とは学

「・・・とは」の哲学
カテゴリー  [ リーダーとは ]

リーダーとは

1.リーダーとは、
「組織のいや~な空気を、いい空気に一変できる力のある人」です

2.リーダーとは、
「つらいときでも、大丈夫、大丈夫と言える人」です。つまり、メンバーが考えていることの逆を言えないと務まらないものです

3.リーダーとは、
「『あの人の言う通りにやればうまくいく』と言われるようになった人」です

4.リーダーとは、
「聞かせようとしなくても、みんなが真剣に聞いてくれないとダメなもの」です

5.リーダーとは、
「未来をイメージできる人」です。そして、現状を不安に思っている人に、夢のある未来を示せる人です

6.リーダーとは、
「自信をなくしている部下に、自信を取り戻させる人」です

7.リーダーとは、
「みんなを意気消沈させてはいけないもの」です。「高揚させないといけないもの」です

8.リーダーとは、
「熱き想いを語れる人」です。みんなの心を揺さぶるのは『魂』です。リーダーが『魂』を語らなければ、メンバーは動かないものです

9.リーダーとは、
「火種になって、みんなに火を点け回り、燃え上がらせる人」です

10.リーダーとは、
「『一歩先』『一段上』にいて、メンバーを鼓舞する人」です

11.リーダーとは、
「気合・気迫・気概を充満させて、新たに企てることができる人」です

12.リーダーとは、
「理念や使命を、メンバーにしょっちゅう意識させている人」です

13.リーダーとは、
「朗らかで、寛容であることが条件」です。イライラ、カリカリしているリーダーは嫌われるものです

14.リーダーとは、
「外向きの性格の人が向くもの」です。内向きの性格の人は、専門職が向くものです

15.リーダーとは、
「まず食わせて、その次にきれいごとを言うもの」です。この順番が逆になってはいけないものです

16.リーダーとは、
「メンバーの生活改善を宣言する人」です。そして、その宣言を実行する人です

17.リーダーとは、
「自分たちの集団を外敵から守るのが仕事の人」です。守れない人は、リーダー失格です

18.リーダーとは、
「弱い味方を守りながら、強い敵に攻めていく人」です

19.リーダーとは、
「従業員の労働生産性アップと給与アップの両方を図ろうとする人」です

20.リーダーとは、
「部下のいいところをトップに報告する係」です。つまり、部下の広告宣伝係というわけです

21.リーダーとは、
「将来の敵になりそうな部下であっても、嫌いな部下であっても、実力があれば、登用しないといけないもの」です

22.リーダーとは、
「論理的に説得しながら、思いやりを添えて、人を使いこなすのが仕事のもの」です

23.リーダーとは、
「気難しい部下でも、納得させて、動かしていくのが務めの人」です

24.リーダーとは、
「笑顔でキツイことを言える人がいいもの」です。笑顔で言われると、不満が言えなくなるものです

25.リーダーとは、
「数字を見て、現場でその原因を確認し、改善の指示を出すのが 役目の人」です。現場を見て回らない人は、リーダー失格です

26.リーダーとは、
「時々『止まれ』と言って、軌道修正を図るのが役目の人」です

27.リーダーとは、
「平等に接するのが仕事の人」です。身近な人を依怙贔屓する人は、リーダー失格です

28.リーダーとは、
「部下を正当に評価してあげるのが仕事のもの」です。ほめたり、叱ったりするだけではダメです

29.リーダーとは、
「人を評価できる人」です。自分が評価されたいと思っている人は、リーダーには不向きです

30.リーダーとは、
「人の行為をほめたり、しかったりするもの」です。「人間性をほめたり、しかったりしてはいけないもの」です

31.リーダーとは、
「部下の生かす道を探りながら、組織のバランスをうまくとるのが役目の人」です

32.リーダーとは、
「人の強みを見つけて、活かして、伸ばしてあげるのが、その役目」です。そのためには、人が過去に何をしたかを知っておくことです

33.リーダーとは、
「最もいいタイミングを考えて、部下に声をかけるもの」です。そして、ありきたりの助言ではなく、それぞれに合った助言をするものです

34.リーダーとは、
「部下がお世辞を言ってこないように、付かず離れずを通さないといけないもの」です

35.リーダーとは、
「経験豊富な専門家や頭のいいエリートたちを上手く使えないといけないもの」です

36.リーダーとは、
「『兵の将』(素直なひよこを多数従える人)と『将の将』(頑固な猛獣を何匹も使いこなす人)に二分されるもの」です

37.リーダーとは、
「部下にヒントだけ与え、気づかせて教育するもの」です。気づかせ屋にならないといけないものです

38.リーダーとは、
「大事な場面では、あえて指示を出さないで、部下を育てるもの」です。『何とかしろ』と言っておけばいいのです

39.リーダーとは、
「緊急の場面では、『ごろ』『あたり』『およそ』などの、あいまいな表現をしてはいけないもの」です。現場の混乱を招くのを避けるためです

40.リーダーとは、
「失敗経験の多い人が適任」です。失敗経験のないリーダーは、失敗が続いても、失敗を認めないから危険です

41.リーダーとは、
「ときどき、失敗談を話し、弱みを見せて、部下を引っ張っていくもの」です

42.リーダーとは、「挫折した人、負けた人が就いたほうがいいもの」です

43.リーダーとは、
「粗食と空腹に耐えたことのある人が望ましいもの」です

44.リーダーとは、
「美食と飽食を嫌う人が望ましいもの」です。リーダーが、贅沢をし始めたら、部下の心は離れていくものです

45.リーダーとは、
「人情の機微がわかる人がいいもの」です。苦しい目、痛い目に遭った人が適任です

46.リーダーとは、
「知識や才能がありすぎると、部下がついてこられなくなるもの」です

47.リーダーとは、
「人間への興味と関心がなくなったら、お終い」です。心理学者になれる人が望ましいものです

48.リーダーとは、
「みんなに推されて初めてなれるもの」です。なろうとしてなれるものではないのです

49.リーダーとは、
「好かれなくてもいいと思っていても、好かれてしまう人が適任」です

50.リーダーとは、
「嫌われたくない人がなってはいけないもの」です。嫌われたくない人は、頼みごともできないし、ノーも言えないものです

51.リーダーとは、
「仕事ができるだけでなく、容姿やセンスのよさも求められるもの」です

52.リーダーとは、
「リーダーを演じられる能力のある人が適任」です。生まれながらにして、リーダーに向いている人などいないものです

53.リーダーとは、
「単独行動できる人が向いているもの」です。昼飯を一人で食べられないような人は、リーダーに不向きです

54.リーダーとは、
「権力を有し、影響力を行使する人」です。成功するのも、出世するのも、先ず権力を握らないと、どうにもならないものです

55.リーダーとは、
「『断る』『切る』『捨てる』のが仕事のもの」です。この『嫌な仕事』から逃げ出す人は、リーダーになれないものです

56.リーダーとは、
「失敗の処理(手仕舞い、損切り)を素早くできないといけないもの」です。捨て切れない人は、リーダー失格です

57.リーダーとは、
「断り方と叱り方が上手くないと務まらないもの」です

58.リーダーとは、
「決断するのが仕事」です。でも、そのほとんどは、読んで字の如く、『断る』ことを『決める』ものです。つらい仕事です

59.リーダーとは、
「緊急時にこそ必要な人」です。知恵ある指示が、部下のパニックを防ぐのです

60.リーダーとは、
「焦ってはいけないもの」です。周りにせかされても、そこで耐えて待つことができない人は、リーダーに不向きです

61.リーダーとは、
「よそ行きの手を打ってはいけないもの」です。そのためには、他人が何と言っても、『笑わば笑え』の気持ちでいることです

62.リーダーとは、
「予想、予測、予知、予防など、予めに対処している人」です

63.リーダーとは、
「部下を働かしておき、空いた時間を、じっくり考える時間に充てる人が向いているもの」です

64.リーダーとは、
「答えが何通りにもなる抽象的質問をされて鍛えられていくもの」です。『マニュアル』『命令』『はい・いいえだけの質問』では、育たないものです

[ 2017/01/31 08:00 ] リーダーとは | TB(0) | CM(0)