とは学

「・・・とは」の哲学

ひきこもり

1.ひきこもりとは、
「違いを強く感じる人に多いもの」です。多様性を認めず、同調圧力を強いる社会では、ひきこもりが増えても止むを得ないものです

2.ひきこもりとは、
「現実逃避できる経済的基盤や支援のある人」です。ひきこもりで貧乏になった人はいても、その逆はいないものです

3.ひきこもりとは、
「昔で言えば、高等遊民のこと」です。ただし、今では、劣等も交じっているものです

4.ひきこもりとは、
「指図したいのに、指図される立場になった人に起きる現象」です

5.ひきこもりとは、
「自分で立てた人生計画を捨てたということ」です。再度、新しい人生計画を立て直す準備期間です

話し上手な人とは

1.話し上手な人とは、
「言いかけてやめる人」です。つまり、関心をつながせるのが上手い人です

2.話し上手な人とは、
「聞き手の無言の反応を読む力のある人」です。つまり、聞き手の目と顔を見ている人です

3.話し上手な人とは、
「相手が話してほしいことを察して、話すことができる器用な人」です

4.話し上手な人とは、
「例えが上手で、相手の頭の中にイメージを描かせることができる人」です

5.話し上手な人とは、
「ネタをいっぱいためている人」です。話し方とは、ネタをアレンジする応用技術です。話は、ネタがないことには始まらないものです

6.話し上手な人とは、
「損得、実績、恐怖、希望、権威、親近感を上手に使い分けて、話ができる人」です

7.話し上手な人とは、
「心地よい『リズム』と『間』を声で操ることができる人」です

8.話し上手な人とは、
「大きい声、明るい声、落ち着いた声、早口、ゆっくりとした口調、つぶやき調など、その場に応じた声や口調を使い分ける人」です

平和とは

1.平和とは、
「勢力均衡状態のこと」です。つまり、やられたら、やり返す準備が整っている状態のことです

2.平和とは、
「友好状態のことではなく、停戦合意状態のこと」です

3.平和とは、
「『オレを怒らせたら恐いぞ』という態度によって保たれるもの」です。決して、仲よくしているわけではないのです

4.平和とは、
「恐怖心を与えることで確保されるもの」です。『毒』と『針』と『牙』を持つ動物は、ゆったり生きているものです

5.平和とは、
「静かな人たちがつくりあげるもの」です。平和を叫ぶうるさい人たちが壊していくものです

6.平和とは、
「人間を退化させるもの」です。均衡とは、「人間を緊張させるもの」です。危機とは、「人間を進化させるもの」です

7.平和とは、
「争いを前提とした上でイメージするもの」です。夢とは、「現実を前提とした上でイメージするもの」です。平和も夢も幻です

文化とは

1.文化とは、
「余裕の産物」です。古来より権威や権力と結びつくのは、そのためです

2.文化とは、
「みんなが使ったお金と時間の総和で、つくられていくもの」です

3.文化とは、
「自由奔放で、少し下品なところから生まれてくるもの」です。上品になれば、衰退していくものです

4.文化とは、
「お金にならなければ、守るだけで終わるもの」です。「お金になれば、持続発展するもの」です

5.文化とは、
「主張を忘れて、時代に迎合すれば、消滅していくもの」です。文化には、自信と品格が必要です

評判とは

1.評判とは、
「『花』のようなもの」です。評価とは、『実』のようなものです。『実』だけで、収入と地位を保証するやり方は、日本にはなじまないものです

2.評判とは、
「人気ランキングのようなもの」です。周りの人たちにつけられた自分の点数です

3.評判とは、
「築くには、長い時間がかかるが、落ちるのは、あっという間のもの」です

4.評判とは、
「悪いことはすぐ伝わり、いいことは、なかなか伝わらないもの」です。いい評判は、誰かに伝えてもらうのがベターです

発見とは

1.発見とは、
「『名前がまだない』ものを見つけること」です。つまり、名付け親になることです

2.発見とは、
「みんなが見ていたはずなのに、見えていかったものを、見つけたこと」です

3.発見とは、
「外にすでにあったものを、自分の頭と心の中に取り込んだこと」です

4.発見とは、
「最高の一枚の写真のようなもの」です。偶然の出会いで生まれるものです