とは学

「・・・とは」の哲学
カテゴリー  [ 会社とは ]

会社とは

1.会社とは、
「社員を利用しようとするもの」です。社員とは、「会社を利用しようとするもの」です。両者の関係は、フィフティフィフティです

2.会社とは、
「利潤を最大化しようとするもの」です。労働組合が機能していないと、従業員の給料を下げようとしてくるものです

3.会社とは、
「赤字になれば、従業員の幸せなど、これっぽっちも考えてくれないもの」です。儲けあっての、きれい事です

4.会社とは、
「儲からなくなってくると、『悪』になるもの」です。変わり身の早いものです

5.会社とは、
「できる社員、いい取引先を囲い込み、できない社員、悪い取引先を切ることで、利益を確保していくもの」です

6.会社とは、
「カネを稼ぐ力のない社員と技術のない社員には冷たいもの」です

7.会社とは、
「『働かされる奴』と『働かす奴』」とに分かれているところ」です。『働かされる奴』から早く脱け出すことです

8.会社とは、
「仕事ができたら、どんな奴にも、居場所を提供してくれるところ」です

9.会社とは、
「仕事のできない人をいじめるもの」です。でも、給料(カネ)は支払われるので、子供のいじめほど酷くはないものです

10.会社とは、
「人間を第一に考えなくなったら、荒れ果ててくるもの」です。赤字続きの会社は、その典型です

11.会社とは、
「知識と技術を学ぶところ」です。それができない会社は、いくら給料がよくても、転職を考えるべきです

12.会社とは、
「取引先のようなもの」です。儲けさせてくれず、将来性もない取引先は、早く見切って、新規取引先を見つけるべきです

13.会社とは、
「自分という『個人事業主』の『得意先』」です。そう考えると、勤めている会社の不満がなくなるものです

14.会社とは、
「辞めたいと思っても、すぐに辞めてはいけないところ」です。辞めたいと考えたときから、物の見方、考え方が変わり、成長するものです

15.会社とは、
「組織と人間関係で、できているところ」です。組織をうまく利用して、要領よく生きていくのが処世術というものです

16.会社とは、
「金銭欲と出世欲を失くすことができれば、結構幸せに過ごせるところ」です

17.会社とは、
「責任感、誠実さ、辛抱、根性、積極さ、社交性、指導力で社員を評価するところ」です。つまり、出世しようとすれば、ストレスが溜まるところです

18.会社とは、
「入社後もグングン伸びそうな社員を採用するところ」です。伸びしろを見ているものです

19.会社とは、
「短時間で仕上げてくれたら喜んでくれるもの」です。「長時間かけて丁寧に仕上げても喜んでくれないもの」です

20.会社とは、
「小さいほうがいいもの」です。大きくせざるを得ないから、大きくするだけです。だから、大きな目標を掲げないほうがいいものです

21.会社とは、
「そこで働く社員の言動を観察すれば、信用できるかどうかを判断できるもの」です

22.会社とは、
「トップが、創業者か、二代目か、サラリーマン経営者かによって、今後どうなっていくかを予測できるもの」です

23.会社とは、
「30才前後の社員の離職率が低ければ、信用していいもの」です

24.会社とは、
「リーダーやスタッフが現場に則していない抽象的な議論をし始めたら、注意が必要になるもの」です

25.会社とは、
「本社権限を強化すると、客の声よりもデータを重視するようになるもの」です。机の上で考えるひ弱な社員が増えるのは危険信号です

26.会社とは、
「下が真面目に働けば働くほど、上が腐敗していくもの」です。逆もまた真なりです

27.会社とは、
「経営幹部を優しくすると、従業員の士気が落ちるもの」です。できるだけ、幹部には、きつく当たるべきです

[ 2017/04/20 08:00 ] 会社とは | TB(0) | CM(0)