とは学

「・・・とは」の哲学

平和とは

1.平和とは、
「勢力均衡状態のこと」です。つまり、やられたら、やり返す準備が整っている状態のことです

2.平和とは、
「友好状態のことではなく、停戦合意状態のこと」です

3.平和とは、
「『オレを怒らせたら恐いぞ』という態度によって保たれるもの」です。決して、仲よくしているわけではないのです

4.平和とは、
「恐怖心を与えることで確保されるもの」です。『毒』と『針』と『牙』を持つ動物は、ゆったり生きているものです

5.平和とは、
「静かな人たちがつくりあげるもの」です。平和を叫ぶうるさい人たちが壊していくものです

6.平和とは、
「人間を退化させるもの」です。均衡とは、「人間を緊張させるもの」です。危機とは、「人間を進化させるもの」です

7.平和とは、
「争いを前提とした上でイメージするもの」です。夢とは、「現実を前提とした上でイメージするもの」です。平和も夢も幻です

文化とは

1.文化とは、
「余裕の産物」です。古来より権威や権力と結びつくのは、そのためです

2.文化とは、
「みんなが使ったお金と時間の総和で、つくられていくもの」です

3.文化とは、
「自由奔放で、少し下品なところから生まれてくるもの」です。上品になれば、衰退していくものです

4.文化とは、
「お金にならなければ、守るだけで終わるもの」です。「お金になれば、持続発展するもの」です

5.文化とは、
「主張を忘れて、時代に迎合すれば、消滅していくもの」です。文化には、自信と品格が必要です

評判とは

1.評判とは、
「『花』のようなもの」です。評価とは、『実』のようなものです。『実』だけで、収入と地位を保証するやり方は、日本にはなじまないものです

2.評判とは、
「人気ランキングのようなもの」です。周りの人たちにつけられた自分の点数です

3.評判とは、
「築くには、長い時間がかかるが、落ちるのは、あっという間のもの」です

4.評判とは、
「悪いことはすぐ伝わり、いいことは、なかなか伝わらないもの」です。いい評判は、誰かに伝えてもらうのがベターです

発見とは

1.発見とは、
「『名前がまだない』ものを見つけること」です。つまり、名付け親になることです

2.発見とは、
「みんなが見ていたはずなのに、見えていかったものを、見つけたこと」です

3.発見とは、
「外にすでにあったものを、自分の頭と心の中に取り込んだこと」です

4.発見とは、
「最高の一枚の写真のようなもの」です。偶然の出会いで生まれるものです

納得とは

1.納得とは、
「賢い人は言葉だけで、できるもの」です。「凡人は事例がないと、できないもの」です。「バカな人は体験しないと、できないもの」です

2.納得とは、
「他人の理屈を、自分の理屈として受け容れたということ」です

3.納得とは、
「他人の考えを、別の他人に説明できるほどになったということ」です

4.納得とは、
「これでいいと、自分に言いきかせること」です。でも、それが満足をもたらすかどうかはわからないものです

独立心とは

1.独立心とは、
「『雇われないぞ』という気持ちのこと」です。自立心とは、「『騙されないぞ』という気持ちのこと」です

2.独立心とは、
「出世して『トップ』を狙うよりも、離れて『一人』で生きていくことを優先する気持ちのこと」です

3.独立心とは、
「一人でいることが楽しい人にあるもの」です。依頼心とは、「一人でいることが寂しい人にあるもの」です

4.独立心とは、
「すべての生命力の源であり、勇気の源になるもの」です。独立心は、野生動物にあって、家畜動物にはないものです

天職とは

1.天職とは、
「自分と肌が合う業界(同じ穴の狢、居心地よし、違和感なし)でないと、得られないもの」です。『類は類に呼ばれて』いくのが天職の探し方です

2.天職とは、
「同じ匂いのする人たちに囲まれて働ける仕事のこと」です。高い給料でも嫌な仕事、嫌な人間関係の中では、長く働けないものです

3.天職とは、
「休みの日でも苦にならず、残業しても苦にならない仕事のこと」です。世間ではブラック、自分の中ではホワイトな仕事です

4.天職とは、
「『社会のため』に役立っていることが実感できる仕事のこと」です。ただし、『家族のため』には役立っていないかもしれない仕事です

強気とは

1.強気とは、
「大金があって、連戦連勝が続いていたら、誰でもなれるもの」です

2.強気とは、
「周りが弱気の人ばかりなら、誰でもなれるもの」です

3.強気とは、
「楽観を生むもの」です。弱気とは、「悲観を生んでしまうもの」です

4.強気とは、
「いい人を呼び寄せるもの」です。弱気とは、「悪い奴を近づけるもの」です

直感とは

1.直感とは、
「想像力の豊かさ、好奇心の旺盛さ、前向きの姿勢によって、生まれてくるもの」です

2.直感とは、
「経験豊富な人であれば当たるけれど、経験の少ない人はあまり当たらないもの」です

3.直感とは、
「目に曇りがないと思ったなら、信じていいもの」です

4.直感とは、
「マイナスをプラスに一転させるパワーがあるもの」です。行き詰まったとき、頼るものです

知性とは

1.知性とは、
「それを隠すことによって、際立たせられるもの」です。秘すれば花ということです

2.知性とは、
「気力が衰えると、失われていくもの」です。気力とは、「体力が衰えると、失われていくもの」です

3.知性とは、
「アホなもの同士が交流しても生まれてこないもの」です。賢いもの同士が交流することで生まれてくるものです

4.知性とは、
「話しかけられること、質問されることで、熟成されていくもの」です

5.知性とは、
「人を謙虚にさせるもの」です。でも、同時に「行動力も奪っていくもの」です


知識とは

1.知識とは、
「損得に直結するもの」です。『知らなくて損をした』『知っていたので得をした』ということはよくあるものです

2.知識とは、
「実益につなげるもの」です。そのためには、伸びそうな分野、手がけられていない分野、調べられていない分野を探し出すことです

3.知識とは、
「見て、聞いて、読んで、身につけるもの」です。知恵とは、「考えて、身につけるもの」です

4.知識とは、
「好奇心によって増えていくもの」です。好奇心がなければ、減っていくものです

5.知識とは、
「個々に保存されているだけでは、意味がないもの」です。他の知識と融合させて、化学反応を起こさせてこそ意味あるものです

力とは

1.力とは、
「気迫と自信によって生まれてくるもの」です。気迫は人為的につくれても、自信は体験を積まないとつくれないものです

2.力とは、
「主観的(思い込む、ほれ込む)になればなるほど、出てくるもの」です。客観的になっては、出てこないものです

3.力とは、
「人のことを真剣に思うと発揮できるもの」です。そこに、正義が加われば、さらに発揮できるものです

4.力とは、
「伸びているときに、一挙に伸ばすもの」です。畳みかけていくものです