とは学

「・・・とは」の哲学

イライラとは

1.イライラとは、
「気の短さを示すバロメーター」です。それが身体に表れるのが、貧乏ゆすりです

2.イライラとは、
「他の人に向かうと、怒りに変わるもの」です。とばっちりを受けるほうは災難です

3.イライラとは、
「期待どおりにいかないで、あせっている状態」です。期待のしすぎは、イライラを高めるものです

4.イライラとは、
「存在しているものには、すべて意味があると考えることで、回避できるもの」です

5.イライラとは、
「鼻から空気を吸って、口から吐き出してしまえば、鎮まってくるもの」です

暗示とは

1.暗示とは、
「『すごい』『うまくいく』『大丈夫』などの調子のいい言葉だけ、真に受ければいいもの」です

2.暗示とは、
「運を開かせるもの」です。賞賛と安堵の言葉をかけてくれる人は、お金を出して、身近においておきたいものです

3.暗示とは、
「その気にさせてしまう言葉のこと」です。だから、悪い暗示をかけられれないように注意すべきです

4.暗示とは、
「かけられたごとく思い、かけられたごとく話し、かけられたごとく振る舞っているもの」です

器の小さな人とは

1.器の小さな人とは、
「人を差別するもの」です。そして、嫌がらせもするものです

2.器の小さな人とは、
「自分と違うタイプの人に出会っても喜ばないもの」です。同じようなタイプの仲間とつるんでいるのが好きです

3.器の小さな人とは、
「元気な声、大きな声を出すもの」です。負け犬の遠吠えです

4.器の小さな人とは、
「いくら誠実でも、いくら勤続年数が長くても、リーダーになれないもの」です。また、ならしてはいけないものです

打たれ強い人とは

1.打たれ強い人とは、
「挫折を何度も経験してきた人」です。「しぶとく、しつこい人」です

2.打たれ強い人とは、
「失敗から這い上がってきた人」です。失敗経験がなく、順風満帆にきた人は、攻めに強くても守りに弱いので、打たれやすいものです

3.打たれ強い人とは、
「近道を選ばず、楽せずに、堂々と戦いを挑んできた人」です。そういう人は、「おじけづかないもの」です

4.打たれ強い人とは、
「ストレスをためこまないで、責任転嫁するか、発散するかして、逃がすことができる人」です

威張る人とは

1.威張る人とは、
「威張りたい人のこと」です。ふだんは、おとなしい人です

2.威張る人とは、
「正論を吐くことしか楽しみがない人」です

3.威張る人とは、
「自分より強い人が周りにいないかを確認している人」です

4.威張る人とは、
「偉い人には、腰が低いもの」です。「上下関係を意識している人」です

5.威張る人とは、
「時代や環境が変わっていくことを理解していない人」です。「いずれ滅んでいく人」です

厚かましい人とは

1.厚かましい人とは、
「人を舐めているもの」です。そういう人に、優しく接すれば、より一層、舐めてくるものです

2.厚かましい人とは、
「自分を平凡な人物と考えていないもの」です。しゃしゃり出るのは、自分を偉いと思っているからです

3.厚かましい人とは、
「他人の時間を盗むだけでなく、気分まで害する人」です

4.厚かましい人とは、
「弱い者を見つけ出し、骨までしゃぶろうとする人」です。強い者を前にすれば、すたこら逃げるものです

5.厚かましい人とは、
「隙あらば、自分の失敗や不幸をネタにして、話に割り込んでくる人」です

6.厚かましい人とは、
「野心が口に出てしまうもの」です。ズル賢いい人とは、「野心を隠しとおすもの」です。ズル賢い人のほうが一枚上手です