とは学

「・・・とは」の哲学

気遣いとは

1.気遣いとは、
「気を遣うことよりも、気を遣わせないことのほうが大事なもの」です

2.気遣いとは、
「その気持ちがバレないようにするもの」です。後でバレるくらいがちょうどいいものです

3.気遣いとは、
「さり気なく、目立たないようにするもの」です。仰々しい気遣いは気を害するものです

4.気遣いとは、
「見破られないようにするもの」です。見破られたら、それは、おべんちゃら、ヨイショになってしまうものです

5.気遣いとは、
「自分が経験した嫌な思いや、傷ついた思いを相手にさせないようにすること」です

6.気遣いとは、
「場を盛り上げて、相手の負担軽くしてあげて、恥をかかさないようにしてあげること」です

7.気遣いとは、
「得になる人にするもの」です。何の得にもならない人に気遣いし過ぎると、そいつを自惚れさせるだけです

8.気遣いとは、
「『空気を読む』ことよりも重要な能力」です。組織の中で出世していくには、欠かせないものです

9.気遣いとは、
「よくウソをつく人が上手いもの」です。心の内と違う言動をするという点において、気遣いもウソも同じです

10.気遣いとは、
「しすぎる人ほど、他人と関わり合うのが嫌になってくるもの」です。相当なストレスがたまるからです

[ 2017/06/23 08:00 ] 気遣いとは | TB(0) | CM(0)

笑顔とは

1.笑顔とは、
「万国共通言語」です。ニコニコしていれば、世界中どこに行っても、誰かが助けてくれるものです

2.笑顔とは、
「人間関係の入口」です。感謝とは、「人間関係の出口」です。入と出をきっちり押さえておけば、人間関係は大抵うまくいくものです

3.笑顔とは、
「伝染するもの」です。つくり笑顔でも、周りのみんなを笑顔にできるのです

4.笑顔とは、
「暗い気持ちを吹き飛ばしてしまうもの」です。人気者への入り口です

5.笑顔とは、
「人気者になれる飛び道具」です。赤ちゃんは、食事や排泄物の世話をしてもらい、大声で泣きわめいても、笑顔で許してもらえるのです

6.笑顔とは、
「芸の一つ」です。芸がないのに、笑顔だけで、有名になったタレントは多いものです。笑顔という芸を磨くことをバカにできないものです

7.笑顔とは、
「人を笑わせることができない人にとっての大きな武器」です

8.笑顔とは、
「目で微笑むだけでも、つくることができるもの」です。目は口ほどに物を言うのです

9.笑顔とは、
「口角を上げることが基本」です。つまり、赤ちゃんがお乳を飲むときの顔です。それだけで、周りを和ませるものです

10.笑顔とは、
「維持するのが難しいもの」です。そのためには、一番いいときの笑顔の写真を見て、時々チェックすることです

11.笑顔とは、
「植物で言えば、花のようなもの」です。きれいな花を咲かせると、どんなに醜い心の持ち主でも、人を呼び寄せることができるものです

12.笑顔とは、
「ケチらずに使いまくるもの」です。貯め込んでいても、何の役にも立たないものです

13.笑顔とは、
「忠告するときに、役立つもの」です。反発を受けないためには、笑顔でさらっと言い切ることです。怖い顔でだらだら言うのはよくないものです

14.笑顔とは、
「相手に貸しをつくって、負い目を与えるもの」です。だから、微笑まれたら、すぐに微笑み返すことです

[ 2017/06/22 08:00 ] 笑顔とは | TB(0) | CM(0)

孤独とは

1.孤独とは、
「自分をごまかすことのできない人が選んでしまう道」です

2.孤独とは、
「自ら求めて、そうなるもの」です。ひとりぼっちとは、「求めていないのに、そうなってしまうもの」です

3.孤独とは、
「他人に過剰な期待をかけなかった善良な人たちの行き先、行く末」です

4.孤独とは、
「心の内なる声に忠実に従った人が感じるもの」です。意志を貫くには必要なものです

5.孤独とは、
「何でもカネで買える時代になってきて、みんなの心に増え始めているもの」です

6.孤独とは、
「他人の欠点ばかり見えてしまう人が陥ってしまうもの」です

7.孤独とは、
「お金持ちになって、自由になった人が、最初に味わう気持ち」です

8.孤独とは、
「頭のいい人に降りかかってくるもの」です。頭のいい人は、同じ頭のいい人に出会おうと努めるべきです

9.孤独とは、
「社交的な人や処世に長けた人が、疲れたときに求めるもの」です

10.孤独とは、
「誘惑を拒める人が愉しむもの」です。孤独を怖がっている間は、まだまだ子供です

11.孤独とは、
「人に好かれたい気持ちが少しでもあったら、愉しむことはできないもの」です

12.孤独とは、
「世間体と戦い続けられる力があれば、なんにも怖くはないもの」です

13.孤独とは、
「損得や善悪の世界から離れた先にあるもの」です。つまり、世間の向こう側にあるものです

14.孤独とは、
「真善美を求める人にとっては、避けられないもの」です。真善美を求めると、世間の裏街道を歩まざるを得ないからです

15.孤独とは、
「世間から離れる時間が十分にあることを意味するもの」です。案外いいものです

16.孤独とは、
「強い人は受け容れ、弱い人は追い払おうとするもの」です

17.孤独とは、
「馴れていかなければいけないもの」です。人は、孤独から逃げられないからです

18.孤独とは、
「自分の中にあるのではなくて、自分と他人の間にあるもの」です

19.孤独とは、
「部屋の中にいるときよりも、大勢の人の中にいるときに、感じてしまうもの」です

20.孤独とは、
「絆の中にあるもの」です。もちろん、SNSの中にもあるものです

21.孤独とは、
「二つの世界に住んでいる人が持ちやすいもの」です。どちらにも居場所がないと感じたときに、持つものです

22.孤独とは、
「みんなの仲間に入りたいのに、入れなかった人が感じてしまうもの」です

23.孤独とは、
「家族に大事にされてこなかった人には、恐ろしく思えるもの」です

[ 2017/06/21 08:00 ] 孤独とは | TB(0) | CM(0)

信用とは

1.信用とは、
「ウソをつかなければいけない立場の人は、得られないもの」です

2.信用とは、
「約束の時間や期限を守ったかどうかで、判断されてしまうもの」です

3.信用とは、
「人の見ていないところで何をするかで判断されてしまうもの」です。みんなのいるところで、立派なことをしても、まだまだ信用できないものです

4.信用とは、
「浪費しない人に集まるもの」です。浪費する人には、誰もカネを貸したりしないからです

5.信用とは、
「言葉よりも顔で判断できるもの」です。いい性格はいい顔をつくるものです

6.信用とは、
「言動の一貫性以上に、見た目の一貫性で、判断できるもの」です。服装やマナーに、違和感がないかをチェックすることです

7.信用とは、
「誇張していたことが、期待外れに終わったときに、なくしてしまうもの」です。大口を叩くのはほどほどにしておくことです

8.信用とは、
「企んでいたことが、見破られたときに、一気になくしてしまうもの」です。悪知恵を働かすのはほどほどにしておくものです

9.信用とは、
「策略に勝るもの」です。賢い人になるよりも、正直な人でいたほうが、いいことが起きるものです

10.信用とは、
「目に見えないもの」です。だから、なくしていても、わからないものです

[ 2017/06/20 08:00 ] 信用とは | TB(0) | CM(0)

言葉とは

1.言葉とは、
「短ければ短いほど、濃縮して、伝わるスピードとパワーが増すもの」です

2.言葉とは、
「数少ないほうが、一言の重みが増すもの」です。特に、説教するときは、言葉を絞ることです

3.言葉とは、
「言い切るもの」です。さらに、極論を勢いよく示せたら、マスコミに登場するような評論家になれるものです

4.言葉とは、
「相手を納得させてナンボのもの」です。つぶやいただけでは、相手を納得させられないものです

5.言葉とは、
「抽象的表現になればなるほど、その意味を伝えたつもりでも、ほとんど伝わっていないもの」です

6.言葉とは、
「自分の『意見』のこと」です。聞かされる側は、聞くのがしんどくなって当然です

7.言葉とは、
「心情や事実を正確に伝えようとしても、パッと出てこないもの」です。いい言葉がパッと出てくる人は、日ごろからよく勉強しているものです

8.言葉とは、
「自分の考えや感情を他人に有利に伝えようと偽装されたもの」です

9.言葉とは、
「不意に出たものしか、事実ではないもの」です。失言を見逃してはいけないものです

10.言葉とは、
「辛辣になればなるほど、論理的でなくなるもの」です。エリートだって誰だって、感情が論理に勝るものです

11.言葉とは、
「『思い』と『感情』と『情報』を伝えるもの」です。その中で、『思い』を伝えるのが一番難しいものです

12.言葉とは、
「伝わりにくいもの」です。だから、身ぶり手ぶりを踏まえて、必死になって説明しないといけないものです

13.言葉とは、
「知識と経験と思いがミックスされたもの」です。その人の人生と生き方が出るものです

14.言葉とは、
「話す人の品格が表われるもの」です。顔と言葉は、その人を判断するのに、いい材料になるものです

15.言葉とは、
「自分や相手にメリットがなければ、慎むのが無難なもの」です

16.言葉とは、
「劣等感のある人の前や優越感のある人の前では慎むもの」です。権力者は、劣等感を優越感に転化した人だけに、特に注意が必要です

[ 2017/06/19 08:00 ] 言葉とは | TB(0) | CM(0)

差別とは

1.差別とは、
「怖いと感じる相手にするもの」です。いじめとは、「弱いと感じる相手にするもの」です

2.差別とは、
「恐怖心が生み出す意識」です。自分が強い人間になれば、差別なんかしなくなるものです

3.差別とは、
「先にいて利益を得ている人が、後から来て利益を得ようとする人に持つ卑しい感情」です

4.差別とは、
「恥ずべき意識」です。なぜならば、本人の努力では変えられない『出自』や『身体的特徴』を材料にするからです

5.差別とは、
「集団の序列と他集団の排斥によって、引き起こされるもの」です。サルと同じです

6.差別とは、
「分類して、自分のお気に入りにならなかったものを排除したい感情」です

7.差別とは、
「負けん気の強い人は、それを発奮材料にできるけれど、大人しい人には、辛いもの」です

8.差別とは、
「誰の心の中にもあるもの」です。差別反対を訴えている人たちも、自分たちと違う人たちを差別しているものです

9.差別とは、
「身内にはしなくなっても、身内の外にはしてしまうもの」です

10.差別とは、
「してしまうものだから、なくさないといけないもの」です。つまり、しすぎてはいけないものです

11.差別とは、
「なくならないもの」です。しかし、差別される人は、なくしたいものです。だから、差別意識があったとしても、声に出してはいけないものです

[ 2017/06/16 08:00 ] 差別とは | TB(0) | CM(0)