とは学

「・・・とは」の哲学

コンプレックスとは

1.コンプレックスとは、
「相手のほうが優れていると思えてしまう心情」です。成功して、自信をつけないと、なくならないものです

2.コンプレックスとは、
「何度も勝てなかったときに起こる心情」です。そうならないためには、一つだけ絶対に勝てるものを持つべきです

3.コンプレックスとは、
「大きな期待を持っていた人が陥るもの」です。期待を小さくして、なくしていくものです

4.コンプレックスとは、
「容姿の悪さ、頭の悪さ、育ちの悪さ、貧しさ、口下手、身体の欠陥を自認したときの心情」です

5.コンプレックスとは、
「人前であえて言うことによって、なくせるもの」です。コンプレックスは人気者になる飛び道具としても使えるものです

克己心とは

1.克己心とは、
「悪魔のささやきを退ける気概のこと」です。『負けないぞ!』という気持ちです

2.克己心とは、
「強い意志と明確な目的をもって、快楽や誘惑をはねのける精神のこと」です

3.克己心とは、
「不真面目な世界にいる人たちが、真面目に身を処すために必要なもの」です

4.克己心とは、
「お金持ちにとっての必要条件」です。貧しい人たちが克己心を持ち始めたら、お金持ちの数は減るものです

公共心とは

1.公共心とは、
「『見ている人は見ている』と考えることから生じるもの」です

2.公共心とは、
「自制心のようなもの」です。誰も見てないところで、自分を律する心です

3.公共心とは、
「誰も見てないところで、他人のものを汚し壊す人にはないもの」です。公共心のない人であっても、自分のものを汚し壊されたら怒るものです

4.公共心とは、
「モノを拾って喜ぶ人たちにはないもの」です。そういう人たちは、いずれ、モノを盗んでも平気な人になっていくものです

好奇心とは

1.好奇心とは、
「『ナニッ』『アレッ』『チラッ』に、刺激されるもの」です

2.好奇心とは、
「下品に言うと、『のぞき趣味』と『野次馬根性』のこと」です

3.好奇心とは、
「『驚き(何これ?)』や『衝撃(すごい!)』を与えられたものに持つ探求心のこと」です

4.好奇心とは、
「いてもたってもいられなくなる気持ちのこと」です。人の目を輝かせるものです

5.好奇心とは、
「初めてのもの、珍しいもの、に心を動かされること」です

6.好奇心とは、
「複雑な現象を論理的に解き明かしていこうとする気持ちのこと」です

7.好奇心とは、
「飽きっぽい人が、よく持っているもの」です。生真面目な人が持っていないものです

後悔とは

1.後悔とは、
「『自分を責める』気持ちのこと」です。嫉妬とは、「『相手を責める』気持ちのこと」です

2.後悔とは、
「逃げたことで、後々に残る気持ちのこと」です。白黒をハッキリつけなければ、スッキリした気持ちになれないものです

3.後悔とは、
「今の自分の考え方が変わったことで、生まれるもの」です。それは、成長している証です

4.後悔とは、
「しなくてもいいもの」です。反省とは、「大いにすべきもの」です

元気とは

1.元気とは、
「時には、うっとうしく感じられるもの」です。元気な人たちは、声がデカくて、うるさいからです

2.元気とは、
「その実体のほとんどが『カラ元気』のこと」です

3.元気とは、
「上機嫌の様子で、満面の笑みをふるまっている状態のこと」です

4.元気とは、
「心と脳が常にリフレッシュしている状態のこと」です。元気がなくなると、驚きと感動もしなくなるものです

5.元気とは、
「もらうものではなく、あげるもの」です。お金も、もらうものではなく、あげるものです