とは考

「・・・とは」「・・・人とは」を思索

法律とは

1.法律とは、
「善良な市民のことを考えて厳しくするもの」です。厳しい法律がないと、悪人が世にはびこるからです

2.法律とは、
「正直者がバカを見ないためにあるもの」です。しかし、法律を厳しくして、正直者を優遇すれば、世の中が窮屈になるものです

3.法律とは、
「不真面目な人たちが増えると、複雑になり、真面目な人たちが増えると、簡易になるもの」です

4.法律とは、
「法律の裏を熟知し、それを巧みに利用しようとする法律家をつくってしまうもの」です。イタチごっこになるのが宿命です

5.法律とは、
「必要に迫られたときにだけ、意識されるもの」です。事前には、ほとんど意識されていないものです

6.法律とは、
「情を考慮に入れないもの」です。掟とは、「情を考慮に入れるもの」です

閉鎖的な社会とは

1.閉鎖的な社会とは、
「国家であれ、会社であれ、一握りの人たちによって、支配されているもの」です。あるのは、親分と子分の関係だけです

2.閉鎖的な社会とは、
「よそ者を敵とみなすもの」です。または、「カモとみなすもの」です

3.閉鎖的な社会とは、
「『飛び込み営業』や『一見さん』を嫌うもの」です。そういう社会では、有力者の紹介状が必要です

4.閉鎖的な社会とは、
「一攫千金を悪とみなすもの」です。地道に努力しないといけない窮屈な社会です

文明とは

1.文明とは、
「先に先に、進んでいくもの」です。文化とは、「過去と地域にとどまるもの」です。人間は、文明と文化のバランスで生きているのです

2.文明とは、
「開放空間での雑多交流で生まれるもの」です。文化とは、「閉鎖空間での純粋培養で生まれるもの」です

3.文明とは、
「万国共通の合理的な産物」です。文化とは、「地域特有の感覚的産物」です

4.文明とは、
「滅びて、再生していくもの」です。文化とは、「残っていくもの」です

5.文明とは、
「進めば進むほど、人間の機能を退化させていくもの」です

福祉とは

1.福祉とは、
「自分でできるように手助けしてあげるもの」です。そして、その障害となっている原因を取り除いてあげるものです

2.福祉とは、
「『援助』ではなく、『自助』させるもの」です。つまり、『助けて』の声が上がるまで、じっと待機するものです

3.福祉とは、
「いつでも馳せ参じる準備と覚悟のある人がする仕事」です

4.福祉とは、
「平等でないといけないもの」です。だから、政府がやるべきものです

ブームとは

1.ブームとは、
「大衆の中から突然巻き上がるもの」です。トレンドは、特定の階級や集団から自然に湧いてくるものです。ブームの息が短いのは、そのためです

2.ブームとは、
「商売的には、来るのを待ち構え、もし来たら、その機を逃さずに、乗っていくもの」です

3.ブームとは、
「最初に違いのわかる人が気づき、やがて、火が点き、燃え上がってくるもの」です。最初から、一斉に燃え上がるわけではないものです

4.ブームとは、
「流行に名前がついて、大流行になった現象のこと」です

犯罪とは

1.犯罪とは、
「自暴自棄になった奴が起こすもの」です。目つきを見ればわかるものです

2.犯罪とは、
「世間につまはじきにされ、居場所のなくなった奴が起こすもの」です

3.犯罪とは、
「目先の利益しか考えられなくなった奴が起こすもの」です。つまり、後々の不利益を考えられない奴が起こすものです

4.犯罪とは、
「元犯罪者から直接話を聞いて、それを躊躇させることができれば、減るもの」です

凡人とは

1.凡人とは、
「似た者同士で群れる人たち」です。そして、才能ある人をその群れから追い出す人たちです

2.凡人とは、
「才能ある人を評価できない人」です。評価できたら、凡人から脱け出ていたはずです

3.凡人とは、
「良し悪しを判断できずに、みんなに意見を合わせようとする人」です。もし、良し悪しが判断できても、みんなの前で立場を表明できない人です

4.凡人とは、
「一度決めた約束を守ろうとし、一度信じた人を疑おうとしない人」です。誠実な人ですが、頭の固い人です

5.凡人とは、
「組織に不合理なことがあっても、見て見ぬふりをする弱い人たち」です

6.凡人とは、
「怠惰で怠慢な人」です。要するに、怠け癖がついている人です

7.凡人とは、
「ずる賢い奴が仕掛けた遊びを、何のためらいもなく愉しんでいる人たち」です

8.凡人とは、
「上を見すぎず、横も見すぎず、淡々と生きていけばいいもの」です

反権力者とは

1.反権力者とは、
「隙あらば、権力者になろうとしている奴のこと」です

2.反権力者とは、
「大衆の嫉妬を上手に利用しようとする奴」です

3.反権力者とは、
「権力者に恐れられているもの」です。権力者はその言動を抑えるために、お金や勲章を与えるものです

4.反権力者とは、
「給金や勲章を受け取ってはいけない人」です。給金や勲章をもらった反権力者は、『反権力』の仮面を被った商人です

敗者とは

1.敗者とは、
「負けた言い訳を先に考えている人」です。勝者とは、「勝つことしか眼中にない人」です

2.敗者とは、
「自分を棚に上げて、他人の批判ばかりするもの」です。勝者は、その逆です

3.敗者とは、
「不平を言うだけではなくて、悪態もついてくるもの」です。勝ち負けは性格まで変えるものです

4.敗者とは、
「生温いところで育った人が多いもの」です。勝者とは、「厳しいところで育った人が多いもの」です

5.敗者とは、
「言い訳が許されない人」です。勝者とは、「言い訳が愛嬌で済まされる人」です

プライドとは

1.プライドとは、
「自分が弱いときは必要だけれど、強くなったら邪魔になるもの」です

2.プライドとは、
「奴隷にされるのを防ぐ気持ち」です。商売には邪魔になるものです

3.プライドとは、
「目標に向かって走っているときは、消えているもの」です。立ち止まっとき、見え隠れしてしまうものです

4.プライドとは、
「内に秘めるもの」です。それを外に出してしまったなら、嫌みととられるものです

品格とは

1.品格とは、
「立居振舞いや身のこなしの美しさに表れてくるもの」です

2.品格とは、
「顔に表れてくるもの」です。賢さとは、「貯めたお金に現れてくる」ものです

3.品格とは、
「知性や教養があるのに、それを隠せる人に、にじんでいるもの」です

4.品格とは、
「負けたときの態度、謝るときの態度に表れるもの」です

人の気持ちとは

1.人の気持ちとは、
「高ぶりが持続するのは三日間」です。だから、相手には三日以内に決断を迫ることです

2.人の気持ちとは、
「『やりすぎ』と『こだわりすぎ』に動かされるもの」です。『すぎ』は、心をつかむものです

3.人の気持ちとは、
「お金、出世、異性に惑わされるもの」です。人の考えとは、「権威、主義、理論、道徳に惑わされるもの」です

4.人の気持ちとは、
「わからないことが多いもの」です。わからないと思ったら、そっとしておくものです