とは考

「・・・とは」「・・・人とは」を思索
カテゴリー  [ 華僑の本 ]

『PM2.5越境汚染』沈才彬

PM2.5「越境汚染」 中国の汚染物質が日本を襲う (角川SSC新書)PM2.5「越境汚染」 中国の汚染物質が日本を襲う (角川SSC新書)
(2014/03/10)
沈 才彬

商品詳細を見る

中国の環境汚染は深刻なレベルに達しています。PM2.5のような大気汚染だけでなく、土壌汚染水質汚染食料汚染など、汚染は複合化しています。

人が環境をつくると同時に、環境が人をつくります。最近の中国の動向を見ていると、人の心も汚染されてきているのではないでしょうか。本書は、中国の汚染の実態が記されている書です。参考になった点をまとめてみました。



・「真の文明は、山を荒らさず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし」(田中正造)。中国が出すべき答えは、この田中の言葉にはっきりと示されている

・中国の河川の40%が汚染されており、人が触れることもできない有毒な川は全体の2割まで達している。地下水にいたっては、95%の都市で汚染が確認され、そのうち60%が厳重汚染とされている

・中国の土壌の40~70%が重金属化学肥料に汚染されている。このため、カドミウムのような重金属に汚染された食料が市場に出回っている

・WHOの発表によると、世界各国で毎年200万人が大気汚染の影響で死亡しているというが、そのうち65%がアジア人。事実、北京市の肺がん患者はここ10年で60%増えている

・PM2.5が人体に及ぼす悪影響には、喘息、気管支炎といった呼吸器系の疾患が多い。そのほか、心臓や血管などの循環器系疾患への影響も指摘されている。とくに、子供や高齢者は免疫力が弱く、PM2.5を吸い込むと呼吸器系疾患にかかりやすい

・清朝時代から都に住んでいる北京人のプライドは高い。そのため、3K(危険、きつい、汚い)の仕事をやりたがらず、これらの仕事を出稼ぎ労働者に任せるため、北京への人口流入を招いている

共産党の人事政策では、経済成長を成し遂げた人が評価される。任期中にGDPが前年比0.3%上昇すれば、昇進率・出世率は8%高まるが、市民の生活改善や環境保護に力を費やすと、昇進率・出世率はマイナスに落ち込むことがわかっている

・PM2.5の日本のレベルは中国の50分の1から20分の1程度でしかないが、西日本では、1日平均値の環境基準を上回る日も出てきている

・中国には、長江、黄河などの7本の主要河川があるが、これらの河川流域面積の半分以上の水質が汚染されている

湖の汚染も深刻。35の主要な湖のうち、17の湖が厳重汚染の指定を受けている。また、地下水の汚染も進行しており、都市部水源の4割が飲用不能

地下水汚染には、次の3つの経路がある。「1.工業排出物」「2.化学肥料」「3.ゴミ捨て場から染み出た有害物質の浸透」3による汚染は、日本では想像できないが、中国では大問題となっている

・中国の耕地面積の20%に相当する2000万haが汚染されている。土壌汚染により廃棄された食料は年間1万トンにのぼり、損失額は毎年200億元(約3400億円)に達している

・現在の北京には、PM2.5、砂漠化渇水交通渋滞、人口急増と、様々な問題が押し寄せてきている。近い将来、首都としての機能が麻痺するという危惧が強まっている

・1980年代から年間2460㎢(ほぼ神奈川県の面積に匹敵)の土地が砂漠化している。砂漠化によって影響を受けた人は、すでに4億人。砂漠化は黄砂の原因となり、春には朝鮮半島や日本にも影響を与えている

・国土の砂漠化に加え、中国は渇水問題にも頭を悩ませている。中国の1人当たりの水資源は2300㎥しかなく、世界平均の4分の1にしか過ぎず、世界121位という低ランクで、最も水が不足している国の一つ

・中国は、自国内部に「環境破壊」という安全保障上の問題を抱え込むこととなった。この脅威は外部からもたらされたものではなく、自身によってつくられたもの。「北京廃都」は政府が最も恐れるシナリオ

・中国には、散歩しているかのような体裁をとりながら、無言の抗議を行う抗議活動(デモ)がある。このデモを政府は「群発事件」と呼んでいる。群発事件の発生件数は1年に20~30万件。特に、環境問題に端を発したデモが頻発している



先日も、中国の食料汚染が話題になりました。空気も汚い、水も汚い、土も汚ければ、安全な食品などつくれるはずがありません。

しかし、考えてみれば、空気や水や土を汚くしているのは、中国国民です。つまり、心の汚い人たちだから、食品も汚くなるといってもいいでしょう。心の汚染が終焉するまで、中国の食品に手を出さないほうが無難かもしれません。


[ 2014/08/29 07:00 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『森から生まれた日本の文明―共生の日本文明と寄生の中国文明』黄文雄

森から生まれた日本の文明―共生の日本文明と寄生の中国文明 (アマゾン文庫)森から生まれた日本の文明―共生の日本文明と寄生の中国文明 (アマゾン文庫)
(2010/03/02)
黄 文雄

商品詳細を見る

著者の本を紹介するのは、「厚黒学」「中国陰謀学入門」に次ぎ、3冊目です。本書も、中国及び中国人に関する書です。

そのキーワードを日本は「共生」、中国は「寄生」として、台湾出身者の視点で日中文明論を展開されています。興味深い切り口の数々をまとめてみました。



・文明の衰退は、地力の過剰な収奪による表土流出、土砂堆積、水資源枯渇、砂漠化、森林喪失、そして水旱、疫病などによって、地力が衰退することで起こる。流民や難民は別天地を探し、そこでまた地力を収奪する。こうして生まれたのが中国の寄生文明

森林を破壊する文明が地球に広がると、一神教が支配的な思想となる。一方、アニミズムの世界に生きて、自然と人間あるいは森と人間が共生するような文明は、未開であり野蛮なものと見なされるようになる

・中国人と日本人の国民性を一言で言えば、木を伐る民族木を植える民族の違いに尽きる。それは、寄生の文明と共生の文明という風土から育てられた民族性である

・中国の森林喪失は、避けられない文明の法則や自然観によるもの。孔孟(孔子と孟子)の人間優先思想と老荘(老子と荘子)の自然優先思想の対決の中で、漢代の儒家独尊国家政策により、人間的価値が自然的価値より優先となったから

・日本人ボランティアの植林パフォーマンスとして、中国へ植林に行く者があるが、これほど偽善的な行為はない。中国は禿げ山だらけで、砂漠化は昂進しているが、数億の農村余剰人口がいる。1人当たり生産性はアメリカの150分の1。ヒマ人だらけ

・「砂漠」と「砂漠化」は違う。もともと降水量が少なく植物が生育できない土地が「砂漠」であり、本来は植物があったのに、何らかの原因で不毛の地になる現象が「砂漠化」。中国の砂漠化はとくに深刻。砂漠化した国土面積はすでに全国土の3分の1にまで達している

・中国は常に「発展途上国」として語られ論じられているが、実はすでに数千年来、開発しつくされた過剰開発国家

・過剰な人口を養うための生活用水や急発展の工業を支える工業用水は地下水に頼っているため、全国的な地下水の低下、地盤沈下が深刻。灌漑目的の河川の流れ変更、都市化による河川・湖沼の水や地下水の大量使用が、砂漠化に拍車をかけている

・エネルギー消費量に占める石炭の割合は、日本18%、アメリカ24%に比べ、中国は71%(全世界平均では27%)。石炭消費が大きいことは、浮遊粒子や硫黄酸化物の排出量も大きいことを意味する

・中国人は有史以来、北方から南方へと、地上資源を食いつぶしながら南下し続けてきた。さらに地下資源に期待し、今日に至っては、地球資源に寄生せざるを得なくなった

中国の流民は、水旱、飢饉、戦乱によって常に繰り返される。ことに王朝末期に大量に噴出する。20世紀に入っても続き、西北大飢饉で陝西省を離れた婦女百余万人、売られた者七十余万人。男子も加えると二百万人が流民となった。これは全省人口の六分の一

・儒家思想とは、寄生文明から生まれたイデオロギー。「礼の主張は、形式的支配秩序の論理」「忠孝の思想は、家族論理から天下を正当化する奴隷の思想」「科挙制度は、一極集中の官僚制度による掠奪制度を確立するシステム」

・儒教思想の中でも最も極端に排他的なのは、朱子学。その独善性は、朱子学以外のすべての学を排斥するだけでなく、仏教を初めとする宗教をすべて排斥し、敵対視する。また、教義の中で、異民族を蔑視し、帝王を徹底的に尊重する

・日本が幸運だったのは、聖徳太子の時代から平安鎌倉時代にかけ、主流は仏教思想であったから。儒教思想は、江戸時代になって、やっと徳川幕府に取り入れられた。それゆえ、日本は仏教国家の道を歩み、儒教国家にはならなかった

・中国人の自己中の対極にあるのが、日本人の思いやり。他人への思いやりは義理人情の社会をつくる。それは、他人あるいは余所者を見れば、すべて敵かカモと見なす中国人とは全く違う社会から生まれた人間観であり社会観

・中国を知るには、「」「」「」「」「」の五文字で十分。最も簡潔な中国観

・中国の美は巨大にして完璧な美。日本の美は「七分の美」、完全や完璧を求めない。常に「余白」や「間」を残している



本書は、中国と日本を客観的にとらえています。それは、肉食系と草食系の違いなのかもしれません。

漢民族をわれわれと同じ草食系と見ると、痛い目に遭います。絶えず、警戒しながら、食われないように、生きていくことが重要であることを教えてくれる書でした。


[ 2014/03/21 07:00 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『中国人には、ご用心!』孔健

中国人には、ご“用心中国人には、ご“用心
(2012/09/25)
孔健

商品詳細を見る

中国という国を理解しようとしても、なかなか理解できません。それを知るには、公式なものではなく、もっと庶民の日常的なものが大事なように思います。

著者は、孔子直系の子孫で、日中関係評論家として活躍されています。本書は、中国の大衆のことが多く、興味深く読めました。その一部をまとめてみました。



・中国社会は今、拝金主義に陥っている。多くの人が浮き足立ち、頭の中はお金のことだけ。中国人は古来より貧しかった。何千年に渡り、豊かだったのは、支配階級や一部の商人だけ。それが今や国民全部に豊かになる道が開かれた。お金に群がるのも仕方がない

・中国人は今、老いも若きも「狼の道」(金に群がる拝金主義)を歩んでいる。人の心を傷つけ、裏切っても、自分だけは金持ちになるのが正義、という社会。道徳はすり減った

・中国人女性と日本人男性が結婚する数は、1年間に2万カップル以上。そして、たっぷりと慰謝料を懐に入れ、子どもの手を引いて、中国に帰る中国人女性も多い

・浙江省温州の人は「中国のユダヤ人」と称され、古くから金儲けがうまい。偽ブランド商品の製造も盛ん。温州人150万人が、中国各地で軋轢を起こしながら商売をしている

・自宅と車と別荘を持ち、海外旅行をする人々を中国ではリッチマンと呼び、約7500万人いるといわれている。中国総人口の5%。中国の富裕層は、一代で財を築いた「爆発戸」と呼ばれる成金。市場が広いだけに、一発当てれば爆発戸も夢ではない

・中国には、一人っ子政策以降、戸籍のない「黒孩子」が、数千万人いる。黒孩子は、戸籍上は存在しないため、学校教育や医療など行政サービスを受けることができない

・中国では、日本現地企業に働く幹部は、ほとんど5~6年勤めてから、中国の企業に転職するという風潮がある。日系企業は、中国企業への転職用の専門学校のようになっている

・中国では、党の幹部が妻子を外国に出し、一人中国に残るのを「裸官」と言うが、不正が発覚しそうになる寸前に「裸官」本人が海外逃亡をはかるケースが増えている。1998年から10年間で、海外逃亡した政府や国有企業の幹部は17000余人。流出資産は約10兆円

・中国人の国民性を表わす言葉は、「自尊自大 自満自足」(なんでも世界一)、「吃苦怕難 貪図享楽」(苦しいことは苦手だが、享楽は好む)、「克己忍辱 残酷無情」(我慢強さも残忍さも世界一)、「反古薄今 旧習悪俗」(常に不平不満をもらし悪い習慣を直さない)

・今でも中国では「日本はその昔中国がつくった国」と思っている人が大勢いる

・中国人の伝統的長所を表わす言葉は、「謙虚学習 団結向上」(天が与えた不遇から脱却するには勉強するしかない)、「尊重権威 官僚為重」(権威を尊重し、官僚を重視する)、「修身斉家 楽天知命」(自分を磨き家庭を平穏に保ち運命に従う)

・人付き合いの実践すべき項目、「無事随訪」(用事がなくてもたまに尋ねる)、「礼多無妨」(心を込めて時々贈り物)、「信上往来」(会わなくても文章でやりとり)、「以書会友」(勉強会に積極的に参加)、「活用所長」(お互いの長所を活用)、「背無悪言」(悪口を言うな)

・中国人の欠点を表わす言葉は、「自我為重 利益第一」(自己中心、自分の利益しか考えない)、「面子如命 相互不信」(面子を大事にし、お互い信用しない)、「馬虎了事 曖昧不明」(完璧を求めず、責任もとらない)「厚黒多計 闘争為栄」(腹黒い恥知らずが跳梁跋扈)

・最近目立つのがヤクザの社会進出。魚市場、野菜市場、精肉関係、セメント業界、建築土木業界、建材関係など、利権が発生するところはどこもヤクザが仕切っている

四直轄市の省民性、「北京」(怠惰な人間が多く、政治好き)、「天津」(女性が男性的)、「上海」(日本人男性との結婚が理想)、「重慶」(男は正業に就かず、女性が麻雀好き)

華北・東北・華東・華中の省民性、「河南」(評判がよくない)、「黒龍江・吉林・遼寧」(情熱的だが、気が短い)、「山東」(礼儀正しく、評判がいい)、「江蘇」(治安のよさは全国一)、「浙江」(中国のユダヤ人)、「安徽」(いまだに貧しい)、「湖北」(叡智に富み、美女が多い)

華南・西北・西南・五自治区の省民性、「福建」(日本の居酒屋で働く女性が多い)、「広東」(実利を好む)、「湖南」(男の気性が激しい)、「青海」(保守的で閉鎖的)、「四川」(多くの才能を輩出)、「雲南」(少数民族が多い)、「内モンゴル」(勇猛)、「チベット」(穏やか)

・来日した中国人は99%日本を好きになって帰る。日本に住む100万の中国人も穏やかに客観的に見ている。問題なのは、大多数を占める日本のことをよく知らない、また知りたいとも思わない中国人。しかし。この大多数の動き方が中国の行方を決める要因となる



中国と付き合うのは、なんて難しいことかと思えた内容の書でした。とらえどころのない雑多な大国を杓子定規に判断しようがありません。また、現在の日本と中国は、性格も大いに違ってきています。

付かず離れずの関係で、ご近所付き合い程度の「日中薄交」で、当分はいくしかないのかもしれません。


[ 2014/01/29 07:00 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『中国絶望工場の若者たち・「ポスト女工哀史」世代の夢と現実』福島香織

中国絶望工場の若者たち 「ポスト女工哀史」世代の夢と現実中国絶望工場の若者たち 「ポスト女工哀史」世代の夢と現実
(2013/03/02)
福島 香織

商品詳細を見る

昨年秋に起こった中国での反日デモと日系工場のストライキは記憶に新しいところです。本書は、暴動が起こった原因を、日本の工場で働く中国人と中国の日系工場で働く中国人に取材して、探ろうとしたものです。

その原因には、中国の複雑な制度が横たわっています。現在の中国の若者を知る上で貴重な書です。それらの一部を要約して、紹介させていただきます。



・親が農民工(出稼ぎ農民)の子供である「第二世代農民工」は、日本車が憎いのではなく、日本車を持っている金持ち層が憎くて、日本車を叩き壊した

韓国への出稼ぎを嫌がるのは、「1.仲介業者に預ける保証金6万元(約100万円)が帰国後全額返金されない」「2.労働時間が12時間~14時間と長いのに日本より給料が低い」「3.日本のように住居・宿舎が準備されない」「4.韓国人のほうが性格がきつい」から

・中国の一人っ子政策では、一人目が女の子や障害児であれば二人目を産んでもいい。次も女の子だったら、三人目から罰金が1万元(約16万円)かかる

・検品は日本人担当者がするが、本当にささいなキズを見つけては、納品を拒否する。そうなると金を払わない。すると、経理が怒って工場長を怒鳴りつける。ライン長がワーカーを蹴り上げる。検品の後の工場内はギスギス、ピリピリして地獄

・日本人は、日本製品がつくられている現場を知らない。管理のやり方が、1分遅刻したら罰金1元、トイレが1分長いと罰金1元、居眠りしたら1元罰金。何でも罰金、罰金

・2012年春節前に日系工場で起きたストライキには反日感情はない。このストライキは「経済補償金先払いスト」。まだ退職しないが、退職したとき本当に退職金が支払われるかどうか心配なので、今まで働いた分の退職金をとりあえず先払いしろ、というストライキ

・日系の工場はストレスがたまる。5S6S(整理・整頓・清掃・清潔の頭文字をとって4つのS。これに躾か作法が加わる)とか、耐えがたい

・日本人が尊ぶ「約束を守る」「時間を守る」「嘘をつかない」といったマナーを持ち合せていなくとも、中国では特に批判されない。むしろ、無法で厳しい中国社会を渡っていくには、相手を言い負かす自己主張力や、自分の落ち度を認めない交渉力のほうが必要

・賃金未払いなど、中国の工場ではよくあること。それより、トイレ休憩とか、携帯電話の持ち込みとか、そういう自由のほうが大切。今どきのワーカーは、3か月賃金未払いよりも、管理が厳しい職場のほうがイヤ

・2010年以降の日系企業のストライキ成功体験から、日本人相手ならば要求が通ると思われている。だからこそ、日本から日本人社長が来ている最中に合わせてストライキを行う

・ワーカーに対する管理や評価を中国人中間管理職に任せっぱなしにせず、日本人管理職がワーカーのいる現場に降りて、彼らの要求を直接吸い上げるべきだが、そういう日本人管理職(中国語が堪能、中国理解が深い、ストライキ対応経験あり)がいないことが問題

・「農民工」というのは差別用語。農民でありながら、工人(労働者)であるという言葉。日本語で言えば「出稼ぎ農民」。都市に暮らしていても、農民は農民というのは、中国の戸籍管理制度に由来する

・農民工には都市民の権利(医療、結婚の自由、子供の義務教育など)が与えられなかった。立場の弱い彼らは、悪条件で搾取され続け、厳しい差別や侮蔑、迫害の対象となった

・農民工同士が結婚し、そこで産まれた子供が「民工子女」。彼らは都市生まれだが、都市戸籍がなく、都市の公立校入学資格もない。親の期待に応えて大学に進学しても、農民戸籍ゆえに就職差別(都市の就職は、都市戸籍を有し、コネを持つ者が優先)される

・農村戸籍大卒者は「蟻族」と呼ばれる高学歴ワーキングプアとなって、都市の片隅に住むようになっていく。農民工は目下2.5億人、その6割の1.5億人が「第二代農民工」。故郷に帰って農業に就こうと考えているのは、わずか1%、99%が都市に溶け込みたい

・ネットで都市民の女の子と知り合っても、オフ会で、農民工だと分かると、フンと鼻先で笑われ、歯牙にもかけられない。休みの日に遊ぶ相手は同郷の同じ農民工しかいない

・2012年の反日デモ暴動が、中国当局の暗黙の指示や誘導による官製デモであるにしても、あれほどまでに若者が無法化し、破壊活動を起こしたのは、日本への憎しみでも歴史への恨みでもなく、「第二代農民工」の若者たちの抱える孤独と絶望感によるものと考えられる



中国の都市民と農民の差別問題がこじれ、「農民工」に不満が蓄積していけば、新たな天安門事件に発展していく可能性があります。その不満のガス抜きに、反日を利用しようとする中国当局のあざとさに閉口しますが、現実に、そうせざるを得ないのかもしれません。

チャイナリスクを把握するには、経済指標だけでなく、社会問題も考えておく必要があります。中国社会の歪を知る上で、本書は、貴重な書ではないでしょうか。


[ 2013/09/16 07:00 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『島国チャイニーズ』野村進

島国チャイニーズ島国チャイニーズ
(2011/08/25)
野村 進

商品詳細を見る

著者は、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した実力派ライターです。本書は、日本在住の中国人を取材して、本当の姿を聞き出した、内容の充実した作品です。

取材先は、劇団員、留学生、教授、妻、学校、チャイナタウンなど多岐にわたります。日本にいる中国人の実態が非常によくわかり、そうだったのかと思えた点が多々ありました。それらの一部を要約して、紹介させていただきます。



劇団四季には、中国人俳優が24人、韓国人俳優が48人。700名いる所属俳優の1割以上が外国人俳優。中国人・韓国人俳優のほとんどが日本名の芸名を名乗っている。「名前」という文化的アイデンティティーを死守する気概が、中国人には感じられない

・中国で雑技団にいた人は、日本で器械体操をしていた人より体ができている。ウォーミングアップを一切しなくても、ケガをしない。中国ダンサーの身体能力の高さとハングリー精神に、中国でのミュージカルの可能性を感じる

・中国共産党は、「千人計画」をぶちあげ、「海外有名学者」や「海外傑出人物」の呼び戻しに力を入れ、一人百万元(1500万円)を支給したうえ、最高峰の大学や企業、研究機関に、破格の待遇を用意して迎え入れている

・日本にいる中国人の大学教授や研究者のほぼ全員が、本国から好条件の誘いを受けている。しかし、彼らが勧誘に乗らなかったのは、子供の教育の問題。日本で教育を受けた子供は、言葉の面でもメンタリティーの面でも、中国人よりずっと日本人に近くなっている

・池袋界隈は「東北三省」(遼寧省・吉林省・黒竜江省)出身、蒲田は福建省出身、大宮は上海出身など、民族や出身地で、多数の「在日中国人コミュニティー」ができている

・反日・嫌日になるのは、バイト先などで日本人から受けた差別や屈辱による場合が断然多い。1990年代に留学生の間でささやかれた「留日反日」(日本に留学して反日になる)という自嘲は、いまだ死語になっていない

・「国家」が嫌いなら「国民」も嫌い。日本人は「国家」と「国民」を分けて考えられない

・日本の入国管理局は、留学生の送り出し地域別のブラックリストをつくっている。福建省や東北三省、内モンゴル自治区を不法就労や偽造文書作成などの前歴から要注意地域とみなし、それらの地域出身の留学生の入国審査をとりわけ厳格化している

中国人留学生の多い大学では、彼らだけで固まる傾向がある。日本人学生も、群れ集って声高に話す留学生たちを「何気に怖い」と遠巻きにながめ、近寄ろうとしない。中国人留学生も、日本人学生に対し「いつまで経っても中に入れてくれない」と不満を募らせる

・拝金主義と利己主義が蔓延する今の中国で、「親孝行」という徳目だけはまだ生き残っている。中国人留学生は、卒業式に両親を呼ぼうとする

・山形、秋田などの東北地方には、外国人妻が大勢暮らしている。これら地域のファミレスは、外国人妻たちの溜まり場になり、中国語や韓国語やフィリピノ語が飛び交っている。山形県の外国人妻の数は、二千人を超え、その半数近くが中国出身者

・中国はいま高度成長で、みんな気持ちが「お金、お金」に向かって、心というものを失いかけている。医者でさえ賄賂をとる。みんな、株で「もうかった、もうかった」という話ばかりする。中国にいたら、同じような人間になってしまう

連れ子のいる中国人花嫁が増え続けている。特に「東北三省」出身の花嫁に、連れ子の姿が目立つ。日本人男性への一回の仲介料は、200万円台から300万円台が相場

・1899年開校の神戸中華同文学校(小1~中3まで681名の生徒)では、日本国籍者が74%近くにのぼる。にもかかわらず、日本国からの援助がほとんどない。中華同文学校の教員給与は、兵庫県内の公立学校に比べ、4分の3にも届かない

・華僑への就職差別は、1980年代中頃まで明らかに存在した。旧財閥系有名企業でも、日本国籍者以外に、内定通知取消をしていた。今では逆に、中国語が堪能な華僑の子弟のほうが、就職に有利になった。日本企業の手のひらを返すような振る舞いに危惧を感じる

・華僑は、在日韓国・朝鮮人社会がとってきた、民族差別を日本社会に訴えるやり方と、あえて距離を置き、民族差別反対運動に関わらないほうが無難とみなしてきた

・いま中国では、競争し合っている。向上心も強いけど、物欲が半端じゃない。日本に住んでいたら、「これ欲しい、あれ欲しい」とか少なくなった。たまに中国に帰ると、友達から「静かになった」「ボーっとしてる」と言われる。日本文化が知らず知らず、浸みこんだ



「在日中国人」の実態や本音を聞き出した本は、少なかったように思います。中国との関係がぎくしゃくしている時代だからこそ、今必要な本なのかもしれません。

本書を読むと、中国国家と在日中国人を単純に同一視できなくなるのではないでしょうか。


[ 2013/07/29 07:00 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『華僑の商法―その発想と行動力』山下昌美

華僑の商法―その発想と行動力華僑の商法―その発想と行動力
(1987/03)
山下 昌美

商品詳細を見る

本書は、30年ほど前に出版された書です。東南アジア諸国の華僑から聞いたことを綴ったものです。

著者は序文で、中国商人の「したたかさ」「ねばり強さ」「あくの強さ」と「合理性の重視」に、今こそ学ぶべき、と書かれています。それを、今でも学ぶべき、ではないでしょうか。華僑に学ぶべき箇所の一部を紹介させていただきます。



・中国人の精神構造を知るためには、以下の言葉が手懸りになる。「没有法子」(仕方がない)、「馬々虎々」(徹底や完全を求めない)、「面子」(潰されることは大いなる恥辱)、「不要緊」(どうでもよい)、「差不多」(中途半端にする)

・「中国人は、それが本物だと立証されるまでは、人の話を信じないが、日本人は、それがウソだと立証されるまで信じつづける」(バートランド・ラッセル)

・一般的に、中国人は「忍耐強さ」「行動的」「利に聡い」の三面の性格を持っている

・中国人は、昔から政府や官吏を信用しない。「官字両隻口」は、「官」には口が二つあるということで、「お上は二枚舌を使う」という意味

・陶朱公の「商人の宝」(理財到富十二則)とは、1.「人の見る目」2.「客の応対」3.「新奇に走らず」4.「心を入れた陳列」5.「迅速な行動」6.「売掛金の回収」7.「人使いの心得」8.「議論の才能」9.「商品を見る目」10.「時機の把握」11.「提唱して指導」12.「先を読み、中道を歩む

・陶朱公の「商人の宝」(理財到富十二戎)とは、1.「下品になるな」2.「優柔不断になるな」3.「ぜいたくするな」4.「強弁するな」5.「怠けるな」6.「安売りするな」7.「競ってまで買うな」8.「タイミングを誤るな」9.「固執するな」10.「支払いを延ばすな」11.「在庫を少なくするな」12.「商品の選択を誤るな」

・華僑商人は「開源節流 量入為出」の格言を好む。「顧客を多くつくって売上を伸ばし、経費の支出を節約する」という意味

・中国商人の間では、「好客三年不換店、好店三年不換客」(よい客は長い間店を換えない。よい店は長い間客を換えない)という言葉がある。一度相手を信用したら、よほどのことがない限り、取引を継続していくということ

・華僑の立場から見た日本人の欠点は「好き嫌いが激しい」「無理をしたがる」「行き過ぎが多い」の三点

・「疑人不用、用人不疑」(疑いのある人を使うな、使ったら疑うな)とは、部下を使う立場にある者の最も基本的な人使いの心得

・「避実撃虚」(実を避けて虚を撃つ)。孫子の兵法として有名。行動中に、何か障害にぶつかったら、中央突破といった無理を避けて、迂回作戦をとるという意味。中央から強行突破すると、たとえ成功しても、かなり多くの犠牲を覚悟しなければならず、賢明でない

・「前事不忘、後事之師」(前の経験を忘れず、後の戒めとせよ)。日本人は、過去の経験を「水に流す」「いつまでもくよくよしない」といった一過性を好むが、中国人は、それを記憶し、記録にとどめ、それを教訓とし、今後の戒めにしようとする

・「養兵千日、用兵一時」(兵を使うのは一時であるが、兵を養成するには千日かかる)。いざという時のため、平素から準備を怠るなという意味

・「興一利不、如除一害」(プラスを追求するよりマイナスを除け)。破綻や損害を回避し、ダメージを最小限度に抑えるという意味で、この考え方は有効

・「打人不打瞼、罵人別掲短」(人をなぐるのに顔をなぐってはいけない。人をののしるのに痛いところをあばいてはいけない)

・「唾面自乾、百忍成金」(もしも顔に唾をかけられても、放っておけば、いつかは乾く。忍耐を重ねていけば、必ず一人前となる)

・「大富由命、小富由勤」(大きな富は運命で決まっているが、小さな富は勤労で築くことができる)

・「有借有還、再借不難」(借りたものは早く返しなさい。さもないと、この次借りることができない)



華僑は、社是、社訓、標語、戒め、諺などが好きです。目の付くところに、これらを書いた紙を貼り、自分への戒め、励ましとして、これを利用しているように思います。

商売での成功者は、世界中で似たようなことをしています。言葉を大事にすることは、精神力を保つことにつながるのかもしれません。


[ 2013/05/27 07:00 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『アジアの世紀の鍵を握る-客家の原像』林浩

アジアの世紀の鍵を握る客家の原像―その源流・文化・人物 (中公新書)アジアの世紀の鍵を握る客家の原像―その源流・文化・人物 (中公新書)
(1996/05)
林 浩

商品詳細を見る

客家の本を、何冊かとり上げてきましたが、客家の源流、文化、歴史に関する書は、初めてです。客家の背景には何があるのかを知りたくて、本書を読みました。

客家を詳しく知ることができ、参考になったところが数多くありました。それらの一部を要約して、紹介させていただきます。



・宋朝が滅んでもモンゴルの元朝に降服せず、明朝が滅んでも満州族の清朝に屈服しなかったのが、中国のユダヤ人といわれる客家。5世紀以来、千数百年にわたって、多くの苦難を乗り越えてきた

・博士や教授を輩出したことで有名な客家の土楼の門の両側には、「奮起せよ、暇な時はない。幼い時も壮年時にも老年になっても、いつも努力せよ」「名をなすことは容易ではない。家事、国事、天下のことすべてに関心をもて」と彫ってある

・客家が多くの人材を輩出している原因の第一は、「家名をあげ先祖に栄光をもたらす」という強烈な心理や意識。第二は、「知識や教養を高め、教育を重んじて家を興す」という意識。第三に、客家がもつ「刻苦耐労、進取開拓」の奮闘精神

・6000万人の客家は現在、華南の丘陵地帯、南部沿岸と島嶼部、四川盆地、さらに、東南アジア、南アメリカ、インド洋島嶼部およびアフリカ南部の各地に、集団で暮らしている

・客家は自分たちの言葉を大切にする。各地の客家はみな「寧売祖宗田、不売客家語」(先祖の田畑は売っても客家語は捨てない)という古訓を尊ぶ

・客家語と日本語には、非常に多くの接点がみられる。古代日本語は、漢字の読み方を借りて、事物を記録した。客家は漢語の古音を保ち続け今日に至っている。当然、日本語と客家語は漢字の発音が近い

・おかゆや撈飯(水分の多い飯)のほか、客家人の食卓には、南方各地に見られる芋類がある。千数百年来、客家は芋類を栽培してきた。芋に対して、感謝の念を持っている

・客家の土楼は、単に住居として雨露をしのぎ、外敵を防御するという役目だけでなく、氏族の連帯感を高め、血縁と文化的伝統を保ち続ける役目を果たしている

客家の精神生活を支配しているのは、「道教の神祇」、「仏教の神祇」、「漢民族・客家の神祇」の神々。他に、植物崇拝(風水林、巨木、椿、花神)、動物崇拝(亀、鶴、蚕、神話の中の蛟龍・鳳凰・麒麟)といった自然物を祭り拝み、災いを払おうとした

・「嫁をもらうなら客家の娘」、華僑社会では、昔からこの言い伝えがある。客家の女性がこなす重責として、「四頭四尾」(「田」田畑の耕作、「竈」台所仕事、「家」子供の教育・老人の世話・家計管理・掃除洗濯、「針」機織・裁縫・刺繍)の古訓がある

・客家人の間では、怠惰、ぜいたくな生活は恥ずかしいこと。「怠け女」は嫌われる。客家の童謡では、怠け女を痛烈に批判している

・客家の祠堂の前には、多数の「石筆林」(石材や木材の巨大な毛筆)がそびえ立つ。科挙に合格して名をあげる者があるごとに、その石筆を建てて栄誉を記念した。教育を重んじ、学問を尊んできた証拠

・客家の老人たちは、常々、子供たちに、「不読書、将来盲眼珠」(勉強しないと、物事の善悪を見分けられないよ)、「不読書、無老婆」(勉強しないと、お嫁さんをもらえないよ)と、教え諭した

・客家の子弟には、勉学のための座右の銘、「読読読、書中自有黄金屋」(読書だ!書物の中には黄金の家がある)、「読読読、書中自有千鍾粟」(読書だ!書物の中には高禄がある)、「読読読、書中自有顔如玉」(読書だ!書物の中には美しいお嫁さんがいる)があった

・客家の氏族の祠堂はみな、多くの共有資産をもっており、その資産の収入で学問を奨励している。貧しい家庭の子弟も、読書・勉学の道があり、文字が読めるようになる。これこそが、教育の機会均等

・客家は教育を重視するから、当然、知識人を尊敬した。客家地区では、教師医師風水師の三師だけが、「先生」と尊称されている

・客家を励まし開拓奮闘させた精神には、「外交型」「親和型」「倫理型」の特質がある

・客家は古来、「節」(忠を尽くすこと)を極めて重視してきた。「金銭は糞土のごとく、仁義は千金に値する」。客家の多くの人は、これを自己の行動規範としている



本書を読むと、客家の人たちに流れている血と伝統を知ることができます。世界中で、活躍している理由がよくわかります。

教育の奨励、倫理観の確立、先祖崇拝と相互扶助、これらをバックボーンとしている限り、これからもずっと繁栄し続けていくように思いました。


[ 2013/02/25 07:01 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『中国4000年の真実―侵略と戦慄』杉山徹宗

中国4000年の真実―侵略と戦慄中国4000年の真実―侵略と戦慄
(1999/04)
杉山 徹宗

商品詳細を見る

本書は、単なる中国の歴史の本ではなく、漢民族が、異民族に対して、差別、虐待、侵略、支配、虐殺を繰り返してきた歴史を丹念にまとめた書です。しかも、日中友好ムードが支配していた1999年に出版されたもので、著者の先見の明?に感心した次第です。

著者は、大学教授を経て、現在、陸上自衛隊幹部学校の講師を務められる国際法学者です。本書には、中国の驚愕の真実が満載です。その一部を要約して、紹介させていただきます。



・漢民族こそが最も優秀で、周辺異民族は常に頭を下げて来るべきものという意識が骨の髄まで染み込んだ、そうした漢民族を、かつての夷狄(未開の野蛮人)の日本人が、たとえ短期間でも支配をし、中国を見下したことは、何としても許せない

・日本の贖罪意識に付け込んで、居丈高になればなるほど、金を巻き上げることができるから、「日中友好促進」を唱える裏で、反日教育に血道をあげるというのが中国の実情

・漢民族の陰の部分に焦点をあてれば、周辺異民族に対する侵略と抹殺、国内における王朝交替ごとの数千万人単位で繰り返された大虐殺、の戦慄の歴史。中国要人は「日本は歴史の勉強をしろ、正しい歴史認識を持て」と批判するが、その言葉を、そっくり返したい

・後漢時代から清時代まで、漢民族に亡ぼされた異民族は23、服属させられた異民族は43。中国の侵略、支配、略奪、虐殺、抹殺、差別、虐待の歴史を見つめ直すべき

・中国は4000年間にわたり、外国人に朝貢関係しか認めず、三跪九叩頭(跪き、地面に頭をつけてお辞儀する)を強制してきた。これは外交における平等な友好関係とは言えない

・中国人は本来、乾燥土壌で暮らす遊牧民の資質を持った肉食民族。それゆえ、人間同士の争いでも、牛馬同様の殺戮を行う。また、管理上、去勢を施すことにも慣れきっている

・中国で古来より、人肉食が大々的に行われてきたが、インドからもたらされた仏教が流行した時代だけ(6世紀から9世紀)は、人肉食習慣が抑制されていた。ところが、唐の末期に仏教が弾圧されて衰えると、そのタブーも解かれてしまった

・中国では、時の豊かな社会から弾き出された人々が、相互扶助の下に結社をつくり、助け合うことがよくある。政府を当てにできないから自衛手段として組織を作り、結束は固い。日本に密航者を送り込んでくる「蛇頭」は、犯罪の秘密結社

・日本人を非難する時には、憎悪をむき出して「日本鬼子」と合唱する。中国語で鬼とは幽霊や化け物のことを指す。それを中国では、童歌の中で、子供たちに歌わせている

・新羅の武烈大王(朝鮮の国民的英雄)は唐の文物を朝鮮に採り入れることに努めた。姓名も中国風に統一し、使用する文字を漢字とし、科挙制度も採用した。科挙の試験には、中国の正史「史書」が出た。つまり、武烈は、自国の歴史を否定した国王であった

・漢民族の冊封体制の構造では、漢民族が住む中国本土を「正州」、政府監督下の土地を「覊糜州」、国王支配下の国を「外藩国」、使者を派遣する国を「朝貢国」、服さない国を「対敵国」、対等の関係国を「対等国」、一切の国家間交渉がない国を「絶域」と呼んだ

・中国杭州にある岳飛廟の石像の上には「還我山河(我らの領土を回復せよ)」の文字が記されている。その墓前の岳飛殺害犯人たちの石像は、首を太い鎖で繋がれて、売国奴と見做されている。訪れる参拝客は、現在でも皆、その頭を叩いたり、唾を吐きかける

・中国や韓国が、秀吉を侵略戦争の元祖と非難するが、日本から言わせれば、モンゴルと中国と朝鮮(元寇で、日本を直接襲った部隊は中国人と朝鮮族)こそが、平和な日本を侵略した元祖

・明の朱元璋が元を北方へ追いやった時、元の中枢にいたモンゴル人は皆、虐殺された。庶民のモンゴル人たちも、漢民族の夫か妻を持たない者は、奴隷の身分に落とされた(中国では奴隷売買が禁じられる1909年まで、奴隷制度が存在していた)

・1911年辛亥革命が起こり、清が滅亡すると、清の直轄地であり女真族の故郷たる満州は統治者を失い、無主の地となった。モンゴルは清の崩壊時に、「自分たちは清国皇帝には服したが、それを倒した漢民族の統治に服する理由がない」として独立した

・清は1668年以来、再三にわたって封禁令を出して、漢民族が満州地方へ流入することを禁じたため、人々は中部や南部に移住せざるを得なかった。彼ら流民は「客家」と呼ばれて、現地の華南人から差別を受けることになった

・中国が徹底した反日教育を若者たちに施すのは、共産党政策の失敗による、国民の不平不満を日本へ振り向けさせる逃げ道であり、極めて悪質な方法。要するに、中国政府は、いまだ政策的に自信を持っていないし、国民そのものも未成熟であることの証拠



個人が、遺伝子(血)の影響を受けてしまう以上に、民族は、過去の歴史からの影響を大きく受けます。民族の血は必ず繰り返すと見た方がいいように思います。

本書は、中国(漢民族が支配する国)に投資する(入れあげる)のが、いかに危険であるかを示すものです。経営者や投資家は、このような歴史認識をきちんと踏まえた上で、判断したほうがいいのかもしれません。


[ 2012/12/03 07:03 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『中国陰謀学入門―戦慄!それでも日本人は騙される』黄文雄

中国陰謀学入門―戦慄!それでも日本人は騙される中国陰謀学入門―戦慄!それでも日本人は騙される
(2004/11)
黄 文雄

商品詳細を見る

黄文雄さんの本を紹介するのは、「厚黒学・腹黒くずぶとく生き抜く」に次ぎ、2冊目です。本書は、1975年刊行の「陰謀学入門」(台湾・香港でベストセラー)を大幅加筆したものです。

冒頭に、「日本人は誠の民族、中国人は詐の民族。直情にして正直な日本人は、つねに彼らのカモになっている。権謀術数においては、中国は超先進国」という記述があります。中国人に騙されないために有益な書です。一部ですが、紹介させていただきます。



・人間は努力するだけでは成功しない。人気や才能があるだけでも出世しない。アイデアに富み、先見力があっても、身のためになるとは限らない。冷や飯を食い、人に裏切られたのは、陰謀学の修得を怠ったから。屈辱や挫折を招いたのは、権謀術数を忘れたから

・知略の闘いの場では、腹のうちを見透かされたほうが負け。つねに敵の一歩先を見通すことが勝利への近道。勝敗は、ほとんど秘密の探知漏洩の攻防によって決まる

・孫子の「兵は詭道なり」の記述が象徴的。つまり、兵法とは、敵を欺く手段ということ

・万事を「塞翁が馬」のように禍を転じて福となし、敗に因りて功をなすことができれば、負けは必ずしも敗北ではない

・孫子の名言「心を攻めることこそ最上の策」にもあるように、「力」は、兵力、軍事力、暴力のような物理的な力だけでなく、金力、権力、規制力、世論の力、説得力などさまざま。このような力が交錯して、圧力、抗力、引力、斥力になって人間の行動を支配する

・中国では、今でも「決めつける」だけで勝敗が決まる社会。中国人はそれを「載帽子」(帽子をかぶせる)と言っている。いかに敵が被せようとする帽子をはねのけ、敵に無理やり帽子を被らせるか。百戦錬磨の中国人にとっての必須の世渡り術

・昔の中国では、孔子や孟子の語録が人間の思想と行動を支配した。文革当時は、敵が「毛沢東語録」に反するかをあばくことで勝敗が決まった。改革解放後は鄧小平語録、江沢民の「三つの代表」、胡錦濤の「平和崛起」など、自らの影響力を強固なものにしようとする

・喜ばせて有頂天にさせる。怒らせて理性を失わせる。同情心をかき立てて泣き落としにかける。楽しませて油断を誘う。恐れさせて腰砕けにさせる。いかにして敵の感情を揺さぶり、利用するかが、陰謀家たちの課題

・出世した人物の成功は、大恥をかかされて「今に見ていろ」という雪辱の決意がきっかけとなった例が多い。屈辱感は、人間のエネルギーを限界まで圧縮し、一度に爆発させる力を持つ。とくに、才能がありながら屈辱を招いている人間を発奮させるにはうってつけ

金権の威力は多岐にわたる。資本家が、余剰金を教育に寄付すれば「教育家」になる。社会福祉に投入すれば「慈善家」になる。民衆にばらまけば「政治家」になる。そして、政治献金、賄賂によって、政府の機構を左右することもできる

・怨みには、大きなエネルギーが内蔵する。人間は群衆衝動に従いやすく、暗示を受けると、証拠がなくても感情に火がつき爆発する。為政者はこれを巧みに利用する。天安門事件後、体制崩壊危機に直面した中国は、反日教育で「共通の怨敵・日本」をつくりあげた

・隠れている反対派や批判勢力をおびき出すには、「民主的」な姿勢を見せかけ、「批判こそ進歩の力」といったお題目を強調して、目的と正反対の演出をする。そして、機が熟したと見るや、躊躇なく口実をもうけて、馬脚をあらわした敵を一気に失脚させ、粛清する

・日本の中国専門家は「言論統制の朝貢秩序」下にあり、中国の真相を口にできない。彼らは「中国人は原則を重んじる民族」と言うが、中国人は「原則」を強調すれば、優位性を保てるから、「原則」を強調するだけ。原則は単なる手札かけひきの手段に過ぎない

数字の魔術で、敵の目を欺くには、多いものを少なく、少ないものを多く見せる策謀が使われる。企業から政府機構にいたるまで、数字の魔術が広く愛用される。よほど注意深い読みをしなければ、学者まで動員し「計量化」された陰謀を見抜くことができない

・成功したクーデターや革命は、敵の不幸に乗じたものがほとんど。「仁義」とは、敵が味方に虚をつくり出させるためにしかけた「陰謀」であると論理づけることができる

・合理主義の原理が浸透している近代社会の人間の行動は、合理的、常識的であるがゆえに、行動が法則的に把握、研究、予測しやすい。したがって、陰謀の成功率も大きくなる

・「情」と「意」の擬兵を利用して、敵の判断を誤らせる。それが「笑裡蔵刀」(笑いの裏に刀をかくす)「口蜜腹剣」(口に蜜ありて腹に剣あり)の手。敵を攻めるにも、敵から守るにも、陰謀家にとって、この二つの手は絶対に欠かせない



本書を理解すれば、今の中国が、日本という仮想敵国に、しかけていることがすべて見えてきます。中国の陰謀の罠にはまらないように、こちらも知略を用いながら、一歩先を読んでいかなければなりません。

現代中国を根本から理解するのに、本書は欠かせないものではないでしょうか。


[ 2012/11/23 07:02 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『日本人には言えない中国人の価値観』李年古

日本人には言えない中国人の価値観―中国人とつきあうための68の法則日本人には言えない中国人の価値観―中国人とつきあうための68の法則
(2006/09)
李 年古

商品詳細を見る

価値観は、育ってきた環境によって、大きく左右されます。賢い人は、人にはいろいろな価値観があることを知っています。そして、その前提で、人と付き合おうとします。

賢くない人は、自分の価値観しか知らないので、それを相手に押しつけようとします。悪気はないのですが、結果的に、相手との軋轢を生むことになります。

本書を読めば、中国人の価値観を知ることができます。新たな価値観の発見が数多くありました。それらを要約して、紹介させていただきます。



・法律は、民衆が戦って獲得した、自分を保護する大事な武器。民衆に欠かせない味方。ところが、中国では、法律は、常にその時の政治勢力の管理下に置かれた。法律は、統治者によってつくられ、統治者に自由に解釈することもでき、変えることもできた

中国人の価格交渉は、ときにお金に対するこだわりより楽しみのほうが大きい

・中国三都市の金銭観はまるで違う。北京人「金儲けよりステイタス重視。小遣い稼ぎには興味なし」。広東人「商人意識が強く、金儲けが生きがい。コツコツ残業することも厭わない」。上海人「自分が損することには非常に神経質。身なりを飾ることに金を惜しまない」

・人脈に投資することこそ、金儲けの近道。「和気生財」(仲良くなればお金は自然についてくる)の哲学を貫くこと

・中国では、悪徳商法に対して、商人を厳しく追及するのではなく、だまされないように消費者に注意を呼びかけ、だまされないコツを紹介する。「だます商人を改心させるより、むしろだまされる方に問題がある」という考え

・中国の商人の特徴。「官商」権力を生かして、商売を独占する。扱うものは入手困難なもの。「儒商」高学歴を持ち、ビジネスに取り組んでいる人。義理を重んじる。「皮包商」全財産を鞄に収め、智恵を売る。大きな資本が要らない

・中国人は、チャンスに対して、どこの国民よりも敏感で、即断即決に長けている

・儒教は、二千年以上、「利欲」と戦ってきたが、道徳的になりきれた人間は、孔子の時代とさほど変わっていない。他人の前では「道徳者」という「仮面」を被ってみせ、実際の行動は「欲望」の流れに身を任せるのが中国人

・中国は職業で人の身分を決めてしまう。頭を使う人が人を管理する立場にあり、体を使う人が人に管理される立場にある

・外国人の印象が、「中国人は人情深い」と「中国人は冷たい」の両極端に分かれる。その理由は、中国人が、外国人を「ウチ」の人間として付き合っているか、「ソト」の人間として付き合っているかによって、中国人の情熱や思いやりが全然違ってくるから

・外国人は「なぜサービス担当者が、あんなに傲慢で無愛想なのか」と理解に苦しむが、彼らの社会的地位が低いのが理由。「低人一等」(社会的地位がワンランク低い)ことへの反抗がある

・管理者を目指して頑張るタイプが多いかわりに、コツコツと地味な仕事をやりたがる人が少ない

・中国人の望んでいる仕事は「体面」がたつ仕事。つまり、仕事の社会的地位が高いこと

給料の額が、会社の自分に対する評価をはかる唯一の目安として気にする中国人が多い。とくに多くのワーカー労働者はこれがすべて。ワーカーの多くは、農村からの出稼ぎ者が多く、都市にいる短い期間で、いかに貯金できるかがポイント

・中国の女性が憧れている職業ランキングでは、トップが講師、次はなんと会社社長。以下、デザイナー、マスコミ関連、企業の高級マネージャーの順

・中国人は「朋友」に格別な感情を寄せている。中国人の間で重要視されてきた血縁、地縁、婚姻の関係は、自分で選ぶ自由が与えられていない。だから、選択権のある関係を大切に思う

大目に見てもらいたい中国人と細かいことが気になる日本人。包容心が大切

・中国人は「属会社」ではなく「属人」的。だから、中国人は「企業」のためというより、「上司」のために仕事をする



多種多様な価値観を知っておくことは、人間関係、交渉、コミュニケーションの基本です。

価値観の幅を拡げていくために、本書のような本を使い、事前に知識を蓄えておくことが大事なのではないでしょうか。


[ 2012/09/03 07:02 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『反逆のススメ』ホウ・ウェンヨン

反逆のススメ反逆のススメ
(2012/01/18)
ホウ・ウェンヨン

商品詳細を見る

著者の侯文詠さんは、台湾で有名な小説家であり、医学博士でもあり、台湾社会に影響力を持つ方です。現代の台湾の人たちと台湾社会の現状を知るために、この本を読みました。

経済的に豊かになった台湾人に、今、起きていることが、よくわかりました。気になった部分も多々ありました。「本の一部」ですが、紹介させていただきます。



・「いい子」は、探検と試行錯誤のチャンスを奪われている。失敗を経験する機会がなければ、子供はいつまでたっても精神的に成熟できない

・努力は報酬を求めるが、情熱は報酬を求めない

・失敗のデメリットは成功できないこと。成功のデメリットは、失ったものが何なのかわからないこと

・私たちは「成功」を追い求めるが、本当にやる気を刺激し、成長させてくれるのは「失敗」

・すべての過去は序章にすぎない。過去に何があろうと、人生は始まったばかり

・私たちは、自分の口で、筋の通った意見を語っているように錯覚しているが、実際には、頭の中の大部分は、他人によってつくられた意見で占められている。「私たちは往々にして、他人の頭で考えているもの」

・「すぐれた疑問」は「模範解答」より、ずっと重要な意味を持つ

・計画を立てることの最大のメリットは、計画そのものではなく、計画を通して、物事の全体的な状況を把握できる点にある

・想定した状況に変化が起きても、事前に構想と計画があれば、何もない場合に比べ、より的確に対処できる。構想と計画は、自分と交わす契約書のようなもの

・行動する者はみな、何かの役柄を演じている。その役割が必ずしも自分の個性と一致するとは限らない。しかし、行動する前に必ず、脚本上の役柄と自分との間に、リアルな感情のつながりを見つけなくてはならない

・初心とは、旅の羅針盤のようなものである。初心に帰ることは、自分の行動を確認するための最も信頼に値する基準となる

・まず自分が楽しむことは、決して身勝手なことではない。最初に灯した小さな火から、より大きな炎が生まれ、明るい光と多くの火花がもたらされる。その炎で、他人を明るくし、自分も暖めることができる

・「視野=見聞(目)+経歴・キャリア(手足)+想像力(心)」。視野とは見聞よりずっと複雑で幅広い概念。見聞を広めることは、広い視野を持つための入口にすぎない

・無知や無邪気さがもたらす行動力が、将来の円熟と知恵の基盤となる

・点と点がどうつながるかは予測できない。今、経験している数々のことが、いつかどこかにつながると信じること

・固定観念から抜け出すには、「他人の視点を借りる」「自分とは異なる文化の力を借りる」「歴史と時間の力を借りる」こと

芸術に夢中になることで、人が自分と似た感情や考えに触れて感動したとき、二人は互いに同じような信念でつながる。そうして生まれたつながりは、不思議な力を発揮し、世界や歴史を変え、大きな影響を与えていく

・自分のことは、普段は自分でもあまり意識していない部分が多い。にもかかわらず、その自分が行動を支配している。芸術に触れる重要な目的は、自分自身とのつながりを深め、自分でも知らなかった自分を認識し、理解することである

・真の旅路は、見知らぬ異境を訪ねることではなく、他人の目で世界を見ることである。百対の目を持てば、百の天地を見ることができる

芸術に触れることは、人類共通の記憶や経験とのつながりを求めること。このつながりは、成熟した知恵を授けてくれる



この本を読んで、台湾でも、日本と同じような「豊かな病」が広がっているように思いました。

著者は、覇気、情熱、経験、行動、構想、哲学の重要性を説いています。豊かに育った世代が、これらの言葉をどう受け止めるかを心配もされています。

日本も、台湾も同じ島国で、経済発展を遂げた国です。危惧するところが、よく似ているように感じました。


[ 2012/07/12 07:01 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『中国人に学ぶ「謀略の技術」』福田晃市

中国人に学ぶ「謀略の技術」中国人に学ぶ「謀略の技術」
(2007/05/10)
福田 晃市

商品詳細を見る

中国人のしたたかさに関して、今まで「厚黒学・腹黒くずぶとく生き抜く」「高潔じゃない中国人が好き」などの本を、とり上げてきました。

そのしたたかさや駆け引きの基本となっているのが、孫子を初めとする兵法書です。兵法書が中国人に与えた影響は大きいようです。

本書は、その兵法の中でも、もっともずるい「謀略」について述べたものです。事が及んでから、卑怯だと中傷しても、後の祭りです。そうならないためのポイントが、本書には数多く掲載されています。「本の一部」ですが、紹介させていただきます。



・中国の兵法家は、「自分のためにつくウソは許されないが、人のためにつくウソは許される」と考える。つまり、私欲を満たすためではなく、公益をはかるためにウソをつく

・特定の情報を流したり、流さなかったりすることで、自分の思うどおりに相手をコントロールする。これが情報操作

スパイ活動は、孫子の兵法の「五間」に学ぶこと。「郷間」(敵の身近にいる人間の利用・住民など)、「内間」(敵国の内部にいる人間の利用・役人など)、「反間」(敵のスパイを利用)、「死間」(誰かを犠牲にしてのスパイ活動)、「生間」(生還を前提にしてのスパイ活動)

・スパイ活動を行うには、敵国の解任された役人、処刑された人の子息、処罰された家の人などの恨みを利用すること

・「秘密」にすることで、スパイの働きを神妙にする。「厚遇」することで、スパイの心をがっちりつかむ

出向してきた人に取り入り、うまく信頼を得たところで、巧みに情報を選んで流す。すると、本社や本庁を操りやすくなり、自分たちに都合のよい状況をつくり上げていける

・「李衛公兵法」によれば、スパイ活動のターゲットは、1.「間君」(君主)2.「間親」(一族)3.「間能」(有能な人材)4.「間助」(仲間)5.「間隣」(同盟国)6.「間左右」(側近)7.「間縦横」(口のうまい人)

・トップの近くには、上昇志向が強い人が多い。そんな人は立身出世に役立つことなら、どんなことでも好んでする

・中国の兵法家は、競争相手の組織の人に会ったら、その人のライバルとなる人物をそれとなくほめる。すると、その人物に疑念を持ち、敵対心が芽生え、内輪もめを引き起こしてくれる。競争相手の内部が混乱すれば、競争しやすくなる

・人は赤の他人が言うよりも、身近な人が言ったほうが信じやすい。中国の兵法家は、ライバルをコントロールしたいときには、その人の人間関係を調べて、アプローチする

・ダメな人ほど威張る。ダメな人は、できる人と違って手玉に取りやすい。ダメな上司やお客は、媚びを売ってやる(笑ってあげる、感心してあげる、笑顔を向ける)と、動く

・口で言うより、文書にしたほうが、信じてもらえる。証拠が残るから、手紙をうまく使えば情報操作できる。「正しい文書を装い」「ウソをホントと信じ込ませ」「人を思惑どおりに動かす」ことがポイント

・何かを言うときは、ゆっくり話す。何かをするときは、ゆったり動く。自信にあふれた言動や表情を目にすれば、相手は、勝手に信頼し、思い込み、心理的に逆らえなくなる

・人は団結していれば強くなるが、不和になれば弱くなる。だからこそ、ライバルを不和にするには、「ウワサを流す」「デマを飛ばす」こと

・相手から「あの人はできる人だから交渉もうまい」と身構えられたら、やりにくくなる。「あの人は少し抜けているから、やりこめられる心配もなさそうだ」と思わせ、油断を誘えば、やりやすくなる

・パートやアルバイトの人に話を聞けば、自ずと他社の内情が推察できる。出入り業者を使うのも手

・自国=憐れな被害者、敵国=野蛮な侵略者というイメージをつくりあげることに成功すれば、国際社会を味方に引き込める

・情報については、必ずウラをとる。そうしないと、まんまと敵にダマされてしまう



騙すというよりか、騙されないために、読んでおきたい書です。

調子のいいときほど、策略にはまる危険があります。そうならないためにも、こういう世界があるということを知っておくことが大事ではないでしょうか。
[ 2012/05/30 07:09 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『高潔じゃない中国人が大好き―情実・賄賂社会の仕組み』江河海

高潔じゃない中国人が大好き―情実・賄賂社会の仕組み高潔じゃない中国人が大好き―情実・賄賂社会の仕組み
(1999/05)
江 河海

商品詳細を見る

この本は、今から13年前のものです。経済発展の恩恵に、まだ多くの中国人が浴していない時代です。つまり、地に足がついていた時代です。

その時代だからこそ、逆に、中国人の気質、性格などの根っこの部分、素の部分が、よく見えたのかもしれません。とても、面白い本です。「本の一部」ですが、紹介させていただきます。


・中国の「ほら吹きに税金はかからない」という諺は、「元手も力も要らず危険もない」「法を犯すわけでもなく、何の制限も取り締りもない」ので、ほらは吹きたい放題という意味

・中国人の座右の銘「人に語るは三分の話、心を全て明かすなかれ」は、「話は余地を以て語ること。三割ならいいが、五割話してはいけない、弱みにつけ込まれる」という意味

毛沢東語録「謙虚は人を進歩させ、傲慢は人を落後させる」の影響で、中国人は謙虚さの仮面を被り、「有頂天になってのぼせ上がっている」と言われないように気をつけている

如才のない人は、自分の考えや立場を旗色鮮明にすることがないし、異議を唱えることもない。意見を求められると、黙りこくるか、「まだ思案中なので、先にみなさんの意見をうかがいたいのですが」と答える

・「好漢常に当年の勇を語る」、中国人は昔の自慢話が大好き。しかし、失敗した話になると口をかたく閉ざす

・結婚式が財産を推し量り、まわりと比較する機会だと考えられているために、日頃は家計を切り詰めても、結婚式にはドンとお金を使わなくてはいけない

・中国人は、プライドが高く、とりわけメンツを重んじる。声望、栄誉、身分、地位、能力などの集約なので、人前でメンツをつぶされるのを絶対に許さない

・嫉妬深い人のことを中国では「結膜炎患者」と形容する。結膜炎患者は、誰かが出世する、金持ちになる、立派な家に住む、高学歴である、奥さんが美人など、とにかく人が自分にないものを持っていると、その人を引きずりおろして、自分がのし上がりたい

・中国人の「多数に従う心理」を表わす「先頭の鳥は鉄砲で撃たれる」「豚は太ると殺される」の諺は、出しゃばらず、逆らわず目立たずに事に当たれの戒め

・「関係網」をつくる目的は「裏口を通る」ため。「裏口を通る」ためには様々な社会的「関係」を利用する必要がある。「関係網」と「裏口を通る」ことは、密接不可分の双子の兄弟

・強大な血族・姻族関係を持つ家族は、その土地で、何事につけ優遇され、人からバカにされることがなくなる。そのため、中国人は血族・姻族を誇示し、ひけらかしたがる

・中国では、よそ者を警戒し、排除しようとする地方主義の力が非常に強い。よそ者に対しては不公平なことをやり、策を弄して、追い出さないと気がすまない

・人に権力があれば一生懸命取り入ろうとするが、権力を失うや否や、手のひらを返したように相手にしなくなる。だから、中国では、役人は退職後の生活を恐れる

・金を最大の武器にして、実権を握る者を打ち破れば、贈賄側は敵なし。収賄側の役人は、官職を守るために贈賄側の言いなりになって、大人しく服従するほかなくなる

・ごちそうは一番初歩的な贈り物で、探りを入れる陽動作戦のようなもの

・中国人は「名気」(評判の料理、レストラン)、「名人」(有名人や偉い人の名前を使った料理)を食べたがる

・中国には、大した意義を持たない会議が多い。会議の重要課題は豪華な食事にある

・「十億人民九億賭博、残りの一億株投機」。中国人がみんなギャンブルが大好きなことを形容する言葉

・中国人の大きな特徴で、趣味なのが野次馬。何か面白そうなことがあると、自分と無関係でも興味津々に首を突っ込みたがる

・プライバシーを知りたがり、口コミ情報を広めるのは、何といっても中国の女性の得意分野。「長舌婦(人のことに口出しする女)」は、耳ざとく、おしゃべりで、噂好き

・人々は何か不吉なことに出会うと、原因を自らに求めるのではなく、風水が間違っているせいだ、と理由づけをする


この本を読むと、中国人も日本人も基本的には、同じであることがわかります。唯一、違いがあるとすれば、日本人には「恥の意識」が強いということだけです。

つまり、日本人から「恥の意識」がなくなれば、日本人も中国人もほぼ同じになってしまうということではないでしょうか。
[ 2012/03/22 07:07 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『中国人の考え方が2時間でわかる本』島崎晋

中国人の考え方が2時間でわかる本中国人の考え方が2時間でわかる本
(2011/03/19)
島崎 晋

商品詳細を見る

この本には、中国人の「そうだったのか」ということが詰まっています。したがって、タイトルに偽りなく、中国人のことを、短時間で理解できた気分にさせてくれます。

かといって、内容的に劣るものではありません。コンパクトによくまとまっているという印象です。

短時間で、現代の中国人や中国のことをざっと知るのに、とても便利な本です。なるほどと思えた点が数多くありました。「本の一部」ですが、紹介させていただきます。



・直接自分たちに被害が及ばない限り、「他人の被害など知ったことでない」というのが中国人。逆に、「損を受ける」と知れば、驚くほど素早い反応を見せるのも中国人。つまり、世界で最も損得勘定意識が高い人たち

・中国の謝罪語「対不起」(すみません)が中国人の口から発せられることはまずない。これは、中国人の「謝る=負け」という考え方によるもの。日本の「すみません」には「ありがとう」の意味さえある。日本人は謝罪語を口にするのに慣れた民族

・中国人は、歴史的に、他人を信用せず、個を尊重するようになった結果、組織への忠誠心が皆無に近い。中国の会社は同族経営がほとんど。そこでは、一族以外の者が大きく出世は望めない。そのため、多くの者が、会社勤めをスキルアップの一手段と割り切る

・日本には禊や、死者には鞭打たないという概念がある。中国人にとっては、敵は霊になっても敵、それを拝む者もまた敵

・中国人には「上には上のやり方、下には下のやり方がある」といった考え方が強く、国の法律を遵守すべきという意識が薄い。政府も、政治教育や愛国教育には熱心だが、公衆道徳教育には、あまり力を入れてこなかった

・一番頼りになるのは親族、次に同郷の友人。一番頼りにならないのは政府。政府を信用していない

・中国人が信用するのは、血縁の身内と「自己人」。「自己人」とは、「血縁ではないけど身内同様」という意味の呼び名。こう呼ばれるようになったら、相手からかなり信用されている。「朋友」と呼ばれているうちは、「あかの他人」

物を買う時、欠陥品でないかどうか、店員の目の前で箱を開けてチェックして、大丈夫と納得してから金を払うもの。金を払って家に持って帰った以上、欠陥品だったとしても、責任は客にある

・中国人は「関系」を大切にする。海外旅行から帰ったら、親類はもちろん、「関系」のある友人知人へのお土産は必須。しかも、相手に合わせて土産の種類を変えたりしては、腹を探られて問題になりかねない。そこで、中国人は、同じ商品を大量に買って帰る

・中国では、マンションを購入するといっても、土地はあくまで国家の所有であり、人々は土地の使用権(多くは70年)を得ているにすぎない。これに比べて、日本の不動産は、ほとんどが土地込み。中国の富裕層が、日本の不動産購入に熱心なのは、そのため

・1980年代に入り、中国人の公共性、倫理観のなさがあまりにもひどいと、政府指導者も感じるようになった。そこで再び脚光を浴びたのが儒教。儒教の礼は大衆を善導するのに有益と考えられるようになり、孔子は、一夜にして、偉大な思想家になった

・どこに行っても関帝廟がある。三国志の英雄の一人「関羽」には、「常人離れした強さ」に加え、劉備に尽くす「忠義の心」があった。それが、熱狂的支持を受け、人々に崇拝されている。儒教の国、中国だが、実は忠義を貫いて死んだ人物が少ない

・宴会では「干杯」(一気に飲み干す)が礼儀。酒の弱い人は、最初からソフトドリンクを飲むか、「半杯」(半分だけ飲む)や「随意」(自分で決めて飲む)と答えること。中国では、酔っ払って、醜態をさらすことは非情な恥で、軽蔑されるのが落ち

・中国人が崇拝する対象、それは神と仏と祖先。祖先は死後、一族の守護神になると考えられている。だからこそ、祖先の祭祀は絶やしてはならず、男子の後継者が必要とされる

・儒教は万能薬ではない。富める者、上に立つ者の自制を働かす効果がない。富裕層や政治家が私腹を肥やし、権力をほしいままにするのを防ぐ監視者は、言論の自由がないマスコミではなく、海外の世論。政府の上の人々は、外の目を気にしている

・中国が死刑制度を存続させるのは、凶悪犯罪が後を絶たないため。中国では、富める者が相手であれば、罪の意識が薄い。貧しい者が、成りあがる一つの選択肢は、富める者から奪うこと。別の選択肢は、黒社会(マフィア)に身を投じること

・1910年代から20年代、日本が袁世凱政府に対して行った「対華二十一条要求」によって、仮想敵国が、アヘン戦争以来のイギリスから日本へ変わった。日清戦争敗北でも、対日感情は悪くなかったのに、「対華二十一条要求」を機に、反日の機運が高まった



日本人の知らない中国人の姿がよくわかる本です。

現代の中国人の性格をつくり出してきたのも、その国の歴史です。時代に翻弄されてきた庶民が、自然とそうなったとしても不思議ではありません。

海外の人を知るには、その歴史的背景、地理的背景、文化的背景を知らないと、真の友好は結べないのかもしれません。


[ 2011/11/15 06:06 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『香港に住む大富豪41の教え』大塚純

香港に住む大富豪41の教え香港に住む大富豪41の教え
(2010/02/17)
大塚純

商品詳細を見る

著者は、香港でベンチャーキャピタルの会社経営に携わっています。証券会社時代に、中華圏株式ファンドを設立されていた関係で、香港、台湾、中国本土の実業家や大富豪に幅広い人脈を有されています。

実際に、中華圏の経営者とビジネスをしている方が書かれた本なので、ためになり、役に立ちます。

この本の中で、勉強になった箇所が15ほどありました。「本の一部」ですが、紹介したいと思います。



・ビジネスで必要な情報は、モノを買いたいという人間の思考回路を解明すること

先進国の若い世代は、地元に密着したサービス業に従事するか、高齢者向けのビジネスに従事するしかない。元気のある若者は、発展途上国へ行って、自分で起業して、製造業に従事すること

・「旧的不去新的不来」(古い考え方を捨てていかないと新しい世界が開けない)

・「七情」(喜ぶこと、怒ること、憂うこと、思うこと、悲しむこと、恐れること、驚くこと)が激しくなると、「五臓」(肝臓、心臓、膵臓、肺、腎臓)がやられる。病気というのは、情緒活動の乱れが原因

・「順其自然」(自然にまかせる)、「時間不等人」(時間は人を待たない)。つまり、チャンスがあると思えば、迷わずそのチャンスをつかみ、あとは自然にまかせること。躊躇して心配ばかりしていても、時間は待ってくれない

・福建人には、客家人、潮州人なども含まれ、3500万人にのぼる。信仰の対象は、儒教でも道教でもなく、航海の神様「ま祖」。現在、海外に住んでいた華僑が福建省に戻ってきて、起業ブームに湧き、中国平均より高い15%の経済成長率を実現している

・福建人は、お金持ちが、どうお金を使うのかに関心はない。そのお金をどうやって儲けたかに関心がある。だから、福建人は、服装や贅沢品にはお金をかけない

・潮州人の李嘉誠は、天安門事件で外国企業が中国から撤退する中、「混乱の中に商機あり」という独自の投資哲学で、混迷する中国大陸の土地を買い漁り、資産を築いた。「バイ・ロー、セル・ハイ」(安く買って高く売る)、「人が集まるところにお金あり」も彼の投資哲学

・起業家が成功する要素は、一つ目がコミュニケーション能力、二つ目が問題解決能力。どの事業でも、社長のコミュニケーション力が大切

・人間が成功するための条件は、「1.命、2.運、3.風水、4.積陰徳、5.唸書(てんしょ)」。つまり、先天性の要因と後天性の運、風水、慈善、知識である。そして、人間が生きている間は、自分の家系をよくするために努力を怠ってはいけない

・事業には、次の三つの社会との掟がある。「1.事業を黒字にして、税金を国に納めること」「2.人を雇用して、その家族の生活を守ること」「3.社会に恩返しすること」。社会にプラスにならない事業は、いずれ潰される

・頭の中で、シミュレーションをして、最良のケースと最悪のケースを予想し、その平均を求めて、そこからさらに7掛けする。投資家は、保守的なキャッシュフロー(平均して7掛け)を計算すること

・リスクをとる方法を熟知していれば、投資など怖くない。若いうちにリスクをとる努力をしておけば、どの程度の損失でやめたらいいか、感覚でわかるようになる

大きな潮流に乗り遅れないこと、投資サイクルを間違えないこと、そして一喜一憂しないこと

・中国はいまや物申す買い手になった。ビジネスでは、買い手は売り手より強い。したがって、買い手である中国のお客が理不尽なことを言っても、それに従わないと、モノは売れなくなる



中国人の投資に関する考え方は、欧米人によく似ています。日本人から見れば、中国人と欧米人は違うように見えますが、実は同類です。

むしろ、日本人だけが、世界の中で異質の存在なのではないでしょうか。アメリカに次ぎ、経済力を身につけてきた中国に合わせていかないと、ビジネスで儲けることが難しくなります。

これからは、グローバルスタンダードとは、アメリカンスタンダードだけでなく、チャイナスタンダードということを意識していかないといけないのかもしれません。
[ 2011/10/04 06:16 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『これが日本人だ!』王志強

これが日本人だ!これが日本人だ!
(2009/09/05)
王 志強

商品詳細を見る

この本のサブタイトルは、「中国人によって中国人のために書かれた日本および日本人の解説書」とあります。

日本人のために書かれた中国人の本は数多くありますが、こういう類の本は少ないように思います。中国人が、日本および日本人のことを、客観的にどう思っているかがよくわかります。

今回、この本を読んで、中国人の認識を知るのに、役に立った箇所が25ほどありました。「本の一部」ですが、紹介したいと思います。



・日本では、人は亡くなると仏になると考えられている。また、彼らは動物にさえ優しい。にもかかわらず、第二次大戦における数千万の人々に対する犯罪行為には、誠意を持った謝罪ができない

・あらゆるところで稼ぐ日本のビジネスマンは、利益を求めて狂ったように奔走している。その一方で、アジア・アフリカの貧困地域や難民キャンプ、被災地には、労苦を厭わず、汗水流して働く日本人ボランティアの姿がある

・日本人は、成功すれば有頂天になり、自らを上等な人種であると思うし、失敗すれば深く落ち込み、下等な人種だと自虐的になる

・日本人にとって「個の不安」は多くの面で現れる。仲間がいない時の寂しさからくる不安の他に、見知らぬ人間に対する「対人不安」がある

・集団から離れると蔑視され、一人では何もできないばかりか、攻撃されることもあり、孤独と屈辱に耐えなければならない。日本人は、集団に対して強い帰属意識を持ち、日本式の小さな共同体に守られ、平穏に暮らしたいと願っている

・日本人は知らない人間と会うと緊張するので、相手のポジションを確かめ、自分がどう振る舞うかをわきまえることによって、緊張を取り除く

・日本人は、買い物をする時「神様」のような気分となる。「あなたの物を買いに来てあげて、恩恵を与えるのだからサービスしなさいよ」といった傲慢かつ得意げな態度になる。売り手もまるで「神様」を見るかのように、日本特有の複雑な礼儀や甘い言葉をつくす

・日本人は、プライベートな付き合いの中では、本来のキャラクターを丸出しにし、遠慮もせずに、自然に振る舞うが、社会的組織や集団の中では明らかに別人となる。対人関係には一定の距離があり、常にそれを計測し、確かめている

日本人を喜ばせるには、ちょっとした贈り物、ちょっとした手伝いをするだけでいい。すると、相手は、百方手をつくしてお返しをしてくれる。しかも、その返礼は、きっちり計算されたかのように、与えたものと同じ価値であることが多い

・単独では「風に吹かれそうな弱い人」でも、いったん集団に入ると、強健になり、結束して、排外し、攻撃性を持つようになる。そして、何者も恐れず、集団の利益のために水火をも辞さない

・日本人は、大人になっても甘えの感情を引きずり、根深い甘えを持ちながら、学校や会社に入り、かつて母親を慕った時と同じように、優しさ、友愛、安全を求める

・経済分野において大きな成功を収めた日本人が、世界マーケットでいつも人を困らせるのは、「意志決定のスピードの遅さ」である

・日本人の最も危険なところは、集団の中で醸成されるムードのメカニズム。平和な時代は平和ボケし、経済成長期には馬車馬の如き働きまくり、拡張主義が高じて、戦争となれば、殺人ロボットとなる

・日本の子供たちは、「友達関係」と「人に迷惑をかけない」という教育を受けながら、集団とは何かをじっくり学んでいく

・日本企業では、社員達に国家資格等、公的資格の取得を奨励する。資格試験を受けるための養成コースは数多くあり、日本の一大産業を形成している。日本の生涯教育は、世界で最もシステマティックで規模が大きい

・日本人の感性や情緒性は、鋭く豊かである。理性よりも本能によって、外部の事象を感じ取り、目新しいことに興味を覚える。しかし、豊かな好奇心も裏を返せば、何も知らないということ。つまり、「田舎者の好奇心」。田舎者ほど、強い好奇心を抱く

・どんな会社にも忙しい時と暇な時がある。日本人の労働者で、理解できないのは、他の先進国と異なり、暇な時でも忙しそうにすること

・日本経済の発展には、三つの内在的要因がある。一つは、日本人の集団精神、運命共同体的意識。二つ目は、日本人特有の感性による事物事象への好奇心と敏感さ。そして、三つ目が、日本人の職人気質である

・村八分にされた者は孤立に陥り、毎日ビクビクしながら過ごさなければならず、村中から「外される」悲しみを痛切に思い知らされる。日本人にとって、村八分は最も残酷で恐ろしい懲罰である

・近年では、日本人女性の東南アジアへの「男買い」ツアーが流行っている。インドネシアのバリ島には、娼婦はいないが、男娼はいる。日本には特殊な文化がある

・日本人は、日本人論をひどく好む。日本人のように、自民族のことを論じた本を好む民族は、世界のどこにもいない

・恵まれた自然環境に暮らす日本人は、自然をこよなく愛し、厳かなものとして崇拝している。日本人には、自然の対立という概念がない。人は自然の一部であり、自己の中に自然があり、自然の中に自己がある

・武士道では、精神的に優位な者が、勝利を収めるとされる。己に勝る者が、敵に勝つと考える。そして、精神的優位とは、姿かたち、言葉、所作、振る舞いに表われる。正しい礼儀や威厳は、武士の心である

・政治的に責任をとらなければならない場合、時の政府が責任を取る。いざという時は、天皇の権威でもって事態を収束する。これが、日本人のずっと継承してきた歴史的慣習

・何事にも固執する日本人であるが、反面、その現実的な融通性は他民族には及びもつかない。第二次世界大戦中は、自らの民族を世界一と思い込み、実力を顧みず、とことん突っ走ったが、戦後、世界のドンジリだと思うと、柔軟にスタートした

・日本は、ほとんど自力で改革を行ったことはなく、外部の刺激や圧力に突き動かされて、重要な変革を成し遂げてきた。しかも、それは、日本にとって、最も必要なタイミングで成され、かつ一挙に短期間での勃興が成功する



人間は、他人のことは、よく見えます。中国人も、日本人のことは、よく見ています。

著者の意見には、多少、穿った点もありますが、客観的に、日本人のことをよく見ているように感じました。

日本人は、欧米人からどう見られているかを気にしながら、戦後、走ってきました。しかし、これからは、アジア人にどう見られているかを気にして、行動をとるべきなのかもしれません。
[ 2011/08/23 08:01 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『中国流不敗の交渉術』孔健

中国流 不敗の交渉術 (成美文庫)中国流 不敗の交渉術 (成美文庫)
(2004/02)
孔 健

商品詳細を見る

著者は、孔子の75代直系子孫で、日本で、数多くの著書を出し、活躍されています。

この本は、中国人の個性、性質、常識、知恵、考え方を四字熟語で表したユニークな書です。

数多くの四字熟語から、中国人とは一体どんな民族であるのかがわかります。気になった四字熟語が25ほどありました。「本の一部」ですが、紹介したいと思います。



公平待人 (人はみな平等)
商売でも売り手と買い手は対等。強者と弱者を分けるのは、交渉力の差

人生多劫 (人生、いたるところ敵だらけ)
人に騙されるのは恥ずかしいこと

・危中救急 (追い詰めながら、助け船を出す)
アメとムチを巧みに使い分ける。金銭で結ばれた人間関係は、あくまで金銭第一の関係

恩徳相兼 (恩と徳とは一体。貸し借りすべきものではない)
自分が受けた恩を、いつの日か、他人のために力を尽くす。それが中国式の恩返し

・惜金如命 (お金が欲しいというより、お金が惜しい)
中国人は、働かないでお金が欲しいわけではない。定刻まで働き、さっさと帰るだけ

人生商戦 (金銭感覚は人生感覚である)
中国では、けちは美徳であり、けちと言われると「ほめられた」と受け止めるぐらい

・開源節流 (支出の節約が大事)
中国人は、必要のない出費を嫌う。見栄を張る不必要なお金を使うことは、軽蔑される

食来運転 (食事会の出会いによって運が強くなる)
食卓を通して、心が通い合い、人脈が形成される。そこから人生は流れを変え進んでいく

以利動人 (お金を動かせる人が人を動かせる)
人を動かせる人は、お金を動かすことができる人

話留半句 (本当のことは、いたずらに口にしない)
交渉は「しゃべりたい自分」との闘いである

・情報即金 (情報は金の卵)
同じ情報を目にしても、その情報から利益を得るのは、行動を起こした者だけ

・実事求是 (言葉を信じすぎると、現実から裏切られる)
冷静、客観的に判断する姿勢をもたなければ、苦戦する

信義行商 (いい情報をくれた人には対価を支払う)
権力につながる人脈は、強いインパクトで現実を動かしている

和気生財 (人の心を柔らかに解きほぐす。そこから富につながる何かが生まれる)
笑顔は幸せ、富の原点。和顔は相手を無防備にさせる

・行成於思 (よく変化し、すぐ動く人が成功する)
相手の変化を先読みするぐらいの気持ちで臨むことが大切

人各有志 (人とは違う自分だけの得意分野を持て)
親は、子の可能性を見極め、見込みがあるとなれば、徹底的に伸ばしていく

・持両用中 (経験の引き出しを増やそう)
可能性の限界にぶつかれば、速やかに方向転換する。選択肢には限界をつくらないこと

笑門金来 (笑顔に釣られてお金が集まる)
顔の皮一枚に、交渉の巨大技術がある。つくり笑いではなく、心底の笑顔を浮かべること

知勇競争 (人生は知識より知恵、知恵より肝である)
交渉の多くは、知力より胆力が左右する

貯金集福 (お金が幸せを呼ぶラインとなる)
お金を得るにつれ、人々の表情は豊かになり、輝くようになる

・家和業興 (妻と家族を大切にしなければ人生は成功しない)
人生は愛と財が同じバランスでなければならない。家族の結束を強くすること

養精蓄鋭 (元気を発信せよ)
ビジネスは金力より、気力が左右する

学思相長 (インプットとアウトプットのバランスをとれ)
学問をしたり、情報を得たりしたら、それをどう人生に役立たせるかを考えること



日本人には理解できない行動を中国人はよくとります。それは、一言で言えば、文化の違いでしょうが、その違いを知るには時間がかかります。

この本には、中国四千年との「文化の違い」が記されています。中国及び中国人の行動に対して、理解に苦しんでおられる方にはおすすめの書です。
[ 2011/08/08 06:24 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『華僑大資産家の成功法則』小方功

華僑 大資産家の成功法則 お金がなくても夢をかなえられる8つの教え華僑 大資産家の成功法則 お金がなくても夢をかなえられる8つの教え
(2005/05/14)
小方 功

商品詳細を見る

著者は、1992年に北京に留学し、現地の華僑の実業家から、経営の手ほどきを受け、帰国後、会社(株式会社ラクーン)を興し、2006年に東証マザーズに上場した人です。

実際に、華僑の人から話を聞き、商売を実践して、成功した体験の持ち主は、そうざらにはいないと思います。

この本を読んで、共感できた箇所が20ほどありました、「本の一部」ですが、紹介したいと思います。



・ビジネスはすべて『必要』で成り立っている。『必要』はいつの時代でも存在している。経済が不安定なときでも、儲ける人は儲けている。ただし、不安定になると、この『必要』は著しく変化する。この必要の変化に、いち早く気づいた人は大きく得をする

・『必要』を無視して、やりたいことをやってはいけない。もし、会社を短期間に大きく成功させたいのなら、以前はなかったのに、これからないと困るものを見つけること

・お客や市場に『必要』とされることは、従業員にとってもやりがいのあること。お金を支払う客とはいえ、本当に必要なモノやサービスを提供されれば感謝してくれる。この客からの感謝こそ、どんなに高い給料よりも従業員のみんなのやりがいとなる

信念を持たない人は、どの知識を自分の中に残して、どれを忘れていいのか、優先順位を決めることはできない

・自分をつくることの次に大切なのが人間関係。この順番を間違ってはいけない。自分自身に徳がないのに人間関係を広げようとしても、それはうまくいかない。せっかく出会った人でも信頼を失いかねないから

・偉大な人の多くは読書家だが、読書家が必ずしも偉大かというとそうとは限らない。人格や人徳を高めるために必要なのは、知識ではなく『決意』

・成長するには、価値観を人と交換し合うこと。交換し合うことによって、それはさらに鍛えられ、洗練されたものになっていく。これは、武術で言えば、他流試合のようなもの。それをやりながら、自身の価値観に磨きをかけていくのが、一番効果の上がる鍛え方

・その人の成功は、彼自身の好奇心がもたらしているもの。その好奇心と素直につき合うことさえできれば、幸せになれる。まず、目の前の仕事に感謝して、明日使うべき知識を今日学び、今日知らなかったことを今夜勉強することから始めなければならない

・成功者に一定の法則を見出そうとしても意味のないこと。成功者には法則はなく、失敗者のみ法則がある。失敗の法則とは、問題を人のせいにする習慣

頂点を極めた人には、もう相談相手がいない。このようなとき、その人は不安に襲われる。向上心がまだ残っていれば、自分自身を否定するもう一人の自分を自分の中に作ろうとする

・成功する人はチャンスに気がつく人だと思われがちだが、実は何かにつけ、チャンスだと思い込む人。大したチャンスでなくても、本人がそう思い込むことで、本当のチャンスになってしまう

・起業は一種の自己主張。自身の個性をよく理解して決めればいい。決めたら一生涯かけて専門家になること

好きな順に人を大事にしていればそれでいい。偉い人にだけ丁寧に接して、お金持ちに会ったときだけお礼の手紙を出す人がいる。しかし、そういう生き方が、どれほど自分の徳を失うかわかっていない

・一生懸命がんばっている人、真剣にやっている人を見たら応援したくなる。休むことを知らずに必死になっている。その努力は心打つものがある。これを見て感動しない人はいない

・マスコミの情報や人のうわさを鵜呑みにし、楽観したり、悲観したりすると損をする。得をしている人たちは、直接、自分の目で確かめて、自分自身の頭で考え、きちんと自分の頭で判断する

・大義とは、社会の誰から見ても必要と感じられるもの。だから、大義があれば、自然と周りが応援してくれるようになる。また、考えることが正しければ、そこには必ず大義が生まれる。すると、そこに、若くて優秀な人も集まってくる

・先進国の場合、働く人間はやりがいを求めている。お金のためだけでは続けられなくなっている。好奇心と向上心を持った若者は、ひとたび合点がいくととても熱心に働き、成果を出す。現代の経営者にとって、説明することこそが仕事である

・みんなに事情を話し、会社をもっと大きく、もっといい会社にしたいということを話してみたらいい。言葉に嘘がなければ、みんなはついてきてくれる



この本には、現代の華僑の人たちが実行している商売の真髄が描かれています。本当に、経営で大事なことを、丁寧に教えてくれています。

華僑だけではなく、全世界の商売人にとっての成功法則になると思います。これから、起業したいと考えている方に、是非読んでほしい書です。
[ 2011/06/28 06:51 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『中国人観光客が飛んでくる!』上田真弓、池田浩一郎

中国人観光客が飛んでくる! (マイコミ新書)中国人観光客が飛んでくる! (マイコミ新書)
(2010/12/25)
上田 真弓、池田 浩一郎 他

商品詳細を見る

昨年、京都の西陣織会館で着物ショーを見ました。平日だったのですが、会場はごった返していました。700~800人近くの人がいたと思います。

見ると、欧米系の観光客が10%、日本の修学旅行生が5%、日本人観光客が5%くらいで、後の80%はすべて、中国人観光客でした。

着物ショーにおいても、派手な赤い着物を着たモデルが登場するとフラッシュの嵐です。ところが、おしとやかな薄い色合いの着物のモデルには全く反応しません。

ショーが終わった後の買物行動を観察していると、着物にはほとんど関心がなく、低単価の雑貨やお菓子売場の前には長蛇の列でした。今までと売れるものが、全く違ってきているように思いました。

中国人観光客のパワーに圧倒されたのですが、最近の中国人観光客はどんな人が多いのか気になっていたところ、この本を見つけました。

中国人観光客や他のアジア系観光客の特徴と、彼らが見たいところ、欲しがるものなどが、詳細に書かれており、勉強になりました。「本の一部」ですが、紹介したいと思います。



・中国人観光客の訪日理由は、「自然・景勝地」「ショッピング」「温泉・リラックス」の割合が高く、一方「伝統文化・歴史的施設」などは、やや割合が低い傾向

・中国人は、「日本の温泉はサルも一緒に入る」「日本の温泉は混浴だ」というイメージを持っている人が多いが、日本の温泉に関心が高い

・中国人が、日本で炊飯器を購入するのは、本国では増値税(消費税のようなもの)が17%かかるから。いくつも購入するのは、親戚や知人から頼まれているから

・中国人観光客には、麺類や回転ずしなどのチェーン店の人気が高い。日本料理は食べたいものの、高級な料理店では、びっくりするほどの金額かもしれないし、日本語がわからないし、どんな料理なのかも理解できないから

・土産を購入する場所としては、ドラッグストアや百円均一ショップが人気。女性はコスメ、薬は男女を問わず人気。薬の人気商品は、「目薬」「正露丸」「キャべジン」など

・男性特有の化粧品として、育毛剤が人気。日本で購入するのは、日本人と中国人は似ているし、日本製品は優れているので効くと思っているから

・ビザ発給要件の下限の年収6万元(約85万円)であっても、物価が安い中国では、生活費がかからずに過ごすことができ、お金が貯まり、資産が増えるので、可処分所得が高い

・中国人は、面子を大切にするので、多くの知人友人に購入をお願いされた商品を先に買う。その結果、飲食は節約する

・2010年、海外に出かける中国人旅行者数は、前年比11%増の5300万人に達する。行先は1位から香港、マカオ、日本、ベトナム、韓国、タイ、ロシア、米国、シンガポール、マレーシア。タイ、ベトナム、マレーシアが上位の理由は、ビザが緩いこと

・中国人観光客はリピーターになりにくい(日本へのリピーター率43%)。他のアジア諸国(香港80%、台湾76%、韓国66%、シンガポール63%、タイ62%)に比べて低い。日本を観光した次にヨーロッパへ行くことを計画しているのが今の状況

北京の人は保守的で面子を重視、上海の人はトレンドに敏感で個性的、広州の人は実用性を重視。広大な中国では、趣向性、商習慣の違いを認識することは重要

・中国人観光客や訪日外国人を増やすために、いろいろなことをしても、結局は為替次第。外国為替の変動は、行く末に大きく影響する

・中国人の場合、検索をするための入力が、単語ベースではなく、文章ベース。例えば、日本へ旅行する時に「日本 食事 美味しい店」などと単語で入力しないで、「日本で食事する時に美味しい店はどこにあるか」と入力して検索する人が多い

・観光庁は訪日外国人旅行者数の多い12の国(韓国、台湾、中国、香港、タイ、シンガポール、米国、カナダ、英国、ドイツ、フランス、オーストラリア)に、大きな伸びが期待できる3国(インド、ロシア、マレーシア)を追加し、プロモーションを展開している

・中国人はカジノが大好き。マカオへ多くの中国人が訪れる理由はカジノである。日本でも大阪の橋下知事がカジノを推進しているが、日本の議論では時期尚早で、当面実現は難しい



この本を読む限り、中国人の旅行者が今増えているのは、たまたまの一過性なのかもしれません。

これをリピーターにしていくためには、中国人の関心、性格、習慣、嗜好性、地域性などを研究して、中国人に喜ばれる策を練らないといけません。

この本は、中国人個人と商売されたいと考えられている方には、参考になるところが多いように思います。
[ 2011/03/29 08:04 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『華僑に学ぶお金の哲学投資のルール-資産を100倍にする方法』高橋守

華僑に学ぶお金の哲学投資のルール―資産を100倍にする方法華僑に学ぶお金の哲学投資のルール―資産を100倍にする方法
(2005/01)
高橋 守

商品詳細を見る

華僑に関しては、このブログでも、再三採り上げています。私自身、お金の面では、ユダヤ人と華僑、人生の面では北欧諸国の人々の考え方が好きです。

ユダヤ人と華僑の考え方は、安定できない世界、差別を受ける社会で暮らす知恵が詰まっています。

この本は、主に華僑の投資についての考え方が書かれています。今回参考になった箇所が15ほどありました。「本の一部」ですが、紹介したいと思います。



・華僑が懸命になってお金を増やし守るのは、それ自体が目的ではない。人生を楽しみ、安定した生活を送り、豊かなときを過ごすため。そのために、世界中で投資を行い、節税を考え、人の輪を広げている

・華僑の社会では、一流企業で出世したり、大きな仕事をしている人よりも、小さくても一国一城の主(中国語で「老板」ラオパン)でバリバリ稼いでいる人のほうが、社会的にも高く評価される

・華僑の多くの人たちは、会社勤めのサラリーマンをしていても、チャンスがあれば独立して会社を興して社長になりたいという夢を持って仕事をしている

・日本の会社で重要な地位に就いていると自慢しても、「しょせん雇われ人で、大きな仕事をしていても、本人の実入りにならないのでは、全く意味がない」と評価してもらえない

・華僑の世界では、「アーリー・リタイア」して、自分の好きな時間に、好きなことを、好きな場所で、家族や友人たちと、どれだけ過ごせるかが、人生での成功をはかるバロメーターとなっている

・「自由気ままに生活する人生」と「歳をとっても時間に束縛された生活」。後者をよしとする人には、華僑の投資哲学を学ぶ意味も資格もない

・日本人は「人を最初から疑ってかかってはいけない」と教え育てられるが、華僑は「家族以外は絶対に信用してはいけない」「どんなことがあっても、人に金を貸してはいけない」だけは守るようにと教えられる

能力よりも信用を重視すること。華僑のビジネスは、血縁や友人の信用とつながりで成り立っている。それが、華僑が富を築き、増やし、それを守っていくための基盤になっている

・華僑は財産と同時に投資の哲学も継承し、投資を最初に学ばせる

・「大量の日本人が買いに入ったら売る。相場が暴落したら、日本人の損切り物件を拾う」というのが本当に鉄則になっている

・もっとも大きなリスクは国や政府。つまりカントリーリスク。政策次第で全財産を失う

・華僑の富裕層は、隠したい資金がある場合、現在居住している国に支店や事務所がある銀行に預金しない。金融当局、税務当局は、国内にある外国銀行の支店や事務所に対して捜査権を持っている。情報が当局に漏洩するリスクがある

・華僑は投資を薦めてくる者に投資を薦める。少額の投資でも、一緒に投資すればパートナー。同じ船に乗るわけだから真剣になる。売るときは、高く売ろうと必死になる

・一番難しいのは、売る勇気を持つこと。売らなければ利益は出ない



この本の中で、華僑は「投資を学んでから本業に就く」という目からウロコの箇所がありました。日本人からすれば、「本業で儲けてから投資を考える」というのが順序です。

日本人は、投資で儲けた人を軽蔑しますが、実際には、投資で儲け続けるほうが、事業で儲け続けるよりも難しいと思います。

この難しい投資を若いころから学ぶ姿勢は、商売をする上で、大いに役立つものです。独立して、細々と事業を行っている自分に欠けていたのは、その部分であったと、今になって思う次第です。

後半の人生を豊かにするには、華僑のように、若いときに、謙虚に、そして貪欲に「お金」について学んでおくべきではないでしょうか。
[ 2011/03/01 07:49 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『客家(ハッカ)の鉄則』高木桂蔵

客家(ハッカ)の鉄則客家(ハッカ)の鉄則
(2005/09/17)
高木 桂蔵

商品詳細を見る

以前、「客家大富豪18の金言」という客家の金儲けに関する本を紹介しました。この「客家の鉄則」は、金儲けだけでなく、人生をよりよく生き抜く知恵が凝縮された内容になっています。

客家の格言」が100近く紹介されているだけでなく、客家の歴史、気質などの解説もあり、客家を知る上で貴重な1冊です。

コンパクトな書ですが、内容は濃く感じます。今回、参考になった箇所が25ほどありました。「本の一部」ですが、紹介したいと思います。



・「狼多くして人を食い、人多くして狼を食う」
食うか食われるかは数次第

・「人は名の出るを恐れ、豚は太るを恐れよ」
豚はよく太って目につくものから屠殺される。金持ちで目立つ人はとかく狙われやすい

・「商いをよくする者はかならずや愛嬌を要す」
日本の財界人は苦虫をかみつぶしたような顔をしているが、客家の財界人は、じつによく笑う。しかも、その笑いは、相手を気持ちよくさせる笑い

・「泥の菩薩が河を渡るなり」
泥仏=小人物が、自分のことを棚に上げ、人様に説教を垂れる、批判すると、身を滅ぼすことになる

・「人の善きは人に欺かれ、馬の善きは人に乗らる」
お人好しは人に騙され、利用されるが、知能が高く、優れた才能を持つ者も、その知能、才能を利用されやすい。成功するためには、お人好しを利用し、才能、能力あるものを利用しろ

・「山中に虎無ければ、犬も王を称す」
虎がいないところに行けば、犬でも王になれる。うまくやりたいなら、虎のいないところを狙え

・「手面は手背を見られず」
手のひらは手の甲を絶対に見ることができない。親しき仲でも、一度は疑ってかかり、冷静に評価する。さもないと、その相手に裏切られる危険性が見えなくなる

・「笑いは顔より離れざるも、心の内に刀を蔵す」
人間は表面では判断できない。腹の中では何を考えているかわからない。人を裏切る人間は、裏切る顔をしていない

・「理は声の高きところに在らざるなり」
大声を出して怒鳴っているほうに非がある

・「どの家の林にも曲がりたる樹あり」
弱みのない人間、裏のない人間などいない。相手の弱み痛みを知っていても、それを口に出すべきではない

・「兎は巣穴のまわりの草を食べず」
いざというときに自分を守ってくれるものは、遠くにある大きなものではなく、近くにある小さなもの。自分の近くにあるものは、どんなものでも大事にしろ

・「行を隔つるは山を隔つるごとし」
仕事が違えば、山を隔てているようなもの。わかりもしないくせに、他人の仕事ぶりを批評するな

・「利口な嫁は米なき粥はつくれず」
労働力を望まれている嫁は、知性や教養、美貌などは重要ではない。頭が良くても、米がなければ粥は炊けない

・「人を迎えられぬ者は人に迎えられぬ」
人を歓迎しない者は、人から歓迎されなくなってしまう。だから、金を惜しんではいけない

・「にわかに富むも家を造るなかれ、にわかに窮すも粥を食すなかれ」
不景気のときこそ、見栄を張る必要がある。貧乏くさいと、人も金も集まらなくなってしまう

・「富は足るを知るにあり、貴は退くを求めるにあり」
富と権力を握ることは、やがて他人の妬みを買い、破滅に追い込まれる。客家人はけっしてナンバーワンの地位に固執せず、あえてトップにつこうとはしない

・「七十は瓦上の霜にして、八十は風前の灯なり」
やらねばならぬことを今のうちにやっておけ。客家の人々は、生前に遺産を分配する。日本人は、死ぬまで財産を抱えて離さない

・客家は、現在、中国大陸に6000万人。大陸以外に1000万人が存在している。中国全体の5%だが、国家、社会、経済の上で、大きな役割を果たし、多大な影響力を持っている。「漢民族の中のユダヤ人」と言われる

・華僑は大きく分けて、広東系、福建系、潮州系、海南系、客家系の5つからなる。全華僑のうち、客家が占める割合は8%だが、その8%が握る経済規模は、華僑経済の30%以上。ちなみに、日本には40万人の華僑がいるが、そのうち客家は8000人

・中国で戦乱が起きると、漢民族の難民たちは、食物を求めて、揚子江を渡って南下した。その難民たちは、先住民から排斥され、山奥に住み着いた。客家の多くが、広東省、福建省、江西省の山岳地帯に住んでいるのはそのため。客家の客とは「よそ者」の意味

・客家の住んでいた山の中の乏しい畑では、一家の次男、三男を食わせていくことができない。そこで、客家の人々は、子供に字を覚えさせた。字を知っていれば、町に出ていっても、商店、教師、役場の書記などの仕事に就けた

・客家の人々は、科挙試験、地方公務員の採用試験、中央政府の文官試験をこぞって受けた。客家の科挙合格率は極めて高く、普通の漢民族のほぼ6倍近くであった

・客家はほかの漢民族から蔑視されており、特定の職業にしかつけなかった。客家人の職業と言えば、官僚、軍人でなければ、質屋、金貸し、黄金製品の売人、土建業というところに落ち着く



客家は、差別され、厳しい環境に置かれたので、賢く生きていくためにはどうすればいいのか、たくさんの知恵が伝わっています。

やさしい言葉で書かれた格言が多いですが、内容的には厳しく諌めるものが多いように思います。処世術として、役に立つのではないでしょうか。
[ 2010/12/23 09:00 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『厚黒学・腹黒くずぶとく生き抜く』黄文雄

厚黒学―腹黒くずぶとく生き抜く (Shinkosha Selection)厚黒学―腹黒くずぶとく生き抜く (Shinkosha Selection)
(2009/09/14)
黄 文雄

商品詳細を見る

最近の中国の政治姿勢に怒りを感じている方が多いと思います。常識人には、理解できない中国人の態度は、どうして生まれたのか?

この本は、台湾人の著者が、中国人の腹黒さの謎を、歴史的な事実や思想より、解き明かしてくれるものです。

中国人とは、どういう民族かを理解できたら、冷静に対処し、賢く交渉できるのですが、中国人と中国政府を理解できないと、感情的になりがちです。

中国人の精神、根性を知る上で、貴重な本です。役に立った箇所が15ありました。「本の一部」ですが、紹介したいと思います。



儒家思想も間違いだらけ。有徳者が天命を受けて、万民を統率、君臨するのが天子だと唱えても、現実はその逆。有徳者ではなく、有力者、つまり簒奪者が天下を取るのが中国の歴史

・中国社会を律するものは、「」。優先順位からは、まず私情、個人的な思惑、人的なコネであり、その次が道理を講じ、最後には法によって裁き、処する

悪を制するには悪しかないから、極悪に勝つにはそれを上回る極悪非道の手しかない。それが「厚黒学」の生まれた風土

・中国人にとっては、人権よりも「生存権」と「発展権」が最も大事で、西洋人が言う「人権」云々では中国では生きていかれない。中国にとって最も大事なことは「社会の安定」

・一人のリーダーが政治軍隊を牛耳らなければ、国家社会が不安定になる社会。だから、絶対に三権分立や多党制をしないと公言している

・中国の官僚は中国全土の金銭と権力を独占している。この構造が存在する限り、民衆は権力にすり寄らなければならない。その結果、黒社会と自由経済の担い手たちは、官僚と結託して略奪行為に及ぶ

・父母の子供教育は、外に出たら「人に騙されるな」と繰り返し言う。学校教師も「天下烏鴉一般黒」(世の中カラスのように真っ黒)と教える。中国社会は、古来から騙し騙されする社会だから、日常的に「厚黒の学」を学んでおかないと自存自衛できない

儒教教育は「仁たれ、義たれ」などの徳目の押し付け。人間生活規範からの強制だから、外から押し付ければ押し付けるほど逆効果となり、「偽善者」か「独善者」しか人間づくりできない。人間本来ある良心まで奪ってしまう

・中国人のすべてが「詐」の人種。中国社会で「詐道」ができなければ、生きていかれない。孫子兵法は冒頭から「兵は詭道なり」と語っているが、「詭道」とは人を騙す手立てのこと

・中国社会では「報喜不報憂」、つまり、よいことだけを取り上げ、好ましくないことは隠すのが常套のやり方

・精神的に頼るものがない中国人は、現実的、実利的な民族にならざるを得なかった。中国人が自他ともに認める「欲望最高、道徳最低」は、宗教心の薄い世俗化した民族性からくるもの

・政治的価値の「権力」、経済的価値の「銭力」が社会価値の主流。中国では「権」が「銭」を生むので、数千年来、政治汚職が伝統文化になっている。今でも政治汚職収入はGDPの5分の1。党高級幹部官僚20万人の財富が国富の70%を占めるとされる

・中国人は、自分が悪事を働いても、自分が悪いというよりも政府や社会が悪いと言い張り、どうにもならない場合は、風水のせいにする。自己責任という考えは中国人にはほとんど存在しない

・道理の通じない世界では、力のみが唯一の原理であり、有効な手段。中国人が、自分に非があっても絶対に「対不起」という謝罪の言葉を口にしないのは、単に厚顔無恥ということではない。反省、謝罪したら、それで終わり。敗北、ひいては死を意味するから

・「不倒翁」(おきあがりこぼし)と呼ばれる周恩来が生涯を通じて実践し実証してきた不敗の哲学は、「闘争の第一線に立たない」「派閥をつくらない」「自己主張を覆い隠す」「野望を持つ人に譲る」「耐えがたきを耐える」「虚を避け実を務む」「退却も前進とする」こと



この本を読めば、中国人に対する怒りも少しは鎮まります。腹黒くないと、生きてこれなかった民族なんだから、それに対応して、交渉し、付き合っていけばいいことです。

日本人の尺度で考えると腹立たしいことばかりですが、中国人の尺度も理解しておくことが、交渉には必要なのではないでしょうか。
[ 2010/12/14 07:19 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『最新中国を知るキーワード99』岡崎雄兒

最新 中国を知るキーワード99最新 中国を知るキーワード99
(2008/12)
岡崎 雄兒

商品詳細を見る

中国の政治や経済のニュースは流れてきますが、庶民の日常生活がどうなっているのかのニュースはあまり流れません。

中国が、今後どうなっていくのかを知るためには、住民の現実を知ることが一番だと思います。この本は、それをキーワードで分かりやすく提示しています。

この本の99あるキーワードの中で、気になったキーワードが15ほどありました。「本の一部」ですが、紹介したいと思います。



・千金之憂(お嬢さんの憂い)

出生性比が男119対女92に達した。農村では社会保障の不備と労働力の確保から男児の誕生が強く望まれる。さらに超音波検査による胎児の性別診断の普及も要因

・馬路殺手(路上の殺し屋)

自動車保有台数は日本の3分の1程度なのに、年間10万人近くの交通事故死。アメリカですら死者は4万人程度。交通ルールを守る意識が薄いことが大きな問題

・打狗風暴(犬狩り騒ぎ)

各地で狂犬病が流行。中国での2005年の死者は2545人。5000元(75,000円)の登録料を払って犬の飼育が解禁されたのは1994年。同時に狂犬病対策がきちんとなされていなかったことが原因

・経済邪教(進化したマルチ商法)

2007年夏に行われたマルチ商法撲滅キャンペーンでは600件(総額17億元)が摘発された。田舎から出てきた工場労働者、農民、世間知らずの学生を狙い、所持金を巻き上げた上、被害者を加害者に巻き込んでいく手口

・残奥会(パラリンピック)

中国の身体障害者数は8300万人。日本の身体障害者数は360万人だから、人口比では、日本の倍以上。以前は「残廃人」と呼ばれ、偏見、差別に今も苦しんでいる。パラリンピック研修の本に差別の記述があり大問題に

・化公為私(官僚の汚職)

2001年~2005年までの汚職案件は15万件。取り調べを受けた官僚は17万人。容疑者の国外逃亡は500人。彼らが違法に持ち出した金は700億元(9500億円)。全世界の死刑執行数の80%は中国。収賄、横領などの経済犯にも死刑が執行されている

・小資(プチブルジョワ

外資系企業などで働く高給取りなどの呼び名。彼らは経済力と一定の学力を持ち、人間的にも品位が求められる。単なる成金では小資とは呼ばれない。高級消費財の消費の担い手が小資である

・美女経済

女性の容貌や身体、性的な特徴をアピールすることにより消費を刺激し、経済的な利益を追求すること。広告、ショー、コンテストなど経済活力を与えると評価される一方、女性団体などが強く批判

・形象大使(イメージ・キャラクター)

企業のイメージアップを狙って宣伝ポスターに登場し販売キャンペーンなどで活躍する人。以前は形象代言人と呼ばれていた。上海万博の形象大使には応募が殺到

・一村一品

1979年大分県で平松知事の提唱で始まったこの運動が、世界各地で受け入れられ、中国では国際セミナーも開かれるほどに。一廠一品、一街一品、一区一景、一村一宝、一鎮一品などの運動も展開されている

・品牌戦略(ブランド戦略)

輸出品のブランド化を進めること。急速な伸びを示す輸出だが、その9割を占める工業製品のほとんどは加工貿易によるもの。国家認定ブランドの登録申請企業も増えているが、インパクトのあるブランドは育っていない

・中国加一(中国プラス1)

日本企業が投資リスクを分散するために、中国だけでなく、ベトナム、インド、タイなどの国に投資する戦略のことを中国ではこう言われている

・膩一族(ニート)

2007年付け「中国青年報」によれば、中国のニート人口は1216万人。16~35歳年齢層の約3.2%。日本のニートは総務省発表によれば62万人程度

・金飯碗(公務員など処遇の良い仕事

2008年の国家公務員採用試験は14000人の採用枠に80万人が殺到。平均倍率57倍に。長い間給与が低く人気職種でなかった公務員の人気が高まったのは、何度も給与見直しが行われたことと身分の安定が要因

・証奴(資格奴隷

2007年に大学などの高等教育機関を卒業した495万人のうち、就職できたのは351万人で、29%の学生が仕事に就けなった。そのため、学生はよりよい就職のチャンスをつかむため、各種資格取得にお金と時間をつぎ込んで忙しく走り回っている

・非常村上(すっごく村上)

村上春樹作品の熱烈なファンのこと。外国人作家で一番有名。外国文学作品で一番読まれているのが「ノルウェイの森」。主な読者は、高校生、大学生、小資(プチブル)たち。



日本に比べて遅れているところ、ほとんど変わらないところが混在し、それらを面白く読むことができました。

中国と関係のある人は、この本を読んでいれば、一般常識として、役立つのではないでしょうか
[ 2010/02/22 07:14 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)

『定本-華僑商法100カ条』白神義夫

定本 華僑商法100カ条定本 華僑商法100カ条
(1993/12)
白神 義夫

商品詳細を見る

私の従兄は、華僑の料理長の長女と結婚しています。昨年、祖母の葬式で、久しぶりに会いましたが、愛想よく、手際よく、人と接するのを見て、改めて感心しました。そんな関係もあり、前々から、華僑には関心を持っています。

この本は、華僑の性格、歴史など、華僑のことが詳しく真面目に書かれており、華僑を勉強する意味で役に立ちます。もちろん、商売や金儲けの華僑商法を勉強する上でも大いに役に立ちます。

日本という島国でする商売と、海外に出て行う商売では、スケールが根本的に違います。この本には、どこでも成功する商売の秘訣が満載です。

参考になった箇所が30ありました。「本の一部」ですが、紹介したいと思います。



白手起家(徒手空拳、無一文で家を興す)は、華僑としては、ごくありふれた人生コースの一つ

・日本にはおよそ8万人の華僑がおり、東京をトップに、兵庫、大阪、神奈川、福岡、京都、愛知、長崎、千葉、埼玉の順。華僑の華は中華の華。僑は僑居または僑居民の僑で、旅住まい、あるいは仮住まいのこと

・華僑は、いちいちムリに専業を決めない。「なんでも屋」から出発する。しかし、商売を決めたら、休まない。なまけない。商道に徹し、雑音に耳を貸さない。買うときは叩けるだけ叩き、売るときはできるだけ負けない。薄利多売で高回転をはかる

・華僑は無手勝流で生きていくよりほかはなかった。カッコ悪い商売でもやるしかなかった。ムダづかいする華僑はいない。浪費する人は信用がなくなる

・華僑は、三代までは親戚と見ている。同姓同郷出身なら他人とは見なさない。親しい同士の金の貸借には証文も保証人も不要。無尽講では、担保、印も不要。この会では、後継者を一人前にして、仲間として戦力にするのが狙い

・華僑は現実的で、フィクションを認めない。それに欲望を肯定するし、禁欲的ではない。お金を儲け、人生を楽しもうとする心掛けを隠そうとしない。親も子を冷静に評価している。買いかぶりも、猫かわいがりもしない。なにより自立を求める

・子供に必要以上の金を与えないし、金を貸せば、利子をとる。こうして華僑は子供のときから、金の貸し借りには利子がつきものであるという、経済の根本原理を、身をもって学ぶ

・華僑は貯金高などの財産をけっして他人に吹聴したりはしない。黙々と資金を太らせて準備し、次の事業を興す。その実行によって万人に証明してみせる

・東南アジアの華僑の店には、商いに関する格言や諺がよく貼られている
福随天運環転 財遂春風次第来」(福運の来るのをじっと待つ心構え)
生意好旺」(商売繁盛)
貸如輪転」(商品の回転を早く)
開源節流」(儲けても使わぬこと)

・節約は富者への最短距離で、あいつはケチだと言われだしたら、金持ちへの切符を配給されたと考え、喜んでいい

・酒と朝寝は貧乏の近道。酒が作った友は、その酒のように一夜限り

・「工字無出頭」(人に使われて肉体労働をしているようでは頭をもたげる機会はないという訓え)どんなエリートコースを歩んでいようと、金儲けに関する限り、商売に絶対にかなわない。華僑は人に使われるのを嫌い、独立しようとする。独立できなければ華僑ではない

・中国には昔から「開門八件事」といって、米、油、塩、味噌、酢、茶、薪、葱の八つの日常生活必需品を扱う商売が、利潤は少なく体を動かすことは多くても、一番手っ取り早く間違いのないものとされる

・華僑には「三代平均説」があって、初代、二代、三代目と総合して平均すれば、どこの家でもずっといい家はなく、また極端に悪いということもないという。この人生観に徹すると、目先のことにクヨクヨすることはなく、気長に時を待てる

・カッコ悪いものから出発して、それを克服し、モノになった人間は、他人に対しても同情心を持ち、また滅多なことで転落しない。底力がついているから、本物になる

・ひとつの商売には必ず「ひけ時」というのがある。チャンスを見て、他職種に転換するというのは、華僑の平均的パターン。そのカンのよさと度胸のよさは本能的。史記の「成功の下に久しく処るべからず」を実践

・目的達成までは「勤労」と「節約貯蓄」。自分の欲を殺す。華僑は「先苦後甘」という言葉が好き

・「先に発すれば人を制し、後に発すれば人に制せられる」をたえず念頭においているのが華僑

・「好んで面前にて人を賞むる者は、また好んでかげにて人をそしる」ことも「君子は虎を畏れずひとり讒夫(ありもしない悪口を言う人間)の口を畏る」ことも知っている

・金や商売の上では、「唾面自乾」(唾をかけられたら、乾くまで待て)も辞さない華僑だが、商売を離れての対人関係に関する限り、他人からの侮辱にはこのうえなく敏感

・「五師」といって医師、教師、弁護士、会計士、建築士への道は、頭と学さえあれば進める道であり、華僑の居住国ではリッチマンへのパスポート。だが、全部の子供を五師の道へ向かわせることはせず、意識的に多岐多様に進ませる

・小学校から大学まであるトコロテン式の学校は「これでは温室育ちか、単純でかたまった社会にしか適応しなくなる」とするのが華僑の考え方

・華僑には、現世主義の世俗と功利を追求する精神が強い反面、「没法子」(仕方ない)「聴天由命(天の運にまかす)の悟りもある

・チャイナタウンで売っている品に一番多く見かける文字が「福」「禄」「寿」である。華僑は、ひたすら自己と家族、一族の紅運を求めてやまない

・「馬には乗ってみよ人には添うてみよ」華僑は人を鑑定するのに、短時間では結論をださない。外見的な条件を判定の材料にしない。できるだけ、自分の手で気長にデータを集める

・華僑は、麻雀道は商道に通じ、商機をつかむ参考になると言う。相手の手の内を読みとり、大勢の状況判断により、何を捨てるか、勝負に出るかどうか、一瞬のうちに断行する。切ったはったの修羅場を人工的につくり出し、そこで理性を鍛えているというわけである

・中国には昔から、男の運不運は夫人によって左右されるという考え方が根強い。中国でモテるのは、ツンとした顔立ちが整った女性より、頭の回転が早く、人をそらさぬ利発な女性。つまり招気(人をひきつける魅力)あふれる女性

・使うべきところではパッと使い、必要のないところでは一銭の金もおしむ。実に合理的である。ハズむか、シメるか、それを決めるのは見栄や外聞ではなく怜悧な計算である

金銭万能を唱えながらも、金銭のむなしさをも熟知しているのが華僑。「富貴には他人集まり、貧銭には親戚も離る」社会への貢献、後世に残る仕事にのみ金銭の価値は生じる

・「家醜不能外揚」(内輪の悪口は外に漏らすな)家庭内や身内、一族ひいては華僑社会の悪口は、たとえ喧嘩をしている相手のことでも、外側(現地人)には漏らさぬというのが彼らの最低のモラル



ためになる内容が詰まっている本でした。簡単に紹介しきれない内容です。

華僑と日本人は違うかもしれませんが、異郷の地で商売を成功させるには、並大抵のことではないと思います。

その逆境を乗り越えるだけの精神、商道は、大いに参考にすべきです。独立して生計を営むことを夢見る方にとっては必携の書ではないでしょうか。
[ 2010/01/04 07:45 ] 華僑の本 | TB(0) | CM(0)