とは学

「・・・とは」の哲学
カテゴリー  [ 批判とは ]

批判とは

1.批判とは、
「自分のことを棚に上げないとできないもの」です。批判する人は、人格者ではなく、二重人格者です

2.批判とは、
「自分の愚かさに気づいていない人でないと、できないもの」です。批判する人は、ナルシストです

3.批判とは、
「地に足が着いている人には、できないもの」です。批判する人は、青二才です

4.批判とは、
「自分のほうが偉いんだと、暗に言っていること」です。大人げないものです

5.批判とは、
「共通点ではなく、相違点を探すのが得意な人がよくするもの」です。皮肉屋に多いものです

6.批判とは、
「正論と思っていても、そのほとんどが、嫉妬由来のもの」です

7.批判とは、
「自己主張の裏返しのようなもの」です。自分に都合のいい『他人の考え』を引用する人が多いのは、そのためです

8.批判とは、
「どうしたらよくなるかを提言できる人しか、言ってはいけないのがルールのもの」です

9.批判とは、
「悪印象のレッテルを貼って行えば、その声を世間に拡大できるもの」です。卑怯なやり方です

10.批判とは、
「次の目標が見つかっていない人が、よくするもの」です。そういう人は、成長が止まった人です。真剣に聞かなくてもよいものです

11.批判とは、
「批判される人の立場に立てば、できなくなるもの」です。特定の人を批判する人は、思いやりのない人です

12.批判とは、
「安心して批判できる人にいっせいに向けられるもの」です。いじめと同じ構造です

13.批判とは、
「言葉の暴力」です。集団で相手をボコボコにすれば、気持ちがよくなるから、しているだけです

14.批判とは、
「個人に向けて、してはいけないもの」です。社会を憂い、義憤に駆られて、世の中に対してするものです

15.批判とは、
「しても自分を変えられないが、されると自分を変えるきっかけになるもの」です

16.批判とは、
「近くの人にすべきもの」です。遠くの知らない人にしかできないのであれば、しないほうがましです

17.批判とは、
「組織の中にいれば、なかなかできないもの」です。組織の外にいる人がしてあげるものです

18.批判とは、
「ほとんど気にしなくてもいいもの」です。真摯に聞くのは、信用できる人からのものだけでいいのです

[ 2017/06/15 08:00 ] 批判とは | TB(0) | CM(0)