とは考

「・・・とは」「・・・人とは」を思索

扇動とは

1.扇動とは、
「感情に訴えて、大衆をそそのかそうとすること」です。扇動家は、そそのかせることに失敗すれば、素早く逃げていくものです

2.扇動とは、
「希望的なウソをつき、人を騙すこと」です。ウソとわかるまで、責められないので、堂々としているものです

3.扇動とは、
「人に目標を与えて、嫉妬を吹きこむこと」です。それによって、強欲な人間に変身させることができるからです

4.扇動とは、
「人々の『怒り』の気持ちに火を点ける行為」です。火を点けられないように用心することです

戦争とは

1.戦争とは、
「自分の考えを押しつけ合う頑固な国同士の喧嘩」です

2.戦争とは、
「勝つことが目的ではなくて、平和な世の中をつくることが目的のもの」です。戦わない戦争もあるものです

3.戦争とは、
「経済力と軍事力と技術力を、情報力と広報力によって高めて、戦わずして勝ちに持ち込めればいいもの」です

4.戦争とは、
「『武力』『情報力』『経済力』の3つで大勢が決まるもの」です。その中で、最もコストパフォーマンスが高いのは、『情報力』です

5.戦争とは、
「食料とエネルギーを国民に提供することを怠った国が起こすもの」です。戦争を避けるためにも、食料とエネルギーは確保しておくものです

6.戦争とは、
「得をしている人(既得権者)が、得を奪われたくないので、するもの」です。得していない人は無理に参加しないほうがいいものです

先進国とは

1.先進国とは、
「科学技術のレベルが高い国」です。社会の発展は、科学技術に依存しているものです

2.先進国とは、
「個人の力を組織に取り込むことに成功した国」です。つまり、マネジメントが優秀な国です

3.先進国とは、
「『労働時間当たり所得』が高い国」です。国民がガツガツしていないものです

4.先進国とは、
「『上流2割、下流8割』の格差社会になっても、下流が食っていける国」です

5.先進国とは、
「民衆の欲が強い国」です。後進国とは、「支配者の欲が強くて、民衆の欲が弱い国」です

全員一致とは

1.全員一致とは、
「情報化が進んだ現代は、疑わないといけないもの」です。それは、一人の言ったことが、全員に伝わっただけだからです

2.全員一致とは、
「われ関せずということ」です。何の気持ちも入っていない意見です

3.全員一致とは、
「不遇なもの、貧しいもの同士が一致した意見ということ」です

4.全員一致とは、
「議論の終わりを意味するもの」です。全員が同じ考えなど、あり得ない話だからです

善とは

1.善とは、
「親切な行為」です。おせっかいな行為は、善ではなく悪です

2.善とは、
「相手の役に立っていても、自分の役にはあまり立っていないこと」です

3.善とは、
「止むを得ず、行うもの」です。悪とは、「止むに止まれず、行うもの」です。善も悪も、切羽詰まって、行うものです

4.善とは、
「そこに勇気と責任が伴っていなければ、むしろ、害を及ぼすもの」です

世論とは

1.世論とは、
「『世の中、不公平だ』と思っている人たちの意見」です

2.世論とは、
「誰かの意見が拡がって、多数の意見になったもの」です。個々人が自分で考えた意見を集めたものではないものです

3.世論とは、
「政治の世界では、支配者の意見ということ」です

4.世論とは、
「他国や他地域と大きく違う場合は、誰かが洗脳しようとしていると見ていいもの」です

世間体とは

1.世間体とは、
「少しだけ気にするもの」です。全く気にしなくなると、自堕落な人間になってしまうからです

2.世間体とは、
「将来に渡っても、利害関係が発生しそうになければ、無視してもいいもの」です

3.世間体とは、
「恥の精神のこと」です。嫉妬の気持ちと同様に、人間の感情を複雑にしているものです

4.世間体とは、
「小さな集団の中においては、法律と同じはたらきをするもの」です

世間とは

1.世間とは、
「目に見えるものを評価するところ」です。人の価値を内面で評価できる人なんてほとんどいないからです

2.世間とは、
「成功すること、出世すること、友達が多いこと、若く見えることを、いいことと考えているところ」です

3.世間とは、
「個人の生き方を邪魔してくるもの」です。常識とは、「個人の考え方を否定してくるもの」です

4.世間とは、
「人の向上心を奪ってしまうもの」です。世間に迎合すると、安易に流されていくのがオチです

5.世間とは、
「自分を演じるところ」です。家庭とは、「自分をさらけ出すところ」です

政治とは

1.政治とは、
「現在の不幸と、30年後の幸福を同時に論じ合わないといけないもの」です

2.政治とは、
「大衆の意見を代弁しているように見せる技術が要るもの」です

3.政治とは、
「情に優る理想主義の『政治家』と、理に優る現実主義の『官僚』とが戦い合っているもの」です

4.政治とは、
「格差拡大を防ぐためにあるもの」です。つまり、社会を安定させるためにあるものです

5.政治とは、
「独裁者が権限を持つ『独裁主義』、官僚が権限を持つ『官僚主義』、政治家が権限を持つ『民主主義』の何れかになるもの」です

6.政治とは、
「カネとチカラをちらつかせる『声のデカイ』人の意見が通りやすいもの」です

7.政治とは、
「税を見ればわかるもの」です。累進課税が増えれば、大衆よりの政治。一律課税が増えれば、富裕者よりの政治です

8.政治とは、
「経済を支配しようとするもの」です。政治権力ににらまれたら、商売はできなくなるものです。商売人は、目立たず、地味に生きることです

真実とは

1.真実とは、
「常識と言われている中にあって、少し違和感を覚えるところに、隠れているもの」です

2.真実とは、
「事実をより深く、探り、えぐり、掘り下げることで、見出せるもの」です

3.真実とは、
「証拠と確証資料をたくさん集めた人にしか主張できないもの」です

4.真実とは、
「偉くない人が語るもの」です。偉くなったら、真実など安易に語れないものです

5.真実とは、
「後の人が決めるもの」です。だから、今はあまり語らずに、文章にしっかり残しておけばいいものです

常識とは

1.常識とは、
「安定したところでは役に立つが、不安定なところでは役にたたないもの」です

2.常識とは、
「時と場所が違えば、通用しなくなるもの」です。むやみに信じ込むのは危険です

3.常識とは、
「時代とともに変わっていくもの」です。だから、とらわれたら損です

4.常識とは、
「範囲の中で適用されるもの」です。地域、時代、世代によって、常識が変わるのは当然です

儒教とは

1.儒教とは、
「権力者が民を支配しやすいように作らせた道徳」です

2.儒教とは、
「身分の低い人が高い人に服従するのが当たり前という、権力者にとってありがたい教え」です

3.儒教とは、
「上の者への服従が正しいという教え」です。長期支配を目論む人には都合がいいものです。日本人の精神は儒教によって蝕まれているのです

4.儒教とは、
「権力者に擦り寄る『偽善者』を数多く生む教え」です。日本人に偽善者が多いのは、儒教のせいです