とは学

「・・・とは」の哲学

『ユダヤ人の教養:グローバリズム教育の三千年』大澤武男

ユダヤ人の教養:グローバリズム教育の三千年 (ちくま新書)ユダヤ人の教養:グローバリズム教育の三千年 (ちくま新書)
(2013/08/07)
大澤 武男

商品詳細を見る

本ブログの「ユダヤ本」分類で、ユダヤ人に関する書をとり上げるのは、これで22冊目になります。

本書は、ユダヤ人の教育がテーマです。ユダヤ人がユダヤ人たる原点と言えるべきものが教育です。興味深い点が多々ありました。それらの一部を要約して、紹介させていただきます。



・ユダヤ民族の最も古く、重要で、聖なる史料「旧約聖書」には、子弟の教育の大切さと、人生の命の糧としての知恵と教養が繰り返し、教訓として語られている

・ユダヤ人の自信と伝統を大きく支える特徴は、自己批判精神にすぐれていること。事象や己自身を神の眼で客観的、批判的に考察、反省し、正そうとする態度。このユダヤ教精神こそ、ユダヤ人の学問、学術研究における大きな成果の根源になっている

・優秀な生徒とは、すぐれた質問や疑問を持ち出し、教師を利口にする子供

・ユダヤ人地区(ゲットー)への略奪は、単に借金の証文を奪い取って、焼き捨てたり、質入れ品を取り返すだけでなく、ユダヤ人所有の金品を強奪する機会となった

・放浪のユダヤ人が身につけた生活の知恵は「行商」。店を構えての商売が許されなかったユダヤ人は、質流れ品(衣類、貴金属、鍋釜、工具等)を田舎へ持って行って売りさばき、田舎の産物、穀物、野菜等を仕入れ、都市へ持ち帰り、路上や戸口訪問で売りさばいた

・ユダヤ人は「調達」や「仲介」という仕事に極めて優れ、その能力や条件を備えている

・ユダヤ人特有の、貨幣の改造再鋳造という仕事は、ユダヤ人が率先して携わったのではなく、資金に困った領主からの要望によるもの。その片棒を担がされたのがユダヤ人

・キリスト教会の政治的勝利の下、罪深い流浪の民のレッテルを貼られたユダヤ人は、差別、規制、侮り、隔離、迫害、虐殺、略奪、追放、搾取、罪の捏造に耐えて生きなければならなかった。そのため、処世術、知恵、知識、賢明さ、判断、行動力を常に必要とした

・ユダヤ人は、過去の体験から「物事を抽象化して考察すること」「なぜと問うこと」「じっくり考えること」を学び、聖典を共に読み、「対立見解を議論する」という学習方法を実践し、それらを自分たちの伝統とした

・ユダヤ人の生徒は、男女共に、「学習成績の優秀さ」とは対照的に、評価のところで、「勤勉さ」や「学習態度」は普通。しかも、「生意気」「早熟」と書き込まれた

・ユダヤ人のノーベル賞受賞者数185名(全体の20%)は、日本人の10倍。人口比で見ると、日本人の100倍以上

・「自己実現(個の独立)への努力という態度は、ユダヤ民族がその宿命的な伝統として受け継いだ根本思想である」(アインシュタイン)

・ユダヤ的学習指導方法の特徴の第一は、不動の律法トーラーをそのまま声に出して、復唱、暗唱して完璧に学ぶこと。第二は、伝承のタルムードを学ぶ時は、鵜呑みにすることなく、質問、疑問を提示して、議論を重ね、その時々にふさわしい律法の適用を学ぶこと

・教育とは教師と生徒との対話が前提であり、両者の対話が親密であるほど、理想的な教育がなされる

・日本の子供は、行動が早く、てきぱきと物事を処理する。ユダヤ人の子供は、おっとりしていて行動が遅く、戸惑いがち。なぜなら、日本の子供は、何をどんな手順ですべきかを教えられており、ユダヤ人の子供は自分で考え、行動するように仕向けられているから

・20世紀初め、ユダヤ人が多かったベルリンでは、ユダヤ人の収入は、キリスト教徒市民の5倍だった。また、フランクフルトのユダヤ人の平均納税額は、一般市民の5倍だった

・「学校のないところに住んではいけない」というタルムードの教えを待つまでもなく、ユダヤ市民の高等教育進学率は、キリスト教徒市民の数倍(ベルリンでは8倍)であった

・反ユダヤ主義の根源には、彼らの優れた教育、教養、知恵、学識に先を越されたという、ドイツ人インテリの嫉妬、不愉快があった。その気運がヒトラー・ナチスの狂気を許した

・不安定な移動の民として、農耕生活から締め出されたユダヤ人は、得意とする商取引の中心地である都市の住民となったが、そこでも職人仲間から締め出されたため、知恵と巧妙さを駆使して稼ぐ、金融、両替、商取引を生業とすることになった


ユダヤ人がなぜ勉強をしてきたのか、なぜ最適な教育方法を考えてきたのか、本書を読むと、よくわかります。それは、現代の世界を生き延びる知恵でもあります。

ユダヤ人のような教育を受けた子供は、自立心の強い、打たれ強い人として、多民族の世界を堂々と渡っていけるのではないでしょうか。


[ 2013/11/25 07:00 ] ユダヤ本 | TB(0) | CM(0)

『知られざる技術大国・イスラエルの頭脳』川西剛

知られざる技術大国イスラエルの頭脳知られざる技術大国イスラエルの頭脳
(2000/06)
川西 剛

商品詳細を見る

本書のサブタイトルは「知られざる技術大国」です。イスラエルやユダヤ人に関する本は、金儲け、商売、教育、教訓などが主流ですが、技術の本は少ないように思います。

そこの国民や民族が、どういう技術や産業を得意とするのかで、国民性や民族性が見えてきます。本書によって、ユダヤ人の性質を知ることができたように思います。それらの一部を要約して、紹介させていただきます。



・かつてのイスラエルの主な輸出産業は、ダイヤモンド加工製品とオレンジに代表される農産物だったが、今では、ハイテク関連部門の輸出額が大半を占める

・イスラエルに研究開発拠点を置く米国系企業の幹部たちに話を聞くと、誰もが口を揃えて「技術人材の質の高さに目を見張るものがある」と評する

・「労働者1万人当たりの研究開発従事者数」は、イスラエル、アメリカ、日本、フランス、英国の順。イスラエルは日本の約2倍。「人口1万人当たりの科学技術系大学の卒業者数」は、イスラエル、ドイツ、アメリカ、英国、日本の順。イスラエルは日本の約4倍

・苦難に満ちた歴史的教訓からユダヤ人は「最終的にわが身を守るのは知識であり、教育に対する投資である」「知識こそが何物にも代え難い財産」と深く認識するようになった

・ユダヤ教では、常に「クエスチョン、クエスチョン、クエスチョン」で、「絶対的価値を疑え」と奨励している。それが、ユダヤ人の普通の勉強の仕方

・イスラエルの技術人材の質の高さは、突き詰めて言えば、数学的才能の凄さで、それはそのままイスラエルが得意とするハイテク分野と重なる

・イスラエルの技術人材の質の高さには、三つの大きな要因がある。1.「優れた教育システムの存在」2.「軍と濃密な関係」3.「旧ソ連からの優秀な科学者や技術者の大量移民」

・イスラエルは国民皆兵(男子は18~29歳までの間に36カ月、女子は18~21歳までの間に19~21カ月の兵役に就く)。ただし、全員が戦闘部隊に配属になるわけではない。数学的才能に秀でた者は、情報部門に集められ、高度なシステム開発に携わる

・高校までの成績が特段に優れた人材は「タルピオット」という少数精鋭エリートコースに進むことができる。イスラエルは小国ゆえに、才能は探し出し、国家のために活用する

・「タルピオット」に選ばれた若者は、入隊と同時にヘブライ大学に入学し、3年間で数学と物理学の学位を取得する。同時に軍人としてのハードな肉体的訓練も課され、将校を目指す。知力、体力ともにケタ違いのものが要求され、3分の1程度は脱落する

・イスラエルでは、「軍は最高の教育機関」とか「軍は最高のビジネススクール」と言われる。事実、タルピオットの卒業生から多くの優れたハイテクベンチャー経営者が出ている

・軍との濃密な関係は、除隊後も継続される。イスラエルでは、毎年2~4週間、仕事を休んで予備役として軍のために働かなければならない(男子は54歳、女子は24歳まで)。そのことで、定期的に軍の持つ最先端の装備や情報に直接触れることができる

・イスラエルは「情報通信」「ソフトウエア」「医療機器」「マルチメディア・エレクトロニクス」「農業技術・バイオテクノロジー」「代替エネルギー」において、世界最先端レベル

・イスラエルの建国運動は、ギブツ(集団農場)に始まる。ドイツ・東欧・ロシア系移民がギブツの運営を担ったため、イスラエルは長く社会主義色の濃い政策を続けた。建国後しばらくは、農業こそが国の基礎であり、人も技術もお金も農業分野に投下された

・イスラエルが、最終的に量産志向の産業ではなく、頭脳集約型産業へ針路を定めた背景には、「天然資源がない」「国内市場が小さい」に加え、「水不足」ということも大きかった

・ユダヤの思想では「100%賛成という議論は間違っている」とされる。神ならぬ人間が、みんな同じことを言うのはおかしい、という発想。10の意見を戦わせたら、一つ、また一つ欠点が見えてくる。そうやって、議論を重ねて最善の意見に集約していく

・イスラエルの最大の強みはR&D(研究開発)。独創的技術を開発し、それを何に使い、適用するかを緻密に考えるのが上手。一言で言えば、アイデアとコンセプトに優れている

・ユダヤ人の根底には「誰もやらない、だからやる」という独創的で挑戦的な思想がある。「60・20・20の法則」(利益の60%は人と違うオリジナル製品を作る、20%は安く作る、20 %は人よりうまく売る、ことで得られる)で言えば、イスラエルは60の部分に強い



イスラエルの技術力が高いのは、ユダヤ教的思想、エリート教育、軍との関係に拠るところが大きいように感じました。小国ゆえに、知徳体に突出した人材を、国のために徹底活用させていくシステムも参考になりました。

本書を読むと、国力を高めるには、人材発掘の教育システムとその活用が欠かせないということが、よくわかるのではないでしょうか。


[ 2013/08/19 07:00 ] ユダヤ本 | TB(0) | CM(0)

『ユダヤ人の頭のなか』アンドリュー・J・サター

ユダヤ人の頭のなかユダヤ人の頭のなか
(2004/07/22)
アンドリュー・J・サター

商品詳細を見る

ユダヤ人の思考、発想など、頭の中身を分析した書です。著者は、大学で物理学を専攻した国際弁護士です。日本企業にも関わった経験があります。

ユダヤ人の頭の中も、基本的には日本人と何ら変わりません。ちょっと、勉強すれば、獲得できるものばかりです。それらの一部を要約して、紹介させていただきます。



・ユダヤ人好みの職業は、すべて頭脳労働。その頭脳労働は、間接的に経済や文化、ひいては世界全体に貢献するもの

・権力者や隣人たちといった他人の考えを推し量ることが、ユダヤ人にとって、非常に重要なサバイバル技術になっていった

・サバイバル精神の重要な要素は、「環境変化とともに出現するチャンスを見つけること」「顧客第一主義の精神を持ち、競合に勝つこと」「損切りすること」

・身の丈にあったリスクだけをとること。常に第2のプランを用意すること

損害を与える場合には、一気にやるべき。そうすれば、痛みを味わわせることも反抗されることも少ない。反対に、恩恵を与えてやる場合は、少しずつすべき。そうすれば、恩恵のありがたみが長く存続する

・チャンスをつかんだら、成功のために、権威に挑戦することを覚悟すること

・意見の食い違いは自然なこと。それを個人攻撃と勘違いしてはいけない。賛成できないなら、はっきりと意見を表明し、解決法も表明すること

・地位の高い人間に挑戦するときには、適切な時期はいつなのか、回り道はないのか、「いつ逃げるか」を常に判断しないといけない

・タテマエは、日本社会では「受容される嘘」だが、タテマエは単なる嘘

・イスラエル人は、交渉を個人的なことと受け止めない。交渉を感情とは切り離しつつ、交渉そのものを楽しむことができれば、交渉に成功することができる

・「シカタガナイ」と言ってしまうほうが、ずっと簡単だが、「シカタガナイ」は単なる怠惰

・論理的議論の基盤として、想像力を使って、物事の類似性を見つけること。応用範囲を拡大する意味で、想像力を使って、物事のより深い意味を得ること

・たとえ仕事に関係のない内容でも知的興味を持つこと。そして、その興味をいつか仕事に結びつけるべく、辛抱強く、チャンスを探すこと

・頭のいい子供の6つの特徴とは、言語能力、創造性、分析能力、忍耐力、大志と、そして好奇心。子供たちはこれらの能力を学校で学ぶことはできない

・「頭のいい子を育てる方法」とは、「才能をさらに伸ばすために、時間とお金を投資する」「好きなことのエキスパートになるように励ます」「楽しい議論をぶつける」「疑問に対して、自分で答えを見出させる」「複雑な状況に置き、問題解決させる」「負け方を教える」

・学ぶために、質問をすること。教えるために、話しかけること

・外国語でコミュニケーションすること。コミュニケーションは効果的であるために完璧である必要はない。たとえ、ひどい訛りがあって、間違いだらけであったとしても、外国人は、あなたが彼らの言葉を話そうとすることを高く評価する

・社会的な不公平・不正義に対し抵抗することは、その歴史を聖書時代の預言者にまで遡るユダヤの伝統

・他人があなたと同じように考えるだろうと決めつけてはいけない。他人の観点に立って、物事を見てみること

・他人が何を考えているか、推測すること。そして、他人が欲していることを、口にすること

・ユダヤ人には「マイノリティ意識」がある。日本人も、自らが世界の中では、圧倒的にマイノリティだと気づくべき



日本人も世界の中では、マイノリティ民族です。世界の中で、わかってくれる人たちが少ないということを自覚すべきかもしれません。そこが、出発点です。

マイノリティで、しかも差別を受けてきたユダヤ人には、他民族とコミュニケートしながら、自己主張する術に長けています。そういうユダヤ人を見習うべき点が大いにあるのではないでしょうか。


[ 2013/07/22 07:00 ] ユダヤ本 | TB(0) | CM(0)

『ユダヤ人大投資家の「お金と幸せ」をつかむ正しい方法』ヤコブ・ブラーク

ユダヤ人大投資家の「お金と幸せ」をつかむ正しい方法ユダヤ人大投資家の「お金と幸せ」をつかむ正しい方法
(2010/10/29)
ヤコブ・ブラーク

商品詳細を見る

著者のヤコブ・ブラーク氏は、イスラエルの実業家です。彼が設立したファンドは、イスラエル最大級に成長しているそうです。

本書は、投資の本というよりも、投資や人生で成功を収める雑学が記されている本です。参考になった箇所が多々ありました。それらの一部を要約して紹介させていただきます。



・昇給による幸福感は長続きしない。事実、アメリカ人の購買力は過去30年間で2倍以上に増えたのに、満足度に変化はない。悲しいことに、犯罪率、離婚率、アルコール依存症の発症率は、平均収入の上昇に正比例して増大している

・日々の暮らしの質を高めるためには、少額ずつのお金を使うこと。何であれ、多額の出費は避けること。それによる満足感がどんなに大きくても、決して長続きしない

・より多くの物を買うためではなく、自分が働く時間を減らすためにお金を使うこと。そして、社交のための時間をつくること

・私たちが自分と比べているのは、わずか150人ほどの人々にすぎない。150人は、私たちが、感情および頭脳で結びつきを持てる人数の限界

・オリンピックのメダリストが、20年たったとき、銅メダリストは銀メダリストより幸せだった。銀メダリストは、自分がなれたかもしれない金メダリストと自分を比較していたのに対し、銅メダリストは、全くメダルをとれなかった選手たちと自分を比較していた

・成功した企業家は、若いころの傷をビジネスの成功で癒そうとしていた。成功が自分の心の痛みを和らげてくれると無意識に信じている

・選択肢にランク付けをすると、情報の共有が促進される

・成功がすべてという世界で謙虚さを保つには、とてつもなく強固な精神力が必要

長子は現状を維持するのが最も快適だと感じ、組織の枠組みの中で最もよい働きをする。末子は対人関係のスキルが高いため、圧倒的にサービス関係の職業に従事する傾向が強い

・信用の高さは、対人信頼レベルが高い国々では報われる(信用の高い市民と実業家がより多く存在しているから)。しかし、対人信頼レベルが低い国々では報われることはない

・他人の成功は、嫉妬や敵意さえ呼び起こす。進化の観点から言うと、この二つの感情には、「人をより熱心に働かせ、生産性を向上させる」という極めて重要な目的がある

過度の情報は、それが大きな変動の時期に関連しているときには、有害なものとなる

・人間は低い確率を過大評価し、高い確率を過小評価しがち。保険契約者は、わずかな可能性に備えて、それに見合わない金額で、心の平穏を買う。女性は特にその傾向が強い

・私たちの脳は、最も近い過去に目にした数を、何かにつながりがあるかのように考えてしまう(高すぎる低すぎるにつかまってしまう)

・比較的成長率の低い市場が最も高い利回りを生む。その原因は、成長市場の投資家が、成長の見込みがすでに価格に折り込まれている株に割高な支払をしてしまっているから

・投資の世界では、行動を起こそうとする傾向が有害な結果をもたらす。「男たちのあらゆる苦難は、静かな部屋にひとりで座っていられないことから始まる」(哲学者パスカル)

・人間にとって、後悔は損失よりもはるかにつらい。事前に予想できたはずと思うと、その失敗はとりわけつらくなる。金銭的損失は、後悔の恐れに対して支払われる代償

・株式市場では、長期投資が成果をあげるという結論が出ているにもかかわらず、ニューヨーク証券取引所で株式が保持される平均期間は9カ月以下に落ちている。理由の一つは、情報の手に入れやすさであり、そのせいで投資家は自信過剰になって頻繁に動きすぎる

・人は、自分の意見を71%も信じて、アドバイザーやコンサルタントの意見は29%しか信じない。これを五分五分にできれば、意思決定能力は向上する

資産配分がファンドの運用成績の80%を決定しており、銘柄の選定や売買のタイミングはさほど重要ではない

・経済的格差の拡大した集団では、平均値に欠陥があり、中央値が重要になっている



著者は、動かないで我慢し続けること、情報よりも感情のコントロール(浮かれない、冷静になる)の方が重要であると述べられています。

投資の本というよりも、心を鍛練する本といったほうがいいかもしれません。つまり、投資も人間力も同じで、むしろ人間力が投資に勝つポイントであるということではないでしょうか。


[ 2013/04/09 07:03 ] ユダヤ本 | TB(0) | CM(0)

『ユダヤ商法』マーヴィン・トケイヤー

ユダヤ商法ユダヤ商法
(2000/09)
マーヴィン・トケイヤー

商品詳細を見る

本書は、ユダヤ商人が5000年の歴史の中で培ってきた力と知恵を「ユダヤ商人の十戒」という形でまとめています。

1.「正直であれ」2.「好機をとらえろ」3.「生涯にわたって学べ」4.「時間を貴べ」5.「笑え」6.「使命感をもて」7.「過去から学べ」8.「話す倍聞け」9.「弱者に施せ」10.「家族を大切にせよ」と、どれも参考になる項目だらけです。

これらの中で、特に参考になった箇所を、要約して、紹介させていただきます。



・ユダヤ人は聖典「タルムード」を1日1回はひもとく。タルムードは全部で20巻(12000ページ、1日1ページ読んでも33年かかる)。法、歴史、人物が語られ、人生の意義、人間の威厳、幸福、愛とは何かが語られ、ユダヤ人の知的財産精神的涵養が凝縮されている

・「自分の頭で伝統の意味を考えない者は、他人に手を引かれた盲人に等しい」

・人間を欺くことができても、神を欺くことはできない。法律に違反する商取引は、神に背くことと同意。ユダヤ商人の「正直」とは、必ず神との関係において問われる

・正しく行われた商売は徳の高い行い。得られた富を、同胞の貧しいユダヤ人に分配した

・ユダヤ人にとって、金は道具。道具に支配される者はいない。だから、道具である金は、たくさんもっていたほうがいい

・ユダヤ人に「清貧」の概念は存在しない。貧しさは、自慢できることではなく、むしろ、人間の幸福にとって大敵であり、恥ずかしいこと

・「金は要塞であり、貧苦は廃墟である」「金は肥料のようなもの。使わずに積み上げておくと臭い」と、金は必要だが、人生の落とし穴になることを警告する

・商人は、「誇大宣伝」「値をつりあげるための貯蔵」「計量のごまかし」をしてはならない

・ユダヤ商法とは「理詰めの商法」。ユダヤ商人は、さまざまな悪条件を合理化し、改善し、新たな手法を生み出すことによって、解決してきた

・ユダヤ人は「子供」と「本」を大事にしてきた。「生活が貧しくて、物を売らならば、まず金、宝石、家、土地を売りなさい。最後まで売っていけないのは本」という諺もある

ユダヤ人の教育の成功の秘訣は5つ。1.「個人を重視する」2.「得意分野で優越する」3.「全人格を向上させる」4.「創造力を養う」5.「生涯を通じて学ぶ」

・イマジネーションを作動するのは、「自己あるいは他人との対話」「読書」「執筆」の三つ

・「他の人より優れている人は、本当に優れてはいない。以前の自分より優れている人は、本当に優れている」

・「人間はしばしば手を抜くことによって、かえって大きなものをつくり出す」

・創造的な行為は、ユーモアやジョークと全く同じように、意外性という力によって支えられている。常識的な枠に、とらわれてはいけない

・「神の前では、泣け。人の前では、笑え」

・笑いは「許す」という機能を持っている。あらゆることについて笑える人間は寛容である。人間は厳しさの中にも笑いを忘れてはならない

・「理想を持っている者は、失敗してもくじけない。それは、理想が損なわれたわけではないから。実利を求める者は、失敗したら、立ち直れない。それは、実利が失われるから」

・ユダヤ商人には、過去に失敗した契約書を教訓として、額に入れて飾っている者がいる

・ユダヤ民族は、人の五感の中で、「音」が最も精神性が高いとみなしてきた「聞く民族

・「よい意見には人格はない」。アイデアを出した人間の評価をしてはならない

・「自分の悪事を隠すのと同じくらいに、自分の長所や功績を隠すように努めなさい」

・「人は、その知恵によって敬われ、親切さによって愛される」

・「人間を計るのに四つの尺度がある。それは、金、酒、女、時間に対する態度」



この本に出てくる格言、箴言の多くは、タルムードからの出典です。タルムードは論争集で、読む者が考え、自分で判断するものです。

自分の頭で考え、判断することが何よりも重要ということではないでしょうか。



[ 2012/10/23 07:00 ] ユダヤ本 | TB(0) | CM(0)

『新ユダヤ成功の哲学―なぜ彼らは世界の富を動かせるのか』越智道雄

新ユダヤ成功の哲学―なぜ彼らは世界の富を動かせるのか新ユダヤ成功の哲学―なぜ彼らは世界の富を動かせるのか
(2007/01)
越智 道雄

商品詳細を見る

明治大学教授である著者が、なぜユダヤ人は、世界の富を動かすようになったのかを30の成功遺伝子と12の統計を使い、科学的、論理的に解明しようとする書です。

ユダヤ人の文化や思想をヒントにした「成功遺伝子」には、学ぶべき点が数多くあります。「本の一部」ですが、紹介させていただきます。



・成功の前提は、「絶望にめげてしまわないこと」。めげてしまわないためには、「負けるが勝ち」という倒錯の達人になればいい。それこそが、シュレミール(道化気質)の真骨頂

・現世の実存的時間を生きるにあたって、「Here & Now」(今、ここで)どう行動するかが常に問われ、それがユダヤ教徒に現世利益の傾向を高めた

・カトリックは、動植物や土地の産出力をよしとみなし、金銭は不毛と断じ、金利という金銭の産出力を否定した。ユダヤ教徒は、金銭という非自然物・非人間の産出力を信じた。土地所有を禁じられた彼らは、金銭の産出力を信じなければ、生業が成り立たなかった

・競争が大前提のユダヤ文化では、自分は競争の圏外に「脱出」し、競争するあまり、提携しにくい同胞たちに気軽に声をかけ、彼らを一堂に会わせる「マスタリング(駆り集め)」の能力がある

・「隙間産業」の最大の利点は、先代の蓄積ぬきで、いきなり巨富をつかめる点。これこそが、ユダヤ文化の成功遺伝子が、たゆみなく活性化し続ける秘訣であり、いつまでも「隙間」にとどまる原因でもある

・ユダヤ系は昔から国内で差別されるから「隙間」を見出すしかなかったわけだが、海外もまた一つの隙間だった。海外へ出ていった同胞につながればよかった

在米ユダヤ系は、ヨーロッパ~イスラエル~アメリカの「三角還流」のアメリカ人だからこそ、ユダヤ系が薬味として活き、イスラエルの存在が、薬味をさらに強化した。華僑や印僑に比べ、エスニック度を高めつつ、トランスナショナル度を高めてきた

WASP(アメリカ建国の主役だったプロテスタントとポーランド系・アイルランド系のカトリックの子孫)は競争を強く奨励した。しかし、それを剥き出しにするな、チームワーク重視の仮面をかぶれ、という偽善を建前にした

・日本人はいったん「島国」の外へ出てしまった同胞は、もはやただの無縁な「ガイジン」にすぎないとする不思議な「不感症」を国民病としてきた。これほどもったいないことはない

・激しい差別に直面し続けてきたユダヤ系の親にとっては、子供だけが希望の星だった。その希望の星を彼らはナーチャス(子供から得られる喜び)と呼んだ

・ユダヤ系の子育て七原則では、父親や他の大人に対しては、敬意を表すように躾けられるものの、母親には甘え放題に育てる。これは、被差別の衝撃を母親にぶつけることで、代理吸収してもらい、心身を立て直す心的操作

・仲間集団は往々にして「強い自我と自尊心」を目減りさせ、個人のユニークさを消耗させ、自分たちと同じレベルの「凡人」に還元しないと気がすまない

・チームワーク重視の文化だと、ユダヤ系の得意とする専門職分野進出の決め手となる読書、孤独の中でしか鍛えられない能力の開発が疎かになってしまう

・ユダヤ系の父親は、子供に家計簿を見せて、アメリカで実人生を生きていく、どうにもならない制限枠を明示する。玩具の取得(成人後の玩具は、車、住宅、衣類、外食、行楽などを指す)を先に延ばすテクニック、つまり「欲望充足の無限延期」こそ、成功の秘訣

・米国におけるユダヤ系が好む車種は「手頃な価格の車」で、高級車を避ける。彼らが好むのは日本車。彼らは、ローン金利を忌避し、キャッシュで購入する者が大半

・状況を見通す立場にいなければ不安なユダヤ系は、他人がコントロールしている組織に身を預けることに、ひときわ警戒心をかき立てられる。終身雇用制に安住してきた日本人とは、まるで違うメンタリティ

・ヨーロッパでは、土地所有を禁じられてきたユダヤ系は、逆に土地への愛着を切り捨て、土地を投機対象に還元できた。世界の金持ち400人の23%がユダヤ系で、そのうち20%が不動産業。すべてを借金でカバーし、徒手空拳でやれる「隙間産業」の最たるもの

・ユダヤ系は「人生の一回性」を固く信じているので、各自が一世代で財をなすのが基本



ユダヤ人は、その厳しい環境(被差別と居住場所と仕事の制約)を逆手にとり、それにも負けずに、生き抜いていくための知恵で、成功しました。

本書には、ユダヤ人が得意とする、専門職で自立していくためのノウハウや隙間産業を起業して生きていくノウハウがいっぱい掲載されています。専門職や起業家を目指す方に、読んでもらいたい一冊です。


[ 2012/08/06 07:01 ] ユダヤ本 | TB(0) | CM(0)