とは学

「・・・とは」の哲学

信じていけない人とは

1.信じていけない人とは、
「理想を語っているのに、現実にどっぷり浸かっている奴」です。信じていい人とは、「理想を語りつつも、現実と格闘している人」です

2.信じていけない人とは、
「体制側にいて、反体制的な発言をする奴」です。金持ちのくせして格差社会を憂う奴、大都市に住みながら田舎を持ち上げる奴とかです

3.信じていけない人とは、
「家庭がうまくいっていないのに、『世のため』『人のため』と叫ぶ奴」です

4.信じていけない人とは、
「見ず知らずの人を批判する奴、立派なことを口走りながらも何も行動しない奴、お金をもらっている人の悪口を言う奴」です

5.信じていけない人とは、
「不安(お金、健康、孤独)を煽る奴」です。そういう奴は、普通の人に見えても悪人です

6.信じていけない人とは、
「自分がとらないといけない責任を上手に逃げて、うやむやにする奴」です。つまり、ケツを拭かない奴です

7.信じていけない人とは、
「見つめ返したら、目をそらす人」です。何か後ろめたいことがあるからです

8.信じていけない人とは、
「自分の意見を言わないで、愛想笑いばかりしている人」です

9.信じていけない人とは、
「誰も見ていないところで、態度を豹変させる奴」です

10.信じていけない人とは、
「ファッションセンスのいい評論家や政治家たち」です。巧言『装飾』少なし仁です

11.信じていけない人とは、
「大袈裟なジェスチャーを交えながら、間髪入れずにまくし立てる人」です

12.信じていけない人とは、
「喜怒哀楽の激しい人」です。日々言うことが違うので、翻弄されるものです

13.信じていけない人とは、「過去の武勇伝や有名人との付き合いを自慢する人」です

14.信じていけない人とは、
「話をスパッと切る人」です。すなわち、去り際の余韻を残さない人です。そういう人はなかなかの曲者です

15.信じていけない人とは、
「利害関係だけで付き合っている人」です。そういう人に、うかつなことを喋ったら命取りになるものです

付き合いたくない人とは

1.付き合いたくない人とは、
「断ったら怒る人」です。そういう人は、自分のことしか考えていないものです

2.付き合いたくない人とは、
「一度断っても、二度押しつけてくる人」です。自分の考えを押しつけてくる人は、わがままな人です

3.付き合いたくない人とは、
「極端に優しかったり、極端に怒りをあらわにする人」です

4.付き合いたくない人とは、
「元気いっぱいの人」です。その人がいい人であっても、近づかないことです。人づかいが荒いものです

5.付き合いたくない人とは、
「知性も品性も感じられない野心家」です。引きずりまわされるのが落ちです

6.付き合いたくない人とは、
「ウソ、言い訳、泣き言、愚痴を言う人」です。聞かされるほうは大迷惑です

7.付き合いたくない人とは、
「悪口を言う人」です。とばっちりを受けたら大変です

8.付き合いたくない人とは、
「自分の会社を人前でボロカスに言う人」です。そういう人は、会社を辞めようとしているものです

9.付き合いたくない人とは、
「家庭がムチャクチャで、生活や服装が派手になっている人」です。危うきに近寄らずです

10.付き合いたくない人とは、
「急に近づいてくる人」です。そういう人は、何か魂胆を持っているので、要注意です

11.付き合いたくない人とは、
「本音を話さない人」です。何を考えているかわからないものです

12.付き合いたくない人とは、
「ほくそ笑む奴、ニンマリする奴」です。付き合っても、そいつの手駒にされるだけです

成長する人とは

1.成長する人とは、
「根拠のない自信を持っている人」です。若気の至りというものです

2.成長する人とは、
「遺伝や才能や環境を気にしない人」です。努力すれば、何とかなると考えている人です

3.成長する人とは、
「少々生意気だけれども、ズルくない人」です

4.成長する人とは、
「自分にウソをつかない人」です。成長しない人とは、「自分にもウソをつき、他人にもウソをつく人」です

5.成長する人とは、
「ノーと言わないもの」です。成長しない人とは、「イエスと言わないもの」です

6.成長する人とは、
「限界を少しずつ上げる人」です。『まだいける、まだいける』と新たなを挑戦を繰り返す人です

7.成長する人とは、
「自分のくちばしで内側から殻を破って出てくる人」です。外側から殻を破ってもらっている人は成長できないものです

8.成長する人とは、
「目標を持ち、自分の考えを持ち、自信を持ち始めた人」です

9.成長する人とは、
「目が輝いている人、目つきの鋭い人、目で訴えてくる人」です。成長は、目に現れるものです

10.成長する人とは、
「やる気のある人、好奇心が強い人、そして、見栄とプライドを捨てられた人」です

11.成長する人とは、
「昔の自分と訣別できる人」です。慣れ親しんだ自分と訣別するのは、苦しくて悲しくて怖いものです

12.成長する人とは、
「手に入れたものを、自分の手で捨てられる人」です。口惜しい気持ちを心に刻んだ人は成長するものです

13.成長する人とは、
「自分の足りないものをを持っている人に、頭を下げて、聞きに行ける人」です

14.成長する人とは、
「見ず知らずの人に会い、見知らぬ場所に行き、目新しい本をよく読む人」です。つまり、脳と心に新しいデータを上書きしていく人です

15.成長する人とは、
「どんな人に会っても、その人から何かを学び取ろうとするもの」です。成長しない人とは、「優秀な人に会っても、何も学ばないもの」です

16.成長する人とは、
「他人からの嫉妬、批判、悪評を肥やしにできる人」です

17.成長する人とは、
「質問に答えられなかった場合、恥ずかしく思って、必死になって調べる人」です

18.成長する人とは、
「清濁併せ呑むことができる人」です。つまり、人間の矛盾を容認することができる人です

[ 2017/02/22 08:00 ] 成長する人とは | TB(0) | CM(0)

立派な人とは

1.立派な人とは、
「内からの目(内省)と外からの目(客観)と上からの目(俯瞰)を持っている人」です

2.立派な人とは、
「先を見通す知恵と、先に立ち向かう勇気がある人」です

3.立派な人とは、
「いざというとき、先頭に立ってリスクを背負う人」です。つまり、大衆とは違う人です

4.立派な人とは、
「目先の小さな欲には飛びつかない人」です。「遠くにある大きな欲を見据えている人」です。悠々としていて、あせらないものです

5.立派な人とは、
「善悪を基準に生きている人」です。大衆とは、「損得を基準に生きている人」です。立派な人は、大衆の陰に隠れてしまっているものです

6.立派な人とは、
「愛情や友情が入り込まないように、気をつかっている人」です。そういう人は公正に人材を登用できるので、組織のトップに推されるものです

7.立派な人とは、
「使命感をもって生きている人」です。使命感のある人は、他人の声よりも、自分の心の声に忠実だから、ぶれないものです

8.立派な人とは、
「決断をしてきた回数、責任をとってきた回数が多い人」です

9.立派な人とは、
「立派なことをしてきたのに、立派なことを言わないもの」です

10.立派な人とは、
「苦労してきたのに、そんなようには見えない人」です

11.立派な人とは、
「成功しても、何事もなかったように振る舞っている人」です。でも、家では、ニンマリ微笑んでいるものです

12.立派な人とは、
「自分を出さないで、自分を隠しているもの」です。つまり、『秘すれば花』のような人です

13.立派な人とは、
「言い訳をしないし、愚痴も言わない人」です。お口をチャックしている人です

14.立派な人とは、
「貧しい家に育った、下積みが長かった、若いときに大失敗した、といった苦労をして、一皮むけた人」です

15.立派な人とは、
「自分をよくわかっている人」です。ふつうの人は、自分のことをまだまだわかっていないものです

16.立派な人とは、
「他人の長所を見ている人」です。もっと立派な人とは、「自分の短所を見ている人」です

17.立派な人とは、
「ウソ、ホラ、べんちゃら、悪口などを口にする人と距離を置いている人」です

18.立派な人とは、
「運命の流れに逆らわない人」です。「運命を受け容れている人」です

19.立派な人とは、
「自分の足跡をきれいに消して死んでいく人」です

[ 2017/02/21 08:00 ] 立派な人とは | TB(0) | CM(0)

芸術家とは

1.芸術家とは、
「わがままで、スケベーで、自分が一番凄いと考えている奴がなるもの」です

2.芸術家とは、
「自分がかわいくて、しかも、自分だけを認めてほしい奴」です

3.芸術家とは、
「クリエイティブなエゴイスト」です。つまり、本能のままの人です

4.芸術家とは、
「心の純度が高くないといけないもの」です。心が純な人の作品は下手であっても美しいものです

5.芸術家とは、
「既成概念を壊す意欲がなければ、務まらないもの」です

6.芸術家とは、
「作品に溶け込んでしまい、自分がなくなるくらいでなければ、いい作品を生め出せないもの」です

7.芸術家とは、
「人の心を動かす人」です。人の心は新奇なものに惹かれるものです。保守的な人が、芸術家に向いていないのは、そのためです

8.芸術家とは、
「作品が売れて、稼げている人たちに限って言うと、才能ある詐欺師」です

9.芸術家とは、
「美的詐欺師」です。作家は、「知的詐欺師」です。宗教家は、「心的詐欺師」です

10.芸術家とは、
「応援する人がいなければ、ただの、わがままな奴」です。でも、応援する人の意見を聞きすぎる芸術家は、だめなものです

11.芸術家とは、
「見る眼のある旦那衆に育てられるもの」です。いい客がいい子を育て、いい作品が残るということです

12.芸術家とは、
「親の財産のおかげで、素質を開花することができた人が多いもの」です

13.芸術家とは、
「偽悪醜に追い回されてる人たちに、真善美を提供する人」です

14.芸術家とは、
「未来の人がつける『作品の値段』と闘っている人」です。今の世に迎合している芸術家は本当の芸術家ではないのです

15.芸術家とは、
「衝動がなくなり、惰性になったとき、引退すべきもの」です

16.芸術家とは、
「好きなことをして食っている人」です。芸術家の引退のときは、カネに魂を売り渡したときです

17.芸術家とは、
「国に保護されて、勲章をもらって喜ぶようだと、その生命は終わっているもの」です

[ 2017/02/20 08:00 ] 芸術家とは | TB(0) | CM(0)

創造的な人とは

1.創造的な人とは、
「新しいジャンルをつくる人」です。新しいモノをつくるだけでは、創造的とは言えないものです

2.創造的な人とは、
「孤独に耐えている人」です。新たなものを創造することは、みんなを敵にまわすことになるからです

3.創造的な人とは、
「日ごろは、閉じこもって仕事をしながら、時々、刺激を求めて、街に出て、仲間と交わっている人」です

4.創造的な人とは、
「カネに困っていた時期が長かったので、お金に執着心のある人が案外多いもの」です

5.創造的な人とは、
「パターン化されたもの、パッケージ化されたもの、マニュアル化されたものを嫌う人」です

6.創造的な人とは、
「相反する二つのものを結合させるのが上手い人」です

7.創造的な人とは、
「真似ることからヒントを得ているもの」です。他業界を真似る、他地域を真似る、昔の時代を真似る。真似るところはいっぱいあるものです

8.創造的な人とは、
「違う場所に出かけ、違うことを見聞きし、違う人の影響を受けてきた人」です

9.創造的な人とは、
「テーマや課題を与えると、能力を最大限に発揮する人」です

10.創造的な人とは、
「人生の前半(自信過剰の時代)を猛スピードで駆け抜けるもの」です

[ 2017/02/17 08:00 ] 創造的な人とは | TB(0) | CM(0)