とは学

「・・・とは」の哲学

生真面目な人とは

1.生真面目な人とは、
「不真面目な業界で働くと、重宝がられるもの」です。不真面目な人とは、「生真面目な業界で働くと、力を発揮できるもの」です

2.生真面目な人とは、
「指導者を怠け者にしてしまうもの」です。不真面目な人とは、「指導者を働き者にさせてしまうもの」です

3.生真面目な人とは、
「勤勉が特徴のアリ型人間」です。不真面目な人とは、「要領がいいキリギリス型人間」です。アリが多くなった組織は停滞するものです

4.生真面目な人とは、
「失敗したら落ち込む人」です。後々まで引きずるので、困ったものです

傷つきやすい人とは

1.傷つきやすい人とは、
「わがままな人、恥ずかしがり屋の人」です。その性格ゆえに孤立している人です

2.傷つきやすい人とは、
「自意識過剰で、負けず嫌いで、断られるのが怖い人」です

3.傷つきやすい人とは、
「傷つきたくない人」です。つまり、「断られたくない人」です

4.傷つきやすい人とは、
「自分の気に入った人だけを近くにおきたがるもの」です

5.傷つきやすい人とは、
「騙されたことがある人」です。優しい人とは、「騙されたことがない人」です。騙された経験で、人間は大きく変わるものです

6.傷つきやすい人とは、
「みんなにうまく合わせられないことを真面目に悩んでいる人」です

7.傷つきやすい人とは、
「相手の顔色を気にするあまり、ストレスが溜まっている人」です

8.傷つきやすい人とは、
「自分の考えを、『話す』より『書く』ことで、相手に伝えようとするもの」です

頑固な人とは

1.頑固な人とは、
「高慢と偏見に陥ってしまった人」です。しかも、それを隠さない人です

2.頑固な人とは、
「ものの見方、頭の使い方が一元的な人」です。柔軟な人とは、「多元的な人」です

3.頑固な人とは、
「意志も思考も堅固な人」です。新しい情報を頑なに拒否するものです

4.頑固な人とは、
「真っ直ぐな道を突き進むもの」です。柔軟な人とは、「近道や裏道を探すもの」です。有事に勝つのは後者です

5.頑固な人とは、
「社会の矛盾に対して怒りを溜め込んでいる人」です。つまり、正義感の強い人です

カラ元気の人とは

1.カラ元気の人とは、
「元気の仮面を被っている人」です。我に帰ったとき(仮面を脱いだとき)、淋しさと悲しみを感じているものです

2.カラ元気の人とは、
「軽々しい言葉をいっぱい吐いて、すぐに去っていく人」です

3.カラ元気の人とは、
「何も考えてないもの」です。元気がいいからという理由だけで、親しくする意味がないのです

4.カラ元気の人とは、
「場を盛り上げてくれる貴重な人」です。事実と違うことを喋っても、少々泳がせてあげて、最後まで聞いてあげるのが礼儀です

我慢強い人とは

1.我慢強い人とは、
「自分から我慢しているもの」です。他人に強制されて我慢している人は、奴隷の人です

2.我慢強い人とは、
「若いときに、つらくて厳しい経験積んだ人」です。中高年になってからの我慢は危険です

3.我慢強い人とは、
「キレるかもしれない人」です。我慢強い人に、我慢を強制し続けると、溜まった我慢が大爆発する危険があるものです

4.我慢強い人とは、
「我慢していない人を見つけ、我慢を強制する人」です。我慢は連鎖するので、厄介です

5.我慢強い人とは、
「ラクしたい人が多いところでしか、報われないもの」です。周りのみんなが我慢強ければ、息苦しくて、やりきれなくなるものです

器の小さな人とは

1.器の小さな人とは、
「人を差別するもの」です。そして、嫌がらせもするものです

2.器の小さな人とは、
「自分と違うタイプの人に出会っても喜ばないもの」です。同じようなタイプの仲間とつるんでいるのが好きです

3.器の小さな人とは、
「元気な声、大きな声を出すもの」です。負け犬の遠吠えです

4.器の小さな人とは、
「いくら誠実でも、いくら勤続年数が長くても、リーダーになれないもの」です。また、ならしてはいけないものです

打たれ強い人とは

1.打たれ強い人とは、
「挫折を何度も経験してきた人」です。「しぶとく、しつこい人」です

2.打たれ強い人とは、
「失敗から這い上がってきた人」です。失敗経験がなく、順風満帆にきた人は、攻めに強くても守りに弱いので、打たれやすいものです

3.打たれ強い人とは、
「近道を選ばず、楽せずに、堂々と戦いを挑んできた人」です。そういう人は、「おじけづかないもの」です

4.打たれ強い人とは、
「ストレスをためこまないで、責任転嫁するか、発散するかして、逃がすことができる人」です

威張る人とは

1.威張る人とは、
「威張りたい人のこと」です。ふだんは、おとなしい人です

2.威張る人とは、
「正論を吐くことしか楽しみがない人」です

3.威張る人とは、
「自分より強い人が周りにいないかを確認している人」です

4.威張る人とは、
「偉い人には、腰が低いもの」です。「上下関係を意識している人」です

5.威張る人とは、
「時代や環境が変わっていくことを理解していない人」です。「いずれ滅んでいく人」です

厚かましい人とは

1.厚かましい人とは、
「人を舐めているもの」です。そういう人に、優しく接すれば、より一層、舐めてくるものです

2.厚かましい人とは、
「自分を平凡な人物と考えていないもの」です。しゃしゃり出るのは、自分を偉いと思っているからです

3.厚かましい人とは、
「他人の時間を盗むだけでなく、気分まで害する人」です

4.厚かましい人とは、
「弱い者を見つけ出し、骨までしゃぶろうとする人」です。強い者を前にすれば、すたこら逃げるものです

5.厚かましい人とは、
「隙あらば、自分の失敗や不幸をネタにして、話に割り込んでくる人」です

6.厚かましい人とは、
「野心が口に出てしまうもの」です。ズル賢いい人とは、「野心を隠しとおすもの」です。ズル賢い人のほうが一枚上手です

礼儀とは

1.礼儀とは、
「心の内と手の内を見せない術」です

2.礼儀とは、
「将来敵になるかもしれない相手にこそ、大事なもの」です

3.礼儀とは、
「利己主義者が、自分を隠すために必要なもの」です

4.礼儀とは、
「付き合って得になる人には、怠ってはいけないもの」です。「付き合って何の得にもならない人には、怠ってもいいもの」です

5.礼儀とは、
「足を引っ張られないようにするには、目下の親しくない人にも怠ってはいけないもの」です

優越感とは

1.優越感とは、
「頂上にいて、次に登頂してくる人たちを、冷たく見下しているようなもの」です

2.優越感とは、
「『かわいそうに』と人を見ること」です。『かわいそうに』には、差別の感情が含まれているものです

3.優越感とは、
「資本主義社会の基盤になっている感情」です。誰もが優越感に浸りたいと頑張っているのが、資本主義社会です

4.優越感とは、
「有している人に品格が備わっていなければ、醜く見えるもの」です

[ 2018/11/27 08:00 ] や・ゆ・よ・とは | TB(0) | CM(0)

面接とは

1.面接とは、
「食いつきそうな『お題』を散りばめて、面接官に質問をさせることができれば、うまくいくもの」です。釣りとよく似ているものです

2.面接とは、
「喋りすぎは禁物のもの」です。質問されたことだけ答えるようにすればいいものです

3.面接とは、
「自分の言い分と、自分の気持ちを伝えるのに、またとない機会」です。そう思って臨むものです

4.面接とは、
「顔と言葉で、判断されてしまうもの」です。言葉の使い方に人格が表われやすいものです