とは学

「・・・とは」の哲学

『年収100万円の豊かな節約生活術』山崎寿人

年収100万円の豊かな節約生活術 (文春文庫)年収100万円の豊かな節約生活術 (文春文庫)
(2014/05/09)
山崎 寿人

商品詳細を見る

著者は、東大出身、大手企業を30歳で退職し、定職に就くことなく20年以上、わずかな収入で、愉快に暮らしている50代独身の方です。

この本は単なる節約の本ではありません。豊かな人生を問い続けた著者の思想実践書です。この楽しみを理解できる人は、人生を達観できた人かもしれません。参考になった点が多々ありました。それらの一部をまとめてみました。



・求めているのは、日々の生活を人生もろとも楽しむこと。あくまでも幸せが先、節約は二の次。だから、よくある節約術のように、「何円倹約できたか」に一喜一憂しない

・年収100万円や生活費月3万円(変動費部分)とは、生きることを楽しむために「これくらいあれば、大して支障はない」という金額。あるに越したことはないが、なければないで構わない。この予算内で、いかに豊かな生活が送れるかを楽しんでいる

・豊かな貧乏生活術の目標とする柱は二本。「いかに金をかけずに、生活の質を上げていくか」の追求。「いかに安い食材で、豊かな食生活を送るか」の追求。そのため、脳みそを使う

金のかからない楽しみを探すことが節約法の一つなら、これこそ最強の節約術。頭を使うことにお金はかからない

食費は月15000円(1日3食500円)が目安。もっと節約できるが、500円は、安い食材で、贅沢気分を味わえ、栄養バランスを考えた料理を作る額。朝食40円前後、昼食35円。夕食は主食40~45円、サラダ30円、小鉢30円~75円、おかず250円~300円

・月初めに、銀行から現金2万円を引き出し、財布に入れる。現金払いの生活費が1万5000円、予備費が5000円。これで、月の食費と日用品、雑貨、交際費、遊興費、医療費、衣料費、交通費をすべて賄うのが基本。光熱費とスクーターのガソリン代は銀行引き落とし

・日々のやりくりの主役は、食材の買い出し。徒歩10分圏(スーパー3店、ディスカウントショップ1店)スクーター10分圏(業務用スーパー3店、激安スーパー3店、輸入エスニック食材店4店、ショッピングモール5店、市場1か所)の巡り歩きと特売食材の物色

・割高の商品を買う人を見るたびに、「この人たちは、その割高の分だけ、タダ働きをしていると考えないのかな」と思う。無駄遣いは無駄働きと一緒

・世の節約術とは違う「貧乏生活術」の目指すところは、「1円でも安く」ではない。あくまで、自分の少ない収入の範囲で、豊かな気分になれるような生活を送ることが目的

・こういう生活を長く続けていくためには、健康に人一倍気をつけなくてはいけない。心と体の健康が生活を豊かに楽しむ基本。そして、医療費と歯科医療費のような不意の出費を避けるため

・『残すもの』「パソコン」(外界との接触が希薄になり、暮らしの孤立化を防げる)、「冷蔵庫」(料理が趣味)、「スクーター」(電車賃の節約、格安食材購入のため)

・『削るもの』「車」「電車」(スクーターで代用)、「携帯電話」(ほとんど家に居るため)、「コンビニ」(激安スーパーや深夜営業ディスカウント店で十分)、「タバコ」「酒・ドリンク」(健康と倹約を考えて)、「外食」「新聞」(節約のため)、「床屋」(電動ヘアカッターで代用)

お金なんて要らないと言えば、やせ我慢と取られ、成功に興味がないと言えば、負け犬の遠吠えと思われる世の中

・この生活を続けているのは、ここに自由な時間が無尽蔵にあるから。言い換えれば、何もしないでよいことを、何より大切に生きているということ

・世の中には、高揚感を幸福と錯覚している「興奮中毒患者」が多い。毎日のスケジュールが予定びっしりで、あくせく動き回っているのは、心の空洞をそのままにして、仕事や遊びで埋めようとしているようなもの。鎮痛剤で痛みを抑えているだけのこと

・何に贅沢を感じるかは、人によって違うのが当たり前。何に豊かさを感じるかもそう。何も自分の幸福や健康をないがしろにしてまで、社会の常識や価値観をそのまま受け入れる必要はない

社会の常識や価値観なんて利用するもので、縛られたり、踊らされるものではない。もちろん、社会の常識や価値観は尊重する。批判もしない。だが、自分がそれに従うかどうかは自分で決める。そして、そのリスクは甘んじて受け止めるということ



著者の生活こそが、未来志向の「贅沢な生活」なのかもしれません。世間の常識に惑わされず、企業の宣伝を無視し、すべて自分の頭で考えて、自分に合った生活を楽しむことができれば、こんなに幸せなことはありません。

世の中の全員が、こういう生活を求めれば、資本主義社会は崩壊します。とりあえず、みんなが資本主義社会に巻き込まれて、あくせく働くのを横目に、こういう生活を楽しむのが心地いいのではないでしょうか。

[ 2014/08/18 07:00 ] お金の本 | TB(0) | CM(1)

『絶対貧困・世界リアル貧困学講義』石井光太

絶対貧困―世界リアル貧困学講義 (新潮文庫)絶対貧困―世界リアル貧困学講義 (新潮文庫)
(2011/06/26)
石井 光太

商品詳細を見る

売春、麻薬や銃の売買、殺人などの犯罪の温床であるスラム街は危険がいっぱいです。著者は、世界各国のスラム街14か所に足を運び取材した、根性のあるジャーナリストです。

世界のスラム街を本当に取材した人物は、著者が日本でただ一人だと思います。その貴重な記録から、貧困とは何かを考えさせられた点をいくつか選び、まとめてみました。



・貧しい人々は、次のような追い出されない場所にバラックを建てようとする。「危険な場所」(川べり、土手、鉄道沿い)、「不潔な場所」(ゴミ集積所、下水の溢れる場所)、「目立たない場所」(人気のない街角、隔離された居住区)

・スラムを分類すると、「同じ身分や職業の者が集まっているスラム」と「宗教や民族や出身地別に成り立つスラム」がある

・スラムが大きくなると、隣人相手に商売する人が出てくる。真っ先に作られるのが、食べ物を売る「八百屋」「肉屋」と「雑貨屋」。その次に現れるのが「酒屋」「賭博場」。店が一通りできると、ちょっと成功した人が、新しく住みついた貧困者を遣った会社を起こす

・スラムに会社ができると、やがて売春窟が作られるのが常。きれいとは言い難い女性や小太りの中年女性たちが働き始める。こうしてスラムがさらに大きくなると、完全な「街」となり、人口増加に比例して、店や会社の数が増え、競争原理で、サービスが向上する

・海外では、階級によって食生活が全く違う。途上国はそれが顕著。セレブ、ビジネスマン、庶民、スラムの住人ごとの食べ物や調理法がある。世界のスラム食に共通していることは、「火や油を使った料理」。ばい菌を殺し、保存期間を延ばせるから

・スラムの「貧困フード」には、魚の頭、鼠や昆虫、骨を油で揚げたもの等があるが、その中で、世界中の人々に受け入れられてグローバルフードになったのが、フライドチキン

・夫婦の秘事は、子供に囲まれながら、声を殺して、前戯などなく、即挿入で敢行する。その理由は、「体を洗っていないので汚いから」「早く射精して家族を起こさないため」

・スラム街の女性たちは、恋人をつくったり、結婚したりする度に子供をはらむため、腹違いの義理兄弟がわんさかできる。そのため、血のつながりは重視せず、どこかで血が繋がっていればみんな兄弟といった感覚を持っている

・スラムが巨大化して街になると、生まれる代表的な「表の仕事」が次の三つ。「人力車、自転車タクシーの運転手」「廃品回収業」「日雇いの肉体労働者、家政婦」

・スラムの片隅で行われる「闇の仕事」(犯罪行為)の代表が「麻薬売買」「武器売買」「臓器売買」「人身売買」。一部の住人が、様々な成り行きから、悪事に手を染めてしまう

・路上生活の天敵は、「季節」と「警察」。寒い地域には「マンホールハウス」(冬は暖かく、雨や雪をしのげる)がある。蚊の多い地域の人は、ミイラのようにボロ布を巻いて寝る

・路上生活者は、家族や仲間が亡くなったら、遺体を道路に置いて、線香を立て、通行人から埋葬費用を募る。そして、木の薪は高いので、古タイヤを使って火葬する

・路上には「物売り」と「物乞い」という二つの職業がある。物売りには、新聞売り、煙草売り、お菓子売り、宝くじ売り、ティッシュ売り、花売りなどがある。物乞いは、芸人型物乞い、ストリートチルドレン、アピール型物乞いに分けられる

・インドの「障害者や病人の物乞いランク」は、上から「ハンセン病」「象皮病」「四肢切断」「全盲、知的障害」「片手、片足、片目の障害」「火傷、皮膚病などの軽い障害」。「健常者の物乞いランク」は、上から「赤子」「老人」「女性+赤子」「女性」「青年」「成人男性」

ストリートチルドレンに男児が多いのは、「親戚は大人しい女児しか預からない」「女児は少女売春婦や家政婦に雇われる」「女児が犯罪から身を守るために男装している」から

・ストリートチルドレンが、幼いうちに多くが死亡する理由は、「薬物中毒死」「酩酊時の事故死」「感染症死」「栄養失調」。まっとうな道に進もうとしても、「シンナーなどの薬物依存症」「愛情欠如によるコミュニケーション障害」「トラウマによる社会不適合」が阻む

売春婦推計人口は、中国が2000万人(女性の30人に1人)、インドが1000万人(女性の50人に1人)。GDPにおける売春の占める割合は、韓国が5%、中国が6%

・一般の売春宿では、男性客が1000円支払ったら、その3割~5割(300~500円)が売春宿側の儲け。その代わり、売春宿は売春婦に3食とベッドを提供し、トラブル処理や警察への賄賂なども負担する



目を背けたくなる事実がいっぱい記載されている書でした。しかし、これが貧困の現実です。きれい事だけでは世の中を渡っていけません。

数年前、貿易会社を経営している人から「貧しい国を訪問するときだけ、まだまだ甘い息子を同伴させている」という話を聞きました。この話のように、厳しい現実を知らない人には、貧しい国はいい薬になるのかもしれません。


[ 2014/08/04 07:00 ] お金の本 | TB(0) | CM(0)

『年収1000万円の貧乏人、年収300万円のお金持ち』伊藤邦生

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち
(2013/02/09)
伊藤 邦生

商品詳細を見る

著者の「お金」の考え方が自分と似ています。著者が、本書で紹介する書もほとんど読んだものばかりです。

タイトルは、軽薄に感じますが、内容は、結構深いものがあります。その一部をまとめてみました。



・現代社会は、多くの企業が練りに練った販売戦略を行い、消費活動を喚起させようとしている社会。その中で生活するということは、強い意志がないとお金を使ってしまうということ

・私たちは、必要最低限の生活費を除くと、「公務員」と「建設会社」と「銀行員・保険マン」を食べさせるために、一生懸命働いていると言える。借金をして、マイホームを買うと、一生、建設会社や銀行・保険会社のために働く人生になってしまう

・「勉強した」からには、資格や学歴などの明確な結果が欲しい。「努力した」からには、明確な形で「報われたい」。だから、勉強、資格、学歴などのスキルアップに必死になる

・投資家は多くの案件を精査し、その中に一つ二ついい案件があればいい、と考える。投資は、損する可能性があることを覚悟した上で実行するもの

・サラリーマンは、リスクをとることを恐れる人種。「リスクをとる」というのは、何かを失うことを覚悟して、それ以上のリターンを追求する行為

・人口が増えれば株価が上がるというのは、単純な真実。株価の上下は、40代半ばの人口の数に比例するのも事実

・デフレ経済では、どの業界も「二極化」の現象が起きる。日本株は、勝ち組の企業を選べばいい

・68%のファンドマネジャーが「市場平均」に負けている。つまり、プロのファンドマネジャーに運用を任せる投資ファンドは買わないほうがいいということ。さらに言えば、金融機関は、投資で損して、手数料で儲けているということ

・不動産はとても参加しにくいマーケットだが、不動産投資は、完全に素人のマーケット

富とは、持っているお金の額のことではない。お金をすべて失ったときに残っているもののこと。富とは、あなたの中にあるもの

・投資ステージの特徴は、「1.アリ」貯金がなく、その日暮らし「2.カモ」貯金はするが、増えない「3.カメ」全額を銀行に貯金「4.ヒヨコ」投資を少し学び始める「5.スワン」優良案件を投資判断できる「6.ゴールドスワン」よい投資案件が流れ込む

・資本主義社会はアリの社会と似ている。少数の女王アリのために働き続ける多くのアリと、一握りの資産家のために働き続けるサラリーマンは同じ

住宅ローンを組んだサラリーマンは、30年後に価値がなくなるもののために、30年間働き続けるということ

アリは資産家のために一生働き続ける。カメは国のために一生働き続ける。投資のスキルがないと、アリとカメとして生きていくしかない

投資力がないのに、資産だけ持っていると、簡単にカモにされてしまう

・資産を守るためには、分散投資は有効だが、資産を増やす場合は、むしろ集中投資をしなければいけない

・投資で勝ち続けるためには、感情を克服しないといけない。そして、「優位性」を核とした上で、「規律」「忍耐」「リスク管理能力」「覚悟」の4つの資質が備わっていないと、長期的に資産を築き上げるのは難しい

・ノウハウや「優位性」をもって、アプローチや戦略を築き上げることで、投資もギャンブルではなく、仕事になる

・時間のない金持ちの主要な収入は「給料」。時間のある金持ちの主要な収入は「不労所得」。不労所得のある金持ちは、優雅な暮らしをしている。あくせく働くことはない。いくらお金があっても、人生の時間を買うことはできない。マネーよりタイムのほうが、断然重要



本当に豊かに暮らすには、どうしたらいいのかを真剣に考えた人であれば、著者の意見に同意すると思います。

著者に同意する人が圧倒的多数になったとき、日本は豊かな社会になっているのではないでしょうか。


[ 2014/07/14 07:00 ] お金の本 | TB(0) | CM(0)

『資本主義から市民主義へ』岩井克人

資本主義から市民主義へ (ちくま学芸文庫)資本主義から市民主義へ (ちくま学芸文庫)
(2014/04/09)
岩井 克人、三浦 雅士 他

商品詳細を見る

東大名誉教授である著者の「貨幣論」(貨幣は貨幣だから貨幣である)は、貨幣の本質を真に言い当てたものです。この実体のない「貨幣」の獲得に奔走する社会に、私たちは今生きています。

本書には、この資本主義社会を「よりよく生きる」ためのヒントがいっぱい詰まっています。それらをまとめてみました。



・人は手に持っている貨幣を今使うべきか、もう少し後に使うべきか、常に決断に迫られている。何も債券や株式、さらには先物やスワップやオプションの登場を待つことなく、人類は貨幣を使い始めたときから、投機という現象に直面せざるを得なかった

・人間は投機するサル。投機は未来を実体化する。おそらく、それこそが時間の起源であり、欲望が時間の起源ということ

・紙幣のほうが貨幣の本質を具現している本来的な貨幣。貨幣とは、最初から本物の代理でしかなく、すべての貨幣の価値はそこから出発する

・不換紙幣は近代の錬金術と言われるが、実は錬金術こそ、貨幣を模倣しようとした。鉛や錫といった粗悪な金属を金や銀に換えるのは、貨幣経済がすでに成立してからの試みであった

・産業資本主義以前の富は、自然発生的なもの。したがって、富は掠奪や戦争で獲得していた。その掠奪品は、必ずしも自分の欲しいものとは限らない。そこで、掠奪品を自分が好きなものと替えてくれる人間が必要になり、掠奪品を売買する商人が登場する

・農村における共同体的賃金が都会の工場労働者の賃金を抑えてくれたおかげで、資本家は自動的に利潤を得ることができた。一つの国民国家の中に、市場的な部分と非市場的な部分が共存していたことが、産業資本主義を可能にした

・「世界経済は<中心><半周縁><周縁>というメカニズムによって形成されている」(ウォーラーステイン)

・日本では1970年代に入ると、農村の産業予備軍が枯渇し、国民経済の中の二重構造が解消し始めた

・貨幣を持つことは、もともと未来に向けた投機にほかならない

・貨幣を持つのは遊戯。食べ物は食べないと腐ってしまうが、貨幣は今の使用価値に通じなくてもいいので、遊びそのもの

・貨幣発行者の大儲けを経済学ではシニュレッジ(王様利得)と呼ぶ。かつては貨幣の発行権は君主の特権だったから。アメリカは今、王の特権を享受している

基軸通貨国であるアメリカは、基軸通貨国としての世界経済全体の立場に立った規律が求められている。例えば、アメリカが不況であっても、世界がインフレになれば、アメリカはドルの供給を減らして、デフレ政策をとらなければならに

・日本の会社は「会社共同体」でユニークと言われるが、アメリカは「株主主権」、ドイツは「労使参加」、イタリアは「家族支配」でユニーク。そもそも会社は融通無碍

・資本主義は差異を食って生きている。逆に言えば、差異を見つけて均していく、世界を均一化していくことで生きているということ

・人間とは社会的動物だが、それは、「言語」「」「貨幣」を媒介として、お互いを抽象的な意味での人間として認め合うことによって社会を形成する動物ということ

・貨幣はすべてのモノを手に入れる可能性を与えてくれるということから、人間はモノそのものを欲望するよりも、モノを手に入れる可能性を欲望するようになった

貨幣が貨幣として価値を持つのは、すべての人に貨幣が受け入れられているから。法が法として人々の義務と権利を確定するのは、すべての人に法が受け入れられているから。言語が言語として意味を伝えるのは、すべての人に言語として受け入れられているから

・一万円札を欲するのは、他の人も一万円札を欲しているから欲しているだけということ

・資本主義の本当のクライシスとは、貨幣が貨幣でなくなってしまう貨幣経済解体の事態。これに対して、モノを買う人がいなくなり、モノが売れなくなる恐慌は、本当のクライシスではない。なぜなら、それは貨幣の存在を支える社会の永続を人々が疑っていないから



貨幣という欲望(色欲)の権化が、実体は何もない(空洞)というのが印象的な点でした。それは。まるで「色即是空」の世界です。

「ない」ものをみんなが「ある」と信じるから、「ある」ようになっている。そういうものは、貨幣以外でも他にたくさんあります。社会とは、幻想の上に成り立っているということを認識できる書でした。


[ 2014/07/07 07:00 ] お金の本 | TB(0) | CM(0)

『男性不況・男の職場崩壊が日本を変える』永濱利廣

男性不況――「男の職場崩壊」が日本を変える男性不況――「男の職場崩壊」が日本を変える
(2012/10/26)
永濱 利廣

商品詳細を見る

日本は、女性の社会進出が遅れていると言われているが、実は、ジワリジワリ進行し、男の職場を侵食している、ということが記されている書です。

10年前のデータと比較すれば、その傾向は一目瞭然で、今後も、男性が苦境に陥りそうに思います。

どういう対策をとれば、この苦境から逃れることができるのか?男の立場としては関心のあるところです。その一部をまとめてみました。



・男性不況とは、「男性向きの仕事が減り、女性向きの仕事が増えた結果、男性の価値が低下した」状況

・製造業や建設業などの男性向きの雇用が減り、医療・福祉などの女性向きの雇用が増える。それと並行して、かつては男性向きと考えられていたホワイトカラーの門戸が女性にも開かれる。その結果、「女性高・男性安」になった状況を男性側から見たのが「男性不況」

・2002年当時の男性就業者の4割近くが、製造業と建設業に集中していたので、製造業(205万人減)と建設業(145万人減)の就業者減が、男性の就業者が減った最大要因

・生産年齢人口比率は建設投資と相関するので、日本の建設投資も1990年を境に減り続けている

病院や介護施設で働く人の数が大幅に増えている。その数は、2002年から2011年の9年間で178万人増と、他業種とはケタが違う

・男性はピーク時の577万円から直近の500万円へ(13%減)、金額にして77万円も給与が減ってしまったのに対し、女性は280万円から263万円へ(5%減)と、わずか17万円の減少で済んでいる

・男性の給与が下がった理由は、非正規雇用の増加だけではなく、正規雇用者の賃金の低下にある。そして、もう一つ、女性の正規雇用者の給与が上がったこと

・2020年までに、女性の雇用が134万人増加するのに対し、男性の雇用は55万人減少すると予想されている

・男女間給与格差の縮小にこそ、家計の所得格差拡大の原因がある。女性の賃金が男性の賃金に近づけば近づくほど、お金持ちの家庭とそうでない家庭の所得格差が大きくなっている

・自然に任せていては、男女が収入階層の壁を超えて、相手を選ぶのは期待薄で、高所得者同士、低所得者同士のカップルができやすい。家計所得の格差は今後さらに広がっていく

・男性が主なユーザーである嗜好品は、ここ数年一様に売上を減らしている。たばこの販売数量(ここ15年で40%以上減)、お酒の消費量(ここ15年で15%減)。家電の不況も、メカ好き男性の財布の紐が極端にきつくなったことも無縁ではない

・男性向けから女性向けへのシフトの例で、最も顕著なのが飲食店で盛んに見られる「女子会」

・男性が一家の大黒柱として家族を養う家庭のあり方が限界に来ている。将来予測を見ても、男性不況が解消される見込みはまったくない

・「管理的職業従事者」は、1997年に221万人いたものが、2010年には159万人と60万人も少なくなっている。この間の減少率は、「製造・制作・機械運転及び建設労働者」の22%を凌ぐスピードでその数を減らしている

・アメリカは自国通貨を安く誘導した結果、2000年代に入って、ずっと減り続けていた製造業の雇用者数が、2011年から増加に転じた

・自国通貨が安いほうが、国の成長率は高くなる。自国通貨と成長率の関係は、各国の当局は周知の事実なので、自国通貨を安くしようと働きかけるのが一般的

・男性不況に個人としてとるべき戦略は4つある。「1.付加価値の高い成長分野の職に就く」「2.海外で日本人であることがプラスにはたらく職に就く」「3.女性がメインだった職場に職を求める」「4.専業主夫を目指す」。男性は防衛策を講じるべき



男女平等が着実に進んでいることを明らかに示す書でした。この「男性不況」を回避していくには、男性が女性にすり寄っていくのが最適の戦略かもしれません。

稼ぎが少なければ、腰を低くしないと生きていけません。若い男性が「草食系」と揶揄されていますが、実は、それが、現代にふさわしい賢い生き方なのではないでしょうか。


[ 2014/02/10 07:00 ] お金の本 | TB(0) | CM(0)

『40歳からのリアル』人生戦略会議

40歳からのリアル40歳からのリアル
(2013/05/24)
人生戦略会議

商品詳細を見る

以前、「35歳からのお金のリアル」という本を紹介しました。本書は、その続編となる書です。お金だけでなく、仕事、住まい、健康、家庭、老後のリアルが載っています。

時すでに遅しなのですが、私の40歳を反省して、なるほどと思った点がいっぱいありました。それらをまとめてみました。



・人生の目的は「年収1000万円の男」という自己満足ではなく、楽しく、不安なく、笑って過ごせる人生。金額を追うことと満足できる人生を手に入れることは別次元

・支出に関して40歳が特徴的なのは、人生の「3大支出」と言われる「住居費」「教育資金」「老後の生活資金」が重なり、家計の負担が大きくなること。収入が増えない状況で、これらの3つが重なってしまうと、一気に支出が増えて、家計が危機的状況になる

・「あれもしたい、これもやりたい」という願望を持つのは20代まで。「こういう方法はどうだろう」「あんな方法もあるらしい」と模索するのは30代。40歳からは、「ウチはこう暮らす」「そのためにこれを買い、これは買わない」と決断する基準を持たなければならない

・情報に「夢を与えてもらう」のは20代まで。情報に「踊らされる」のは30代。40歳からは、情報を「へえ」の一言で聞き流す勇気を持たなければならない

・医療保険には「万一に備えて入るもの」という常識があるが、現金があれば医療費は払える。しかも、アメリカのように公的な保険制度がない国と違い、日本には国民皆保険という制度がある。つまり、民間の医療保険は、けがや病気のリスクに二重に備えるもの

・アメリカで破産した人の約半数は、高い医療費が支払えなかったため。日本で10万円ですむ盲腸の入院が、アメリカでは200万円ほどかかる。アメリカで暮らすなら医療保険に入ったほうがいいが、日本で暮らすなら、その必要性は大きく下がる

・都市部で車なしの生活と、郊外で車を持つのとでは、かかるコストはほぼ同じ。どちらが満足度が高いかを夫婦で話し合えばよい

・「お金の話なんて・・・」と言ってかっこいいのは、お金持ちだけ。貧乏な人が、「お金より大事なものがある」と強がっても、負け惜しみにしか聞こえない

・土地は地価によって価値が変わる。そのため、ローンを組んで家を買うということは、借りたお金の一部で不動産投資をすることと同じ

賃貸の場合は、今のところ、家賃、管理費、敷金、礼金などには消費税はかからない。一方の持ち家は、建物の建築代金、不動産業者、登記のために司法書士に支払う手数料などに消費税がかかる

・日本は「新築信仰」が強い。日本の住宅は90%が新築、アメリカでは逆に80%が中古。イギリスやフランスでも中古が新築を上回る。世界的に見れば、日本の住宅市場は異質

・新築物件は、買った瞬間に2割ほど価格が下がる。つまり、この2割が新築の価値(「気分」と「性能」の値段)。「気分」とは、買ったという満足感と新鮮だったという思い出。「性能」とは、10年経てば「ひと昔前の設備」、30年経てば「買い替えなければならない設備」

・片道2時間の通勤がもったいないと感じるのは、時間の使い方に問題があるから。仕事をすることもできるし、勉強もできる。もったいないのは、通勤時間ではなく、通勤時間を活用できていないこと

・子供と一緒に住む期間は、その家に住む期間の半分にも満たない。ローンの返済期間よりも短くなる。最終的には要らなくなる子供部屋は、最初からなくてもよいと考えられる

・会社やスポーツチームのように規律、価値観、指揮系統を明確にすることが、いい家庭を築く上でのポイント

・愛やお金や健康など不安定に変化するものに頼らずとも、先行き不透明な世の中を生き抜ける家庭をつくること。未来を生き抜けるかどうかは、家庭という最小単位の組織を強固で成長性のある集団に構築できるかどうかにかかっている

・組織では「やさしい社長」がいい社長ではない。「利益を出して、社員を幸せにする社長」がいい社長。家庭も、そのような視点で考えれば、正しい独裁によって家庭が強くなる

・夫婦間で、「価値観」と「戦略」をあらかじめ共有しておくこと。価値観とは、何に価値を見出すかであり、決断の生命線となる基準。戦略とは、何歳まで働き、老後はどこに住み、そのためにお金を準備しておくかという「進んでいく方向



本書を簡潔にまとめれば、「世間の目を気にせず、自分の(夫婦の)思い描く人生を歩んでいくことができれば、幸せな人生が送れる」ということです。

家庭を上手に経営するという視点が必要です。その家族経営を始める(創業する)のは、40歳までが望ましいのかもしれません。


[ 2014/02/03 07:00 ] お金の本 | TB(0) | CM(2)