とは学

「・・・とは」の哲学
カテゴリー  [ ストレスとは ]

ストレスとは

1.ストレスとは、
「陽気で明るいと思われている人ほど、多く抱えているもの」です

2.ストレスとは、
「自分のために生きていない人が抱えるもの」です。他人のために生きるのをやめれば減っていくものです

3.ストレスとは、
「他人の喜びを大事にし、自分の喜びを犠牲にしてきた人に回ってきたツケ」です

4.ストレスとは、
「聞き上手をやめて、話し上手になれば、なくなっていくもの」です

5.ストレスとは、
「先走りして、周りに気を遣い過ぎると溜まるもの」です。人に命令されるまで動かないことです

6.ストレスとは、
「対人疲れによる原因がほとんどのもの」です。神経が細やかな人、頭のいい人ほど注意が必要です

7.ストレスとは、
「野性が理性に負けてしまうので生じるもの」です。野性を奮い立たすと、解消するものです

8.ストレスとは、
「『自分の欲求』と『世間の欲求』のギャップによって生じるもの」です。世間の醜さ、卑しさを知ると、なくなるものです

8.ストレスとは、
「自由のない人や自由を奪われている人が感じるもの」です

10.ストレスとは、
「煩わしいことをしない人、やりたいことだけしかしない人、いい加減な人にはないもの」です

11.ストレスとは、
「『理想の自分』と『現実の自分』のギャップによって生じるもの」です。理想を低くすればいいだけのことです

12.ストレスとは、
「切りのない欲望に付いていけなくなった人の心の叫び」です

13.ストレスとは、
「真面目な人が、期待した成果が上がらないとき、溜まるもの」です。不真面目になるか、期待を低くすれば、なくなるものです

14.ストレスとは、
「余力を残さず、力の限りを尽くした人にたまるもの」です。余裕のある人には、ないものです

15.ストレスとは、
「過去の嫌な感情を引きずっている人に起きるもの」です。未来の楽しい感情があれば、薄れていくものです

16.ストレスとは、
「人を肥えさせたり、痩せさせたり、するもの」です。つまり、病気にさせるものです

17.ストレスとは、
「目的もなくだらだら過ごせる空間にいると、自然となくなっていくもの」です

18.ストレスとは、
「引きこもることで解消するもの」です。他人に干渉されない自分だけの小宇宙で、わがままな時間を過ごすことが大切です

19.ストレスとは、
「現実を逃避することで、なくなるもの」です。トラウマとは、「現実を克服しないと、なくならないもの」です

20.ストレスとは、
「たっぷり寝て、なくしていくもの」です。忘れ去るのが一番です

21.ストレスとは、
「幼少のころか、生まれる前(疑似胎内に入る)に戻ることで、減らせるもの」です

22.ストレスとは、
「子供のときに『好きだったこと』をやれば、解消できるもの」です

23.ストレスとは、
「自然と接する、触れ合うことでなくなっていくもの」です。海、川、森、山、星、空、朝日、夕陽などが見えるところに出かけることです

24.ストレスとは、
「叩くこと、壊すこと、叫ぶこと、はしゃぐことで、発散できる」ものです

25.ストレスとは、
「愚痴のはけ口がないことで、溜まるもの」です。自分のそばに共感してくれる人がいたら、その大半は解消されていくものです

26.ストレスとは、
「自己満足できることをやれば、なくなるもの」です。自己満足は、明日への活力です

27.ストレスとは、
「外面と内面の修正によって、減っていくもの」です。つまり、頑張る自分と怠ける自分の両方を持つことで、なくせるものです

28.ストレスとは、
「誰の役にも立てていないと思い込んでいる人が抱えるもの」です。誰かの役に立てていると実感できたら、なくなるものです

29.ストレスとは、
「最悪の事態を考えていたら、回避できるもの」です。不安はストレスを生む原因です

30.ストレスとは、
「家庭が円満な資産家には少ないもの」です。心配事が少なくなれば、なくなるものです

31.ストレスとは、
「安定した社会の安全な場所で安心して暮らすとなくなるもの」です。でも、そんなところにいてると、成長しなくなるものです

[ 2017/06/29 08:00 ] ストレスとは | TB(0) | CM(0)