とは学

「・・・とは」の哲学

目標のある人とは

1.目標のある人とは、
「目標のない人から情報を仕入れて、目標を実現していくもの」です。そして、目標のない人を支配していくものです

2.目標のある人とは、
「プラスにならない関係をスパッと断ち切る人」です

3.目標のある人とは、
「人々の話の輪に積極的に入らないもの」です。話に加わるとムダな時間を過ごす破目になるからです

4.目標のある人とは、
「失敗しても、へこまないし、傷つかないもの」です。たとえ、へこんで、傷ついたとしても、回復が早いものです

目利きとは

1.目利きとは、
「オモテに隠れているオクの意味を見抜ける人」です。ほとんどの人は、ウワベだけに反応するものです

2.目利きとは、
「流行、知名度、権威、肩書きに惑わされない本物の眼を持っている人」です

3.目利きとは、
「人の書いたもの、人に聞いたことに惑わされずに、自分の目だけを頼りに、判断できる人のこと」です

4.目利きとは、
「大人の最大の愉しみ」です。これを職業にできた人は幸せ者です

前向きな人とは

1.前向きな人とは、
「悲しみを裏に隠している人」です。悲しみが前向きのエネルギーになるからです

2.前向きな人とは、
「できなかった原因を探すことが好きな人」です。つまり、「反省好きの人」です

3.前向きな人とは、
「最終ゴールまで、どうしたら早く辿り着けるのかを考えるのが好きな人」です

4.前向きな人とは、
「一度失敗しても、人のやらない方法で、もう一度挑戦しようとする人」です

5.前向きな人とは、
「話をよく聞くことで、新しいものを自分に取り入れようとする人」です。でも、騙されることも多々あるものです

6.前向きな人とは、
「希望があり、根拠のない自信を持ちながら、楽観しておられる人」です

7.前向きな人とは、
「誤解を生みやすいもの」です。そういう人は、誤解を乗り越えながら、さらに前向きになるものです

物語とは

1.物語とは、
「登場人物のキャラクターづくりをしてから、あらすじや場面を展開していくもの」です

2.物語とは、
「数々の難題に遇いながらも、夢の実現に向け、苦難を乗り越え、ステップアップしていくのが基本スタイル」です

3.物語とは、
「何かを失った人が、より大きな何かを得ることによって、完成するもの」です

4.物語とは、
「最初と最後の部分が印象に残るもの」です。だから、全力を注ぐのは、最初と最後です

メモとは

1.メモとは、
「とるポーズをするだけで、話し手を喜ばせるもの」です。話をじっくり聞くことや、相槌を打つこと以上に喜ばれるものです

2.メモとは、
「相手の話を熱心に聞いている証明になるもの」です。メモ上手は、聞き上手に勝るものです

3.メモとは、
「ヒラメキを忘れずに記すもの」です。メモ帳を肌身離さず持ち歩き、ヒラメキを逃さない人は、出世する人です

4.メモとは、
「それを読み返し、まとめ直すことで、新たなアイデアや発想を生むもの」です

間とは

1.間とは、
「時間と空間における無の隙間のこと」です。空気を読めるのも、距離感をつかめるのも、『間』がわかるからです

2.間とは、
「聞き手の頭の中に、話をイメージさせる一瞬の時間のこと」です

3.間とは、
「見る者、聞く者、読む者が、自由に想像できる時間や空間のこと」です。間があることで、作品に感情移入できるのです

4.間とは、
「話や芝居だけでなく、美術、音楽、文学など、すべての分野において必要とされるもの」です