とは学

「・・・とは」の哲学
カテゴリー  [ 勝負とは ]

勝負とは

1.勝負とは、
「欲張りな人、気の強い人、冷たい人が勝つもの」です。つまり、闘争本能に長けた人です

2.勝負とは、
「相手を絶対に倒してやるという『強い欲』か、勝ち負けを気にしていない『無欲』か、でないと勝てないもの」です

3.勝負とは、
「調子に乗ったほうが勝つもの」です。相手を調子に乗せたら、受け身一辺倒になって、苦しむことになるのです

4.勝負とは、
「自信たっぷりのほうが勝つもの」です。自信をつけるためには、神頼み、縁起担ぎ、イメージトレーニングなど、何でもやるべきです

5.勝負とは、
「最後の一秒で決まることが多いもの」です。粘りに粘って、最後まであきらめなかった人が勝つのです

6.勝負とは、
「最後で決まるもの」です。油断、あせり、自信のなさ、というものは、最後に出てくるものです

7.勝負とは、
「自分に勝てた人が、自分に勝てなかった人に、勝つもの」です

8.勝負とは、
「不安に打ち克つことができた人が勝てるもの」です。戦う前も、戦っているときも不安だらけだからです

9.勝負とは、
「心に余裕がある人が最後に勝つもの」です。心の余裕は資金力と大いに関係しているものです

10.勝負とは、
「実力半分、ハッタリ半分で決まるもの」です。ハッタリもバカにはできないものです

11.勝負とは、
「おじけづいたほうが負けるもの」です。自信をどう保つかが、戦いに勝つ秘訣です

12.勝負とは、
「途中で、喋ったり、騒いだりしたら、負けるもの」です。戦っといるときは、静かにしないといけないものです

13.勝負とは、
「守ってばかりになれば、負けるもの」です。守るのは、次に攻めるための準備です

14.勝負とは、
「より強いものを味方につけて、臨んでいくもの」です。そうすれば、戦わなくても勝つことができるからです

15.勝負とは、
「不意を突いたほうが勝つもの」です。不意を突かれないように準備を怠ってはいけないものです

16.勝負とは、
「相手にミスを誘発させれば、勝てるもの」です。ミスをさせて、自滅させるように持ち込むのも作戦のうちです

17.勝負とは、
「相手が困る手を先に打ち、有利にすすめていくもの」です

18.勝負とは、
「誰が一番下手かを見抜き、そこを叩いた奴が勝つもの」です

19.勝負とは、
「相手の弱みにつけ込むもの」です。命がかかっているときは、いやらしくしてでも勝ちにいくものです

20.勝負とは、
「負けたら終わるもの」です。だから、卑怯な手を使っても、勝てば官軍になるのです

21.勝負とは、
「得意の『攻めの一手』と、相手の攻撃かわす『逃げの一手』を持っていれば、余裕が生まれて勝てるものです

22.勝負とは、
「予測できない場合、たいていは負けるもの」です

23.勝負とは、
「大義名分があるほうに微笑むもの」です。大義名分のない戦いは避けたほうが無難です

24.勝負とは、
「優勢ならば確実に勝ちにいき、劣勢ならばバクチを打たないといけないもの」です

25.勝負とは、
「勝てそうなときは勝ちにいくもの」です。負けそうなときは休んでいればいいものです

26.勝負とは、
「自信がなければ、避けるか、逃げるか、したらいいもの」です。カッコつけてはいけないものです

27.勝負とは、
「『勝てば、得する。負けても、トントン』というときにだけ仕掛けるものです。勝っても、トントンだったら、勝負してはいけないものです

28.勝負とは、
「リーダーの直観的判断と適材適所の人の配置で決まってしまうもの」です

[ 2017/04/03 08:00 ] 勝負とは | TB(0) | CM(0)