とは学

「・・・とは」の哲学

志とは

1.志とは、
「邪な気持ちや誘惑を寄せつけない『お札』のようなもの」です。身につけていたら、守ってくれるものです

2.志とは、
「悪い奴、ズルイ奴に騙されないように、防御してくれるもの」です

3.志とは、
「人生の土台になるもの」です。土台を固めた上だったら、何を建てても、倒れないものです

4.志とは、
「痛い目、厳しい目に何回も遭うことで、堅固になっていくもの」です

幸運とは

1.幸運とは、
「強い追い風に乗れたということ」です。不運とは、「強い逆風に吹き飛ばされたということ」です

2.幸運とは、
「逃してしまえば、誰かが幸運になり、自分が不運になるもの」です。だから、幸運には、貪欲になったほうがいいものです

3.幸運とは、
「誰かの不運のおかげ」です。でも、不運な人たちに同情すれば、貧乏神にとりつかれて、幸運が逃げていくものです

4.幸運とは、
「カネの計算をし始めたら、なくなっていくもの」です。守りに入った人に、天は味方してくれないからです

芸術作品とは

1.芸術作品とは、
「目の肥えた金持ちがいるから、売れるもの」です。本物の芸術家が育つには、目の肥えた金持ちが不可欠です

2.芸術作品とは、
「大金持ち相手に、その伝説、秘話、うんちくを語りながら、偉そうに売っていくもの」です。頭を下げて、買っていただくものではないのです

3.芸術作品とは、
「自己満足で作ったのに、買ってもらえるもの」です。そう考えると、芸術家は、最高の職業です

4.芸術作品とは、
「好きで作ったのに、他人も好きと言ってくれるもの」です。絵画、音楽、小説だけでなく、料理、工作、庭づくりまで、芸術作品です

芸術とは

1.芸術とは、
「危うさがないといけないもの」です。妖艶さとか、色っぽさも、そういったものの一つです

2.芸術とは、
「極めていくと、シンプルになり、余白の部分が増えてくるもの」です。それが、観賞する人の想像の余地を増やすのです

3.芸術とは、
「湧いてきたもの」です。作為を感じる作品はダメなものです

4.芸術とは、
「現実逃避の世界に誘ってくれるもの」です。ケの中にハレを与えてくれるものです

5.芸術とは、
「『速い・便利・安い』になった社会を癒すものでないといけないもの」です

6.芸術とは、
「相当な覚悟と財産がなければ、生活の手段にしてはいけないもの」です

苦労とは

1.苦労とは、
「人をいい顔にしていくもの」です。苦労していない人の顔は薄っぺらいものです

2.苦労とは、
「笑いながら、人に話すもの」です。でも、後にならないと、笑えないものです

3.苦労とは、
「みんなの心を打つもの」です。苦労人が嫌われることが少ないのは、そのためです

4.苦労とは、
「ほどほどにすると、成長の肥やしになるもの」です。しかし、し過ぎると、人を枯らしてしまうものです

5.苦労とは、
「し過ぎると、人の心を歪ませるもの」です。苦労が続くと、投げやりになってしまうものです

6.苦労とは、
「お金を得るため、自由になるため、幸せになるためにするもの」です。それ以外の苦労などしてはいけないのです

苦しみとは

1.苦しみとは、
「他人を意識して、自分以上のものになろうとするから、生まれるもの」です

2.苦しみとは、
「理想を下げたらなくなるもの」です。現実を教えてくれる人に出会うことです

3.苦しみとは、
「暗闇の中で、一人ぼっちでいるようなもの」です。灯りが見えた瞬間、その苦しみは消えるものです

4.苦しみとは、
「それを人生の修行だと考えれば、なくなっていくもの」です