とは学

「・・・とは」の哲学
カテゴリー  [ 友人とは ]

友人とは

1.友人とは、
「自分のことをわかってくれる人」です。つまり、学歴が高くて、モテて、カネの苦労をしたことがない人は、友人にならないものです

2.友人とは、
「何もかもオープンにできる人、言いたいことを言える人、気を遣わなくてもいい人」です

3.友人とは、
「飾らなくても、見栄を張らなくても、付き合える人のこと」です。自分にとって、居心地のいい人です

4.友人とは、
「感情を出し合える人」です。知人とは、「感情まで出し合わないが、損得の情報は共有し合える人」です

5.友人とは、
「雑談していて楽しい人」です。雑談が楽しくない昔の友人は、もう友人ではないものです

6.友人とは、
「無駄話を延々と楽しめる人」です。退屈に感じたときは、いったん距離を置いたほうがいいものです

7.友人とは、
「励ます人よりも、慰めてくれる人のほうが、ありがたいもの」です

8.友人とは、
「共通項がつなげてくれるもの」です。友人が少ない人は、共通項になる特徴や得意分野の発信をしてこなかった人です

9.友人とは、
「お互いが似た境遇にないといけないもの」です。昔の友人の幸せを祈れないのは、そのためです

10.友人とは、
「資産や教養の違いが大きくなりすぎたら、面倒になって、つきあえなくなるもの」です

11.友人とは、
「『同じ』がなくなったとき、去っていくもの」です。『同じ』がある人と、また出会えばいいものです

12.友人とは、
「自分の性格や生きざまを照らし出すもの」です。つまり、似た者同士ということです

13.友人とは、
「敵を同じくする人たちのこと」です。敵は連帯意識を高めるものです

14.友人とは、
「嫌いな人、腹の立つ人、妬んでいる人が、自分とそっくりな人」です

15.友人とは、
「大きな意味では、両親、兄弟姉妹、配偶者、親戚も含まれるもの」です

16.友人とは、
「保険のようなもの」です。安心できていれば、保険などかけなくてもいいのです

17.友人とは、
「男は安心するために付き合い、女はおしゃべりするために付き合うもの」です

18.友人とは、
「嫌だったら離れ、居心地がよかったら付き合っていたらいいもの」です。難しく考えなくてもいいのです

19.友人とは、
「歳をとってから、見つければいいもの」です。老いて同じ境遇の友人は、死ぬまで深く付き合えるものです

20.友人とは、
「『違い』を論じるのはいいが、『間違い』を指摘し始めたら、『仲違い』してしまうもの」です

21.友人とは、
「事前にどうすればいいか相談すると、その関係が壊れやすいもの」です。事後報告がいいものです

22.友人とは、
「悪い噂、秘密、嘘を広めることで、関係を断ち切ることができるもの」です

[ 2017/02/28 08:00 ] 友人とは | TB(0) | CM(0)