とは学

「・・・とは」の哲学

雑談とは

1.雑談とは、
「本題に入る前置きの話」です。雑談がうまい人は、本題での信頼感も得やすいものです。雑談をバカにしてはいけないものです

2.雑談とは、
「相手の本音を探って、相手の欲しがるものを見つけるために必要なもの」です

3.雑談とは、
「笑ってもらわないと意味がないもの」です。心をほぐさないと、本題に入っていけないからです

4.雑談とは、
「経験豊富な人が面白いもの」です。経験は雑学に勝るものです

謙虚さとは

1.謙虚さとは、
「したたかさの裏返しのようなもの」です。成功者は、みんな謙虚です

2.謙虚さとは、
「失敗したときに叩かれないための保険のようなもの」です

3.謙虚さとは、
「絶頂期にこそ必要なもの」です。絶頂期とは、足を引っ張られる確率の高い危険な時期です

4.謙虚さとは、
「危険を察知したときに、やっと芽生えてくるもの」です

5.謙虚さとは、
「慣れによって、蝕まれ、そして奪われていくもの」です

6.謙虚さとは、
「遅刻、悪口、言い訳、文句の多い人に、欠けているもの」です

7.謙虚さとは、
「『申し訳ない』と感じること」です。傲慢さとは、「『かわいそうに』と思うこと」です。同じように見えても、大きく違うものです

8謙虚さとは、
「自分も社会の歯車の一つに過ぎないと考えられるようになって、初めて生まれてくるもの」です

9.謙虚さとは、
「次の目標を見失った人に欠けてくるもの」です。『これでいいんだ』は、謙虚さの赤信号です

敬語とは

1.敬語とは、
「自分と相手を取り巻く関係が見えていないと、使えないもの」です

2.敬語とは、
「警戒するから使うもの」です。尊敬するから使うものではないものです

3.敬語とは、
「わがままな奴を見つけるのに役立つもの」です。わがままな奴は、自分が偉いと思っているから、敬語など使わないものです

4.敬語とは、
「目上の人に使うもの」です。同時に、「親しくなりたくない人にも使うもの」です

5.敬語とは、
「人と一定の距離を保って付き合っていくのに、便利なもの」です

共感とは

1.共感とは、
「双方の関係」です。同情とは、「一方の関係」です。共感もせずに、同情だけするのは卑怯です

2.共感とは、
「自分が愛するもの(出身地・趣味・ペットなど)を理解してくれた人に対してするもの」です

3.共感とは、
「論理的(文字、数字)なものより、感覚的(写真、映像、イラスト)なもののほうが、しやすいもの」です

4.共感とは、
「決断する前には、ないほうがいいけれど、決断した後には、あったほうがいいもの」です

絆とは

1.絆とは、
「不幸を背負った者同士が持つ偽りの愛のこと」です。でも、この偽りの愛の中に安住していると、向上心が湧いてこなくなるものです

2.絆とは、
「自立を妨げるもの」です。そこから早いうちに脱け出ないといけないものです

3.絆とは、
「お金が絡んでくると、一挙に崩壊してしまうもの」です。悲しいけど、これが現実です

4.絆とは、
「貧しい人にはありがたいものですが、豊かな人には、ありがた迷惑なもの」です

聞くとは

1.聞くとは、
「相手に時間を与えること」です。話すとは、「相手の時間を奪うこと」です

2.聞くとは、
「一緒にいてあげること」です。人は、話の内容云々よりも、一緒にいてもらえたことを喜ぶものです

3.聞くとは、
「共感すること」です。そして、「理解しようとすること」です

4.聞くとは、
「情報をタダでもらうこと」です。生の情報、最先端の情報は、人の口から出てくるものです

感謝とは

1.感謝とは、
「対人関係において、将来への期待を隠しながら、過去に対して行っていくもの」です

2.感謝とは、
「『今まで』よりも、『これから』に対しての思惑が大きいもの」です

3.感謝とは、
「ずっと忘れずにいて、後でするもの」です。ずっと昔のことを感謝されたら、誰でも喜ぶものです

4.感謝とは、
「タダですむ『お返し』」です。モノやサービスを受け取ったら、感謝の言葉を連発しておくことです

5.感謝とは、
「立派な人は要求しないもの」です。「並みの人は、それを声に出して言うように要求するもの」です

6.感謝とは、
「充たされた人にとっては、してもらっても、してもらわなくても、どうでもいいもの」です

7.感謝とは、
「『してもらったこと』『迷惑をかけたこと』を思い出して初めて、生まれてくるもの」です

8.感謝とは、
「本人の前でこそっと言うもの」です。大勢の人を前にして言えば、その思惑がみんなに勘ぐられてしまうものです

顔とは

1.顔とは、
「現在だけでなく、過去も映し出すもの」です。「ときには、未来も映し出すもの」です

2.顔とは、
「その人が生きてきた記録を刻んだもの」です。気に食わなければ、上書きして変えていくものです

3.顔とは、
「未来への誓いを表すもの」です。そういう意味では、美容整形手術は自己再生への誓いです

4.顔とは、
「その人が本物かどうかを映し出すもの」です。隠せそうで、隠せないものです

5.顔とは、
「付き合っていい相手かどうかを知るめの格好の材料」です

6.顔とは、
「じっと見つめられないもの」です。だから、パッと見の印象が大事になるのです

7.顔とは、
「どんなきれいな人であっても、ジロジロ見られたくないもの」です

8.顔とは、
「しゃべりたくてもしゃべれないとき、合図に使えるもの」です

会話とは

1.会話とは、
「噂と悪口とゴシップが大半のもの」です

2.会話とは、
「身ぶり手ぶりを混ぜて、表情豊かにしゃべれば、言葉が少なくても成立するもの」です

3.会話とは、
「相手の目をサラッと見ながらするもの」です。「ジッと見ながら、してはいけないもの」です

4.会話とは、
「しゃべる(話す)よりも、しゃべらない(聞く)ほうに重きをおくもの」です

外国語とは

1.外国語とは、
「専門家や技術者が、世界で活躍するために学ぶもの」です。最初に語学ありきではないのです

2.外国語とは、
「日本の会社で働くために、学んでいるもの」です。海外で働くために学んでいるとは思えないものです

3.外国語とは、
「コストパフォーマンス考えると、ほどほどに勉強していたらいいもの」です。所詮、ビジネスのツールにすぎないのです

4.外国語とは、
「必死に話そうとする姿勢が相手に伝われば、片言であっても、会話は成立するもの」です

外交とは

1.外交とは、
「敵になることを前提に関係を構築していくもの」です。したたかさが必要です

2.外交とは、
「『言葉』の戦い」です。戦争とは、「『軍事』の戦い」です。経済とは、「『カネ』の戦い」です。言葉の戦いのレベルが低いのが日本です

3.外交とは、
「怖い印象を与え、手ごわい相手と思わせることで、優位にはたらかせるもの」です。ヤクザとほぼ同じです

4.外交とは、
「相手の欲しがるものが見つからなければ、進めていくのが難しいもの」です

5.外交とは、
「先に譲歩したほうが損するもの」です。思いやりのある淡白な人を交渉人についてはいけないものです

恩とは

1.恩とは、
「受けたのと同じだけの義理が発生するもの」です。後々厄介になるものです

2.恩とは、
「泥をかぶると、後で高く売れるもの」です。つまり、「外交カードに使えるもの」です

3.恩とは、
「直接返ってくるものではなく、回りまわって、返ってくるもの」です。期待してはいけないものです

4.恩とは、
「大きな意味では、昔の人から受け継いだ『知恵』と『自然』のこと」です。それらを壊すのは、先人たちへの反逆行為です