とは学

「・・・とは」の哲学

『道徳の系譜』ニーチェ

道徳の系譜 (岩波文庫)道徳の系譜 (岩波文庫)
(1964/10)
ニーチェ

商品詳細を見る

ニーチェの本を紹介するのは、本人以外の人が書いた解説本を含め、これで6冊目になります。ニーチェは難解です。難解だからこそ、読んでやろうという気持ちがふつふつと沸いてくるのですが、いざ読み始めると、本を放り出したくなります。

ニーチェの思想の根幹は、道徳批判です。本書は、その道徳について徹底的に分析、解読したものです。ニーチェの道徳観がよく表れています。それらの一部を要約して、紹介させていただきます。



・我々はいつまでも我々自身にとって必然に赤の他人なのだ。我々は我々自身を理解しない。我々は我々を取り違えざるを得ない。各人は各自に最も遠い者である

・「よい」という判断は、「よいこと」を示される人々の側から生じるものではない。高貴な人々、強力な人々、高位の人々が、自分たち自身および自分たちの行為を「よい」と感じ、第一級のものと決めて、これをすべての低級なもの卑俗なものに対置したもの

・すべての貴族道徳は、勝ち誇った自己肯定から生ずるが、奴隷道徳は「外のもの」「他のもの」「自己でないもの」を頭から否定する。そして、この否定こそ奴隷道徳の創造的行為。これは、まさしく「反感」の本性である

・「反感」を持った人間は、正直でもなければ無邪気でもなく、また自分自身に対する誠実さも率直さも持たない。彼の魂は、横目を使う、彼の精神は隠れ場を、抜け道を、裏口を好む

・「反感」を持った人間は、黙っていること、忘れないこと、待つこと、卑下し謙遜することを心得ている。彼らは貴族的種族よりも怜悧になり、怜悧を最高級の生存条件として尊重する(貴族的人間における怜悧は、贅沢、典雅といった繊細な添え味を伴いがち)

・貴族的人間は、自分のために、自分を際立たせるものとして、敵を要求する。彼が相手に取るのは、いささかの軽蔑すべき点もなく、多くの尊敬すべき点のみを有する敵に限る

・「反感」を持った人間の考察する敵には、彼の行為、創造がある。彼はまず「悪い敵」、すなわち「悪人」を考察する。やがてその対象物として、もう一つ「善人」を案出する。これが自分自身である

・返報をしない無力さは「善さ」に変えられ、臆病な卑劣さは「謙虚」に変えられ、憎む相手に対する服従は「恭順」に変えられる。弱者の事勿れ主義が、「忍耐」という立派な名前になる

・値を附ける、価値を量る、等価物を案出し、交換するということは、人間の最も原始的な思惟として支配しており、思惟そのものになっている。最も古い種類の明敏さはここで育てられた

・刑罰が歴史上に現れた際に取ったあらゆる形式が戦争そのものによって与えられたものである

・法律の制定の後に初めて「法」及び「不法」が生じる。法及び不法をそのものとして論じるのは全くナンセンス。そのものとして見れば、侵害も圧制も搾取も破壊も、何ら「不法行為」ではありえない

・刑罰によってこそ、負い目の感情の発達は、最も強く抑えられてきた。犯罪者は、自分の行為、自分の行状それ自体において非難されるべきものと感じることを妨げられる

・刑罰は人間を手なずけはしても、人間を「より善く」はしない

・禁欲主義的理想を奉じる場合、それが意味するのは、彼が拷問から脱がれることを意欲する

・哲学者であるかどうかは、三つのきらびやかで騒々しいものを避けるかどうかによって見分けられる。すなわち、名誉と、王侯と、婦女と。彼は明るすぎる光を恐れる

・恐れられるべきものは、人間に対する恐怖ではなく、むしろ人間に対する吐き気であり、同情である。この両者が交合すれば、必ずや無気味なものが生まれる

・あらゆる偉大な事物は、自己自身によって、自己止揚の作用によって没落する。生の理法、生の本質に存する必然的な「自己超克」の理法はこれを欲する

・人間は欲し「ない」よりは、まだしも「を欲するものである



ニーチェは道徳を「善と悪・よいわるい」と「負い目・良心のやましさ」から捉えて、禁欲主義的理想は何を意味するのかを徹底的に考えました。

その結論が「神は死んだ」というキリスト教批判の言葉になりました。本書は、キリスト教を筋道立てて隅々まで否定した「ニーチェの思想」が如実に表れています。


[ 2013/10/25 07:00 ] ニーチェ・本 | TB(0) | CM(0)

『もしニーチェが短歌を詠んだら』中島裕介

もしニーチェが短歌を詠んだらもしニーチェが短歌を詠んだら
(2012/07/24)
中島 裕介

商品詳細を見る

ニーチェが好きで、短歌も好きです。だから、本書を思わず、手にとってしまいました。

著者は、大学院でフランス現代哲学を専攻した歌人で、舞台俳優や評論など、幅広いジャンルで活躍されている方です。

正直なところ、ニーチェを短歌にするのは難しいと思います。それなのに、果敢に挑戦する姿勢に、感心させられました。その短歌の一部を、紹介させていただきます。



・残念なお知らせをまず致します「いつも世界は不公平です」

・人がウソを吐かないのは誠実であるからでなく、ただ「楽だから」

良心は子供時代のわれわれが畏敬した人の要求である

平等を望む気持ちが他の人を自分の位置へ引きずり下ろす。平等を望む気持ちが他の人を褒めて自分を良く見せたがる

・人々は光を求め生きている(自分を輝かせてほしいだけだが)

・意欲せよ!創造をせよ!それらこそ人を自由にするものである

・自らを強いと思い込んでいる者が他人に同情する

・学ばない、知ろうとしない、教えない。孤独に耐えることを誰しも

・世の中で実は一番ありふれたウソが自分を欺くウソだ。ある主義に従ううちに見えていたはずのものすら見間違えていく

無駄遣いしてしまうのは楽しみがあるからでなく無いからである

見栄っぱりは「独創的な人だね」と仲間はずれになるのが怖い

・ホンモノを求める気持ちが強ければ見栄をはる必要なんてないはず

・目に見える敵がたいてい必要だ、突撃して行く怖がり屋には

・他の人に頼って賢くなるよりも自力で悩む愚か者たれ

感情は約束できないものだからせめて行為を約束しよう

威厳とは人が感じているだろう恐怖を偽装する方法だ

・没落せよ!より没落ができるよう助けてやるのもわたしの愛だ

・君がもし怒りのままにしゃべったら気持ちが落ち着くならばしゃべれよ。君がもし怒りのままにしゃべったら気持ちが昂ぶるならば黙れよ

・「近道が見つかったんだ!」とひとびとは道を離れて・・・結局迷う

・職業に没頭できることこそが悩みや憂いの防壁となる

・一日の三分の二を自らのために持てない者が奴隷だ

・いつだってなにかを逃しはしないかと焦るみたいに生きてるわれら

・労働は奴隷ですらもやましさと恥を感じるものごとだった

・組織では多くのそれほど良くはないものを基準にせねばならない。上に立つ者は基準を知っていて若手は知らずに革新を気取る

・全体の役に立つほど考える人は組織に向いていない

・お仕事が大切なんだと信じるか思い込まなきゃやってられない。恋人が大切なんだと信じるか思い込まなきゃやってられない

・行き先の分らぬ道がきみだけに開かれている、ひたすら歩め



ニーチェは、「書く者は、(文字として)読まれることでなく、暗誦されることを欲する」と言っていたそうです。ニーチェの言葉を短歌形式にすると、確かに暗誦しやすく、身近なものに感じられます。

ニーチェの難解で、抽象的な言葉の数々を、短歌にされた(日本人のリズムにあわせた)著者を称えたいと思います。


[ 2012/12/07 07:01 ] ニーチェ・本 | TB(0) | CM(0)

『人生を考えるヒント-ニーチェの言葉から』木原武一

人生を考えるヒント―ニーチェの言葉から (新潮選書)人生を考えるヒント―ニーチェの言葉から (新潮選書)
(2003/03)
木原 武一

商品詳細を見る

木原武一氏の著書は、「ゲーテに学ぶ幸福術」「快楽の哲学」「あの偉人たちを育てた子供時代の習慣」に次ぎ、4冊目です。

先月、ニーチェの「ツァラトゥストラはこう言った」を、このブログで紹介しました。しかし、分かったようで分からないのがニーチェです。私の頭では、まだまだ理解不能です。

今回は、木原武一氏が選んだニーチェの言葉を、読み解き、ニーチェを理解することに努めました。「本の一部」ですが、理解できた箇所を紹介させていただきます。



・ある人間の高さを見ようとしない者は、それだけしげしげと鋭く、その人間の低さや上っ面に目を向ける。そして、そうすることで、自分をさらけ出す (善悪の彼岸)

・女性がどんなふうに、どんなときに笑うか、それは彼女の育ちと教養を示す目印。笑う声の本性の中に、彼女の本性が現れる (人間的な、あまりに人間的な)

・儀式、官職や位階による服装、厳粛な面持ち、荘重な目つき、ゆっくりとした歩き方、もってまわった話し方など、およそ威厳と呼ばれるすべてのものは、実は恐怖心を抱いている者たちの偽装 (曙光)

・人間が復讐心から解放されること、これこそ、最高の希望への架け橋、長い嵐の虹 (ツァラトゥストラかく語りき)

・人を怒らせ、悪い考えを思い浮かべさせる確実な方法は、長く待たせること。このことは人を不道徳にする (人間的な、あまりにも人間的な)

趣味の変化は、意見の変化よりも重大。意見の変化は、趣味の変化の兆候にすぎない (華やぐ知恵)

・思想というものは、われわれの感覚の影である (華やぐ知恵)

・数時間の登山は、一人の悪者と一人の聖者を似通った人間に仕立て上げる。疲労は、平等と友愛へのいちばんの近道 (人間的な、あまりにも人間的な)

・一人では正しいかどうかわからない。真理は二人から始まる。一人では自己を証明できない。しかし、二人になると、もう反駁できない (華やぐ知恵)

・病人への忠告を与える者は、それが受け容れられようが、聞き捨てられようが、相手に対して一種の優越感を覚えるもの。だから、敏感で誇り高い病人は、忠告者を自分の病気以上に憎む (人間的な、あまりにも人間的な)

・骨や肉、内蔵、血管などを包む一枚の皮膚が人間の姿を見るに耐えるものにしているように、魂の動きや情熱は虚栄心によって包まれている。虚栄心は魂の皮膚である (人間的な、あまりにも人間的な)

・もっとも人間的なこと、それは、誰にも恥ずかしい思いをさせないこと (華やぐ知恵)

・二人の人間を最も深く引き離すもの、それは、潔癖さについての感覚と程度の差 (善悪の彼岸)

・君たち、激務を愛し、速いもの、新奇なもの、珍妙なものを好むすべての者たち。君たちは、自分自身をどうしていいかわからない。君たちの勤勉は逃避であり、自分を忘れようとする意志にすぎない (ツァラトゥストラかく語りき)

・常にいつも、汝自身であれ。汝自身の教師、彫刻家であれ! (遺された断想)

善とは何か。力の感情を、力への意志を、人間のうちにある力そのものを高めるすべてのもの。悪とは何か。弱さに由来するすべてのもの。幸福とは何か。力が大きくなり、抵抗を克服する感情 (アンチクリスト)

・われわれは少ないエネルギーで生活することも知らなければならない。苦痛がその安全信号である。それは、エネルギーを減らすべき時が来たことを知らせる (華やぐ知恵)

・独創性とは何か。万人の目の前にありながら、まだ名前を持たず、まだ呼ばれたことのないものを、見ること。人の常として、名前があってはじめてものが見えるようになる。独創的人間とは、命名者である (華やぐ知恵)

・偉大さとは、方向を与えること。どんな河も自分自身によって大きく豊かなのではなく、多くの支流を受け容れて進むことでそうなる。あらゆる偉大なる精神についても同じ。肝腎なのは、後に多くの支流が辿る方向を示すこと (人間的な、あまりにも人間的な)



今回は、ニーチェの言葉だけをピックアップしました。それぞれのとり上げた言葉に対して、著者の解釈、解説、考え方があります。

もっとニーチェを知りたい方は、是非、著者の文章も併せて読むと、一層理解を深められるのではないでしょうか。
[ 2012/04/26 07:06 ] ニーチェ・本 | TB(0) | CM(0)

『ツァラトゥストラはこう言った・下』ニーチェ

ツァラトゥストラはこう言った 下 (岩波文庫 青639-3)ツァラトゥストラはこう言った 下 (岩波文庫 青639-3)
(1970/05/16)
ニーチェ

商品詳細を見る

「永遠回帰」の真理こそ、「超人」へ至る道であるというのが、ニーチェの考え方です。「ツァラトゥストラはこう言った」の上巻を「超人」と定義するとしたら、この下巻は、「永遠回帰」と定義されるように思います。

この「永遠回帰」の真理となる言葉が、下巻には数多く登場します。その中から「本の一部」ですが、紹介させていただきます。


・民衆のうちの若干の者は、意志を持っている。しかし、大多数の者は、人の意志に動かされている。彼らのうちの幾人かは、本物の俳優であるが、大多数の者は下手くそな俳優

・民衆の望んでいることは一つ。誰からも苦痛を与えられないということ。そこで先廻りして、誰にも親切をつくす。これは臆病というもの。たとえ「美徳」と呼ばれようと

・善人たちの間で暮らす者は、同情による嘘をつくように教えられる。同情は、すべての自由な塊のまわりに、どんよりした空気をかもしだす。善人の愚かさは見極めがたい

・肉欲と支配欲と我欲の三つは、これまでひどく呪われ、最も悪く言われ、誤解されてきた。この三つを、私は人間的によいものとして秤ってみたい

・自分自身に命令することのできない者は、人に服従することになる。自分自身に命令できる者も、自分自身に服従するまでにはなかなかなれない

・享楽とか無邪気さとかは、最も恥じらいの強いもの。そのどちらもすすんで求められるべきものではない。人はそれを自然に持ち合わせなければならない。むしろ、罪と苦痛をこそ求めなければならない

・私は自己を温存しようとしない人々が好きだ。私は没落して行く人たちを、私の愛情のすべてを傾けて愛する

・善人たちは譲歩する。忍従する。彼らの心情はごまをすり、彼らの論拠はいいなりになる。そして、いいなりになる者は、自分自身の本心に耳を傾けない。一つの真理が生まれるためには、善人たちに悪と呼ばれているすべてのものが集まってくる必要がある

・知識人と呼ばれるあの群がりよる蛆虫どもを追っ払ってやるがいい。彼らは英雄たちの汗をなめて、舌鼓を打っている

・あなたがたは、憎むことのできる敵だけを持つべきだ。軽蔑すべき敵を持ってはならない。あなたがたは、自分の敵を誇りにしなければならない

・同情は近ごろでは、あらゆる小さい人間たちのもとで、美徳そのものになっている。彼らは、大いなる不幸、大いなる醜悪、大いなる失敗に対して、何らの畏敬の念を抱かない

・みだらな欲望、燃え上がる嫉妬、恨みつらみの復讐心、賎民独特の意地っ張り、こうしたすべてが容赦なく私の眼に映る。貧しい者が幸いだとは、もはや真理ではない

・「おのれの好むところに従って生きるか、さもなければまったく生きないか」、これが私の願いだ。最高の聖者の願いもそんなところだ

・私の心を占めているのは超人だ。彼こそ、私にとって第一の、唯一の心がかりであって、人間などではない。隣人とか、貧しい者とか、悩める者とか、善い者とかではない

・今日、主となり支配者となっているのは、小さな人間たちであり、あきらめと謙遜と抜け目なさと勤勉と顧慮その他、限りなく小さな美徳を説く

・あなたがた「ましな人間」たちよ、小さな美徳を克服せよ。ちっぽけな知恵、砂粒のような配慮、「最大多数の幸福」をあきらめるよりも、むしろ絶望せよ

・「人間の本性は悪だ」、なぜなら、悪こそは人間の最善の力だからだ。「人間はより善く、かつ、より悪くならなければならない」。最悪のものは、超人の最善のために必要である

・高く登ろうと思うなら、自分の脚を使うことだ。高いところへは、他人によって運ばれてはならない。人の背中や頭に乗ってはならない

・人間は、勇気ある動物どもに嫉みを感じ、そのすべての長所を奪い取った。こうして、人間は初めて人間になった。洗練され、精神化され、知性化されたこの勇気、鷲の翼と蛇の賢さを備えた人間的勇気、それが今日、ツァラトゥストラの名で呼ばれているものだ

・よろこびは、あとを嗣ぐ者を欲しない。子供たちを欲しない。よろこびは自己自身を欲する。永遠を欲する回帰を欲する。一切のものの永遠の自己同一を欲する


「ツァラトゥストラはこう言った」は、安易に読めるものではありません。言葉の持つ意味を咀嚼して読んでいくとしたら、一年かかっても読み解けないかもしれません。

今回は、ニーチェの思想に少し触れてみることが目的でした。ニーチェの深みにはまりたい方は、是非お読みください。


ツァラトゥストラはこう言った(上)に戻る
[ 2012/02/18 07:01 ] ニーチェ・本 | TB(0) | CM(0)

『ツァラトゥストラはこう言った・上』ニーチェ

ツァラトゥストラはこう言った 上 (岩波文庫 青 639-2)ツァラトゥストラはこう言った 上 (岩波文庫 青 639-2)
(1967/04/16)
ニーチェ

商品詳細を見る

哲学者や思想家たちの文章には、ニーチェの考え方がよく引用されています。哲学者たちに最も愛されている哲学者がニーチェではないでしょうか。人生論や幸福論に関する書を紹介する上で、ニーチェは避けて通れない存在です。

ニーチェの文章をとり上げていくのは、私の力量では難しく思いましたが、ニーチェに少し触れるような感覚で、思い切って書いてみました。

「ツァラトゥストラはこう言った」は、上巻と下巻に分かれています。今回は、上巻の中から選んだ言葉を、「本の一部」ですが、紹介させていただきます。



・私が愛するのは、おのれの徳を愛する者である。なぜなら徳は、没落への意志であり、憧れの矢であるから

・「善くて義しい者」が一番憎む者は誰か?価値を録した彼らの石の板を砕く者、破壊者、犯罪者だ。しかし、かかる者こそ創造者なのだ

・私は自分の目標に向かって行きたい。私は自分の道を行く。ためらう者、怠る者を私は飛び越えるだろう。こうして私の歩みが、彼らの没落となるがいい

・私は多くの名誉も大きな財産もほしくない。さりとて、よい評判といくらかの財産がなくては、よく眠れない

・私には、小さなつきあいの方が好ましい。しかも、時を選んで、適当なだけつきあうことが大事である。そうすれば、よい眠りと折り合いがいい

・戦争や戦闘、この悪は必然である。徳同士の妬みと不信と誹謗は避けがたい

・各々の徳が他の徳に対して負けじ魂を抱いている。競争心は恐るべきものである

・高貴な者は新しいものを求め、一つの新しい徳を創造しようとする。善人のほうは、古いものを愛し、古いものが保持されることを願う

・世の中では、どんなに素晴らしいことでも、まずそれを演出する誰かがいなければ、何事も始まらない。大衆はこの演出者を偉人と呼ぶ

・市場と名声から、一切の偉大なものは去っていく。昔から、市場と名声を遠く離れて、新しい価値の創造者たちは住んでいた

・あなたの無言の誇りは、つねに大衆の好みに合わない。あなたがおのれを低くして、人なみの虚栄心があるところを見せれば、大衆は小躍りして喜ぶ

・認識に生きる者が、真理の水の中に入るのを厭うのは、真理が汚らしいときではなく、真理が浅いときである

・あなたがたの隣人への愛は、あなたがた自身への愛がうまく行かないからだ

・自分が正しいと主張するより、不正を受け取っておくほうが高貴である。ことに自分が正しい場合にそうである

・認識の人は、自分の敵を愛するだけでなく、自分の友達をも憎むことができなければならない

・意志することは、解放する、自由にする。これが意志と自由についての真の教えである

人生に背を向けた多くの者は、実は賎民に背を向けたのであった。彼らは泉や炎や果実を、賎民とともにしようとは思わなかったのだ

権力にありつけない独裁者的狂気が、諸君の中から「平等」を求めて叫んでいる。諸君の秘められた独裁者情欲が、道徳的な言葉の仮面をかぶっている

・高みを必要とするから、生は階段を必要とし、階段とそれを登って行く者の相剋を必要とする。生は登ろうとし、登りつつ、自己を克服しようとする

・弱者が強者に仕えるのは、より弱い者に対して支配者になろうとする弱者の意志が、彼を説き伏せるのだ。この喜びだけは、彼は捨てようとは思わない

・生のあるところにのみ、意志もまたある。しかし、それは生への意志ではなくて、力への意志なのだ

・隣人たちよ、同胞たちよ、扮装してもらいたい。よく飾り立て、虚栄をはり、「善くて義しい者」らしく大きく構えてもらいたい。そして、私自身もあなた方の中に坐っていよう。そしてお互いに真実の姿を見せないでおこう。これがすなわち、私の処世の術である


ツァラトゥストラはこう言った(下)へ続く
[ 2012/02/17 07:09 ] ニーチェ・本 | TB(0) | CM(0)

『ニーチェ道をひらく言葉 (智恵の贈り物)』

ニーチェ道をひらく言葉 (智恵の贈り物)ニーチェ道をひらく言葉 (智恵の贈り物)
(2010/05/20)
ニーチェ

商品詳細を見る

NHK・Eテレの「100分で名著」でニーチェを見て、ニーチェに強い興味を持ちました。

その中でも、「ルサンチマン」(強者に対する嫉妬、反感などの奴隷根性)に憑かれた人間は、自己を正当化する結果、成長できなくなるという戒めには、深く納得した次第です。

さらに、知の巨人ニーチェに教えを乞うために、この本を読みました。感銘した数多くの言葉の中から、「本の一部」を紹介させていただきます。



・自分の中の悪を、自分の最善のものと言ってのける勇気を得たときこそ、人生の一大転機である

・公正さとは、お互いに同程度の力があるという前提で、貸し借り、交換を行うことである

公正な人間であろうとすれば、常に、力と権力の大きさに対して、鋭い感覚を持っていなくてはならない。だから、公正であることは難しい

・何かを経験しているときには、それに身を委ねて目を閉じるべきだ。その場で観察を始めてはいけない。消化の妨げになり、知恵を得るどころか、消化不良になる

・物事は長く続くとみな、後から理屈が付いてくる。そうなると、もともと理屈がなかったのが、嘘のようだ

・孤独の中を行くがいい。私が愛するのは、自分を超えるものを創造しようと望んで、滅びる者だ

賞賛を求めないことだ。人は自分の「得になること」か、「好きなこと」か、「しなければならないこと」をする

・自分について多くを語ることもまた、自分を隠す手段になり得る

・自分と同じ意見を賞賛するのは、結局、自分自身を賞賛しているだけのことで、よい趣味とは言えない

・人や本に対する最も鋭い批判とは、相手の理想を描き示してやることである

・敵を持つならば、誇りにできる敵を持つこと、そうすれば、敵の成功が自分の成功になる

生きることは、そもそも、傷つけたり、暴力をふるったり、搾取したり、壊したりすることによって機能する。これらを抜きにした生など考えられない

・欲望は欲するものを大きく見せる。手が届かないというだけでも大きく見える

・人は軽蔑する相手を憎まない。憎むのは、自分と同等か、自分より上と見なしている相手だけだ

・個人が狂うことは珍しい。だが、集団、党派、民族、時代は狂っているのが普通だ

・ある時代に悪とされるものは普通、かつては善だったものが、場違いに繰り返されたもの。つまり、かつての理想が隔世遺伝したものである

目の数だけ真実がある。だから、本当の真実はない

・禁欲的道徳を実践するとき、人間は必ず己の一部を神として崇める。そのためには、残りを悪魔としなければならない

道徳的な者は劣った人間である。一個の「人格」ではなく、いったん決められた型にはまり込み、それを自分の価値としているからだ

・「徳があれば幸せになれる」というのは間違いだ。力のある者が、まず自分が幸せである状態を徳と定めるのである

・結局のところ、人が愛するのは、自分の欲望であって、欲望の対象ではない

自由を獲得したしるしとは?もはや、自分に対して、何事も恥じないこと



ニーチェの言葉を辛辣と受け止めるのか、真実を表わしていると受け止めるのか、人によって、受け止め方は違うと思います。

ニーチェの言葉を真摯に受け止めることによって、世間的な成功が手に入るわけではありませんが、人間としての深みや魅力を増していくには、「ニーチェの言葉」なるものを避けられないのではないでしょうか。


[ 2011/11/14 07:15 ] ニーチェ・本 | TB(0) | CM(0)