とは学

「・・・とは」の哲学

お金にルーズな人とは

1.お金にルーズな人とは、
「怠け者のこと」です。お金にきっちりしている人とは、「働き者のこと」です

2.お金にルーズな人とは、
「時間にもルーズ」です。金銭感覚と時間感覚はよく似ているものです

3.お金にルーズな人とは、
「他人を思いやることができない人」です。お金の取り扱いに、人の性格が表れるものです

4.お金にルーズな人とは、
「お金にうしろめたい気持ちがあるもの」です。そういう人は、成功しても、お金が貯まらないものです

お金じゃないと言う人とは

1.お金じゃないと言う人とは、
「お金に異常に執着している人か、過去に執着していた人」です。これは間違いのない事実です

2.お金じゃないと言う人とは、
「『貧乏人』か『大金持ち』のどちらか」です。恵まれなかった妬みと恵まれすぎた余裕に共感などしないことです

3.お金じゃないと言う人とは、
「お金に嫉妬している人」です。お金に嫉妬して『欲を否定する人』も、欲を肯定する人と同様に、頭の中はお金でいっぱいです

4.お金じゃないと言う人とは、
「お金が必要悪なものだとわかっていない人」です。道徳心にも社会秩序にも、お金は必要です

お金が貯まらない人とは

1.お金が貯まらない人とは、
「酒、タバコ、パチンコ、競馬、車、服、美容、資格、受験、保険、健康、など、心の弱みにつけ込まれている人」です

2.お金が貯まらない人とは、
「『便利』と『暇』にカネを使う人」です。面倒なことを代行してもらう人は、暇になり、暇潰しできる業者に、またカネを使うものです

3.お金が貯まらない人とは、
「住宅費用と教育費用に関して、夫婦での話し合いをあまりしていない人」です

4.お金が貯まらない人とは、
「待つ我慢ができない人」です。欲しいものを買うのを我慢していたら、欲しくなくなっていくものです

卑しい人とは

1.卑しい人とは、
「言っていることとやっていることが違っていても、全く気にしていない人」です

2.卑しい人とは、
「自分は安定した立場にいるのに、大衆に夢や理想を煽りたてる無責任な人」です

3.卑しい人とは、
「給料をもらっている会社の悪口を言う人、保護を受けている国の批判をする人、体制側にいて反体制の意見を唱える人」です

4.卑しい人とは、
「匿名で徒党を組み、その利益に浴している人」です

5.卑しい人とは、
「下のものを軽蔑し、上のものに媚びへつらう人」です。しかし、それが人間の本質です

一番になる人とは

1.一番になる人とは、
「エネルギッシュな人」です。そのエネルギーは、貧乏な家、愛情不足などの悲惨な幼少体験によって培われるものです

2.一番になる人とは、
「たった一つの目標を決め、たった一つの道を行き、たった一つの事だけをやり通す人」です。余計なことに見向きもしない人です

3.一番になる人とは、
「まずは目の前の小さなことで一番になり、次の大きな一番に自然と導かれていく人」です。小さな一番になれない人はあきらめることです

4.一番になる人とは、
「既存のものを力づくで壊していく人」です。一番になれない人とは、「既存のものを壊せない人」です

5.一番になる人とは、
「型を習ってから、破っていく人」です。いきなり破ろうとする人は、一番にはなれないものです

6.一番になる人とは、
「大きく儲けるもの」です。二番は少し儲け、三番はいっこうに儲けられず、四番以下は永久に儲けられないものです