とは学

「・・・とは」の哲学

儒教とは

1.儒教とは、
「権力者が民を支配しやすいように作らせた道徳」です

2.儒教とは、
「身分の低い人が高い人に服従するのが当たり前という、権力者にとってありがたい教え」です

3.儒教とは、
「上の者への服従が正しいという教え」です。長期支配を目論む人には都合がいいものです。日本人の精神は儒教によって蝕まれているのです

4.儒教とは、
「権力者に擦り寄る『偽善者』を数多く生む教え」です。日本人に偽善者が多いのは、儒教のせいです

主義とは

1.主義とは、
「事例やデータで実証できないことを、理屈でこねたもの」です

2.主義とは、
「ポエムであり、ロマン」です。つまり、自己陶酔の好きな人が使うものです

3.主義とは、
「敵か味方かを鮮明にするために必要な言い回し」です

4.主義とは、
「自分は恵まれていないと思っている人を動かすのに、都合のいい言い回し」です

5.主義とは、
「インターネットが普及する前、起死回生を狙う人たちが使っていた屁理屈のこと」です

自由な社会とは

1.自由な社会とは、
「『一度は大目に見てくれる』社会」です。許してくれる度量のある社会です

2.自由な社会とは、
「厳しい規則があるもの」です。しかし、その厳しい規則以外は何をしてもいいところです

3.自由な社会とは、
「分権が進んで、個々の意思決定が尊重されやすい社会」です。民主主義が機能している社会です

4.自由な社会とは、
「多くの中から選択できる社会」です。成功するのも失敗するのも、選んだ本人次第です

社会主義とは

1.社会主義とは、
「指導者が独裁者になり、権力を握ってしまう恐れのある政治体制」です

2.社会主義とは、
「個人を否定し、全体への忠誠を誓わせる政治体制のこと」です。民主主義とは、「個人を肯定する政治体制のこと」です。正反対のものです

3.社会主義とは、
「個人主義と自由主義を目の敵にするもの」です。だから、社会主義者に悪く言われるのは、いつの時代も商人(企業)です

4.社会主義とは、
「政治>経済の世をつくろうとするもの」です。資本主義とは、「経済>政治の世をつくろうとするもの」です

時代とは

1.時代とは、
「流れているもの」です。だから、その時代に生きている人たちの考え方も流れているものです

2.時代とは、
「宝ものをゴミに、有能を無能に、逆転してしまうもの」です。時代の変化は怖いものです

3.時代とは、
「需要と供給を変化させるもの」です。だから、時代に乗り遅れてはいけないし、取り残されてもいけないものです

4.時代とは、
「国の財政が破綻したときが節目となって、大きく変わるもの」です

5.時代とは、
「後になって、振り返って定義できるもの」です。いま現在は、定義できないものです

尊敬できる人とは

1.尊敬できる人とは、
「裕福な家に生まれたのに、勤勉に、そして質素に暮らしている人」です

2.尊敬できる人とは、
「正体を知られている人の中にはいないもの」です。出しゃばらないで、潜んでいるからです

3.尊敬できる人とは、
「普段から、自分にも厳しく、他人にも厳しい人」です。そうできるのは、自信があるからです

4.尊敬できる人とは、
「勲章をもらえていたのに、もらわなかった人」です