とは学

「・・・とは」の哲学
カテゴリー  [ 組織とは ]

組織とは

1.組織とは、
「自分に厳しい人が、自分に甘い人をマネジメントすることで、機能するもの」です

2.組織とは、
「やるべきことをやっていない人が、みんなをリードし始めたら、崩壊していくもの」です

3.組織とは、
「自信に充ちたリーダーを必要とするもの」です。自信をなくしたリーダーのクビは早く切ることです

4.組織とは、
「上が命令した失敗を、上が責任をとらなければ、どんどん腐っていくもの」です

5.組織とは、
「真面目に頑張って成績を上げている人を評価し、その人を模範にさせて、みんなを引っ張っていけば、再生できるもの」です

6.組織とは、
「幹部と成員(社員、会員)の間に格差が生じたら崩壊するもの」です。幹部が贅沢、放蕩しているのがバレたときが要注意です

7.組織とは、
「幹部の不正や腐敗を厳しくただすことが大事なもの」です。上に甘いと、下はしらけてくるものです

8.組織とは、
「トップ以外の待遇が、みんな同じがいいもの」です。トップに次ぐ幹部たちを厚遇すると、下のものは不満を募らせるものです

9.組織とは、
「下が真面目に働けば働くほど、上が腐敗していくもの」です。下が不真面目なほうが上が育つものです

10.組織とは、
「大きくなればなるほど、命令がどうしても理不尽になるもの」です。つらいけど、仕方がないものです

11.組織とは、
「上層部に、いい情報しか集まってこなければ、見通しが暗くなるもの」です。「悪い情報が集まっているうちは、見通しが明るいもの」です

12.組織とは、
「序列が決まって初めて機能するもの」です。船頭を多くすれば、組織は動かなくなるものです

13.組織とは、
「『親分』と『子分』の関係だけでいいもの」です。命令する『親分』以外は、全員『子分』でいいものです

14.組織とは、
「自陣の『王将』を守る人たちと、敵陣の『王将』を攻める人たちを組み合わせて構成するもの」です

15.組織とは、
「欠点を補うのが基本のもの」です。目立つ人と地味な人、しゃべりと無口、楽観的と悲観的、理性的と感性的。名コンビが力を発揮するのです

16.組織とは、
「対立する人、合わない人もいることで、バランスよく動いていくもの」です

17.組織とは、
「仕事以外のときに、序列を越えて交わる場があると、まとまりやすくなるもの」です

18.組織とは、
「一人一人の我慢によって成り立っているもの」です。だから、組織の中でのわがままは慎むべきものです

19.組織とは、
「張り上げた声が届くくらいの人数に留めておくのがいいもの」です。50人までがいいところです

20.組織とは、
「小さなものが集まって、大きくなっていくもの」です。したがって、小さな組織を動かすように、大きな組織を動かせばいいのです

21.組織とは、
「新しい技術や知恵をもたらす人を入れなければ、衰退していくもの」です。組織は、外部の才能と情報を食って成長しているからです

22.組織とは、
「有能な人を登用することで、活性化していくもの」です。無能な人を黙らせることです

23.組織とは、
「何年も経ってくると、人間関係でがんじがらめになるもの」です。一度リセットすべきです

24.組織とは、
「外で競争し、内でも競争しないと、活性化していかないもの」です

25.組織とは、
「競争相手への嫌悪感と恐怖感を意識させることで、その連帯感が高まるもの」です。卑怯な手ですが、効果は高いものです

26.組織とは、
「お金と人事で動くもの」です。夢や目標は、その付け足しです。この順序を間違えないことです

27.組織とは、
「長く続いてるところほど、出欠自由、入退会自由、細かい規則なし、よそ者歓迎」です。固い規則を作ったら短命に終わるものです

[ 2017/04/19 08:00 ] 組織とは | TB(0) | CM(0)