動機でした。

境港市といっても、ピンと来ないかもしれませんが、日本一人口の少ない鳥取県(人口約59万人、東京都の世田谷区、大田区、練馬区、足立区、江戸川区の一つの区の人口にも及ばない)の中の、さらに半島の突端に位置する僻地の場所です。

人口は、わずか36,000人の市です。隠岐島にフェリーを利用する人以外、訪れることはまずない場所だと思います。

昼の1時ごろに着いたのですが、人、人、人の山でした。観光地で見かける老若男女の客層の「老」以外が集まっている感じでした。特に、子供づれの夫婦、カップル、若い女性のグループが多かったように思います。

この鬼太郎妖怪ロードは、昨年は約150万人を集め、立派な観光地となっています。このロードが出来て15年、着実に客を集め、累計で1000万人に迫ってきているとのことです。

日本の観光地の代表は、東京ディズニーランドです。昨年は約2500万人を集めています。

しかし、ディズニーランドの周囲半径100㎞には、約4000万人の人が住んでいます。

しかも、敷地面積は160haにのぼります。さらに巨額の投資もかけています。

ところが、境港市の周囲半径100㎞には、約150万人の人しか住んでいません。また、境港駅から水木しげる記念館までの鬼太郎妖怪ロードは、わずか800mの距離です。

人口は約30分の1、面積は約50分の1なのに、集客数は約15分の1ですから、比率で言えば、ディズニーランドの2倍以上の人気があることになります。

しかも、鬼太郎妖怪ロードにある妖怪ブロンズ像は、ほとんどが市民の寄付でできたそうです。ということは、投資はあまりかかっていません。

これは、考えたらすごいことではないでしょうか?

アメリカのねずみくん」より「日本のねずみ男」の方が優れていることになります。

版権ビジネス2~人気のキャラクター分析~へ つづく

[ 2009/03/30 16:10 ] お金の話 | TB(0) | CM(0)

アジア的猥雑店(2)

アジア的猥雑店」=「きたない」という訳ではありません。汚いところもあるにはありますが、「アジアの売り場」を一言で言うと、「ごちゃごちゃ」という表現がぴったりだと思います。

ところで、仕事柄、幾度となく、店舗設計士の方たちとお会いました。彼らは、大抵、自分のイメージで店舗を設計したがります。その結果、確かに、きれいな店が出来上がります。

しかし、何かが違います。彼らは、店舗設計士と言いながら、売場に立って、自分の手で、売り場作りをしたことがないのだと思います。

理想の売り場を、頭の中で空想(妄想?)して、考えているだけではないでしょうか。出来上がった店舗は、床がピカピカ、通路幅も広く、照明も明るくなっています。

それは、それで結構なのですが、カクカクしすぎているのです。「欧米的」、「男性的」な匂いがします。理詰めの売り場、左脳で考える売り場のように思えるのです。

きたないのがいいと言っているのではないのです。「きれいでごちゃごちゃ」な感覚にしてほしいのです。

日本人にピッタリ合う売り場は、この「きれいでごちゃごちゃ」ではないでしょうか。その方が、にぎやかで楽しいし、しかも温かく、なんとなく落ち着ける雰囲気になります。

その代表例が、日本の場合、「デパ地下」だと思います。デパ地下が、楽しいのは、活気、掛け声、動き、音、匂い、味わいなど、五感を刺激するものが総動員されているからです。

デパート自身「きれい」なのですが、個々のテナントが必死に売上を競い合う結果、アジア的猥雑な要素の「ごちゃごちゃ」感が混ざって、いい感じになります。

このように、楽しい売り場は、現場の創意工夫で出来るものだと思います。トップが考えてもできないものです。

トップダウン型の組織で、決められたことを、決められた時間で、決められたとおりにやるように命令されているパートさんには、楽しい売り場を作りたくても作れません。

権限と責任を委譲されている社員なら、楽しい売場作りができます。その人たちが「客を楽しませよう」と、そして、「もっと売ろう」と積極的に売り場を作ろうとすると、自然に、アジア的猥雑な「ごちゃごちゃ」になってしまうのです。

この猥雑さを「きたないから、やり直せ!」と言われても困ります。日本人・アジア人のDNAに刻まれているものを、売り場で表現した結果、そうなっただけのことですから。

このように、アジア的猥雑なもの、五感を揺さぶるもの、民族的土着的なものを肯定する方がよっぽど素晴らしいと思えるのです。

逆に考えると、欧米的、男性的なもの、トップダウン型のものを肯定しすぎたために、日本は、この20年間、成長が止まり、閉塞感が漂ってしまったと思えるのです。


アジア的猥雑店(1)に もどる

[ 2009/03/28 06:24 ] お金の話 | TB(0) | CM(0)

アジア的猥雑店(1)

釜山鎮市場/photo by福家金蔵
何年か前、「売り場作り名人」として、ある会社の中で一目置かれている方から質問されたことがありました。その方は、きれいな売り場作り名人ではなく、売れる売り場作り名人です。

その名人は、売れる売り場作りのために、商品の置く位置、置く角度、積み方、見せ方、光の当て方、POPの色とその書き方、棚の装飾など、いつも現場に立って、夜遅くまで、売り場の手直しをしていました。

ある時、経営幹部の方がやって来て、この売り場を見て、「きたないから、やり直せ!」と言いました。その名人も、気づかなかったのですが、いつの間にか、アジア的猥雑な感じになっていたのでした。

「今まで、売上を上げようと、必死になって、売り場作りをしてきたのに、この売り場を今さら潰すなんてできない。どうしたらいいのか?」
といった質問内容でした。

その質問に対して、
「後ろの売り場が見えなくなるまで、商品を積んでいるのは、問題だけど、それを除いたら、今のままでいいのではないか」
と答えました。

経営幹部の意見より、客の声の方が大事だと思ったからです。もちろん、その経営幹部の方の会社での立場、権限、社長からの信頼、評価等も考慮に入れての答えです。

その名人は、客に買ってもらえるように、必死になって売り場作りをしました。自分の思いだけで作ったのではありません。やましい事など何もなかったのではないでしょうか。

この時、「日本人にはアジアの血が流れている」ということを改めて、実感しました。

今まで、タイ、ベトナム、ミャンマー、シンガポール、韓国、台湾、中国などアジア諸国には、仕事や観光で、計15回行きました。

その際、出来る限り、それらの国の、市場、バザール、スーパーマーケット、デパートなどの流通業の現場を見て回りました。

タイ、韓国の一部と、シンガポールの多くを除いたら、どこもが「アジア的猥雑店」だらけでした。


アジア的猥雑店(2)へ つづく


[ 2009/03/27 11:08 ] お金の話 | TB(0) | CM(0)

滅私奉公の企業戦士(被管理者)(2)

考えてみれば、日本という国が、戦後、高度成長できたのは、この企業戦士の層が厚かったからだと思います。つまり、企業戦士が日本という国の礎をつくったのだと思います。

また、逆の見方をすれば、文部科学省が、このような企業戦士を、義務教育において、養成訓練してきたからだと思います。

社会人になっても、「しあわせな人生とは何か?を考えるヒマを与えず、ひたすら競争させて、欲望を刺激させて、働かせる」システムをつくりあげた、日本国の勝利とも考えられます。

欧米の先進国では、義務教育で、個々の自立ということを教えていくのが一般的です。したがって、滅私奉公の企業戦士になるような人材が養成されにくいのではないでしょうか。

これらの先進国で、高等教育を受けた人間が、社会に出れば、人を管理する側(管理職)に回されます。もし、人を管理する側に回されなくても、知的専門職として働くことになります。人に管理される側(被管理者)に回されることは少ないように思います。

働き方としては、管理職になるか被管理者になるかの二者択一の選択しかないのかもしれません。

ところで、日本でも、現実的に、この二者択一社会の典型である、上流と下流の二極分化構造が生まれようとしています。

その中で、今の若い企業戦士は、下流に収斂されてきているようにも思えるのです。将来「中の上」くらいになれるのなら、企業戦士として、今を我慢できますが、「中の下」にしかなれないとしたら、がんばれないのではないでしょうか。

このような現実の中では、資本主義の欲望システムである「他人への差異をつけること、差異を埋めること」に巻き込まれないように自分を律していくしかありません。

そうしないと、組織の中での見栄が働き、せっかく稼いだ僅かのお金もほとんど使ってしまうことになります。

今、滅私奉公の企業戦士(肩書は管理職、実体は被管理者)で、しあわせでない人生(夢とお金と時間がない人生)を送られている方は、この現実から早く抜け出るように、いますぐ準備しておくべきかもしれません。

本来、企業と個人は対等な関係が望ましいはずです。個人は、もっと、賢く、強く、したたかに、自立していく気概が必要だと思います。

企業戦士として優秀な人は、滅私奉公の呪縛を解いて、別の会社に行けば、管理職として活躍できる可能性はかなり高いのではないでしょうか。


滅私奉公の企業戦士(被管理者)(1)に もどる

[ 2009/03/26 11:37 ] 出世の話 | TB(0) | CM(0)

滅私奉公の企業戦士(被管理者)(1)

口が×のクマ人形/photo by福家金蔵
今日は、ちょっと、いや~な話です。私も、この話を聞いたときは、すごくイヤな気分になりました。しかし、本質を突いています。現実は、そのとおりだと思います。

サラリーマンの方で、今、一生懸命働いて、小さな幸せを手に入れられている場合、この先を読まないほうがいいかもしれません。非常に腹が立つのではないかと思います。

その話とは、某大手企業の人事部で採用担当をされていた方と二人きりで食事した時に、出てきたものです。

少々親しくなっていましたので、大企業の人事や教育について、その方に根掘り葉掘り質問していました。

その話の中で、「一言で言うと、何を基準に人を採用しているのですか?本当のところは何ですか?」とズバリきいてみました。

すると、意外な答えが返ってきました。その答えとは・・・

「一言で言うなら、偏差値55~60の大学卒業生ですね」

「それは、どういう意味ですか?」と聞き返しました。

すると、下記のようなことを言われました。

「一般的に、偏差値65以上(東大・京大クラス)の学生を採用しても、戦いの土俵に上がらず、眺めているだけで、企業戦士として働いてくれない」

「そういう頭のいいだけの人間は、会社に管理職として、10人もいれば十分で、それ以上必要ない」

「一般的に、偏差値50以下の学生もまた、戦いに怯えて、土俵に上がろうとしない。無理やり土俵に上げても、すぐに逃げ出してしまう」

「そういう根性と忍耐力のない人間も、ハードワークのわが社には必要ない」

「その点、一般的に、偏差値55~60(1.5流大学)の学生は、現場で一生懸命、夜遅くまで真面目に働いてくれる」

「そういう滅私奉公の企業戦士(肩書は管理職、実体は被管理者)が、我が社として、一番欲しい人材である」

「さらに、体育会出身(粘り強くて、組織に順応)か地方国立大学出身(都会生活にスレていない)ならベストである」

ということでした。


滅私奉公の企業戦士(被管理者)(2)へ つづく

[ 2009/03/25 12:42 ] 出世の話 | TB(0) | CM(0)