とは学

「・・・とは」の哲学
カテゴリー  [ 信用とは ]

信用とは

1.信用とは、
「ウソをつかなければいけない立場の人は、得られないもの」です

2.信用とは、
「約束の時間や期限を守ったかどうかで、判断されてしまうもの」です

3.信用とは、
「人の見ていないところで何をするかで判断されてしまうもの」です。みんなのいるところで、立派なことをしても、まだまだ信用できないものです

4.信用とは、
「浪費しない人に集まるもの」です。浪費する人には、誰もカネを貸したりしないからです

5.信用とは、
「言葉よりも顔で判断できるもの」です。いい性格はいい顔をつくるものです

6.信用とは、
「言動の一貫性以上に、見た目の一貫性で、判断できるもの」です。服装やマナーに、違和感がないかをチェックすることです

7.信用とは、
「誇張していたことが、期待外れに終わったときに、なくしてしまうもの」です。大口を叩くのはほどほどにしておくことです

8.信用とは、
「企んでいたことが、見破られたときに、一気になくしてしまうもの」です。悪知恵を働かすのはほどほどにしておくものです

9.信用とは、
「策略に勝るもの」です。賢い人になるよりも、正直な人でいたほうが、いいことが起きるものです

10.信用とは、
「目に見えないもの」です。だから、なくしていても、わからないものです

[ 2017/06/20 08:00 ] 信用とは | TB(0) | CM(0)