とは学

「・・・とは」の哲学

『ゆとろぎ・イスラームのゆたかな時間』片倉ともこ

ゆとろぎ―イスラームのゆたかな時間ゆとろぎ―イスラームのゆたかな時間
(2008/05/28)
片倉 もとこ

商品詳細を見る

イスラム世界の書は、宗教や政治などの大きなテーマに関するものが多数です。しかし、本書は、イスラム教信者の日常生活という小さなテーマが内容です。

著者は、イスラムの日常で大事にされている『「ゆとろぎ」=(「ゆとり」+「くつろぎ」)-「りくつ」』をタイトルにして、イスラム世界を論評しています。興味深い点がいくつもあり、それらをまとめてみました。



・アラビアには、「じっとしていると、汚れてくる。場所も心も」という「移動哲学」がある

・アラビアでは、「くつろぎ」や「ゆとり」は、人生の中で一番いいもので、能動的、積極的な意味合いを持った言葉

・アラビアの人たちは、動くと「いろいろな感興がわいてくる」「詩が出てくる」と言う

イルム(知識、情報を豊かに得ること)は、人生の目標。人間の立派さは、社会的地位によるものではなく、その人がどのくらいのイルムを持っているかによるもの

・アラビアでは、偉い人、仕事をバリバリとやっている人でも、詩がつくれない人は、感受性がない、人間として駄目だされる。政治家でも、詩が詠めないと、評価が下がる

・イルムを得るというのは、昨日知らなかったことを今日知る、今日知らなかったことを明日は知る、というのを人生の喜びとすること。知識を得るためなら、どんな遠方でも行くようにと、預言者ムハンマドは言う

・アラビア社会の風潮では、労働は必要悪。人の生き方の中で、仕事そのものに価値を置かない。仕事は生活のために必要なのであって、それに付随する社会的な意味や徳といったものについては考えない

・労働というものは、自由と対立するもの。労働は、人間である所以の自由、人間の尊厳を損なうもの、という考え方。自由という価値を、何より大切にする

労働はせざるを得ないけれど、なるべく「無知なもの」たちに分担させるもの。子供たちは、まだ何も知らない小さいときから、労働をさせられる。労働させることで、大人になっていく

・イスラーム世界、特にアラビアでは、保護せねばならない人には、付き添いをつけるのが当たり前。年寄りが若者に「手を貸してくれ」と悪びれずに言う。若者はたとえ職場に急いでいるときでも、「自分のほうから気づくべきだった」と言いながら、手助けする

・弱い立場にある者を保護するのは義務であるという思想が、ごく普通の人の間にも浸透している。一夫多妻婚の制度も、戦争によってできてしまった多数の未亡人とその子供たちを救うための措置

・イスラーム教徒のなさねばならない行は、サラート(礼拝)、サウム(断食)、ハッジュ(巡礼)、ザカート(救貧)。ザカートは、持てる者が持たない者に、自発的に施しをすること。後のイスラーム法の細かい取り決めで、救貧税として徴収されるようになった

・弱者救済の思想には、神の前にすべての人間は同じであるという平等主義、ストックよりもフローを重視し、ものを一つのところに淀ませておくことを罪悪視する考え方とも関連する

・イスラーム教は、人間はその弱さゆえに、いい加減な行動をするという「人間性弱説」があるため、誘惑に負けなくする状況をつくるのに腐心する。トラブルが起こる前に、禁酒にしておくのがいい、男女隔離とヴェール着用にしておくのがいい、という考え方

・モノを私有するという執着としんどさから解放され、先祖代々の墓を守るということからも解放されると、人々は身軽に楽しく引越しをする。動くことは、人の暮らしを活性化する

・遊牧民は、定着した連中を軽蔑して、「あんな家に住むから、肝っ玉の小さな人間になる」「定着した遊牧民は、モノを溜め込み、守りの姿勢に入って、おどおどした雰囲気になる」と言う

・エジプトやイラクなどのイスラーム社会で道をきくと、知らなくても「一緒に行こうか」と付いてきてくれる人が多い。道を知っているかどうかより、迷っている人を助けたいという親切心が先立ってしまう優しい人たち



アラブの人たちを理解するには、イスラム教を理解しないと始まりません。本書には、そのエッセンスが載っているので、便利です。

他文化を理解し、他国の人々を理解するには、相当な努力と時間が必要であると、痛感させられる書でした。


[ 2014/08/08 07:00 ] 海外の本 | TB(0) | CM(0)

『あっぱれ技術大国ドイツ』熊谷徹

あっぱれ技術大国ドイツ (新潮文庫)あっぱれ技術大国ドイツ (新潮文庫)
(2010/12/24)
熊谷 徹

商品詳細を見る

ドイツは、日本同様に技術大国です。輸出も絶好調のようです。ところが、自動車以外に思い浮かぶものがありません。

では、どういったものを輸出しているのか?どんな製品をつくるのが得意なのか?技術者教育をどのように行っているのか?そういったことを詳細に描いているのが本書です。その一部をまとめてみました。



・勤労者の71%が中規模企業に雇用されている。特に職業実習生の83%が中規模企業で働いている。中規模企業はドイツ最大の雇用主

・雇用者数が多い中規模企業は、政治家にとっても重要な票田。どの政党も選挙戦で「中規模企業はわが国の経済の大黒柱」と持ち上げる。そして、規模が小さな企業に対する優遇措置を、公約に盛り込む

・中規模企業は、株式会社ではなく、家族経営の企業が多い。ドイツの中規模企業で輸出企業として成功を収めたところは、ニッチ市場に特化しているのが特徴。製造・販売する製品は、直接消費者に売られる製品よりも、他の企業に販売する製品(BtoB取引)が多い

・ドイツの中規模企業の経営者は、名前を世間に広く知られることよりも、売上高と収益を着実に伸ばし、従業員の雇用を長期的に確保する「名より実をとる」哲学を実践している。マーケットシェアが公表されることを嫌って、マスコミの取材を断る会社も多い

・ドイツは人件費が高いので、外国企業を相手にした価格競争では勝ち目がない。そのため、付加価値が高く、顧客の要望に合わせた製品をつくり、新しい技術の開発、既存技術の改善を行い、価格競争に巻き込まれるリスクを少なくしている

・物づくりを重視するドイツ人の国民性を表す言葉が「テュフトラー」。この言葉は、「精密機械や部品、模型などについて、長時間かけて細かい手作業に凝ったり、工夫したり、試行錯誤したりするのが好きな人」を意味する

・ドイツ南西部のシュヴァーベン人たちは、相対性理論からクレーンに至るまで、革新的アイデアを次々に生んだ。特に19世紀後半から20世紀の初めにかけて、この地域では、自動車や飛行船など、その後の世界を大きく変える発明が行われた

・ドイツ人は「働き者で倹約家で、ムダや贅沢、虚飾を嫌う」のが特徴だが、そのドイツ人の間でも、「シュヴァーベン人は特に働き蜂で、倹約を好む」と見られている

・産業振興政策の先駆者シュタインバイスは、民衆に職業訓練を行い、技能を身につけさせることの重要性を見抜き、職業教育の普及に努めた。「誰もが仕事を持っている所では平和が支配し争い事が起きず、繁栄を享受する。失業は諸悪の根源」というのが彼の持論

・シュタインバイスは、「民衆は荒削りの素材のようなもの。これを教育によって貴金属に変えなければならない」と、職業教育と専門教育の必要性を説いた。また、「政府の最も重要な任務の一つが、民間企業を振興すること」と断言している

・ドイツ人が秩序と整理整頓を好むのは、時間を効率的に使うのを重視するから。ドイツ人は、目的を達成するためにかかる時間と労力が、得られる利益に比べて大きすぎることが最初からわかっている場合は、初めからその仕事に取り組もうとしない

・「技術とは、あくせく努力する行為をしないで済むように努力すること」。新しい技術は、しばしば労力の節約につながる

・ドイツ人は何につけ凝り性で、中途半端が嫌いな完全主義者が多い。また、グレーゾーンが大嫌いで、物事に白黒をつけることを好む

・ドイツ人は個人主義が強い反面、法律や規則を作るのが好き。また、他の民族に比べて、法律を守ろうとする傾向が強く、違反者は社会的な地位にかかわらず、厳しく罰する

・ドイツ人のきっちりした国民性は、宗教に関係がある。ドイツ人のキリスト教徒のうち、49%がプロテスタント(新教徒)

・米国の著名な投資家ウォーレン・バフェットは、高度な技術を持つドイツの家族企業の買収に強い関心を示し、ドイツを訪れ、実際に数社の家族企業の経営者とミーティングを持った



ドイツ人と日本人は、似ているところ(働き者、凝り性)が多いと言われています。本書には、その似ているところが発生した要因が記載されており、参考になりました。

日本人は、最近ドイツ人に関心がなくなってきています。サッカー以外にもドイツに学ぶべき点は、まだまだあるのではないでしょうか。


[ 2014/08/06 07:00 ] 海外の本 | TB(0) | CM(0)

『儒教と負け犬』酒井順子

儒教と負け犬 (講談社文庫)儒教と負け犬 (講談社文庫)
(2012/06/15)
酒井 順子

商品詳細を見る

著者は「負け犬の遠吠え」の作者です。その著者が、韓国と中国に、独身女性を取材した書です。

日中韓の結婚観、家族観が、儒教の影響を受けながらも、微妙に違うところが面白いところです。その中で、印象に残った一文を幾つかまとめてみました。



・韓国では、結婚していない女性を、性体験があろうとなかろうと、「処女」と言う。だから、三十代にもなると、「老処女(ノチョニョ)」となる

・韓国の女性が、たとえ友達同士であっても性的な話をすることはない。儒教の影響と思われるが、この手の話をすることは、ものすごく下品というか、タブーということになる

・韓国の姦通罪は現行犯逮捕でなければならない。妻なり夫なりが警察官を連れて、浮気現場に踏み込まなくてはならない。そして、いざ姦通罪になった時には離婚をしなくてはならないので、「逮捕して慰謝料もらって別れる」覚悟がないといけない

・先祖との結びつきを重視するということは、子孫を残すという任務も重要ということ。当然、結婚可能な年齢なのに結婚していなければ、ものすごく肩身が狭くなる

・韓国では美容整形手術が盛んに行われている。しかし、その秘密を墓場まで持っていくといった悲壮感は見られない。結婚したら夫に言うのが一般的

・ソウルの勝ち組・勝ち犬たちは、盤石の自信を持ちながらも、とても大変そう。夫の親戚筋との付き合いや、頻繁にある法事などの行事、子供の教育。負け犬とはまた別の責任が、彼女たちの肩に重くのしかかる

・科挙という形で、学力試験の合格者を登用してきた伝統を持つ朝鮮半島では、「卑しい労働に手を染めることなく書を読む」ことが理想とされた。韓国女性たちは、「卑しい労働」を子供たちにさせたくないと思うからこそ、教育への負担感が大きい

・儒教国の人々は、結婚プレッシャー、親孝行プレッシャー、子孫繁栄プレッシャーなどが強く存在しているからこそ、つい結婚に及び腰になってしまう

・韓国で子供がないない夫婦が子供を作ろうとしない理由の6割が「養育費や教育費の増加」。韓国人が考える教育費の負担感は、日本人のそれよりもずっと深刻

・「老処女」問題が深刻化している韓国で、「老処女」になった理由に、「外見が悪いから」をあげる人がかなり多い。「良い出会いがない」「結婚の意思がない」に次いで第三位

・韓国の結婚相談所は、「一般」「専門職」「医者・弁護士系」コースに分かれる。「一般」は年会費が約12万円だが、「医者・弁護士系」は67万円。一般の「お見合いおばさん」に頼んでも、医者や弁護士の男性と結婚が決まったら、約100万円支払わなければならない

・韓国の独身男性が結婚相手に求める条件の三位が「家庭環境」(第一位「性格」、二位「外見」)。親が離婚しているとか、両親の経済力や学歴、そして家柄といった問題が大きい

・中国の「三高」とは、「学歴が高い」「収入が高い」「年齢が高い」ということ。上海では、三高女三低男は、絶対にくっつかない。上海の三低男は、地方や農村から「外来の嫁」を取る。そして、上海の三低男に嫁を取られた農村の三低男は、余っている

・中国の負け犬的女性は「余女」と呼ばれる。「老大難余女」という言い方もある

・上海の妻というのは、いかに一円でも多く夫からむしり取るか、みたいなことを常に考えている

・「女大学」(儒教が最も発達する徳川期の封建社会下において、家を存続させるため、女子に対して心構えを説いた書)の内容は、中国の儒教書をベースにしている。中国では、日本の女大学が流行るはるか前から、この手の「女の管理法」が明文化されていた

・中央集権体制を守るため、そして家を守るための教えであった儒教。しかしそれは、「眠れるパワー」であった女性の力を世に出さないための仕組みであった

・日本においては、親子愛を疎かにすると世間から非難されるが、夫婦愛を疎かにしても全く非難されない。夫婦愛の希薄さは、かつて子孫を残すことのみを目的として家庭を作った時代の名残。夫婦愛が希薄であったからこそ、妻は愛情を子供に向けるしかなかった



中国や韓国とは言い争いや紛争が絶えませんが、儒教というベースにおいて、似ているが故の悲劇なのかもしれません。

この少し違った「違い」を分析することが、中国と韓国を理解する基本となるように思います。しかし、儒教が日中韓の仲を邪魔しているのも事実でしょうね。


[ 2013/12/25 07:00 ] 海外の本 | TB(0) | CM(0)

『イスラム圏でビジネスを成功させる47の流儀』佐々木良昭

イスラム圏でビジネスを成功させる47の流儀イスラム圏でビジネスを成功させる47の流儀
(2013/07/19)
佐々木 良昭

商品詳細を見る

著者の佐々木良昭氏はリビア大学出身で、イスラム諸国に豊富な人脈のある方です。大学教授を経て、アナリスト、財団の研究員として活躍されています。

本書には、その豊富な人脈に培われたイスラム圏のエキスが詰まっています。習わし、掟など、ビジネスに必須の事柄も簡潔にまとめられています。役に立つ書です。その一部を要約して、紹介させていただきます。



・現在、世界のイスラム教徒(ムスリム)の数は16億人。インド(人口の20%がイスラム教徒)、パキスタン、バングラデシュの地域に約5億人。インドネシアに2億人以上。ロシアの人口の15%、中国の人口の3%もイスラム教徒。フランスやイギリスでも急上昇中

・イスラム教徒急増中のフランスでは、ハラ―ル(イスラム法上で食べることを許された食品)関連商品を集めた「ハラ―ル・エキスポ」が毎年開催されている。ハラ―ル食品の市場規模は5800億ドル、化粧品や医薬品を加えた市場規模は2兆1000億ドルにも上る

・モノを作る場所としても、イスラム圏は注目されている。勤勉な労働者が多く、賃金の割安なインドネシアやバングラデシュ、中東の雄トルコへと向かう日本企業が目につく

・石油や天然ガスによって好況を維持している湾岸諸国(アラブ首長国連邦、バハレーン、クウェート、カタール、オマーン、サウジアラビアなど)は、ビジネスチャンスにあふれている。これらの国々の富裕層が操る「イスラムマネー」の総額は1兆ドルを突破した

・18000を超える島々で構成されるインドネシアは、国家全体が海に面しているので、部品や製品の輸送に強力な武器となり、「モノを作る場所」としての大きなアドバンテージ。また、石油、天然ガス、レアメタルといった天然資源も豊富

・インド政府は、ものづくりの基礎教育の徹底を図ろうとしている。全土にある職業訓練校(電気工事、旋盤、金型などのコースがある)には、優秀な指導者が不足している。そこで目を付けているのが、日本人の熟練工。リタイアー組であっても引く手あまた

・トルコの大学数は156校。毎年52万人が巣立つ。教育水準の高さとその勤労意欲は魅力で、専門知識や技術を持つ若者が多い。トルコはEUと関税同盟を結び、20ヵ国とFTA(自由貿易協定)を締結しているのも魅力。主要市場への効率的かつ費用効果の高い架け橋

・イスラム圏の人々は、受けた恩義を忘れない。義理人情に厚く、昔気質の日本人に共通するものがある。苦しいときに助けるという先行投資も、やがて実を結ぶ日が来る

・コーラン(イスラム教聖典)は、女性は顔と手以外は隠せよと記している。保守的な地域では、外出の際、「ビジャブ」(頭髪を覆う)と「アバヤ」(ドレス)で身を隠す。「ニカーブ」(目だけ見せる頭巾)や「ブルカ」(目の部分も網目で覆う)などの制約もある

・ぽっちゃりと太った男は、イスラム圏のいい男の条件。その結果、生活習慣病に悩まされており、サプリメントが注目されている。この分野でも、家電や自動車と同じく、日本製の受けが大変いい。健康食品産業は新たな市場としてイスラム圏に目を向けるべき

・アラブの人々に受ける日本料理はすし。手で味わうというDNAが親近感を覚える。他の日本料理で受ける可能性のあるのは、お好み焼、ラーメン、焼きそばなどのB級料理。ただし、その場合も「ハラ―ルの掟」を遵守することが条件

・イスラム圏の人々は、よく「日本人は、やさしい母親のようだ」と言う。その心は、何でも言うことを聞いてくれるから。日本人のきめ細かいサービスは武器となる

・ハラ―ルの世界標準規定に名乗りを上げたのがマレーシア。国家ぐるみでハラ―ルの認証を行い、巨大なハラ―ル市場を相手にビジネスを行おうとしている

・イスラム金融にはスクーク(イスラム債)、タカッフル(イスラム保険)、ムダーラバ(信託金融)などの商品があるが、いち早く政府主導でこの分野に進出したのがマレーシア。発行額844億ドルのスクークの7割がマレーシアで発行される

カラミーヤ(賄賂)は減少したが、ワーシタ(仲介料・口利き料)は今でも強力なビジネスの手段。ワーシタは人脈のパイプを劣化させないための潤滑油

・「独裁者だから許せない」「民主的でないから許せない」というのは、西側諸国の見方にとらわれた一方的なもの。イスラム圏を相手にするビジネスマンは、言動を慎むべき

・イスラム教徒の義務である信仰の方法を「六信五行」と呼ぶ。6つの信じていることは、「1.アッラー」「2.天使」「3.コーラン」「4.預言者」「5.来世」「6、定命」。5つの義務行為は「1.信仰の告白」「2.礼拝」「3.断食」「4.喜捨」「5.大巡礼」



本書には、これらの他に、「母親や家族に気に入られる」「神秘さを漂わせる日本人は強い」「安全第一・整理整頓の標語が武器となる」「女性だけのオンラインビジネスにチャンスがある」などのイスラム圏で成功する流儀が記されています。

ビジネスのヒントがいっぱい載っていますので、イスラム圏でのビジネスに関わっている方の入門書として、最適なように思います。


[ 2013/09/20 07:00 ] 海外の本 | TB(0) | CM(2)

『目からウロコの「ハワイらくらくプチ移住術」38の鉄則』小林護

目からウロコの「ハワイらくらくプチ移住術」38の鉄則目からウロコの「ハワイらくらくプチ移住術」38の鉄則
(2012/10)
小林 護

商品詳細を見る

ハワイに遊びに行くのは簡単かもしれませんが、移住しようとすると、お金で解決できない様々な問題が生じます。著者は、ハワイ在住19年の移住専門のコンサルタント会社代表として、その問題を解決することに熟知されています。

本書には、単にハワイだけの問題ではなく、「海外に将来移住したい」「海外でビジネスをしたい」と考えている人にとっても、有益なことがいっぱい載っています。それらの一部を要約して、紹介させていただきます。



・ハワイは全米長寿ランキング第1位の州。気候が温暖である、島である、独自の文化や音楽がある、「ハングルーズ」(気楽に行こう)といった価値観を持っている点がその要因。ハワイは「スローライフ」が楽しめるところ

・ハワイは日本人がビジネスをするのに向いている。ハワイ在住のアメリカ人が入りたくても入れない「日本人マーケット」の入口に既に立っているから

・日本人のミリオネア(億万長者)は174万人(70人に1人)。彼らの多くが、海外旅行が好きで、特にハワイは定番となっている。彼らは、もう「モノ」は要らない。でも、人生を豊かにする「情報」や「サービス」なら高くても欲しいという発想の持ち主

・ハワイは人口120万人と少ない。また、その多くが年収4万ドル以下。このマーケット規模では、スケールメリットの戦略を取るのは難しいが、毎年その約6倍の観光客が集まる場所。観光客を含めた場合、その経済規模は決して小さくない

・ハワイは、日本からの富裕層が、コンドミニアムを購入したりする場所として知られているが、それはアメリカ人の間でも同じ。多くの富裕層がリタイア後の生活拠点として、コンドミニアムやセカンドハウスを所有している

・あなたがもし「自分には得意分野がない」と思っても、あなたが「それ」をしていても苦にならない、「それ」をするなら何時間でも飽きないといったものがあれば、その場合の「それ」こそが、あなたが潜在的に持っている得意なジャンルということ

・ハワイで就職を検討する方は、履歴書に、日本式で控え目な内容や「言われたことは何でもします」的な受身の内容を書いてはいけない。相手に期待させる内容でなければ、面接してもらえない。そして、面接では「自分をプレゼンする」イメージで挑むこと

・ハワイで成功するビジネスとは、ローコストにこだわり、オフィス不要、仕入れ不要、在庫不要といった「失敗しづらい」ビジネス

・ハワイに住むビジネスマン(特に貿易業)にとって、ラスベガスは「ギャンブル」するところではなく、「仕入先」の開拓や「バイヤー」を探すところとして有名。各種コンベンションが毎週のように開催され、世界中のメーカーや卸業者、バイヤーが入り乱れている

・商談交渉するアメリカの会社が小規模であれば、日本に自力で進出できる会社は少ないのでチャンス。そして、その独占販売権を日本の信頼おける業者に売り込んだらいい

・アメリカは「借金するほど信用が上がる」。「クレジットヒストリー」と呼ばれる与信力を調べるシステム(お金の返済状況を評価し、スコアに表わす)があり、点数が高いとパワフルなツールとなる。ハワイでは、アメリカの金融機関発行のカードを取得すること

・ハワイでは、オーナーはマネージャーと接する場合、「笑っている織田信長」を演じるのが最も効率的。つまり、普段はにこやかだが、言いたいときは率直に言うし、言ったことは(解雇も含めて)実行するといった、イエスかノーかをはっきりさせること

・アメリカ人の「自己正当化」(日本人からすると、ただの言い訳に聞こえる)の癖だが、彼らが非常識なのではなく、実は日本人である我々の方が、国際的に見た場合、非常識かもしれないという認識を持つこと

・アメリカは資本主義が徹底されている。資本とはお金のこと、お金とは「オーナーのお金」という意味。つまり、自分らはオーナーに雇わたプロとしてここにいるという点をアメリカ人はよく認識しており、「オーナーの意見は絶対」との共通概念ができあがっている

・ハワイには日本人「職人」が足りない。理由はハワイ自体マーケットが小さいため、能力、実行力のある日本人は、ニューヨークなどの大都市を目指すから。日本語OKの医師、弁護士、美容師、マッサージ師、増改築業者、車の補修業者などは慢性的に不足している

・日本では、「日本という社会システム」に順応できる人間が勝ち組で、それ以外は負け組になる。このシステムには「敗者復活戦」がない。日本でドロップアウトした「肩身の狭い思い」をしている方こそ、ひきこもらないで、海外に目を向けてほしい


著者は、ハワイという地域性、州民性、環境特性にマッチしたビジネスとは何かを真剣に考えられています。とおりいっぺんのマーケティング理論を語っていません。そこが好感のもてるところです。

日本でドロップアウトしてしまった人は、海外に新天地を求めたら、日本にいるよりも成功する確率が高くなります。その希望となる最高の地がハワイなのかもしれません。


[ 2013/08/02 07:00 ] 海外の本 | TB(0) | CM(0)

『文明が衰亡するとき』高坂正堯

文明が衰亡するとき (新潮選書)文明が衰亡するとき (新潮選書)
(2012/05/25)
高坂 正堯

商品詳細を見る

国際政治学者の著者が亡くなってから15年以上経ちます。国家の歴史を徹底的に分析し、現在の政治に言及する学者でした。今いてくれたら、どんなによかったことかと思います。

本書は、小国にもかかわらず、通商国家として成功したヴェネチアオランダの衰亡史をとりあげた内容です。今の日本が学ぶべき点が非常に多いと感じました。その膨大な内容の一部を要約して、紹介させていただきます。



・ヴェネチアは大陸国家のように重い権力装置を持たなかったので、その費用も少なくてすみ、財政管理は極めて効率が高かった。国家は商業会社のように運営されていた

・豊かになると、国民の間に富の差が生じ、力の格差をもたらす。国が強くなると、国際的な反撃を生み、権力政治に加わらざるを得なくなる。それらは強い権力を必要にさせる

・安定したリーダーシップを確保しながら、専政を防止する方法として、貴族政が確かであることは歴史の示すところ

・ヴェネチアは公的企業と私企業を巧く組み合わせ、経済的格差が増大するのを防止した。国会議員は、戦時には進んで戦わなくてはならなかったし、貴族は、租税上の特権や法外な富を貯えてはいけなかった。「節制の精神」が貴族政を支える徳性であった

・政治はそれを行う人間によって決まる。制度は大切だが、腐敗する危険が絶対にない政治制度などできない。秀れたエリートを持てるかどうかは、極めて大切なこと

・ヴェネチアは海運業を保護するようになった。しかし、その勢力は盛り返すことはなかった。効率の悪い船で商品を運ぶことを強いられたヴェネチアの産業は不利な立場に置かれた。こうした自由な精神と開放的な態度の衰弱こそ、ヴェネチアの衰亡期の特徴

・歴史を遡れば、ヴェネチアの商業は、税金が安いことから利益を受けた。そのうち、税は高くなったが、有効に使われていた。最後には、税金の高いことが企業活動を圧迫した。そして、ヴェネチア人の賃金や労働条件も法制化され、賃金の割に働かなくなっていった

・冒険を避け、過去の蓄積によって生活を享受しようという消極的な生活態度は、ヴェネチア人の貴族の男子で、結婚しない人が増えたことに現れている。17世紀には、適齢期の男で結婚しないものの比率は60%へと上昇していった

・ローマの歴史が示しているように、いったん大をなした文明は、直線的には衰亡に向かわず、衰亡の兆しが現れた後、何回かの浮沈を繰り返した後、初めてそうなる

・日本の戦後の成功は「パックス・アメリカーナ」という幸運な環境に負うところが大きい。日本は人的資源と水資源を除いて領土も狭く、資源もほとんどない。強大な国家となる基礎に欠けるのに、経済的に成功したのは、日本人の努力と能力だけでは不可能なこと

・パワーベースを欠く国の成功は不安だらけ。オランダの成功は敵意を生み、交渉の増大によって、摩擦も増えた。大体、中間に立って富を求めるものは人に好かれない

・幸運に助けられた成功と、どうしても克服できない脆弱性、その二つが通商国家の運命

・通商国家は、他人に害を与えることが少ないのに、嫌われる。ヴェネチアもオランダも、他国に大きな脅威を与えるはずがなく、秀れた技術によって、他国の人々の生活に寄与していたのに、好かれなかった

・17世紀、オランダの通商国家としての成功に直面して、思弁と仮説の反オランダ・プロパガンダが作られ、反オランダ政策が展開された。そして、オランダ人の才、進取の気性、勤勉の犠牲者になったと思い込んだ連中たちによって、反オランダ戦争が起こされた

・通商国家は戦争を避けようとする。それはただ、強力な国々の国際関係を利用するだけ

・通商国家は、他人に利益を与えることができるし、また、そうしなくてはならない。それにもかかわらず、巧妙な生き方をするが故に、通商国家は他人に好かれない。それは、人間の性からしてやむを得ない。ただ、それ以外に通商国家の生き方はない

・通商国家は異質の文明と広汎な交際を持ち、さまざまな行動原則を巧みに使い分け、それを調和させて生きる。しかし、そうすることで、自分の大切なものや自分が何であるかが徐々に怪しくなる。すなわち、道徳的混乱が起きる

・通商国家の人々は、成功に酔い、うぬぼれると同時に、狡猾さに自己嫌悪する。その結果、社会の中の分裂的傾向と平穏な生き方への復帰を求める傾向が起こり、変化への対応力が弱まる。しかし、通商国家はつねに新しい変化に対応する姿勢を持つ必要がある



通商国家の政策は、成長期(外部環境の幸運とその幸運をつかむ政策)、成熟期(繁栄を持続させる外交・軍事・産業政策)、衰亡期(競争相手出現による衰退を止める政策)によって違います。今の日本は、成長期は終わり、成熟期に入っています。

小国なのに繁栄した国は、周辺諸国から「嫉妬」や言われなき「差別」を受けます。それを、外交手腕で、どう忌避できるか。時代や環境に適応しながら、新しい産業をどう興していけるか。本書は、今の日本にとって、とても大切な書ではないでしょうか。


[ 2013/07/12 07:00 ] 海外の本 | TB(0) | CM(0)