とは考

「・・・とは」「・・・人とは」を思索

和とは

1.和とは、
「勝って、つくるもの」です。勝たないと、和はつくれないものです

2.和とは、
「儲かったら強まるもの」です。損する組織に、和は生まれないものです

3.和とは、
「小さく閉じた中でのルール」です。大きく開いた世界では成り立たたないルールです

4.和とは、
「同調圧力を強めてくるもの」です。個性的な人たちは、居づらいので、逃げていくものです

流行とは

1.流行とは、
「飛びつくものではないけれど、無視してはいけないもの」です

2.流行とは、
「追いかけるものではないけれど、遅れてはいけないもの」です

3.流行とは、
「乗り急いではいけないし、乗り遅れてもいけないもの」です。もし、乗り遅れてしまったら乗るのをあきらめるものです

4.流行とは、
「お金のかからないものにだけ、乗ればいいもの」です。お金のかかる流行は、誰かがしかけたものなので、乗らないほうがいいものです

5.流行とは、
「若い人が察して、マスコミが騒いで、企業が動いて、起きるもの」です

6.流行とは、
「その上っ面だけを追いかける人たちによって広まっていくもの」です

7.流行とは、
「大衆の優越感をくすぐり、劣等感を煽ることで、拡がっていくもの」です

8.流行とは、
「それにお墨付きを与える人がいないと、広まらないもの」です

9.流行とは、
「少し仕入れて売れ行きを見る『チョロ』期、売れ始めて大量に売る『ドカーン』期、他が売り始めたら売り切る『サー』期があるもの」です

理想とは

1.理想とは、
「権力を手に入れないと、実現できないもの」です。だから、権力は取りにいこうとしない人の理想など聞いていても無駄なだけです

2.理想とは、
「みんなにいい思いをさせるもの」です。真実とは、みんなを意気消沈させるものです。理想だけ語って、真実を同時に語らない人は卑怯者です

3.理想とは、
「現実の世界から微量に採取されたもの」です。貴重なだけに、みんなの心が躍るものです

4.理想とは、
「現実の中で見つかるもの」です。「空想の中からは見つからないもの」です

5.理想とは、
「追い求めすぎると、周りから人が離れてしまい、『空想』になってしまうもの」です

6.理想とは、
「現実と大きな隔たりがあるもの」です。だから、現実を見ないで、理想のあるべき姿ばかり主張する人は、やがて消えていく運命にあるものです

利己主義者とは

1.利己主義者とは、
「自分のことは自分でするが、他人のことまで自分はしないという考え方の人」です

2.利己主義者とは、
「生命力と子孫繁栄力に優れた人」です。利己主義者がいなければ、人類の進化はなかったのです

3.利己主義者とは、
「『うぬぼれの』発言、『人を小馬鹿にした』態度、『先入観や自分の体験だけで決める』姿勢で、分かるもの」です

4.利己主義者とは、
「敵だけでなく、味方の人間にも、危害を及ぼすかもしれない人」です

5.利己主義者とは、
「一人が好きな人」です。そして、「他人の前では仮面をかぶる人」です

6.利己主義者とは、
「合理的に判断できる人」です。利他主義者とは、美辞麗句を操り、他人の合理的判断を狂わせる人です

7.利己主義者とは、
「利他主義の顔を持ちたい人」です。利他主義者とは、「利己主義の本心を隠したい人」です

8.利己主義者とは、
「人助けをしているように見られたい人」です。つまり、利他主義者になりたいけど、なれない人です

礼儀とは

1.礼儀とは、
「心の内と手の内を見せない術」です

2.礼儀とは、
「将来敵になるかもしれない相手にこそ、大事なもの」です

3.礼儀とは、
「利己主義者が、自分を隠すために必要なもの」です

4.礼儀とは、
「付き合って得になる人には、怠ってはいけないもの」です。「付き合って何の得にもならない人には、怠ってもいいもの」です

5.礼儀とは、
「足を引っ張られないようにするには、目下の親しくない人にも怠ってはいけないもの」です

わがままな人とは

1.わがままな人とは、
「他人の空間に不法侵入し、他人の時間を窃盗する犯罪者のような人」です

2.わがままな人とは、
「自慢のものを見せびらかし、自分と同じことを他人にすすめてくる人」です

3.わがままな人とは、
「自分がいいから他人もいいだろうと考える人」です。個人主義者とは、「他人なんてどうでもいいと考える人」です

4.わがままな人とは、
「自分をわがままだと思っていない人」です。やっかいな人です

5.わがままな人とは、
「子供がそのまま大人になったような人」です。そういう人ほど、権力を手に入れようとするものです。そして、長生きするものです

6.わがままな人とは、
「他人のわがままにはうるさい人」です。困ったものです

7.わがままな人とは、
「他人に笑われたら、ものすごく怒る人」です。うっとおしい奴です

8.わがままな人とは、
「豪快に見えても、実は、人の噂を気にする小心者」です

笑いとは

1.笑いとは、
「恥ずかしかったことを、恥ずかしがらずにしゃべると、とれるもの」です

2.笑いとは、
「自分の弱さをさらけ出し、相手に優越感を与えたなら、簡単にとれるもの」です

3.笑いとは、
「自分に降りかかる不幸が、絶好のネタになるもの」です。不幸をおいしく思えたら一人前です

4.笑いとは、
「『笑わす』には腕がいるけど、『笑われる』には弱点・欠点・失敗談をさらけ出すだけで、とれるもの」です

5.笑いとは、
「オーバーなリアクションやおどけたふりをするだけで、簡単にとれるもの」です

6.笑いとは、
「警戒心と嫉妬心を解くために必要なもの」です。笑わしてくれる人は、しっぽをふってくる犬とよく似て、カワイイものです

7.笑いとは、
「ホンネを悟らせないために使うもの」です。笑いで、たいていは誤魔化せるものです

8.笑いとは、
「人間関係の潤滑油」です。もし、笑わすことも、、笑われることも苦手だったら、笑顔をふるまえばいいのです

歴史とは

1.歴史とは、
「後の世代が、判断ミスを犯さないように、うそ偽りなく伝え記すもの」です

2.歴史とは、
「普遍のこと、不変のものを知るためにあるもの」です。それらは判断の基準になるものです

3.歴史とは、
「自分の考えに確信を持つために学ぶもの」です。歴史を学べば、自信がつくものです

4.歴史とは、
「人間の本質について学べるもの」です。人間の本質は有史以来、何も変わっていないものです

5.歴史とは、
「そこに登場してくる人たちの性格や心の動きを想像して、愉しむもの」です

6.歴史とは、
「失敗した人たちにスポットを当てて学ぶと、役に立つもの」です。失敗した人たちには共通項があるからです

7.歴史とは、
「本モノと偽モノを見極めるのに、役に立つもの」です

8.歴史とは、
「流れで学ぶもの」です。流れを知れば、未来が見えてくるものです

9.歴史とは、
「新技術によって、書き換えられるもの」です。新技術をいち早くものにした人が、その時代を制するのです

旅行とは

1.旅行とは、
「数日間の『出家』のようなもの」です。趣味とは、「数時間の『出家』のようなもの」です

2.旅行とは、
「買いたいものがなくなったときの、次の大きな贅沢品」です

3.旅行とは、
「冒険心と好奇心のある人がするもの」です。守りに入った人は、旅行はあまりしないものです

4.旅行とは、
「話すネタをたくさんつくってくれるもの」です。それで、会話が弾むものです

理性とは

1.理性とは、
「野性を飼い馴らすためのもの」です。野性を否定するためのものではないのです

2.理性とは、
「『肌に合わない』『虫の好かない』『違和感を覚える』といった気分を分析するために使うもの」です

3.理性とは、
「感情を文章で表現するときに必要なもの」です

4.理性とは、
「消費の額と量を減らすもの」です。倹約は、理性の乏しい人には難しいものです

冷静な人とは

1.冷静な人とは、
「今の自分の気持ちを、実況中継できる人」です

2.冷静な人とは、
「偏見を、心の中から排除できている人」です

3.冷静な人とは、
「災難が降りかかってきても、ピクリとも動かない人」です

4.冷静な人とは、
「万物は変化するものと思っている人」です。だから、変化の兆しを見つけるのも早いものです

若さとは

1.若さとは、
「『勢い』と『力』のこと」です。老いとは、「『冷静さ』と『知恵』のこと」です

2.若さとは、
「無茶、無謀ができるということ」です。思慮深さに欠けていても、なんとかなるものです

3.若さとは、
「気にしないで、信じた道を突っ走ることができるということ」です

4.若さとは、
「『何で?』『どうして?』と、きいてくること」です。好奇心が若さの象徴です

5.若さとは、
「生殖能力が衰えていないということ」です。つまり、エネルギッシュだということです

リスクとは

1.リスクとは、
「安心、安定、安全の中にあるもの」です

2.リスクとは、
「最悪のときに、休むこと、隠れること、止まることで避けられるもの」です

3.リスクとは、
「予測するだけではなく、前もって準備しておくもの」です

4.リスクとは、
「ゼロにするには、多額のカネが要るもの」です。しかし、「少なくするには、そんなにカネは要らないもの」です

若者とは

1.若者とは、
「希望を語らないといけないもの」です。老人とは、「感謝を語らないといけないもの」です

2.若者とは、
「夢で動くもの」です。中高年とは、「お金で動くもの」です。バカな奴とは、「好き嫌いで動くもの」です

3.若者とは、
「謙虚になると、才能を発揮できなくなるもの」です。若者の自惚れを大目に見ない社会には未来がないものです

4.若者とは、
「大きな『夢』のせいで、『自己主張』して、『自己満足』に耽ってしまうもの」です。夢もほどほどがいいものです

5.若者とは、
「能力を認めてほしい人たち」です。ベテランとは、「人間性を認めてほしい人たち」です

6.若者とは、
「活力を武器にして、仕事をするもの」です。ベテランとは、「名前を武器にして、仕事をするもの」です

7.若者とは、
「『つくる』のが好きな人たち」です。老人とは、「『選ぶ』のが好きな人たち」です

労働とは

1.労働とは、
「お金を稼ぐことが目的のもの」です。それなのに、お金以外の価値を見出したくなるものです。気をつけるべきです

2.労働とは、
「味気ないもの」です。そのため、少しでも社会に役に立ちたいなどと、余計なことを考えてしまうものです

3.労働とは、
「自分の欲のために我慢してするもの」です。それを、人のためと言っているだけです

4.労働とは、
「生活のためにするもの」です。「生活を壊してまで、してはいけないもの」です

5.労働とは、
「客の欲するものを言われるままにつくり、それを頭を下げて売る行為」です

6.労働とは、
「安定雇用の『「安心型』、やりがいの『生きがい型』、高給与の『お金型』、肩書の『名誉型』、時短の『ゆとり型』のいずれかを選べばいいもの」です

7.労働とは、
「太く短く生きる(早期リタイア)か、細く長く生きる(長期勤続)かのどちらかを選ばないといけないもの」です

8.労働とは、
「その意義がわからなくなったなら、早く終わらせることを考えればいいもの」です

9.労働とは、
「生産性が高まることで減っていくもの」です。起業が増えないと、失業する人が増えてていくものです

リストラとは

1.リストラとは、
「されたら困る人にはしにくいもの」です。されても困らないといった素振りや発言は日頃から慎んでおくべきです

2.リストラとは、
「会社の言いなりになっている人がされるもの」です。つまり、会社の下請けになっている人です

3.リストラとは、
「自分がいなくなったら、組織を回らなくしている人は免れるもの」です

4.リストラとは、
「社員の見切りと追い出し」です。不良在庫を処分して、売れる見込みのある商品を新たに仕入れたいのと同じことです

労働者とは

1.労働者とは、
「自分の所有時間を会社に切り売っている人たち」です。安売りしてはいけないものです

2.労働者とは、
「資本家のために、一生働き続けないといけない人たち」です。つらい人たちです

3.労働者とは、
「経営者、株主、地主、銀行家、官僚に、生かさぬよう殺さぬようにされている人たち」です

4.労働者とは、
「働いて稼ぐ人」です。会社とは、「労働者を働かせて収益を得るもの」です。官僚とは、「労働者と会社から、その稼ぎと収益をもらう人」です

リピーターとは

1.リピーターとは、
「『ありがとう』と言ってくれる客のこと」です。もらったお金以上のものを提供できていると、客からの『ありがとう』は増えるものです

2.リピーターとは、
「質と値とサービスを総合評価してくれている客のこと」です

3.リピーターとは、
「『名物品の強さ』『競合品の安さ』『季節に合わせた人気の催し』で増えていくもの」です

4.リピーターとは、
「経営を安定させてくれて、さらに広告費も下げてくれる人」です

利益とは

1.利益とは、
「人が集まっているところに生まれるもの」です。人がたくさん集まっているところを見るのが、すべての商売の原点です

2.利益とは、
「集客部門と安定部門がもたらしてくれるもの」です。『集客なくして利益なし』『安定なくして未来なし』、適正利益を守ることが商売繁盛の秘訣です

3.利益とは、
「『何円で何個売れて、いくら儲かったか」』というもの」です。『利益率何%』というのとは違うものです

4.利益とは、
「売上を上げるより、経費を削減したほうが、簡単に上がるもの」です。ただし、その利益は長続きしないものです

5.利益とは、
「競争相手との差によって生じるもの」です。競争相手を上回れば黒字、下回れば赤字です

6.利益とは、
「自分の考えをしっかり持ち、他人をその考えに合わせることができれば、得られるもの」です

7.利益とは、
「人に優越感を与えたご褒美として、もらえるもの」です

浪費家とは

1.浪費家とは、
「倹約家に一生こき使われる人たち」です。しかも、倹約家に自由まで与えてしまう人たちです

2.浪費家とは、
「お金を使うことしか知らない人たち」です。倹約家は、お金の本当の価値を知っているので、始末するものです

3.浪費家とは、
「欲望の封印を解いてしまった人」です。倹約家とは、「欲望に封印をしている人」です

4.浪費家とは、
「流行のもの、みんなが持っているものを、すぐに欲しがる人たち」です

5.浪費家とは、
「壊れる前に高額なものを買い換える人たち」です。車や服はもったいないものの代表です

悪口とは

1.悪口とは、
「相手を妬むがゆえに、思わず口にしてしまったもの」です。悪口を言った時点で、相手に負けたことになるのです

2.悪口とは、
「嫉妬心が原因のもの」です。まるで自分の卑しさを言いふらしているようなものです。恥ずかしいことです

3.悪口とは、
「人生の目標を失った人の戯言」です。愚痴とは、「人生の目標を失いつつある人の戯言」です

4.悪口とは、
「自分にとって都合の悪いことを口走っているだけのもの」です

5.悪口とは、
「自分のほうが偉いと言ってるようなもの」です。相手のほうが偉いと言って、お金をもらうものが商売です。悪口は貧乏の始まりです

6.悪口とは、
「口にした途端、相手に弱みを握られることになるもの」です

7.悪口とは、
「人づてに聞かされると腹が立つもの」です。ほめ言葉とは、「人づてに聞かされるとうれしいもの」です

8.悪口とは、
「外に向けて発したとき、仲間内の結束を高めるもの」です

9.悪口とは、
「収入や出世に影響が出ないならば、言えばいいもの」です

10.悪口とは、
「みんなの前で言う人は、陰では言わないもの」です。「みんなの前で言わない人は、陰で言うもの」です

11.悪口とは、
「裏表のない人が、言うもの」です。悪口を言う人は、案外いい人です

12.悪口とは、
「みんなの前で、笑いに包んで、こっそり言えばいいもの」です

13.悪口とは、
「愛情がこもっていれば、最高のほめ言葉になるもの」です

老後とは

1.老後とは、
「頭のいい人と悪い人の『頭脳格差』がますます拡大していく時期」です

2.老後とは、
「『お金』と『教養』を用意しておかないと、つまらなくなるもの」です

3.老後とは、
「『好奇心を保ち』『孤独に耐え』『書に親しみ』『趣味を持ち』『質素に暮らす』ことで、満喫できるもの」です

4.老後とは、
「経済主義と利己主義からやっと離れられる時期」です。つまり、新たな人生をスタートできる時期です

5.老後とは、
「『偉そうにし』『不安になって』『義理を大切にする』ことで、つまらなくなるもの」です

6.老後とは、
「余計なものを削りとる時期」です。それが許される時期です

7.老後とは、
「自己を完成させていく時期」です。だから、老後には、読書が欠かせないものです

8.老後とは、
「『お金』『健康』『家族』の変化に合わせて、その都度、設計し直すもの」です

9.老後とは、
「自分から誘わなくても、誘われたら、出かけていったほうがいいもの」です

10.老後とは、
「自分でつくったものが売れて、小遣い稼ぎができれば、うれしいもの」です

11.老後とは、
「賞味期限のようなもの」です。「消費期限ではないもの」です

悪い奴とは

1.悪い奴とは、
「損が生じるところには絶対にいないもの」です。もし、損が生じそうになったら、脱兎のごとく逃げていくものです

2.悪い奴とは、
「利益を最も多く手にした奴のこと」です。利益を抜きにした企み、騙しなどないものです

3.悪い奴とは、
「努力することや単純な仕事を嫌うもの」です。要するに、ラクしたい奴です

4.悪い奴とは、
「社会のルールの不備を突いてくるもの」です。いい社会は、ルール改正を怠らない社会のことです

5.悪い奴とは、
「軽はずみな行動はしないもの」です。人のいい奴とは、「軽はずみな行動をしてしまうもの」です

6.悪い奴とは、
「自分が悪いことをしたとは、何も感じていないもの」です。人のいい奴とは、「悪いことをしてしまったと反省するもの」です

7.悪い奴とは、
「二枚舌を使うことに、何の躊躇も罪悪感も感じていない奴」です

8.悪い奴とは、
「他人の苦しみを喜んでいるもの」です。もっと悪い奴とは、「他人を苦しませて喜んでいるもの」です

9.悪い奴とは、
「悪事が成功したら、家に帰って、ニンマリと微笑んでいるもの」です

10.悪い奴とは、
「もう十分に金持ちなのに、さらに悪事をはたらこうとする奴」です

11.悪い奴とは、
「権限、権力を有しているのに、責任をとらない奴のこと」です

12.悪い奴とは、
「人を競わせる仕組みをつくって、しっかりカネを稼いでいる奴」です

13.悪い奴とは、
「大衆の陶酔と熱狂をカネに換えてしまう奴」です

14.悪い奴とは、
「デマを流す奴」です。バカな奴とは、そのデマをすぐに信じる奴です。デマとバカは仲良しです

15.悪い奴とは、
「自信のない奴をつかまえて、そいつらを食いものにしている奴」です。こわい奴です

16.悪い奴とは、
「のろまな奴を襲うもの」です。テキパキ動く人には襲いかからないもの」です

17.悪い奴とは、
「自分よりも頭の悪い奴を騙すもの」です。騙されないためには、悪い奴よりも、賢くなることです

18.悪い奴とは、
「巧妙な手口で、人を奴隷のように働かせている奴」です

19.悪い奴とは、
「敵の敵を見つけ、自分の手を汚さずに、そいつを使って、敵を粛清させようとする奴」です

20.悪い奴とは、
「自分と違う別の悪い奴を見つけてきて、そいつを批判し、自分の悪さをうやむやにする奴」です

21.悪い奴とは、
「人を罠にはめて、失脚させて、陰で、くすくす笑っている奴」です

22.悪い奴とは、
「噂やデマを流し、ライバルを追い落とそうとする奴」です

23.悪い奴とは、
「他人を自分の駒に使って、利用価値がなくなったら、ポイ捨てする奴」です

24.悪い奴とは、
「『健康』『孤独』『お金』の不安を煽る奴」です。不安を煽る奴は、善人に見えても悪人です

25.悪い奴とは、
「国(国民)のカネ(税金)を使って、国に反する行為を陰でしている奴」です

26.悪い奴とは、
「公から報酬をもらいながら、公を批判している奴」です。飼い主を噛む失礼な犬です

27.悪い奴とは、
「自分が身ぎれいでもないのに、他人の悪事を平気で批判できる奴」です

28.悪い奴とは、
「話す内容と、その身なりや持ち物との間に、ギャップの大きい奴」です

29.悪い奴とは、
「自分の意見なのに、主語を『われわれ』と言い換える奴」です。責任逃れのうまい奴です

30.悪い奴とは、
「人類のため、社会のため、住民のため、子孫のためなどの『ため』を口実に使うもの」です

31.悪い奴とは、
「自分の思いどおりに、人を動かそうとする奴」です。そして、人が動かなくなれば、バカにしだすものです

32.悪い奴とは、
「主義や思想をメシのタネにしている奴」です。言行不一致の評論家などに多いものです

33.悪い奴とは、
「マスコミ受けする極論を語って、大衆を煽り、カネ儲けしている奴」です。極論で世を惑わして商売にする卑しい奴です

34.悪い奴とは、
「善良なふりをするマスコミと共謀して、目立たぬように、しっかりとカネ儲けをしている奴」です

35.悪い奴とは、
「善良に見える人をだしにして、大衆を搾取している奴」です。恐ろしい奴です

36.悪い奴とは、
「自分に都合のいい理屈をでっちあげて、説得してくるもの」です

37.悪い奴とは、
「反論が起きないように、道徳を説きながら、うまくカネを稼ぎ続けている奴」です

立派な人とは

1.立派な人とは、
「内からの目(内省)と外からの目(客観)と上からの目(俯瞰)を持っている人」です

2.立派な人とは、
「先を見通す知恵と、先に立ち向かう勇気がある人」です

3.立派な人とは、
「いざというとき、先頭に立ってリスクを背負う人」です。つまり、大衆とは違う人です

4.立派な人とは、
「目先の小さな欲には飛びつかない人」です。「遠くにある大きな欲を見据えている人」です。悠々としていて、あせらないものです

5.立派な人とは、
「善悪を基準に生きている人」です。大衆とは、「損得を基準に生きている人」です。立派な人は、大衆の陰に隠れてしまっているものです

6.立派な人とは、
「愛情や友情が入り込まないように、気をつかっている人」です。そういう人は公正に人材を登用できるので、組織のトップに推されるものです

7.立派な人とは、
「使命感をもって生きている人」です。使命感のある人は、他人の声よりも、自分の心の声に忠実だから、ぶれないものです

8.立派な人とは、
「決断をしてきた回数、責任をとってきた回数が多い人」です

9.立派な人とは、
「立派なことをしてきたのに、立派なことを言わないもの」です

10.立派な人とは、
「苦労してきたのに、そんなようには見えない人」です

11.立派な人とは、
「成功しても、何事もなかったように振る舞っている人」です。でも、家では、ニンマリ微笑んでいるものです

12.立派な人とは、
「自分を出さないで、自分を隠しているもの」です。つまり、『秘すれば花』のような人です

13.立派な人とは、
「言い訳をしないし、愚痴も言わない人」です。お口をチャックしている人です

14.立派な人とは、
「貧しい家に育った、下積みが長かった、若いときに大失敗した、といった苦労をして、一皮むけた人」です

15.立派な人とは、
「自分をよくわかっている人」です。ふつうの人は、自分のことをまだまだわかっていないものです

16.立派な人とは、
「他人の長所を見ている人」です。もっと立派な人とは、「自分の短所を見ている人」です

17.立派な人とは、
「ウソ、ホラ、べんちゃら、悪口などを口にする人と距離を置いている人」です

18.立派な人とは、
「運命の流れに逆らわない人」です。「運命を受け容れている人」です

19.立派な人とは、
「自分の足跡をきれいに消して死んでいく人」です