とは学

「・・・とは」の哲学

脅しとは

1.脅しとは、
「数や力が劣っている場合、敵の戦意を喪失させる有力な手段になるもの」です

2.脅しとは、
「相手に恐怖を想像させること」です。だから、恐怖を想像させるように演じるものです

3.脅しとは、
「違法スレスレ程度に、相手をおじけさせる行為」です。だから、脅す人は、法律をよく学んでおくものです

4.脅しとは、
「手を出す一歩手前が一番怖いもの」です。ちらつかせるのが最高のテクニックです

噂とは

1.噂とは、
「『えっ!』と驚くことが、『ねえねえ知ってる?』と、口づてに伝わっていくこと」です

2.噂とは、
「『ここだけの話』『言わない約束』という会話で、広まっていくもの」です

3.噂とは、
「人々の不安や恐怖に訴えると、急速に広まっていくもの」です

4.噂とは、
「トップとビリの人に立てられるもの」です。目立たなければ、噂は立てられないものです

5.噂とは、
「自分の秘密をポロリと漏らしてしまったら、何倍にも膨らんだ話になって戻ってくるもの」です

田舎とは

1.田舎とは、
「都会で『個性的』と言われる人を、『変人』と言ってバカにするところ」です

2.田舎とは、
「面倒くさがり屋で合理主義的な考えの人には住めないところ」です

3.田舎とは、
「過剰なおせっかいをしてくるところ」です。それが嫌な人たちは、都会に逃げ出してくるものです

4.田舎とは、
「その煩わしい人間関係さえなければ、いいところ」です

一極集中とは

1.一極集中とは、
「『独り占め』の容認と、『差別』の放置と、弱い者を『いじめ』てきた結果の現象」です。つまり、人が冷酷だった証拠です

2.一極集中とは、
「えこひいき、身びいきしたので、生じたもの」です。合理性を欠いた行動の末路です

3.一極集中とは、
「掠奪した結果、起こる現象」です。掠奪し尽くしたとき、一極集中は終わるものです

4.一極集中とは、
「崩壊を促すもの」です。多極分散とは、「崩壊を防ぐもの」です

5.一極集中とは、
「騙されやすい国民が多い国で生じているもの」です。民主主義が正しく行われていない国の末路です

6.一極集中とは、
「民主主義が機能不全に陥っていることの証明」です。政治が力不足なのです

いい国とは

1.いい国とは、
「税金が高いのに、国民が文句を言わない国」です

2.いい国とは、
「制度をコロコロ変えない国」です。制度をよく変更する国は、国民の不平不満が高まるものです

3.いい国とは、
「政府がやったほうが効率的なこと以外は、政府が何もしない国」です

4.いい国とは、
「汚職に対して、国民の目が厳しい国」です。汚職のある国は、国民の信頼感が乏しくなるものです

5.いい国とは、
「国会議員が本業を持ちながら、夜間や休日に開かれる議会に、ボランティアで出席する国」です。つまり、議員が職業でない、安月給の国です

悪とは

1.悪とは、
「最上階にいるか、地下に潜んでいるもの」です。間の階には、ほとんどいないものです

2.悪とは、
「勇気と根性のないエリートが、のさばらしてしまうもの」です。頭のいいだけの奴では、悪を退治できないのです

3.悪とは、
「自滅するもの」です。「正義をもってしても退治できないもの」です

4.悪とは、
「弱らすことはできても、無くすことはできないもの」です。潜んでいるものです