とは学

「・・・とは」の哲学

ぶれない人とは

1.ぶれない人とは、
「お金があって、信念もある人」です。お金があるというのが第一条件です

2.ぶれない人とは、
「相手の攻撃を受けて立つ人」です。覚悟を決めている人です

3.ぶれない人とは、
「惚れっぽくない人」です。惚れっぽい人は、すぐに飽きるものです

4.ぶれない人とは、
「頑なな目的と固い信念を持ちながらも、目的以外のことは、世の中に柔軟に合わせて生きている人」です

プライドが高い人とは

1.プライドが高い人とは、
「自分の時間を売らない人」です。拘束されたり、束縛されたりするのを嫌う人です

2.プライドが高い人とは、
「資格、検定、家元など、人の虚栄心をくすぐり、競争心を煽る仕事に就いていることが多いもの」です。したたかな人です

3.プライドが高い人とは、
「自分の立場を守るために、平気でウソをつく人」です。謝りたくないからです

4.プライドが高い人とは、
「お金が貯まれば、さっさと引退すればいいもの」です。居続けると、みんなに迷惑をかけるものです

5.プライドが高い人とは、
「勝ちさえすればいいのに、勝ち方にこだわって、負けてしまうもの」です

ほめるとは

1.ほめるとは、
「相手の隠れた美点や長所を発見してあげること」です。観察力がないとできないものです

2.ほめるとは、
「相手の違った側面を探して、口にすること」です。『本当は○○なのでは?』と言ってあげると喜ぶものです

3.ほめるとは、
「過去と現在を比較して、言葉にしてあげること」です。ずっと関心があることを言葉で示すものです

4.ほめるとは、
「相手の自慢に感心してあげること」です。感心には尊敬の念が含まれているので、みんな喜ぶものです

5.ほめるとは、
「言葉でなくても、しぐさでもできるもの」です。『ほめしぐさ』は効果が高いものです

6.ほめるとは、
「自信を与えるもの」です。叱るとは、自信をなくさせるものです。消極的な人はほめて、その気にさせ、積極的な人は叱って、反省させるものです

7.ほめるとは、
「相手のその後の人生を大きく変えるもの」です。ほめた一言は、本物の『お守り』よりも効能があるものです

8.ほめるとは、
「カネも使わず、カラダも使わず、相手の優越感を高めてあげられる行為」です

9.ほめるとは、
「自信がある人のする行為」です。けなすとは、「自信がない人のする行為」です

偏見とは

1.偏見とは、
「知らず知らずのうちに、人や物を評価していること」です。そのほとんどが、幼少期に教えられたことによるものです

2.偏見とは、
「自分に損を与えそうな人にするもの」です。「得を与えてくれそうな人にはしないもの」です

3.偏見とは、
「自己正当化の裏返し」です。臆病者によく現れる症状です

4.偏見とは、
「発言者の言葉の端々に出てくるもの」です。隠そうとしても、すぐにわかるものです

文章とは

1.文章とは、
「目の前に人がいると思って、話しかけるように書くもの」です

2.文章とは、
「誰かに向かって書くもの」です。書く対象を明確にしないと、書けないものです

3.文章とは、
「映像を目に浮かべて、その状況を克明に書き記すもの」です

4.文章とは、
「思いついたことを一気に書き上げ、後で修正すれば、うまく書けるもの」です

5.文章とは、
「義憤がないと、すらすら書けないもの」です。怒りは文章を書くエネルギーです

6.文章とは、
「それが単純であればあるほど、感情的であればあるほど、強く伝わっていくもの」です

7.文章とは、
「短く、リズムよく、起承転結にまとめるもの」です。文章は読まれてナンボのものです

秘密とは

1.秘密とは、
「絶対に漏れるもの」です。秘密を打ち明けた人のほうが悪いのです

2.秘密とは、
「漏らしてしまったら、事実以外の部分も付け加わって、大きく膨らんでいくもの」です

3.秘密とは、
「全部明かしてはいけないもの」です。まだ何かありそうだ、下手に手を出せば反撃されそうだ、と思わせておくものです

4.秘密とは、
「聞いてもいけないし、話してもいけないもの」です。秘密を共有することは、行動や運命も共有することを意味するのです。危険です