とは学

「・・・とは」の哲学

トップダウンとは

1.トップダウンとは、
「『廃止する』『撤退する』『損を切る』といった命令を出すこと」です。出すのは、つらいことばかりです

2.トップダウンとは、
「社員が嫌がることを命令するときに使うもの」です。ボトムアップとは、「社員の好むことを発表させるときに使うもの」です

3.トップダウンとは、
「予測能力の高い人しか、してはいけないもの」です。トップが予測能力を高める努力を怠れば、その組織は終わるものです

4.トップダウンとは、
「上意下達ということ」です。でも、それだけでは下に不満が溜まるので、『下の声を聞く』姿勢が必要です

トップ企業とは

1.トップ企業とは、
「業界や市場の規模を拡大する使命を負うもの」です。競争相手を潰す戦略を採っていいのは、二番手以下の企業です

2.トップ企業とは、
「常に競争相手の出方を注視するもの」です。自ら攻撃しないが、相手が攻撃を仕掛けてくれば、すかさず、やり返さないといけないものです

3.トップ企業とは、
「どうしても決断が遅くなるもの」です。小企業は、そこのところを突き、すき間の市場に奇襲攻撃を仕掛けるものです

4.トップ企業とは、
「小企業に仕掛けられたら、即座に反撃しないといけないもの」です。睨みをきかすだけでは、なめられるものです

得意技とは

1.得意技とは、
「戦うための手段ではなくて、勝つための手段として使うもの」です

2.得意技とは、
「これを出せば、ほとんどの勝負に勝てるというもの」です。これをチラつかせるだけで威力を発揮するものです

3.得意技とは、
「安定して勝つために不可欠なもので、飯のタネになるもの」です。これが見つかるまでが修行期間です

4.得意技とは、
「自分に合わないものを捨てて、でき上がっていくもの」です。つまり、捨てる勇気のない人は持てないものです

転職とは

1.転職とは、
「同業種で探すよりも、周辺業種で探すもの」です。そのほうが自分を高く売れるものです

2.転職とは、
「給料をベースに決めるもの」です。安い条件の先には行かないことです

3.転職とは、
「在職中にするもの」です。失業中にしようとしたら、求職先に足元を見られてしまうからです

4.転職とは、
「煩わしいのを覚悟の上で、ステップアップしようと考えている前向きな人にしかできないもの」です

忠誠心とは

1.忠誠心とは、
「それを誓ったほうが得になるから、そうしているだけのもの」です

2.忠誠心とは、
「お金をくれたら、以後誓うもの」です。「くれなかったら、以後誓わなくてもいいもの」です

3.忠誠心とは、
「あるふりをするもの」です。演技力をつけないといけないものです

4.忠誠心とは、
「その昔、忠誠なんかしていなかった人が説くもの」です

5.忠誠心とは、
「理不尽な命令を素早くやることで、その証しにするもの」です。つべこべ言わずに早くやれば、評価が上がるものです

6.忠誠心とは、
「組織の健全な批判精神を蝕んでいくもの」です。気がつけば、周りがみんなイエスマンになっているものです

7.忠誠心とは、
「依存心の強い偽善者ばかりを増やすもの」です。景気がいいときはいいけれど、悪くなれば、そんな組織は一挙に崩れてしまうものです

中小企業とは

1.中小企業とは、
「専業の人よりも、兼業複業できる人(何でもできる人)が望まれるところ」です

2.中小企業とは、
「人の嫌がることを引き受けることによって、存在できるもの」です

3.中小企業とは、
「どこにも頼めなくて困っていることを代行するのが、仕事のもの」です

4.中小企業とは、
「即、動き、即、儲けることが戦略になるもの」です。経営理念など、ないほうがいいものです

5.中小企業とは、
「形式ばった社員教育など必要ないもの」です。社長が、社員に働きぶりを見せて、手にとって教えればいいものです