とは学

「・・・とは」の哲学
カテゴリー  [ 自由とは ]

自由とは

1.自由とは、
「お金や地位や名誉よりも上位のもの」です。自由が最高位です。人生の目標は自由になることであると、わかっていない人が多いものです

2.自由とは、
「収入や地位といった縛りから、離れて暮らすこと」です

3.自由とは、
「お金のことを意識しなくても、生きていけること」です

4.自由とは、
「お金がいっぱいあるのに、お金をあまり使わずに暮らしている状態のこと」です

5.自由とは、
「暮らしていけるだけのお金があること」です。つまり、お金とは、暮らしていけるだけあればいいものです

6.自由とは、
「生活のためにカネを稼がなくてもいいこと」です。それと、「時間を自分の思い通りに使えること」です

7.自由とは、
「欲しいものがあって、それを買うお金も十分にあるということ」です

8.自由とは、
「『贅沢品』にお金を使っていたら、手に入らないもの」です。自由は、我慢の後にあるものです

9.自由とは、
「酒、タバコ、ギャンブルなどの中毒症状から離れられない人には、ないもの」です

10.自由とは、
「老後、病気、失業の心配がなくならない人は、感じられないもの」です

11.自由とは、
「貸しをつくった人が得られるもの」です。「借りをつくってしまった人は失うもの」です

12.自由とは、
「資産額と相関するもの」です。所得額とは相関しないものです

13.自由とは、
「独立して、お金を貯めないと得られないもの」です。組織の中にいては得にくいものです

14.自由とは、
「自分の奴隷をつくって、稼がせることで、半分達成できるもの」です

15.自由とは、
「『貧しさ』と『忙しさ』から解放された人だけにあるもの」です。『貧しさ』がなくなっても、『忙しさ』はなかなかなくならないものです

16.自由とは、
「他人に時間を支配されないこと」です。時間を自分の好きなように使えないと、自由とは言えないものです

17.自由とは、
「生まれたときから死ぬまでの時間のこと」です。人は、自由に使っていい時間を、自ら不自由にしているのです

18.自由とは、
「集団を離れて『一人』で生きるか、集団に残って出世競争に勝ち『トップ』になるか、でしか得られないもの」です

19.自由とは、
「野生になること」です。檻の中でエサをもらって、曲芸を披露している人たちは、自由を求める資格はないものです

20.自由とは、
「野垂れ死を覚悟できる人しか、求めてはいけないもの」です。孤独死を怖がる人が、自由を主張すべきではないのです

21.自由とは、
「孤独と一体のもの」です。『自由な人生』を選ぶか、『孤独にならない人生』を選ぶかの、どちらかです

22.自由とは、
「俗世間のわずらわしさを捨てないと、始まらないもの」です

23.自由とは、
「頂上にあるもの」です。不自由な人たちを頂から見下ろしていたら、自由を実感できるものです

24.自由とは、
「放ってくれる気楽さのこと」です。かまわれるのは、うっとうしいものです

25.自由とは、
「わがままになれること」です。でも、わがままは嫌われるものです。自由とは、「嫌われることを覚悟しないといけないもの」です

26.自由とは、
「やりたいことを、やりたいように、たっぷりやれること」です

27.自由とは、
「自分で決めたことを、自分の責任でもって、自分の思いどおりにやれること」です。スカッとするものです

28.自由とは、
「したくないことをしなくても生きていけること」です。ほとんどの人がしたくもないことを仕事にしているものです

29.自由とは、
「みんなの前で、自分の考えを堂々と発言できること」です

30.自由とは、
「自分を高く買ってくれるところに、簡単に移れること」です。飼い殺しにされたらたまらないものです

31.自由とは、
「不自由な人たちから脱け出した、すぐそばにあるもの」です

32.自由とは、
「建て前やきれいごとを言ってくる人の近くにはないもの」です

33.自由とは、
「欲しくないものと、必要のないことを決めて、そこから遠ざかっていれば、得られるもの」です

34.自由とは、
「隠居した人が、ラフな格好をして、時間を気にせず、ふらふらさまよっているようなもの」です

35.自由とは、
「競争を拒否することで満喫できるもの」です。自由競争の社会に身を置けば、自由ではなくなるものです

36.自由とは、
「付かず離れずを楽しめる心境になれば、手に入るもの」です

37.自由とは、
「嫌な人、嫌な時、嫌なところ、嫌なこと、嫌なやり方を避けても、生きていけること」です

38.自由とは、
「協調性を強要する人から、逃げないと、手に入らないもの」です

39.自由とは、
「常識の範囲で生きている人たちにはないもの」です。自由な人たちは、常識という鎖に縛られていないものです

40.自由とは、
「他人の目や口を気にしていたら、得られないもの」です

41.自由とは、
「親分にはあるが、子分にはないもの」です。自由とは、序列の上のほうにあるものです

42.自由とは、
「個人にあるもの」です。不自由とは、集団にあるものです。大きな集団には、不自由しかないものです

43.自由とは、
「壁に囲まれた中にあるもの」です。高くて、分厚い壁を築かなければ、自由を侵略されるからです

44.自由とは、
「柵の内にあるもの」です。柵の外に、ありそうに思うけれど、意外とないもの」です

45.自由とは、
「世の中のすき間にしかないもの」です。日本はすき間が少ない国なので、窮屈に感じるものです

46.自由とは、
「法律で罰せられるところの外にあるもの」です。グレーゾーンを探せば、自由はあるものです

47.自由とは、
「ある程度の制限の中にあるもの」です。スポーツやゲームもルールあるから楽しめるのです

48.自由とは、
「他人に迷惑がかからない範囲で、したいことをして、やりたいことをやってもいいということ」です

49.自由とは、
「闘って得るもの」です。逃げてばかりいれば、得られないものです

50.自由とは、
「個人が社会と戦って、勝てた証」です。尊いものです

51.自由とは、
「成熟した人たちにしか与えてはいけないもの」です。未熟な人たちに自由を与えると、社会が混乱するからです

52.自由とは、
「自助努力のできない人たちに、与えてはいけないもの」です。わがままし放題になるからです

53.自由とは、
「他人の自由を奪わない範囲で、満喫するもの」です

54.自由とは、
「相手を不自由にしてしまわない程度に追い求めるもの」です

55.自由とは、
「誰かの不自由によって、享受できるもの」です。ゆえに、自由は謙虚に追い求めるものです

56.自由とは、
「欲を充たした上で、欲から解き放たれること」です。欲の充足の先にあるものです

57.自由とは、
「抑圧を解くために求めるものと抑圧が解けた後に求めるものがあるもの」です

58.自由とは、
「不自由な人が語るもの」です。自由な人は語らないものです

59.自由とは、
「不自由な世界で生まれた人の思想」です。不自由とは、「自由な世界で生まれた人の感情」です

60.自由とは、
「奴隷にもあるもの」です。でも、このような狭くて小さな自由で満足していてはいけないものです

[ 2017/05/18 08:00 ] 自由とは | TB(0) | CM(0)